スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよならセラ

 被災地・仙台の友人からクルマを探すよう頼まれました。例の津波で流されてしまったのですが、現在避難している地域ではクルマが無いと仕事も生活も非常に困難な状況なのです。
 しかしオークションなり下取りなりで安く手に入れることができても、宮城の陸事は一ヶ月は再開しないらしく、名義変更ができないので取引が難しい状況です。

 あ、じゃあ使ってないセラがあるじゃん・・・というオチ。手放すかどうしようか、なんて言ってたくらいですから、被災地の役に立てるのなら本望であります。おぉ、いわゆる「自分にも出来ること」だぞwww
 ついでに、以前川崎から千葉まで陸送した景勝宅のチョイノリも提供することになりました(多謝>景勝)。ま、こちらも全然乗ってなくてエンジンが掛からなくなったくらいですからね^^;
 しかし、習志野ナンバーのガルウィングは被災地で反発食らわないか心配ですなぁ^^;

 被災地に於いて「何か他に要るものは無いか?」と尋ねてみたところ、被災地と言っても現在は山形に近い田舎に疎開していて、それなりに生活物資は手に入るらしいです。(もちろん、避難所暮らしが続く沿岸地区はまだまだだそうですが)。
 ただ、ようやく首都圏で正常化したばかりのガソリンに関しては、やはりまだ全然駄目だそうです。なるほど、じゃあ・・・と、地元でジェリ缶(ガソリン携行缶)を探してみたのですが、軒並み売り切れでした。う~ん、予想はしていたけど、たまらんな~。
 初期のガソリン不足時に携行缶買っちゃって今後悔しているアナタ! 役に立つ時が来ましたので、要らなければ譲ってくださいな。ま、個人支援なので、大っぴらにお願いするわけにはいきませんが^^;


◆以下、拍手コメントレス
>BUNさん
本文ではマイルドに書きましたけど、正直あの層の自己中臭さは目に余りますね。
昔の年寄り世代が比較的落ち着いていたから余計に目立つのかも知れません。以前にもちょいと話題になった「傘の持ち方」一つにしても、やたらマナーが悪いのが目立ちますしねぇ。
スポンサーサイト

水もしたたるイイ車

 先日、景勝宅に行った際のこと。途中で平蔵ちんたちを拾っていくかも・・・という状態だったので、リアシートの荷物をどけていたところ、「ピチャ!」というクルマの室内としてはあり得ないイヤ~ンな音がしました。恐る恐るリアシート足元のカーペットを触ってみたところ・・・

 ・・・ずぶっ!

 を、を、をぉぉぉ!
 湿ってるなんて生易しいモノではありません。これは既に水溜りのレベルではないか!

 シートは全く濡れておらず、また運転席側(右側)も問題なし。エアコンからの水漏れをまず疑ったのですが、助手席のカーペットを見てみると、つま先部分は乾いています。つまり一番低い面に水が溜まっているので、これは恐らく左側ドアのウェザースリップの劣化で水漏れが発生し、ピラーと内装の隙間を通って床に至ったとしか思われません。
 いやぁ、おかしいと思ってたんですよねぇ。最近クルマに乗るたび、ガルウイングの天井部分に水滴が付いてることが多かったんです。これはつまり、昼になるとグラスハッチのため室温が高くなり、溜まった水が蒸発してガラスに水滴状になっていたのでしょう。
 実はこれには前フリがありまして、9月連休時の郡山特攻時にリアシートに座ったGGだっしゅ氏がこの症状を発見していたのです。ただ、その時はドアの継ぎ目からの目に見える雨漏りが見られず、内装経由の雨漏りいう発想が無かったので、「ペットボトルの水こぼしたのかなぁ」でオシマイにしていました。ごめん、冤罪だったヨ>だっしゅ氏

 そんなわけで今日。12ヶ月点検も込みでトヨタのネッツ北小岩さんに出してきました。かなりの水漏れってことで、カーペットがカビてしまって駄目になってるんでないかねぇ~という見解でしたので、凡その値段を確認してみたところ、カーペットを全部張り替えるとなると10万円以上掛かるんじゃないですかねぇ~とのこと!
 冗談じゃない。それじゃ既に私が入手した時の車両本体価格以上じゃないか(苦笑)。エンジンや駆動系・制動系でカネが掛かるのは仕方ないと思っていますが、内装なんぞは腐ったら剥がしゃいいんです。鉄板剥き出しなら軽量化にもなるし、常にマイナスアースを感じてりゃいいんです(笑)。
 ま、そこらへんは半分冗談として、あまりみすぼらしいのもアレなので、自分でカーペット張替えにチャレンジしてみますかね。シートも含めて元々内装はかなり汚かったので、実はシートクリーニングをしようと思っていたところだったんです。
 丁度いい機会なので、シートカバーも自分で作って内装をレストアしてみますかねぇ。となると、久々にミシン使うことになりそう・・・使い方忘れたなぁ^^;;;

セラのステアリング交換

 セラのステアリングを交換してみました。
 カネが足んなくて後回しになってしまっていましたが、ホントは一番最初に手を付けたかったところだったんですよね。何せ、、、

s_steer01.jpg

 ホレ、この通り。純正ステアリングがツルツルのガビガビなんですわ(;´Д`)
 まぁツルツルになっちゃってるお陰で、逆に純正ステアリングにありがちなウレタンのベタベタ感がほとんど出なくて有難いのですが、それでも長時間握っていると心地よくありませんし、そもそもカッコワルイデス^^;

 てなわけで交換作業記録・・・の前にお決まりの断り書きですが、ココの記述を見て作業をして何らかの損害を蒙っても当方では責任は取れませんので予めご承知置き下さい。メンテナンスは自己責任で行ってください。今回改めて書いたのも、ステアリング交換は保安部品に手を入れることになり、失敗するとエラいことになりますんで、自信の無い方は専門店に頼みましょう。
 また、本記録はトヨタ・セラの純正ステアリングをMOMOのステアリングに交換した場合ですので、全ての車種や社外ステアリングに当てはまるわけではありませんのでご注意を。確かナルディはホーンボタン裏にリングがあって、そっからマイナスを取るんじゃなかったかな、、、とにかくなんか違ってたはずですわ^^;


 やっと本題。まずはタイヤが正しく直進方向になるようにステアリングを調整し、平坦で作業スペースのあるところにクルマを停めます。操舵装置のメンテナンスですので、突発で動かさなければならないようなとこで作業するのはヤメましょう。
 あと、交換作業中にコネクタ接地などで突然ホーンが鳴りださないよう、予めホーン側のマイナスコネクタを抜いておきましょう。バッテリのマイナス端子でもいいですが、時計類を再セットせんとあかんのが面倒ですんで。
 これらの準備が整ったら純正ステアリングを外します。

s_steer02.jpg

 純正ステアリングの裏側下部にあるプラスネジ(画像赤丸部分)を外します。

s_steer03.jpg 次はホーンボタンカバーを外します。

s_steer04.jpg 下からよいしょっと・・・

s_steer051.jpg 外れました(〃゚ω゚)ノ

 3番目の画像をクリックすると拡大画像が出ますが、赤丸部分のところのビス(ネジ頭は19mm)を外せばステアリングが外れます。ビスを外す時は力を入れることになりますので、ステアリングが操舵されないよう(タイヤの直進を保つよう)気をつけましょう。
 ビスも結構固いですが、ステアリング本体もかなり固く嵌っているので、ビスを途中まで緩めて、ビスがまだ留まっている状態で一旦ステアリングを手前に引っ張って『仮外し』を必ずやりましょう。ビスを完全に外した状態でコレをやると、勢い余ってステアリングで顔面強打する可能性が高いです。知人はこれで鼻血出しました。
 あと、黒いケーブルが出てますが、これはホーン用のプラスのコネクタです。不要なので引っこ抜いちゃいましょう。

 鼻血を出さずに無事純正ステアリングが外せたら、今度は社外用のボスを取り付けます。

s_steer06.jpg
s_steer07.jpg

 下の画像のように、ボスには三角のTOPマークがありますので、コレが正しくてっぺんに来るように取り付けます。
 にょろんと赤いコードが出ていますが、これがホーン用のプラスのコネクタ(メス)です。このコネクタを、ホーンボタン裏のプラス用のコネクタ(オス)と接続します。

s_steer08.jpg

 プラス用のコネクタは画面向かって右側のヤツです。
 左側のはマイナス用のコネクタで、これにボスに付属していたケーブルを接続してアースを取ります。ただ、本体側にマイナス用のコネクタが無いので、ボスをステアリングコラムに固定するビスに噛ませてマイナスを引いてきました。

s_steer09.jpg

 ちと画像では分かりにくいですが、こんな感じ。ボスに付属していたマイナス用のケーブル(緑と黄)が平型端子だったので、ビス留め用の穴あき端子に換えたのですが、ビスがデカ過ぎて穴に嵌りませんでした(汗)。結局ビスとボスの隙間にカマせるという苦肉の策に^^;

s_steer10.jpg

 あとはボスにあるビス穴に六角ボルトでステアリングを固定してオシマイ。
 モデルはMOMOのコルセで、手触りが良くなったのは当たり前として、ぶっといグリップ感が気持ちいいです。あまりMOMOは好きじゃなかったんですけど、やはり物はいいですなぁ。
 赤のワンポイントが若干小僧っぽいですね^^; インテリアがブルー基調なので本当はブルーが欲しかったのですが、在庫処分の格安品だったのでぜーたくは言えませんでした。この部分は自分でリペアするかも知れません。。。


 余談。かなり余談。
 上で『あまりMOMOは好きじゃなかった~』と書きましたが、理由があります。いや、大した理由ではなくて実にくだらない話なんですけど。。。

momo01.jpg こうして見ると格好いいですね。

momo02.jpg でも、こうやってハンドルを切ると…

momo03.jpg  ヨロヨロってのはどうだ?^^;


 一度気がついてしまうと、もう駄目です。よろよろにしか見えなくなっちゃいました^^;

名義変更

 セラの名義変更に行ってきました。車庫証明は先週出来上がっていたのですが、仕事の都合で休めなかったので今日まで引きずってしまったワケです。
 で、警察に車庫証を取りに行き、その足で習志野の陸運事務所まで名義変更に行って参りました。

s_sera090817.jpg

 いやぁ~、いい天気でしたなぁ。湿度も下がって早や秋の気配でしたが、日差しはまだまだ厳しいですね。上半身ほぼガラスだらけのセラのコックピットは、まさに温室でした。ただ、エアコンは絶好調なので、一定時間フル稼働させれば快適に過ごせます。
 元々コルサ級のセラでありますが、この金魚鉢構造であることから、なんでもマークIIクラスの強力なエアコンが装着されているそうです。更に、オリジナルのエアコンは冷媒が特定フロン(R12だったかな?)のでしたが、過去のオーナーが代替フロン(R134a)仕様に改造してくれたお陰で、しばらくは安心して乗ることができそうです。

 安心といえば、帰宅してから任意保険の変更処理を行ったのですが、以前乗っていたラシーンよりも5年も年式が古く、しかもエアバッグが無いにもかかわらず、僅かではありますがセラの方が保険料が安いので驚きました。
 これはアメリカンホームダイレクトのリスク細分型自動車保険での話ですが、左ハンドルであるフィアットが保険料が高いのは分かりますが、大して差異が無い・・・というよりむしろラシーンよりも条件が悪いと思われるセラの方が保険料が安いということは、つまりセラよりもラシーンの方が事故率が高いってことなんでしょうね。ちょっと意外ですねぇ。。。

セラのホーンを交換

 実のところホーンは殆ど使わないパーツなんですけど、肝心な時にへっぽこな音だと萎えますんで、たまたま社外ホーンをストックしていたこともあって、交換してみました。

s_horn06.jpg

 ストックしていたのはこちら。ミツバサンコーワ(確か昔はミツバ電子じゃなかったっけ?)の『アルファホーン』です。確かどっかの店の閉店セールで300円だか500円だかでゲトしたものでした。
 アルファホーンは、社外品の中では安いし、小電流でリレーが不要で、音自体も左右異なる周波数で欧州車ライクな良いものということもあって、定番中の定番ですね。

s_horn01.jpg


 これが純正のホーンです。ボンネットを開け、ラジエータの手前に1個だけブラ下がってます。これがまた、まるで『理科の実験級』のようなショボいブザー音です。

s_horn02.jpg

 取り外したの図。ボルト頭は12mmです。
 配線はプラス一本だけが来ています。ボディから外したら音は鳴らなくなりましたので、マイナスは取り付けステーを介してボディアースから取っているようです。
 この通り、純正はシングルで、かつ1端子仕様なので、デュアルでしかもプラス・マイナスの2端子仕様のアルファホーンと交換するには、新たにステーと配線を追加せねばなりません。これがちと面倒ですな^^;

s_horn03.jpg

 端子を外したの図。平型のコネクタを使っており、左がホーン本体(オス)で、右がバッテリから来ているプラスのケーブル側(メス)です。このため、オスの平型端子で二股分岐のケーブルを自作し、アルファホーンのプラス端子に接続します。一方、マイナス側はステー(ボディアース)から取るよう、別にケーブルを作ってやります。

s_horn07.jpg

 簡単に配線図を。(画像をクリックすれば大きい画像を別ウィンドウで表示します)
 わざわざ配線図を作るほどの内容では無いですが、折角なので^^;

s_horn04.jpg

 ステーはホームセンターで売ってるスチールのジョイントプレートを流用しました。採寸だとか現物での位置合わせなどを全くせずにやった結果・・・

s_horn05.jpg

 画像では分かりにくいですが、かなりキツキツです(;´Д`)
 なんとか取り付けは出来ましたが、右側のホーンがラジエーター前に設置してある温度センサーに干渉してしまってます。これはちょっとステーの形状を考え直さねばなりませんなぁ。

 というわけで、一応イイ音に変わりはしましたが、微妙に失敗。要・再作業ですな(汗)。
プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。