スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無理矢理晩酌(笑) ~ 市川・大門通り 『焼き鳥・市ばん』 ~

 レタスを大量にもらってきた・・・なんてことがあったら、貴方ならどうやって消費しますか?

 そんなことはそうそうあるかよって言われそうですが、現実問題ウチの冷蔵庫には今レタス様が鎮座しています。今夜の晩ごはんはコレを消費するメニューを考えねばなりませぬ。
 定番中の定番は各種サラダであり、あるいはサンドイッチでしょう。これらは私も大好きなので、多分最終的にはこれらがメインになると思います。
 しかし、今日は何となくパンではなくご飯の気分なんです。ご飯で、尚且つレタスを消費する料理って何だろう・・・と、帰宅時の総武線快速の中で悩みまくりました。そもそもご飯ものでレタスを使ってるのって少ないよなぁ・・・と思ったところで閃きます。そういえばドカ盛りで有名な「けやき食堂」のけやき丼って、ご飯の上に野菜(キャベツがメインだけど、レタスが入っていることもあり)を敷き詰め、その上に味噌ダレ焼肉をまぶしてたやん。これを真似しようじゃないか!

 問題となるのは具ですが、けやきのような焼肉ではなく、今回は焼き鳥丼を作ってみようって魂胆です。ちょうど最近、つまみには勿論、ご飯にも合う甘醤油タレの美味い焼き鳥屋さんを見つけたもんで。

s_1ban2.jpg

 市川駅北口から国道14号(蔵前橋通り)を越え、真間山の参道である大門通りの中間あたりに店を構える『市ばん』さんの焼き鳥(もも・タレ)です。テイクアウトオンリーに見えて、実は2,3人ほどの立ち飲みスペースのあるこのお店は、決して立派とは言えない店構えですが、肉もタレも滅茶苦茶レベルが高いんですわ。
 店についてはまた改めてレポしますが、ここのオーナーさんがとても「いい人」っぽいオヤっさんで、実際売り切れ間近に訪れた際に、何度か串をオマケして下さる、ホントにいいおやじさんなんです。

 で、今日。このおやっさんの「いい人」ぶりが如何なく発揮されました。私はご飯に乗っける目的で焼き鳥を買いに行ったのですが、商品を袋に詰める際に、なにやらゴソゴソといつもと違うアクションをとってらっしゃいます。なんだべ??と思ってたら、「軽くつまみにどうぞ」って・・・

 枝豆をサービスしてくださいました!(汗)


 結論として、、、

 s_1ban.jpg

 そりゃビール買うでしょ、人として(汗)。
 俺の『焼き鳥丼でレタスを消費しよう』飯計画、あっさり挫折。平日の休肝日計画、月曜にして計画倒れ。恨むぞ、おやっさん! 俺ぁそんなアンタが大好きサ!


 因みに、大量とまではいかないですが、レタスもしっかり付け合せとして食べました。マヨネーズと塩ポン酢、それに醤油を少々で作った、自家製和風タルタルソースで頂きました。これ、以前タモリ倶楽部でタモさんが作ってたソースで、フライものにもとても合います。マヨはコッテリ、でもポン酢だけはあっさりし過ぎ・・・って思う方にはピッタリの『コクのあるサッパリドレッシング』です。お試しあれ!
スポンサーサイト

名古屋までおつかい

 ちょいと名古屋に行ってまいりました。メンツは大学時代からの友人の景勝と、そのヨメの平蔵ちん。あと景勝の元同級生のけんちゃんとそれに私の、計4名。
 旅行でもなんでもなく単なるお使いで、景勝に頼まれてオークションでクルマを落札しまして、そいつを取りに行ったってわけです。単に取りに行くだけならヤツだけでいいんですけど、落札者は私なので一応本人が出向かねばということで。
 今回の相手方が業者なので、ついでに景勝が今乗ってるクルマも下取りしてもらうことにしました。下取りというか処分です。もう10年以上経ったクルマで、元々は私が乗ってた奴です^^;

 というわけで、必然的に交通機関はクルマとなったのですが、先方(尾張一宮)を訪ねる時間は大体9~10時前後と伝えているので、出発時間の調整が難しいところです。中途半端な時間(3、4時頃)に出るくらいなら、遠回りしてもいいからさっさと出掛けようということになりました。


 ・・・いや、だからと言って、下道でしかも国道20号・19号ってのはどうだ?^^;


 分かりやすく言うと、山梨・長野・岐阜経由。つまり中央道ルートを下道で行こうって魂胆ですわ。景勝いわく、「いやー、懐かしいからこっちもアリかなぁ」だと。ヴァカだねぇ^^;
 千葉を金曜24時(土曜0時)に出発。取り敢えず都内と多摩地区、あと大垂水峠は高速を使ってパスとしました。時間を正確に読むためということもありますが、まぁそもそも面倒なので(笑)。

 一宮御坂ICまで中央道を使い、後はひたすら国道20号です。真夜中のドライブなので、特にイベントはなし・・・と思うでしょう? いやいや、折角のお出掛けなので、何もしないのはツマらんのであります。

s_sumaru0907_1.jpg

 時間は深夜の2時半。で、しっかり立ち寄りメシです。
 静岡をメインにチェーン展開する立ち食いソバのスマル亭で、静岡の他に東京と山梨にも1店舗ずつ店を出しています。東京・茅場町の店については、実は以前にこのブログでもネタにしました。その際にも書いたとおり、ココは立ち食い蕎麦屋ではありますが、コシがある麺と、桜エビやシラスの天ぷらという特徴あるトッピングを擁した、非常にポイントの高い立ち食い蕎麦チェーンです。
 今回襲撃したのは山梨の甲府バイパス店。一宮御坂ICから見て甲府昭和ICの手前にあります。真夜中の2時半でしたが、2名ほど地元のお客さんがいました。

s_sumaru0907_2.jpg s_sumaru0907_3.jpg

 私とけんちゃんが頼んだ「桜エビとしらすの天ぷらそば」で620円也。蕎麦は相変わらず美味しかったのですが、天ぷらがイマイチ。それでも桜エビは風味があって良かったのですが、シラスは衣の味しかしませんでした(汗)。時間が悪かったのかなぁ。。。
 因みに景勝&平蔵ちんは釜揚げの天ぷらうどんを頼んだのですが、うどんも麺にコシがあってなかなかでした。作ってから(というか搬入してから)時間が経ち過ぎたせいなのか、今回はどれも天ぷらが残念賞でした。


 ごちそうさまの後は、再度ドライブ。運転はずっと私で、同乗者と喋りながらということもあったと思いますが、思っていた以上に早く諏訪湖を通過し、塩尻に至りました。もっとも、感覚的に早く着いたってだけで、実際の時間はしっかり経っていたのですけど。

R20.jpg

 塩尻の国道20号の終点に着いた時には、空が白んでいました。
 この画像を撮った交差点から先は、名古屋に向かう国道19号になります。国道20号も山の中でしたが、木曾を通るだけあって19号はもっと山深い感じですね。道はちゃんとしていますが、山の中を分け入るって感じで、なんかワクワクしました^^;

s_astra.jpg

 寝覚の床を少し過ぎたところで記念の遺影撮影(´・ω・`)
 写真では分かりにくいですが、深山幽谷といった趣きのある雰囲気の良いところです。ここの少し手前にある上松という町には、かつて材木運搬のための森林鉄道(木曾森林鉄道)があったのですが、この場所でもクルマから出た途端に木の匂いがしました。こういうの、いいですね。
 ここで景勝にドライバチェンジし、私は名古屋までグッスリ寝さしてもらいました^^;


 目的の一宮市街には8時過ぎに到着しました。先方に伝えている訪問時間は9時過ぎ。時間がありますので、軽く朝ごはんを食べましょう。

s_kome1.jpg

 全然ご飯とちゃうやん!(爆)

 正体は、名古屋人で知らぬ者はいないと言われる喫茶店チェーン・コメダ珈琲の「シロノワール」です。ほかほかのデニッシュにバニラアイスをホイップしたもので、好みにあわせてメイプルシロップをかける・・・ってシロモノなのですが、これ美味いッスよ!
 バニラアイスに目を奪われがちですが、土台のほかほかデニッシュがいい仕事してます。これなら何もつけずにストレートでいただいても、我が人生に一片の悔い無しです。

s_kome3.jpg s_kome2.jpg

 左がけんちゃんの頼んだカツサンドで、右が平蔵ちんの頼んだホットサンドあみ焼チキン。どちらもボリュームがあり、チキンなりトンカツなりの具がちゃんと作りたてで、試食させてもらいましたがべらぼぉにでりしゃすであります。チキンの方はタレるほどの肉汁で、それが照り焼き醤油と混じってキャベツに十分に染み込んでおり、思わずガッつきたくなります。

s_kome4.jpg

 けんちゃんの頼んだクリームソーダ。ブーツグラスに入っております。このブーツグラス、飲み方を誤る(つま先を上にして飲む)と、大惨事になるので要注意です^^;
 余談ですが、私はクリームソーダを頼んだら、アイスとソーダの境の部分のカリカリしたとこ(シャリシャリしたとこ?)をまず掬って食べるのが好きです(笑)。ま、クリームソーダなんざ、もう何年も頼んでませんけど^^;


 この店、なんと6時半から空いてます。喫茶店なんか朝からやってて儲かるんか?と思ってのですが、名古屋で朝といえば喫茶店でモーニングらしいですね(笑)。それもサラリーマンとかではなく、普通の「近所のおじさん・おばさん」方ばかり。 今回は土曜でしたが、店に入って、その盛況ぶりと年齢層の高さに軽いカルチャーショックを受けました。
 それと同時に、客層のガラの悪さにちょっと辟易。いいトシしたオッサンがつまらんことでウェイトレスにイチャモンつけてたり、靴脱いで片膝だけならともかく、イスに裸足であぐらかいてる奴もいたし、なんか総じて文化レベル低いです。食べ物は美味しかったけど、やはり名古屋って好きになれませんなぁ。


【追記】
書くのを忘れていましたが、コメダ珈琲さんでは開店から午前11時までモーニングサービスをやっており、ドリンク料金だけでトーストとゆで卵がサービスされます。私たちもしっかり頂き、腹パンになりました^^;

寝台列車で讃岐うどんを食べに行こう!(その2)

※寝台特急「サンライズ瀬戸」での顛末は「その1」をご覧くだされ。

 というわけで、前回からの続き。

 酒と心地よい揺れでいい感じになり、結局熱海あたりで沈没しました。
 何度か目は覚めたものの、結局岡山手前までグッスリ眠れました。前回はモーターの無い「サハ車両」であったものの、台車の真上だったので、レールを跨ぐジョイント音と振動をダイレクトに感じたものですが、今回は車両中間で2階部屋だったこともあって、極めて快適でしたね。まぁ電車が駄目な人は、結局何であろうと眠れないと思いますが^^;

 因みに、前回はシングルツインの部屋を使いました。シングルでツイン?とヘンテコですが、『基本は一人用個室だけど、二段ベッドなのでもう一人乗れるよ』ってことで、要は2段ベッドの個室です。
 なぜ一人で二段ベッドの部屋を?というと、前回は折り畳み自転車(ダホン)を輪行してのお出掛けだったのです。上段ベッドに輪行袋に入れたチャリを載せ、下段は自分が寝たってワケです。今考えれば逆にすべきでしたが。。。
 チャリ持参だと、現地での機動力が抜群です。ディープな讃岐うどんのお店は狭い市街地にひっそりとあることが多いのですが、非常に重宝しました。体を動かすことで、腹ごなしにもなるという特典付ですし(笑)。

 で、今回もチャリを持って行こうと思っていたのですが、残念ながら天気予報は雨。寸前で予定を変更し、現地での移動はレンタカーとしました。平成レンタカーという地元のレンタカー屋さんが、軽自動車ではありますが、6時間3,150円という格安のプランを用意してるので、それを使ってみたワケです。実際は免責代1,000円が余計に掛かりますので、実質4,150円ですが、それでも十分安いかと。

s_late.jpg

 今回の相棒はダイハツのムーブ・ラテでした。何が宛がわれるかとワクワクしたものですが、まさかこんならぶりぃなのが来るとはね^^;
 私はどんなクルマでも平気で順応するので、レンタカーを返却するときは大体どんな車種でも欲しくなってしまうのですが、このラテさんも例外ではありませんでした。こういう『ご近所買い物クルマ』で北海道一周だとか無茶なことをやりたくなる悪癖があるんですな(苦笑)。


 さぁ、戦闘開始です。
 ここまで書くのをすっかり忘れていましたが、前回は高松市内と琴平界隈を廻ったので、今回は坂出市近辺を最初のターゲットとしました。レンタカーの借受けは8時でしたので、この時間に開いている坂出近辺の店舗となると、それなりに限られます。まずは8時開店の「(坂出)山下うどん」さんを襲撃しました。近所の郵便局員さんが休憩にくるお店だとか。

s_yamasita01.jpg s_yamasita02.jpg

 いやはや、ただでさえ幹線道路から外れるのに、更に田舎道を外れることになります。上記左の画像をご覧のとおり、店舗や製麺工場どころか、建物自体が通りから見えません(爆)。フツーの近所のおウチの庭にお邪魔する感覚ですわ。看板が無いと絶対分かりませんが、土日は通りに車が一杯駐まってるのですぐに分かるのだとか。

s_yamasita03.jpg s_yamasita04.jpg

 「庭」に入ると、お店(工場)と母屋(ご自宅?)が見えます。猫さんが出迎えてくれました。とても大人しい子です。食べる前なのでモフれなかったのが残念^^;

s_yamasita05.jpg  キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!

 かけの小で150円、海老かきあげが200円ということで、トッピングの方が高いです(笑)。勿論、これでもかと海老がふんだんに入っているだけあって、値段以上の価値のあるゴオジャスなかきあげです。死ねます。

坂出山下うどん
住所:坂出市加茂町杉仏147-1
営業時間:8:00~16:30
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日休)
(詳細地図)


 お次は、比較的ご近所さんの「がもううどん」さんを攻略です。8時半から開いています。
 ここも田んぼの中の一軒家で、のどかでいい雰囲気ではありますが、やはり初めて行く方はかなり苦労するでしょうね。私は、クルマに装備されていたナビに助けられました。地元のレンタカー屋ということもあって、ココが登録されていたのです。(山下さんは自力で行きました^^;)

s_gamou02.jpg  s_gamou01.jpg

 かけの小130円といわし天ぷら80円也の計210円。あー、たったこれだけで、こんなに幸せになれるとはなぁ・・・
 あくまでも個人的な嗜好ですが、私的にココは現時点で讃岐うどんキングです。私は麺よりもダシの方を重要視するのですが、ここのはめっちゃ私好み。美味いわぁ~。。。
 これなら並んでもいいやって思えました。とかいいつつ、今回は一切並ばずでありつけましたけどね^^;

がもううどん
住所:坂出市加茂町420-3
営業時間:8:30~13:30頃(麺がなくなり次第終了)
定休日:日曜日・第3月曜日(他、G/Wや年末年始に臨時休業あり)
(詳細地図)


 今度は坂出市街の方に戻ります。有名な「彦江製麺所」さんに訪問です。いや、しかしココもクルマだと、かなり大変です。さきほどの山下さんやがもうさんと違い、こちらは市街地の真っ只中の極細路地の奥にあるんですね。

s_hikoe02.jpg s_hikoe01.jpg

 かけの小140円とちくわ天80円也です。ここは麺の美味さが際立っていました。前回訪問した高松市内の「さか枝」さんほどではありませんが、コシが強くて、食べてて「楽しい」んですよね。
 あと、ちくわ天ってこちら(関東)では殆ど手を出さないのですが、高松のは実に美味いですね。まぁ揚げたてに出会う機会が多いというのもありますけど(関東だと時間が経ったヘナヘナなのばかりですもん)、魚が良いから練り物も美味い!ということじゃないですかね。

彦江製麺所 ※2010年10月30日閉店
住所:坂出市横津町3-6-27
営業時間:8:40~14:00
定休日:日曜日
(詳細地図)
この辺に大きな専用駐車場がありますので、クルマの場合は必ずこちらに駐めましょう。


 坂出市内でもう一軒くらい寄って見たかったのですが、今回は折角のクルマですので、電車や自転車ではなかなか行くのが面倒なところに行ってみることにしました。
 というわけで、かの有名な「山越」さんです。行列必至の大人気店舗ですが、平日(金曜)の午前中で、しかも天気は雨ということもあり、今日は比較的人は少ないんじゃないか?と踏んだわけです。また、多少腹も膨れてますので、腹ごなしも兼ねて多少の行列は構わないかなぁとも思ったわけで、、、

s_yamagoe01.jpg

 ご覧のとおり、画像では10人余り程度の行列ですが、これは私が食後に撮影したもので、実は私が到着した時は全く並んでませんでした! いや~、いくら平日朝とはいえ、まさか山越さんで並ばずに食うことができるなんて思いませんでしたぜ。。。

s_yamagoe02.jpg

 待望の「かまたま(小)」200円也。
 丼に卵を溶き、それに茹でたての麺をブチ込んでネギを載せ、ダシ醤油をかけて出来上がりです。正直なとこ、「そんなに美味いモンなのか?」と実は思っていましたが、、、

  わたくしが悪ぅございました!

 こりゃ異次元の食べ物ですなぁ。たまごに溶け込んだダシ醤油のまろやかさに、頬がとろける思いでありました。見事に殺されましたねぇ。。。

山越うどん
住所:綾歌郡綾川町羽床上602-2
営業時間:9;:00~13:30(土・祝祭日8:00~13:30)
定休日:日曜日
(詳細地図)


 締めは善通寺市内のどこかの店と考えていたのですが、折角綾川まで来たので、こちらの名店をチョイスしました。「赤坂製麺所」さんです。琴電の陶駅の近くなので、クルマじゃなくても比較的行きやすいお店ではあります。

s_akasaka01.jpg

 行きやすい店ですが、ここも看板が無かったらなかなか見つけられないであろう店のつくりです。画像で見る限りではフツーにお店と分かりますが、実はこれ、クルマの通りの裏側でして、表側は単なる民家なんですよ~^^;

s_akasaka02.jpg s_akasaka03.jpg

 店内は思いっきりフツーの民家の土間の延長です。右側がまぁ言うなればカウンターになるのでしょうか。
 そのカウンターの上には料金箱(画像右)があり、そこに1玉200円也のお金を入れてね、ということですが・・・どう見ても『雪印6Pチーズ』の箱にしか見えません。しかも二つとも微妙にシュールな絵が・・・www
 このお店のディープさは、これだけでは済みませんでした。

s_akasaka04.jpg s_akasaka05.jpg

 カウンターの上にトッピングのネギがあるのですが・・・自分でハサミでチョキチョキしないといけません(笑)。
 ここはもう、なんというか味云々がどうこうじゃなくて、店の雰囲気とかおばちゃんのノリとやり取りを楽しむところというべきでしょうね。

赤坂製麺所
住所:綾歌郡綾川町陶5781-6
営業時間:7;30~17:00
定休日:水曜日
(詳細地図)


 というわけで、今回はこれでおしまい。結局廻れたのは昨年と同じ5店舗でした。
 軽く総括してみると、、、

●寝台特急利用は、うどん巡礼にかなり有効な手段
 首都圏の人に限った話になりますが、仕事後に乗車できるのと、高松到着が早い時間なので、意外と使いでがあります。飛行機だと高松到着は9時25分(しかも市内ではなく、山奥の高松空港)ですが、サンライズ瀬戸だと高松駅に7時25分到着となります。
 2時間の差ですが、朝早くから営業している讃岐うどんの世界で、この2時間のアドバンテージはデカいです。早朝営業の店舗を2,3回り、あとは午前中に数店舗廻って昼どきの混雑時間帯を回避するという、最も効率的な廻り方ができます。

●有名店舗の行列は恐れるに足らず?
 実際には全く並んでない奴が言うのも何ですが、他の飲食店と比べて讃岐うどん屋の行列は進みが早いですし、今回思ったのですが、ハシゴした場合のインターバルと思えば、意外と苦にならないんじゃないかと思いますがどうでしょう? まぁ雨だとか真夏のドピーカンの最中とかだと話は違いますけどね。

●レンタカーは便利。しかし・・・
 本文でも書いたとおり、平成レンタカーさんの軽自動車プランは安くて良いです。また、郊外の店舗はまだしも、特に高松市内等、市街地の店舗は極めて狭い道が多く、軽自動車は大いに役に立ちました。
 難点は、電車+歩きだとか自転車に比べ、腹が減らないってところでしょうね(笑)。


 今回、色んな方が「ここは行くべき」とされている比較的有名な店舗を廻ったこともあり、次回はハシゴをやめ、一店集中攻撃をやってみようかなぁ。気に入った店舗で、揚げたての天ぷらをごっそり奪い、あつあつ・ぶっかけ・釜揚げのフルコースをやってみるとか。
 まさに大人買いの世界ですね^^;;;


≪おまけ≫
 空いた時間に八十八箇所霊場巡りをしてきました。

88_72_s.jpg 88_73_s.jpg 88_79_s.jpg

 左から、
  72番 曼荼羅寺 (「あんたたち! あんたたち!」)
  73番 出釈迦寺 (「おはようございま~す」)
  79番 天皇寺高照院(「機械の故障ってことで、いいね!?」)

 (コメントは一部の人にしか分からないネタです。スミマセン^^;)

寝台列車で讃岐うどんを食べに行こう!(その1)

 って、ホントは帰省のついでなんですけどね^^;

 てなわけで、海の日絡みの三連休にプラス1日お休みをもらいまして、岡山の実家に帰省して参りました。帰りの飛行機のチケットが、キャンセル待ちで先得割引の奴(岡山~羽田\10,100!)が取れましたので、行きは贅沢に寝台特急「サンライズ瀬戸」に乗ろう!という魂胆です。
 サンライズ瀬戸は東京駅22時発なので、会社を定時であがって一旦家に帰り、支度をして出直してきました。

s_sunrise01.jpg

 出発を待つサンライズ瀬戸號。実はこの画像、昨年乗車した時のです。何を隠そう、昨年の全く同時期にもサンライズで讃岐うどん食いに行くという、全く同じことをやってたりするんですね~^^;

 東京駅入線は21時45分頃なのですが、発車10分前になって丸の内にお勤めのGGだっしゅ氏が見送りに来てくださいました。21時半まで会議で捕まっていたのだとか。

dash.jpg

 予告してはいたのですが、まさかホントに来るとは!
 しかも差し入れ付きッス。東京駅構内のグランスタ内に入っている「銀座 甘楽(かんら)」の豆大福・その他であります。ここの餅は、極めてやわらか~くて絶品ですぜ。これは翌朝起抜けに頂きました。ありがとぉ~。
 列車は中央線の遅延の影響を喰らい、10分遅れの22時10分に発車となりましたが、まぁ見送り人に存分に寝台を見せ付けることが出来たので良しとしましょう(笑)。
#帰省の時に使いなよ~>だっしゅ氏

 今回取った寝台はB寝台のシングル個室です。

s_b_single.jpg

 まさに寝るだけの空間ではありますが、十分なスペースは確保されています。カーテン一つ隔てただけの開放型寝台と違い、完全にプライバシーが保てるのが良いですね。私自身は開放寝台でもいいんですけど、酒飲むと盛大にイビキかくのでね^^;

s_sunrise02.jpg

 動き出したら、早速酒盛り(笑)。東京駅で購入した三陸真イカのリングフライと生ハムのマリネであります。流れ去っていく夜景を背景に一杯傾けるのは、やはりオツなものですなぁ。


 ※ というわけで、続きはその2で。

大阪”食いだおれ”出張記

 大阪への出張を命じられました。内容は・・・詳しくは書けませんけど、とにかく『こんなんで1日潰して出掛けていいンすか?』ってな感じの、30分あまりで終わってしまうような仕事だす。
 だもんで当然日帰り出張ですが、直行・直帰でおっけー!ということで、いろいろ食べてきました^^;

(サムネイル画像をクリックするとデカい画像がでまする)


s_honnori1.jpg s_honnori2.jpg

 まずは朝飯。東京駅構内の「ほんのり屋」さんのおむすびです。3つ買いまして、左から梅しば枝豆、椎茸昆布、ホタテとれんこんの天むす。1コ200円前後と少々値は張りますが、コンビニおにぎりとは比べるべくもなき美味さ。タイミングが良いと握りたてをゲトできますので、これに当たると更に幸せになれます。
 実は、東海道新幹線に乗車する際には普段は品川駅から乗車するので、いつもは品川駅のエキュート内にある「こんがり屋」さんを贔屓にしてます。こちらは焼きおにぎりがありまして、これがまたタマランのですが、ほんのり屋さんも侮れませんな。
 これだけで足らんということであれば、「豆狸」(まめだ)のおいなりさんも追加購入するも良いかと。ここの「わさびおいなり」が個人的ヒイキ。豆狸さんは東京・品川どちらにも店舗があります。


 とまぁ朝からの空腹が治まったので、新大阪まで爆睡。食って寝て幸せなヤローですが、さすがに遅めの朝飯に加えて午前中は移動しながら眠っていただけだったので、昼食は抜くことにしました。夕方のバトルに向けての調整とも言えますが^^;

 仕事は無事3時過ぎに終了。30分で済む仕事を、なんだかんだとイチャモンつけて2時間くらい延ばした結果です(笑)。
 会社は北浜なので、淀屋橋から地下鉄御堂筋線で動物園前まで乗車し、一路新世界を目指します。
 通天閣のお膝元の新世界は、かつては「近寄らんほうがええ」と言われていた界隈で、立ち飲み屋やホルモン屋が立ち並び、目つきの悪いオッサンが道端で将棋をさしてたり競馬新聞を持ったオヤジがうずくまってたりと、何かと異次元な世界だったようですが、最近は著しく観光化が進み、観光客向けに新たに串かつ屋が乱立している状態なのだとか。
 だから安心して訪問・・・というわけではなく、むしろその古き悪しき(?)ディープな雰囲気が残っている間に行っておきたいなぁと思ったのが本音だったりします。だもんで、動物園前駅を降りて、いかにも大阪な雰囲気が漂う「ジャンジャン横丁」を北上していきました。

s_tengu1.jpg s_tengu2.jpg

 まず立ち寄ったのが「てんぐ」さん。串かつ2本としいたけ、貝柱、れんこんを注文。前回食した法善寺の「だるま」よりも衣のパン粉が多少目立つ気がしましたが、個人的にはこっちの方が好みかな?
 串かつは1本100円で、他が200~250円と、若干高めでしたね。とは言っても、もちろんキタで飲むより遥かに安上がりですが。

串かつ てんぐ
住所:大阪府大阪市浪速区恵美須東3-4-12
営業時間:9:00~21:30
定休日:月曜日


 お次は、てんぐさんのお隣の「八重勝」さんに寄ってみました。

s_yaekatu1.jpg s_yaekatu2.jpg

 ココは「だるま」や「横綱」なんかと並んで、かなりの有名店です。私がお邪魔した時も、観光客と思しき女の子グループが2組いました。
 こちらでは串かつ2本としいたけ、れんこん、牛ヘレ、貝柱を頼みました・・・って、ほとんど前と同じやん^^; 別に店舗で比較しようってハラではなかったんだから色々頼みゃいいのにね。
 先ほどの「てんぐ」さんと食べ比べてみて、当然具や衣だとかソースで違いはあります。私としてはてんぐさんに軍配を上げますが、結局のところどっちも普通に美味しいよ(笑)。どっちが上だとかはもう、ほとんど個人の好みですね。

八重勝 (やえかつ)
住所:大阪府大阪市浪速区恵美須東3-4-13
営業時間:10:30~21:30
定休日:木曜・第3水曜


 お次はジャンジャン横丁を抜け出し、通天閣手前にある「越源」(えちげん)さんを攻略。

 s_etugen1.jpg s_etugen2.jpg

 本当は二つお隣の「やっこ」(終戦後からやっている老舗)に行きたかったのですが、残念ながら火曜・水曜が定休日らしい(泣)。隣は一度行ってる「だるま」だったので、こちらを試してみました。
 だるまの方は観光客と思しき人も含めて満席。一方の越源さんは常連さん一人とジモの人2人だけでガラガラでした。マスターはちょっと無愛想な方。疲れてるオッサンには却ってこういう方が楽でいいかもです^^;
 串かつ2本としいたけ、れんこん(デフォ^^;)、あとハモと帆立を頼みました。お味の方は、ソースがちょいと酸味が足りないなぁって感じですが、充分美味いであります。店はコの字のカウンターだけで落ち着ける雰囲気です。空いてるし値段も今回の3店舗で一番安かったし、フラっと立ち寄るにはいいとこですな。まぁ自分はそうそうフラっと立ち寄れる機会はないですけんど。
 ここは値段表を撮ったので、アップしておきましょう。

s_etugen3.jpg

 キスだとかハモといった魚類があるのが良いです。しまった、豚ヘレとたこ頼みゃよかった。関東と違ってあっちのタコは格段に美味いですからねぇ。

越源(えちげん)
住所:大阪府大阪市浪速区恵美須東2-3-9
営業時間:12:00~21:00(L.O.20:30)
定休日:木曜日


 今回3店舗をハジゴしましたが、上でも書いたとおり、そんなに味に差があるわけではなく、満遍なく美味しかったです(少なくとも私は^^;)。あとは値段だとか店や店員の雰囲気だとか、そういった点で個人で好みの店を見つけるのが正解ですね。
(ただ、通天閣前の通りの新規店舗は微妙そう・・・モロ観光客目当てっぽくて、なんだかなぁって感じです)

 あ、ちょいと注意書きですが、新世界に行くのに動物園前駅から北上したと書きましたが、くれぐれも間違って南下なさらぬよう。浪速区から西成区に入り、いわゆる「釜ヶ崎(あいりん地区)」のテリトリになります。そっちは未だにディープな大阪で、一気にデンジャラスゾーンです。
 東京の山谷地区は昼も夜も平気で歩いてましたので、話が大袈裟になってないか?と思っていたのですが、あっちは本当にディープでした。冗談かと思っていましたが、一泊500円と書かれたドヤがいまだにあったりだとか、コンビニのトイレに「注射器捨てるな!」という貼り紙があったりだとか・・・(汗)。
(新世界(ジャンジャン横丁)への入り口の大阪環状線のガード下あたりでは、妙なオッサンたちが路地販売してまして、どっから集めてきたのか謎ですが1着300円とかで服を売ってたりしますので、動物園前駅北側でも、怪しさの一端は感じることができます(笑))


 話を戻しましょう。
 串かつのハシゴの後は、お好み焼き(ネギ焼き)で締めるべ!と思ったのですが、、、

s_fujimura1.jpg

 目当ての店は定休日だった模様ヽ(`Д´)ノ ウワーン
 営業時間についてはさっぱり情報が無かったのですが、なんでも牛すじネギ焼きが絶品なのだとか。くそ~、次は何とか・・・

お好み焼き ふじ村
住所:大阪府大阪市浪速区恵美須東2-3-21
営業時間:不明
定休日:火曜・・・なのかね?^^;


 さすがに今日中に帰らねばならないですが、このまま帰るのは悔しいので、ハラごなしも兼ねて汐見橋まで移動しました。今年の春に近鉄と阪神が繋がりましたが、その途中駅である桜川駅のすぐ近くにその店はあります。

s_sakurado1.jpg s_sakurado2.jpg

 カレー屋さんの「桜堂」さん。自称・牛すじカレーの元祖だとか。
 他の人が食べてるカツカレーが美味そうだったのですが、折角なのでウリの牛すじカレー(680円)を注文。牛すじは・・・美味いですけど正直期待するほどではありませんでした。小岩のガッツグリルにかつてあった牛スジカレーの方が美味かったなぁ^^;
 牛すじは並みの上ってとこでしたが、ルーが美味かったです。辛くはないんですがコクがあって、個人的にかなり好みです。量もそこそこあるので、満足できますね。難波から1駅わざわざ電車に乗って行くほどか?といわれたら微妙ですが^^;
 そうだなぁ・・・大阪市民からも忘れられている南海の汐見橋支線(本来は高野線の始点駅ですが^^;)に乗って見ようという鉄ちゃん行為を行う時に寄るべき店ですな(って、どれくらいの人がやるんだよ・・・)。

牛すじカレー 桜堂
住所:大阪府大阪市浪速区桜川3-2-1
営業時間:[平日] 11:00~24:00 [祝日]11:00~22:00
定休日:日曜日


 時刻は既に17時半。ハナっからミナミで飲み食いするつもりでいたので、折角だから南海で関空まで行って飛行機で帰ってみました。初めての関西空港利用ですわん(´ω`)-3
 もちろん関西空港だけが目当てではありません。例の南海ラピート號に乗車してみよう!という鉄ヲタ根性であります。

s_rapeat1.jpg s_rapeat2.jpg

 いやはや、スンゴイですねぇ~。なんですが、このデザインわ^^;
 飛び込み自殺しようとする奴を真っ二つに切り裂かんばかりのトンガリノーズであります。鉄人28号というあだ名もあるらしいですが、なるほどって感じですな。こればっかりは画像で見るより実物をご覧になった方が遥かに迫力があります。

s_rapeat3.jpg

 そうそう乗る機会もないので、折角だから200円余計にかかるスーパーシートをチョイスしました。3列シートで、一人掛けをチョイスしましたが、いやこりゃ楽チンですわ。シートの横幅が広いのも良いですが、足元が充分に広いのもありがたいです。網棚ではなく飛行機のようなロック付のラックだったり窓が丸かったりと、空港アクセス特急ということで飛行機を意識した内装デザインも面白いです。ただ、丸窓はどっちかってぇと飛行機というよりフェリーみたいだけど(笑)。
 快適なラピート号ですが、どうも不人気らしいですね。今日も私を含めてスーパーシートには3名しか乗車していませんでした。200円でこの安楽が買えるなら・・・と思いますが、余分に払ったのに乗車時間が30分余りという点が弱点でしょう。スーパーシート云々以前に、そもそも関空利用者は南海ではなくJRの「はるか」を利用しているようですし。


 関空に到着したのは18時40分頃。チケットを持っていなかったのでカウンターで購入しました。飛行機のチケットの当日買いなんて初めてですが、今回は株主優待券利用なので、新幹線より安いです(11,350円)。
 当然新幹線より速い飛行機ですが、関空までの時間が足枷となり、結局新幹線で帰るよりチョイと早く到着・・・程度でした。でも、ミナミでの飲み食い&ラピートと飛行機ツアーってのもなかなか面白かったです。これはまたやってもいいかなぁ。。。


 一日の締め。関西空港で買い求めた「紀州 めはり寿司」。

s_mehari1.jpg s_mehari2.jpg

 って、まだ食うのかよ^^;
 酢飯に梅干と高菜の具をブチ込み高菜で巻いたおむすびです。めはり寿司は具やご飯(酢飯か否か)がお店によって結構異なるのですが、この可吉(こうき)さんのめはりは酢の効いた酢飯で非常においしゅうございました。
 おむすびに始まり、おむすびに終わった一日でしたね^^;
プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。