スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

庭ガレージプランのつづき

 すっかり寒くなりましたね。外に出掛けるのが辛くなってきました。
 以前、近所には歩いてすぐのところにコンビニがあったのですが、潰れてしまって何かと不便になりました。まぁ散歩程度で歩けば7、8軒はありますので贅沢な話ですが^^;

 問題なのはガソリンスタンド。潰れた最寄のコンビニの隣にあったのですが、こちらもマンションに変わってしまい、他の近所のスタンドもどんどん閉鎖されたため、現在は橋を渡って東京側まで行かねばなりません。バイクの給油は別に少し離れていても良いのですが、車を手放した今、灯油を買いに行くのが面倒臭いんですよね。
(そんなわけで、今年はまだコタツオンリーだったり^^;)
 とまぁ、またも車の復活の理由をヒネりだす話でしたが(苦笑)、前回のエントリでの「庭に車庫を作るか?」って話の続きとして、実現可能かどうかを探るべく庭を実寸法を測ってみました。

→続きを読む

スポンサーサイト

サイクルハウス3年経過

 バイクと自転車を収めるためのサイクルハウスを庭に建ててから3年が経過しました。
 3年の間、幾つかの大きな台風にも見舞われましたが、結果としては導入当初に懸念していた風による倒壊については全く問題なし。もっともこれは住宅密集地内という設置場所によるところが大きいと思いますが、結局アンカー打ちにコンクリを用いることもなく、地面(土)に直に打ち込むアンカーのみで問題なく運用できています。

 ただ、多少予想はしていましたが天幕の劣化は思っていた以上に早かったです。

→続きを読む

ダホン復活

 タイトルにして気が付いたのですが、今までPCなりチャリなりで「復活」なんて言葉を沢山使ってきたような気がします。つまり、それだけそれらを放置して死の淵に追いやっていたことに他ならないわけです。趣味が多いのも考え物だなんて以前書きましたが、時間がないだ仕事が忙しいだのと色々と理由は確かにありましたが、こりゃ大いに反省せんといかんことですなぁ。

 さて、タイトルにしたダホン。折り畳みのチャリです。ダホンはメーカー名で、モデルは2004年式の「インパルス」。「メトロ」より上位ですが、現在の「ボードウォーク」にあたるダホンのボトムレンジを担うモデルでした。
 購入したのは・・・いつだっけかなぁ。裁判所の差押え物件、つまり競売で格安で購入しました(苦笑)。私はそういうイワク付きの物でも一切気にしないタチです。勿論、グリップやシートといった直接体に触れるものは、中古の常ということで交換しますけどね。
 前のオーナーの怨念が残っている? んな馬鹿な話があるわきゃない。あるのはアルミとゴムとスチールの塊だ。モノにも魂が宿るというのなら、自分が愛情注いで魂を込めりゃいいだけの話。道具には何の意思も無いし罪も無いんです。

 あー、ごめん。モノに罪が無くてもオーナーに罪はあるわ(汗)。エラそなこと書いておきながら、魂を込めるどころか死の淵に追いやってる人間が言うことじゃないね(苦笑)。
 そんなわけで、今日はワイヤーが錆びて固着して使えなくなったブレーキを修理しました。本来なら10分程度で済む筈の作業ですが、ワイヤーが錆びて固着していたためにタイコを外すのにエラい時間が掛かりました。錆びていない箇所でワイヤーをカットすればいいだけということに気付くのにエラい時間を掛けてしまいました(汗)。
 交換に使ったワイヤーはシマノのMTB用で、アウターがリア1400mm・フロント800mm、インナーがリア1700mm・フロント1000mmのセットです。インナーワイーヤーのカットはデフォとして、アウターはリアはそのまま、フロントは150mmほどカットして装着しました。
 いやー、やはり新品はイイですなぁ。こんなに軽かったンか!と、ブレーキを引く力が全然違います。いや、まぁメンテナンス前がヒド過ぎたってこともあるでしょうけどね^^;

 ついでに、折り畳み機構のヒンジの部分とかにもグリスを吹いてリフレッシュしました。
 今回一通り復活させたのは、前回ネタにした北海道行に持っていこうかとも考えたからなのですが・・・いや、体力落ちてるわ(汗)。たったこれだけのメンテナンスで疲れてて、折り畳みチャリ持参して移動なんてできるんか?ってくらい情けない有様です。
 時間があっても、金があっても(いや、無いけど)、基礎体力が無いと何もできないよなぁって思い知らされました。イベント時とかで気合の入った時の火事場の馬鹿力ばかり信用してちゃいけないですね。。。
(あ、今日は画像が無いや^^;)

ライトウェイ、再復活(汗)

 世間は3連休。いや、自分もそうでしたけど、とにかくまぁ連休って奴ぁアッという間に終わってしまうものですなぁ。初日の土曜にちょっくら用事があったのですが、それ以外は大したこともせず、部屋の掃除だとかHDDレコーダの中身整理(つまり溜まった録画の視聴^^;)なんぞに明け暮れておりました。
 蔵書の整理やバイク(KSR)の外装直し、あるいはPCの組み立て・改造だとか、やりたいこと・やるべきことは一杯あります。以前にもちらっと書きましたが、それらを列挙してみたら大項目で30項目ほど、細かい作業ベースまでブレイクダウンしてリスト化してみたら、優に100項目以上もありました!

 そうは言っても暑さでヘバってしまいやる気が出ず(苦笑)。しかしまぁ何もやらないってのもダメダメですので、今日はチャリンコのメンテナンスをしました。
 マシンは昨年の9月に修理して復活させたライトウェイのシェファードSEです。別段、本体は壊れてはおりませんでしたが、スタンドが付いておらず街乗りに不向きでしたので、今回取り付けてみました。









 近所のセオサイクルさんで購入したTranz Xの安物^^;

 スポーツバイクにスタンドを付けるのは格好悪い・・・と思う方はチャリ乗りに結構多いようで、実のところ私も決して好きではないのですが、チョロっと街乗りで使うには色々と面倒だし、壁掛けで停めて他の方の迷惑になるのもイヤなので、サクッと取り付けた次第です。

 因みに前の職場の時に通勤用ということでビアンキにもスタンドを取り付けてました。あ! もう通勤でも普段乗りでも使ってないんだから、そっちのを外してこっちに流用すればよかったじゃん・・・いま、書いてて気付きましたがな(汗)。




 で、取り付けたの図。ちゃりパーツのお決まりってことで、取り付けビスは通常のプラスネジではなくヘキサボルトです。

 全然乗っていなかった上に、サイクルハウスのスペースの関係で雨ざらしになっていたことから、またもチェーンがサビサビになっていたので、こちらもケアしました。こういうところをちゃんとメンテしていないのは駄目ですね。
 私はクルマにしろバイクにしろ自転車にしろ、ピカピカにしているのは気恥ずかしくって、どちらかというと『使っている感』が出ているような適度に汚れているくらいが好きなのですが、肝心なところが汚れているのはいけませんね。ボディが汚れていてもチェーンやワイヤー類はちゃんとしているってのが玄人っぽいじゃないですか。(口に出してしまう時点でシロウト丸出し^^;;;)


 酔っ払ってるのでちょっと余談。大昔、豊田有恒が書いた小説で「暴走狩り」という作品がありました。確か集英社文庫だったかな? 恋人を暴走族に轢き殺された主人公が、スカイラインGT-R(当然ハコスカです)で暴走族に復讐していくというストーリーです。
 その中の一場面で、軽いスピードオーバーでだったと記憶するのですが、主人公のスカイラインが白バイに停められるシーンがあります。外装はポンコツのスカイラインなのですが、停車してからエンジンのアイドル音を聴いただけで警官が「GT-Rだな?」と尋ねるんですよ。
 メインのストーリーには関係ないどうってことのないシーンなんですが、クルマに興味が無い方にはサッパリ分からないでしょうけど、このシーンが凄く心に残った。いや、なんか格好イイんですよね。実力を隠してる主人公もそうですし、見抜く警官も。
 外装の綺麗さにこだわらなくなった原因は多分コレですね(苦笑)。いかに外観がへっぽこピーでも、走り出したらスゲー!という、今となっては陳腐な表現ですが『羊の皮を被った狼』に憧れたものです。それはマシンのみならず、普段は極力おとなしく運転するというドライビングスタイルにも影響しましたね。まぁ今では羊の皮を被ったヤギでしかないですけど^^;

 話を戻しますが、この小説で恋人を殺したクルマは緑色のいすゞ117クーペという設定でした。ハコスカに憧れましたが、結局はハードボイルドよりもスタイリッシュに惹かれてしまい、小説を読んだ1年後に117クーペを買ってしまった軟弱な私でした(笑)。

サイクルハウスを秘密基地化(笑)

 一昨日サイクルハウスを作り上げましたが、更にガレージっぽく仕立ててみました。

c_house8s.jpg

 サイクルハウスの構造があまりにも単純だったので、「2x4材で自分で組んだほうが良くね?」と思ったことから、そういえば2x4材ってチェーンクリーナーやオイル等のケミカルの缶を置くのに丁度いい幅だよなぁと思い付き、棚代わりに軽く組んでみました。
 実際には両端の縦の柱を2x4材とし(真ん中は1x4)、横板は一回り薄い1x4材で組んでます。上のワイヤーネットは、サイクルハウスの上部の骨に紐でくくり付けて、工具類をブラ下げるのに使用しています。
 
 コストですが、棚の方は近所のホームセンターで180cmの長さの1x4材が198円、2x4材が298円ということで、補強金具等を含んで1,000円チョイ程度。ワイヤーネットは吊り下げ用のS字フックと一緒に100円ショップで購入ということで、トータルで2,000円程度の投資で使い勝手の良い棚が出来ました。あとは天井にLEDのライトを付けて夜間にも作業ができるようにするつもりです。

 庭の有効活用だとか工具の決まった置き場を作るだとか、なんだかんだと大義名分で作業しましたが、なんかこう・・・子供の頃に秘密基地を作った時のワクワク感そのまんまでした。男はいつまでたっても子供だとよく言われますが、こりゃ否定のしようがないですね^^;
プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。