スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JRの運賃計算の妙

 会社の元同僚から質問が来ました。

Q:出張で名古屋まで行くことになった。自宅の稲毛から直接名古屋まで行くんだけど、
領収書の関係で勤務地である幕張本郷からの切符を買った。
稲毛からSuica(ICカード)で乗車して新幹線に乗っちゃった場合、Suicaの精算はどうなる?

A:東京駅の新幹線改札の窓口で精算をしてもらえる。
Suicaで乗車した場合、別途所持の名古屋までの切符は幕張本郷での入場記録が無いので、
新幹線改札口の自動改札でキンコンキンコン!になる。
係員のいる窓口で切符とSuicaを出せば、稲毛から幕張本郷までの分でSuicaを精算してくれる。

・・・で、終わる話だったのですが、ちょっと興味が湧いて普通運賃を計算してみたら、面白いことが分かりました。

→続きを読む

スポンサーサイト

帰京ちう




 ムーンライトながら乗車ちうです。結局実家では更新せずじまい(;´Д`)
 それにしても…車内で呑むには微妙に量が多いような…σ(^◇^;)

またも寝台列車廃止・・・

 大阪から北陸方面の寝台列車(特急「日本海」・急行「きたぐに」)が、とうとう廃止になるそうです。 

 2012年3月 ダイヤ改正について (PDF注意)
 (本日発表のJR東日本のプレスリリースより)

 他のニュースソースによると乗車率低下を廃止原因に挙げてますが、「日本海」はともかく「きたぐに」は、正直今回のタイミングで廃止に追い込まれたのは意外でした。
 乗車率の観点だけで言えば、他にも廃止されておかしくない列車も存在します。以前にも軽く書きましたが、「きたぐに」は普通座席車であれば大阪~新潟地区間を格安で利用できる他、始発の大阪と終点の新潟それぞれの地域での通勤利用の比率が高く、存在価値は十分にあったんです。

 まぁ、それらの利用価値は、高速バスの存在だとか、深夜・早朝の同時間帯に快速列車を設定すれば済む話でもありました。その上で、夜間時間帯の乗務員・駅員の負担、あるいは車輌の老朽化を考えたら、コストカッターのJRが今まで残していたこと自体が奇跡なのかも知れません。
 あるいは、個人的にはこれが一番の理由じゃないかと思うのですが、JR東日本と西日本を跨ぐという点で管理上での問題点も大きかったんじゃないかと想像します(私ら一般人には分からないことですけどね)。


大阪出張帰りの寄り道(笑)で遭遇した上り特急「日本海」。大雪の影響で大幅に遅れたため、
本来なら福井と敦賀の間を走っているはずの時間に長岡駅で見ることができた。(2009/12/19)


 とまぁ、一定の理解はしますが、やはり残念ですし疑問も残りますね。
 廃止に至った要因を遡れば、須らく国鉄の民営化に行き着きます。つまり合理化優先の民営企業ということで、これは郵政民営化とも同根の話ですが、利用者が少ないというだけで地方を切り捨てて良いのか?ということです。その観点で言うと「きたぐに」は代替手段が考えられるものの、明らかにサービス低下と言えるでしょう。
 そして、大阪方面から羽越方面に至る手段が全くと言って無くなってしまう「日本海」の廃止の方が、「人数は少ないが非常に困る人がいる」と思われます。このため、個人的には秋田~青森間の区間廃止で済むかと思っていたんですけど、全廃の大ナタになるとはねぇ。。。
 しかしまぁ何と言うか、鉄道がそれなりにブームになっているこのタイミングでの廃止決定というのは、ある意味絶妙かも知れませんね。旅情というものを理解せず潰しにかかるJRさんですけど、鉄ヲタの動向も勘案した損益分岐点を弾き出した上で引導を渡すという経営手腕は長けているということでしょうか(苦笑)。




 よもやこんなことになるとは思いもせず、実は今日「日本海」のチケットを取っていたのでした^^;;;
 今回は計4人の大所帯で行くことになっているのですが、「鉄道には興味ないけど寝台車は乗ってみたい」という女の子も含まれるため、鉄ヲタの皆さんからの「興味半分のカタギは乗るんじゃねーよ」という理不尽な痛い視線を浴びながらの旅になりそうです(苦笑)。

久々に悪だくみ

 悪だくみぃ~、悪だくみぃ~♪
 何をしようか、悪だくみぃ~♪
 どこに行こうか、悪だくみぃ~♪

(「旅行妄想の唄」 作詞・作曲:猫提督)


 ・・・と、以前にも別所で同じネタを使いました^^;
 それはともかく、久々に妄想全開です。この1年間というもの、精神的に非常に抑圧された期間でした。それでも、東北地方には何度も行ってるので「十分旅行してるジャン」と言われたら返す言葉がないのですが、いずれも言わば支援活動の一環だったわけです。あ、いや勿論それぞれ十分楽しんだので、非常に恵まれてはいるんですが^^;

 あー、もうハッキリ言おう。北海道行きてェーんだヨ(笑)
 北海道には国鉄最後の年である1989年(昭和61年)以来、全く訪れていなかったのですが、30代半ばの2003年に再び訪れてハマってしまい、2006年以降は必ず一年に一回以上は遊びに行っておりました。
 それが、最近では丸々2年行っておりません。ここのブログでは、その最後の2009年12月の時のレポしかアップしてませんでしたが、その時は北海道と言っても鉄道で軽く訪れた函館オンリーだったんですよね。その前は、自家用車(クーペフィアットや日産ラシーン)で一週間滞在したりだとか、結構暴れていたんです^^;

 

 先日、だっしゅ氏と鶴見のSMSさんに立ち寄った際、色々と北海道旅行プランを一緒に練っていたのですが、、、だっしゅ君、悪い! 我慢できそうにない。一足先に行かせてもらうことになりそうだ(;´Д`)。勿論、そっちはそっちで付き合うが(爆)。

 やってみようと思ってるのが、2008年の1月に使用してみて「二度と使うもんか」と思った「JR北海道・東日本パス」。7日間有効のフリー切符で、JR北海道とJR東日本の路線全てが1万円で乗り放題という、一見激烈にお買い得な切符に思われるものの、乗れるのが「各駅列車のみ」というオチ。
 勿論、北海道の稚内まで1万円だけで行って帰ってこれるということで、お得なことには間違いないのですが、全て各駅列車でとなると、鉄ヲタでもかなり疲れるのも確か。「二度と使うか!」と上述した通り、函館までの往復で、かなりヘバりましたからね。
 ただ、函館の時のように、どこにも立ち寄らずに単なる異動手段としてだけだとシンドいですが、途中途中でそれなりにイベントを挟めば、結構楽しめるんじゃないだろうか?と、ポジティブシンキング脳(鉄旅限定)が余計な思考を開始しだしたのです。


 こうなると、もうダメですね(苦笑)。あそこに行こう、ここにも行こうなどと、妄想が全開になってしまうわけです。
 旅行の際は、いつも適当にフラフラしてるように見えますが(いや、まぁそうですが^^;)、それなりに行って見たいところは押さえておいて、それらのパーツを参考にしつつ、天気と気分と相談して「次はどこに行こう・・・」って考えながら移動するのが、私の旅の楽しみ方です。だもんで、日程は考えていなくてお店にフラれることも多いんですが(笑)。

 ま、単独で行くにせよ、バイクかクルマで行くにせよ、今年の秋は絶対に行って参ります。できれば(というか間違いなくやりそうですが^^;)郡山も絡めての行程にしたいと考えてます。いやー、やっぱり妄想している時が一番楽しいな~(苦笑)。

運まかせ、人まかせ

詳細は改めて書くとして、、、

1:米沢牛再び
2:ソースカツ丼
3:日帰り温泉

…ある方に運命を委ねました。
選択肢は教えず、ただ「123どれか選んで」とだけお願いメールを投げてます^^;

さて、何番が来るかなー
プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。