スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェリー使って讃岐うどん散歩

 両親の住む岡山へ帰省しました。
 帰省の際には、毎回寝台列車で高松入りし、讃岐うどんに寄り道してから実家の岡山へ戻る・・・というのがお決まりだったのですが、今回は仕事後にストレートで帰ったので「寄り道」することができませんでした。
 あーいや、別に寄り道で行かなければならない理由は全くありませんね(笑)。休暇初日の今日、実家からクルマで高松まで行って参りました。

 岡山から高松へ行くとなると、通常は瀬戸大橋を渡るでしょうが、今回敢えてフェリーで瀬戸内海を渡航しました。ニュースを覚えてる方もいらっしゃるかと思いますが、宇野~高松間のフェリーは、高速道路のETC千円化のアオリを喰らって利用者が激減したため、今年の3月一杯で廃止になる予定でした。
 ところが地元のみならず全国から運行継続の嘆願が来たようで、「今後の高速道路料金の施策如何によるが」という条件付きでしたが、結局廃止は延期となりました。

 いい機会なので書きますが、高速道路の無料化なんてのは是非とも止めてもらいたい天下の愚策ですね。渋滞やそれに伴うCO2排出増だとか財源の減少といった問題もありますけど、何より国が地方の公共交通機関の破壊を促進してどーするよって思います。
 この国道フェリーが廃止されたら、高速道路を走れない二輪車(原付)ユーザは岡山~高松間を行き来する手段を失ってしまいます。原チャリツアラーでもある私としては、このフェリーを支援せねばならんのであります。



 ま、それはともかく宇野港発7時50分の宇高国道フェリーで高松に向かいます。所要時間は1時間余りなので、通勤・通学の人もいるかもしれません。しかし、船内は・・・空いてるなぁ~。快適でいいんだけど、やはり利用者が少ないと心配になりますね^^;



 9時丁度くらいに高松上陸しました。朝ごはん抜きで来ましたので、早速戦闘開始です。

 

 まずは市内。高松市内で早朝5時半から営業している「中西うどん」さんです。市内南部で駅から遠いのですが、駐車場がたくさんあるのでクルマだと大変行きやすい店です。
 駐車場は立派ですが、お店はこじんまりした昔ながらの店舗です。こちらも製麺所併設で、打ちたての麺が食べられます。

 

 私はかけ小(180円)とちくわ天、それにお稲荷さん2つをゲット。実は今回の讃岐行はウチの母も同行しておりまして、右画像は母の頼んだかけ小と茄子天です。
 いんや、ここのダシの美味さときたら! 昨年「俺的ベストだし」判定を下した「がもううどん」さんのダシといい勝負であります。うどんに対してそんなに良い印象を持っていなかった(帰省のたびにわざわざ高松に立ち寄る私を呆れた目で見ていた^^;)ウチの母ですが、その母提督をして「これは美味しいッ!」と言わさしめたほどであります。

中西うどん
住所:高松市鹿角町899-3
営業時間:5:30~15:30(麺切れ次第終了)
定休日:日曜日
(詳細地図)


 ウチのおかん、「美味しいッ!」と言ってはくれたものの、正体は既に喜寿を越えた婆さんですので、バキュームカーライクな現役息子と違って、ご飯の量はもうサッパリなのであります。
 お陰で茄子天うどんの半分以上を私が頂くことになりました。つまりこの時点でオフクロ様は「食事終了」です。まだ一軒目なのにコレというのは・・・後の店ではちょろっと味見するだけで、残り全てを私が請け負うことになります^^;


 まぁそんなわけでオフクロ様はもうほとんど食べないことは分かっていたので、自分の行きたい店にすれば良かったのですが、味見だけとは言ってもやはり「美味しい!」と言わせたいわけです。二軒目は釜玉うどんの発祥店として有名な「山越」さんに行って参りました。

 

 訪問二回目の山越さんでしたが、やはり釜玉(200円)は外せません。ただ今回は頼りにならないながらも助っ人がいますので、山越さんのかけを初体験してみるかな~と思ったのですが、もう食えないって言った筈のおかん、何故か「山かけ食べてみたい」とのことでしたので、温の山かけ(200円)をオーダーしました。つーか、のみならず何で焼きまんじゅう取ってきてんのよ^^;>おかん
 さすがに一番最初の時ほどの衝撃はありませんでしたけれども、やはりココの釜玉は素敵ですな。山かけを頼んだおっかぁにも一口分けたのですが、「あ、こっちの方が美味しい!」とのこと。山かけも一口だけ食べて、後は私が始末いたしましたが(汗)。

 釜玉の美味しさにも感動しておりましたが、それよりも何もない田舎のうどん屋の、駐車場の広さと訪れる人の多さ、そしてうどんを待つ行列の長さに非常にビックリしておりました。岡山に住んでいながら、讃岐うどんのブームを知らなかったらしく、「こんな世界もあるんだ・・・」とそちらに感心しきりでした^^;
 因みに今日は平日の午前中でしたので、行列は30人程度でした。定食なんかと違ってうどんでの30人なんぞは、本当にアッという間です。事実、列には2分程度、メニューを見て何にするかなぁレベルの待ちで済みました。まぁ、ゴールデンウィークやお盆はシャレにならんくらいの列だそうですけどね。。。

山越うどん
住所:香川県綾歌郡綾川町羽床上602-2
営業時間:9:00~13:30(土曜・祝日8:00~13:30)
定休日:日曜日
(詳細地図)


 まだ二軒ですが、既に4杯分近く食った勘定になります。残念ながら次で打ち止めとせざるを得ません。さて、そうなるとどこにしよう?と真剣に悩みます。次はやはり行ったことのない店がいいなぁ・・・あっそういえば!



 昨年の秋に訪れたは良いが店舗改装による休業中でフラれてしまった丸亀市の「夢う(むう)」さんです。さすがに改装は終わっただろうと思って突撃したところ、ちゃんと営業してくれていました!
(後述しますが、実際は店舗改装でのお休みではありませんでした)

 

 かけ小(180円)とばらずし(150円だっけ?^^;)、そしてここの名物の「いいだこの天ぷら」(130円)を注文しました。いいだこ天は注文してから揚げてくれます! そのため、右画像の通り別皿で後で持ってきてくれます。
 で、この揚げたてのいいだこの美味いこと美味いこと! カラッと揚がった衣の中に柔らかな蛸さんがいらっしゃいます。東京では避けている蛸ですが、瀬戸内の蛸は実に美味しいですよ~!

 ところで、前回訪問時に「店主リニューアルにつき」と書いていたのを『店主がリニューアルしてどうすんのよ!』とネタにしましたが、実は本当に店主さんのリニューアル(つまり病気)だったらしいです。笑いを取ったりしてスミマセンでした。。。
 で、この店主さん。帰り際にウチのクルマのナンバーを見て「岡山から来てくれたの!? 遠くからありがとうね」と感謝されてしまいました。いや、本当は千葉から来たんだけどね^^;;;

讃岐夢うどん 夢う
住所:香川県丸亀市富士見町1-1-14
営業時間:11:00~14:00(土日11:00~14:30)
定休日:火、水、木曜日
(詳細地図)


 店舗数は3店舗と少なめでしたが、結局うどんはいつも通り5杯分くらい食べた計算になります。ちょっと心残りでしたが、これで今回は終了としました。おっかさんは呆れ通しで「それじゃ太るわ」としみじみ。まぁこれが私の本当の姿ですよ、母上^^;



 帰りもフェリーです。今度は四国フェリーの船に当たりました。帰りは更にガラガラ。船室のソファーで完全に横になり丸々1時間イビキかいて寝てました。のどかでいいけど、廃止にならないでね・・・
スポンサーサイト

大阪のカレー、再び ~大阪出張最終日~

 出張も3日目、つまり最終日です。これで仕事での大阪も最後かと思うと、ちょいと寂しいですなぁ。
 いままで昼は適当に済ませていたのですが、最後なので折角だからチョイと特徴ある店に行ってまいりました。




 大阪市内に数店舗構えるチェーンの「船場カリー」さんの、すじネギカリー(950円也)です。ルーが黒っぽいですが、隠し味にイカスミが入っているのだとか。どろどろのルーで私好みです。
 画像では少し分かりにくいですが、尋常じゃない量のネギも入っております。牛筋と一緒にいただくと確かに美味しいのですけど、ちょっと多過ぎでしたね。風邪をひいているので丁度いいですけど、+150円は微妙だなぁ。
 ルーは非常に美味かったので、ノーマルのビーフカレー(600円)で十分かと思いますです。味と値段とのバランスを考えても、昨日のインデアンより上かな~。



船場カリー 瓦町店
住所:高松市太田上町1058
営業時間:11:00~15:00、17:00~21:00(L.O.20:30、土曜は~15:00)
定休日:日祝休
URL:http://www.curryhouse.co.jp/
(詳細地図)


 最後の仕事は2時半過ぎに終了。早めに終わったので、もう一店舗どこかで喰ってこかなぁと思ったのですが、風邪は治りきっていないので、お土産だけ買ってさっさと帰ることにしました。
 


 以前にもお土産にした北浜の「五感」さんの黒豆マドレーヌ『ええもん』です。バターが香る、名前のとおりエエもんですわ。

大阪北浜 五感
住所:大阪市中央区今橋2-1-1
営業時間:10:00~20:00(L/O 19:30)
定休日:無休
URL:http://www.patisserie-gokan.co.jp/
(詳細地図)


 お土産を抱えて大阪をあとにしますが、向かうのは東京ではなく両親居住の岡山です。素直に直接帰るつもりだったのですが、やはりコレは外せませんでした。。。



 姫路駅の「駅そば」(300円也)です。詳細は以前の大阪出張の際に書いたものをご覧くとして、これは私が生まれて初めて食べた立ち食い蕎麦です。まぁかん水の入った中華麺なので、純粋な蕎麦と言えるかは微妙ですが、とにかく極めてB級なコレは私にとってのソウルフードなのであります。
 最近では「きつねそば」や「和そば(いわゆる普通の蕎麦)」などもラインナップしているようですが、私が食していた昔はへろへろの薄っぺらいジャンクな天ぷらそばだけでした。そのこだわりがあったので、ノーマルの天ぷらそばしか食べたことが無かったのですが、2杯目で今回初めて冒険してみました。



 牛天そば(400円也)です。かなり固い牛肉に、やはりへろへろの衣をまとってありました。
 う~~~ん、ジャンクだB級だと言ってきましたが、それが良いと言っているわけではなく、「それしか無かった」ので慣れと懐かしさで評価しているわけです。しかし新しく作られたB級ってのはあまり感心しないなぁ。これは長続きしないんじゃないだろか??

 それにしても、この駅そばを食べるために姫路駅にわざわざ降りてるんだから馬鹿ですよねぇ^^;
 これというのも、このそば屋が在来線ホームにしかないってのがいけないんですよ。新幹線ホーム上とまで言わなくても、新幹線改札内に店があれば途中下車扱いで特急券を無駄にすることもないんですけどねぇ^^;

無理して寄った甲斐アリ! ~大阪出張2日目~

 風邪っぴきでボロボロの大阪出張。今日も状態は一進一退で、せっかく大阪に来たのに勿体無いなぁとは思うのですが、正直さっさと帰りたくて仕方がありませんでした。仕事中は(苦笑)

 で、仕事が終わると気分が晴れるのでしょう。体は相変わらず咳&鼻水大王の状態でしたが、キモチはすっかり呑みモードにスイッチオンです^^;
 とはいえ、さすがに電車に乗って道頓堀や新世界に繰り出そうという元気はありませんでしたので、近場で済ますことにします。今まではよそに繰り出してばかりで全然立ち寄ることが無かったのですが、実は会社の近くに以前から気になっていた立ち飲み屋があったのです。
 お店は「立ち飲み・ひさまつ」さん。立ち飲みと言っても場所はオフィス街の北浜なので、店内は非常に綺麗で、4人掛けのテーブルも幾つかあります。女性のグループでも気にせず入れそうな雰囲気ですね。(さすがに女性一人は辛いかな・・・^^;)

 接客のおねいさん2人と板さん1人で切り盛りしているのですが、いやこの板さんの作る料理がどれもこれも美味いこと美味いこと!!



 鰺の南蛮漬け(250円也)。酢の加減が絶妙であります。



 しめ鯖あぶり(380円也)。鯖の脂の乗り具合と〆加減が、これまた絶妙!



 牛すじ大根(380円也)。ネギを散らしたダシが絶品! 最初はレンゲ要らないんじゃないの?と思ったのですが、残ったツユもツマミになるんですな。。。



 長芋たんざく(250円也)。特に凝ったところはありませんけど、長芋が新鮮でトロトロとシャキシャキを同時に味わえる逸品でやんす。



 だし巻き玉子(300円也)。よそのと違ってダシが薄めですが、作りたてのふわふわ玉子にはピッタリのダシ加減です。だし巻きというと作り置きという店が多いですが、作りたてってのは最強ですな。


 ・・・とまぁ、頼んだ料理が例外なく美味いという、とんでもない店でした。値段は立ち飲みとしては少々高めですが、料理は立ち飲みレベルは勿論、小料理屋級の実力があります。それが通常の居酒屋より安めで味わえるんですから、北浜界隈にありがちな「小綺麗だけど中途半端なボッタクリ居酒屋」なんぞにはもう行けないですなぁ。
 ところで、予め大阪の事業所の連中にココのことを聞いたのですが、驚いたことに誰も知らなかったんですよねぇ。なんて勿体無い、、、

立ち呑み処 ひさまつ
住所:大阪市中央区高麗橋2-5-18
営業時間:16:00~24:00(L.O.23:30)
定休日:日祝
(詳細地図)


 美味しい料理をいただいたので、このまま幸せな気分で投宿すりゃいいんですけど、昨日受けた屈辱を晴らしに参りました^^;



 大阪名物のインデアンカレー。レギュラーで730円也です。
 最初の一口は甘めなのですが、後からじわじわ辛さが襲ってくるスパイシーなカレーです。あぁ、これはクセになるってのは分かるなぁ。この、「最初の甘さ」ってのがここの特徴と言えるでしょうね。というか大阪のカレーって、このパターンが多いように思えるのですが、気のせいかな??
 このルーを使ったスパゲティも人気のようで、他の人はみんなそちらを頼んでました。そっちも試してみたいですね。

インデアンカレー 淀屋橋odona店
住所:大阪市中央区今橋4-1-1 淀屋橋odona B1
営業時間:11:00~22:30(日祝 ~21:30)※L.O.はいずれも閉店30分前
定休日:元旦
(詳細地図)


 さて、これで風邪は治るのかな? 悪化するのかな?^^;;;

大阪出張・・・なんだけど

 久々の大阪出張に行ってます。
 詳しくは書きませんが、秋から大阪の事業所が別会社となります。今回はこれに伴っての監査なのですが、とにかく今回で大阪の出張は恐らく最後になるでしょう。ちょっと寂しいですわ。

 今回、往路で新幹線の「こだま」を使ってみました。JR東海企画の「ぷらっとこだま」という、正確には切符ではなく一種のツアーを利用しての話です。東京~新大阪間を割安な値段(グリーン車利用でも11,000円で、普通車を通常運賃で行くより2,000円程度安い)、ついでにドリンク1本付きと、かなりお得です。
 まぁ、こだまということで時間は掛かるんですけどね。のぞみで行くより1時間半ほど余計に時間が掛かります。



 時間は掛かりますが、グリーン車なので非常にリラックスした旅が楽しめます。普通車はシートが2列x3列の配置になりますが、グリーン車は2列x2列で横幅に非常に余裕があり、また前後のピッチ(足元に広さ)も十分余裕があります。
 オマケに火曜の朝一番ということもあってか、ご覧の通り車内はガラガラ。これならゆっくり弁当を広げて、気兼ねなく写真が撮れます(笑)。



 新幹線出張の際のお決まりということで、東京駅構内の「ほんのり屋」さんのおむすびです。左から南高梅、たこ飯、豚みそというラインナップ。大手町の「権兵衛」さんを知ってしまうと、どうしてもコストパフォーマンスは低い(つまり値段が高い)とは思うのですが、やはりここのおむすびの味は素晴らしいですね。

 普段のようにのぞみで行っていれば、大阪に着いてからご飯を食べるのですが、こだまで行くと丸々4時間掛かってしまい、結局午前中一杯をほぼ駄目にしてしまいます。出張先には13時前に入らねばならないのですが、大阪着が正午前(11時52分)で、現地で食事するとギリギリになってしまうため、予め東京駅で駅弁も購入しておき、米原を出たあたりでいただきました。



 米沢名物「牛肉どまん中」弁当。先月米沢に寄った際はすき焼きを頂いたので見送りましたが、よもやこんなに早くにリベンジできたというのも、東京駅構内でも販売してくれているお陰です。
 値段は1,100円也と、元々相場の高い駅弁の中でも高価な部類に入りますが、値段なり以上の非常に美味しい駅弁です。これを前にするとコンビニの牛丼弁当などは月とスッポン、神とミジンコぐらい差がありますわ(比べること自体ナンセンスですが^^;)。
 冷めても美味しかったですが、間違いなく温かいうちにいただくと、より幸せになれますね。これは今まで食した駅弁の中でも確実に上位に入ります。


 とまぁ、午前中からいろいろネタをカマしましたが、今日はここまで。実は先週末から夏風邪を喰らってしまいまして、調子絶不調なんですわ。それでも恐らく今回で最後ということもあるので、派手に咳と鼻水な状態でありながらも仕事後に職場の人らと呑みに行きましたが、、、
 その後、河岸を変えるのも面倒だったので、淀屋橋駅近くの(大阪で有名な)インデアンカレーに突撃してみたのですが、店に入ろうとしたところ「すみません、今日はもう終わりまして・・・」とのこと。22時オーダーストップらしいのですが、時間を見てみると・・・なんとジャスト22時!

 まぁ店の決まりだから仕方がないでしょう。融通が利かねぇなァとは、ホンの少し思いますけどね・・・(ホンの少しか?^^;)

わらしべ長者、再び

 既に書きましたが、先日の突発旅行の中、時間ができたので更に突発で岡谷の洋菓子屋さんに立ち寄りました。せっかくなのでそちらで購入した「くるみやまびこ」を、ご近所(?)のBUNさん&Soukoさんとこと、sanoさん&あつこ☆さんとこに、その日のうちにお土産として持っていきました。
 いや、しかし箱買いならともかく、バラで購入したものをお持ちしたので、お土産とは言えず、ささやかなお裾分けでしかなかったわけですよ。軽い気持ちで持っていったところ、、、

 

 あつこ☆さんご謹製のパン&ケーキをいただきました!
 パンはカレーを塗り込んだ生地にソーセージを包んだロールパン。ケーキは、オレンジのエッセンスの香るしっとりパウンドケーキであります。対して私が持参したのは、ちんまい洋菓子2ケ・・・(汗)
 丸一日食べ歩き、シメにお好み焼きをたらふく食ってきたというのに、我慢できずに食べてしまいましたとさ(汗)。こんな美味しいのが自宅で作れるなんて、スバラスィ~ですねぇ!

 

 で、BUNさんから頂いたのはこちら! 鹿児島は萬来さんの角煮まんです。
 冷凍されていたので、今日になりましたが蒸していただきました。いや、この角煮、卑怯ですよ。うめぇーったらありゃしない。わざわざ蒸篭を出した甲斐があります。対して私が持参したのは、ちんまい洋菓子2ケ・・・(滝汗)

 うーん、なんか以前もありましたが、完全にわらしべ長者ですなぁ、ワシ^^;
 #いつも美味しいものをありがとうございます>みなさま <(_ _)>

突発木曾旅行

 「会社帰りに東北に寄り道してきた」という馬鹿なことを先月やりましたが、その際購入した青春18きっぷがまだ手元に残っていましたので、またも仕事が終わった後に夜行列車でお散歩してきました。さすがに今回は一回自宅に帰って着替えてから出ましたが^^;
 んー、そもそも前回の旅行は、つい出来心でやってしまったことでしたので、丸々残った4回分は金券ショップに売っちゃおうと思ってたんですけどねぇ。何となく立ち寄ったみどりの窓口で「ムーンライトながら」の指定券が取れちゃいましたんでねぇ(苦笑)。

 「ムーンライトながら」は東京から岐阜県の大垣までを結ぶ夜行快速列車で、鉄ヲタは勿論のこと東京~大阪間を安上がりで済まそうという貧乏旅行者やビジネスマンにもあまねく知られた存在です。かつては全車自由席の名前の無い快速列車で、混雑する上に客層の悪い(若者のグループ利用が多い)列車でしたが、全車指定席化されてからはかつての殺伐さはなくなりました(笑)。



 昨年の3月のダイヤ改正で定期列車から臨時列車(季節列車)化され、それに伴い残念ながら比較的新しい特急型車両(373系)から国鉄時代の特急型車両(183・189系)に変更されてしまいました。先月乗った「ムーンライトえちご」もそうでしたが、夜行快速はどんどんサービスダウンしていますね。まぁ18キッパー相手だと大した商売にならんだろうからなぁ。。。

 まぁそうは言っても、腐っても特急型車両です。ローカル線の各駅列車が山手線のような通勤型車両になったことを嘆いていましたが、まだコレなら十分旅行している気分になりますからね。



 ちゃんとテーブルもありますし^^;
 早速地元で買ってきた味噌カツと生ハムのマリネ、トマトのサラダで乾杯です。それはいいんだけど、500ml缶のビール2本と酎ハイ1本というのは、ちょっと調子乗りすぎですな。しっかり眠れましたが、しっかり二日酔いにもなりましてよ。。。

 さて今回。最初は福井まで行ってこようかと思っていたのですが、現地で多少ゆとりを持って行動すると、かなりギリギリ・・・というか最終列車で帰ってくることになり、また同じ行程を往復することにもなります。
 ちょっとそれはしんどいので、今回はあまり鉄ヲタっぷりを発揮することなく、大人しく中央本線経由で木曾と信州を軽くまわってくることにしました。
 名古屋には朝5時22分着。名古屋ということで、駅そばならぬ「駅きしめん」があるのですが、さすがに6時前ということで軒並み閉まっていました。駅構内をプラプラ歩いてみたのですが・・・コンビニすら7時開店。名古屋って都会のようで結構田舎ですな。
 結局、太閤口のマクドナルドが5時から営業しているらしく、そちらで軽く朝ごはんとしました。う~ん、昨晩東京駅で見た鯵の押し寿司買っておけば良かったなぁ。



 名古屋からは中央本線に乗車。画像の列車はJR東海オリジナルの313系電車。転換クロスシートで、ロングシート車ばかり配備するファッキンJR東日本と段違いに良いです。これで中津川まで行きに、そこで松本行きに乗り換えます。
 この列車に乗って隣の金山駅に到着したらコンビニが営業してるじゃないですか! なんでこんな駅で営業してるのに、名古屋駅はひとッつも営業してないわけェ?? 理不尽極まりなし。益々私の名古屋嫌いに磨きがかかるじゃないか(苦笑)。



 最初の途中下車駅はココ。木曽福島の少し先の奈良井駅です。中山道六十九次の宿場の一つである「奈良井宿」の玄関駅です。有名な妻籠宿や馬篭宿は駅から離れているのですが、奈良井宿は駅から歩いて散策できます。



 こうした懐かしい木造の日本家屋が続く町並みです。重要伝統的建造物群保存地区に指定されており、表通りから電柱が撤去されたり、屋根の材質や色なども条例で定められているのだとか。住人にしてみれば大変でしょうけど、そうした努力のお陰で平日にもかかわらず観光客も結構来ていましたね。まぁ、みんなクルマで来ており、電車で奈良井駅を降りたのは私だけでしたけど。。。



 たばこのホーロー看板、それに赤い丸ポストと、今となってはなかなか見ることができないものがフツーにありました。開け放たれた玄関の前を通ると、日本家屋の独特な匂いが漂ってきます。知っている人間にとっては、これだけでもノスタルジーに浸れますねぇ。



 町内にはご覧のような水場が3箇所あり、いずれも綺麗で冷たい水が沸いています。地元の人が食器を洗いにきておりました。日差しが強いので、ココでハンドタオルを水に浸して絞り、首筋に当てると気持ちイイこと!



 街道の町外れに神社があり、その境内に立派な杉の「ご神木」がありました。
 今日は非常に日差しが強いのですが、さすがは木曾の山中。湿度が極めて低く、風が実に気持ちいいです。特にこの神社の境内は木の良い香りが感じられ、次の目的地をヤメてここでずっと昼寝しようかな~と思ったくらいです。

 9時半頃に奈良井駅に到着したのですが、次の電車まで結局2時間ほどブラブラしました。休日は観光客も多いでしょうが、平日は落ち着いていて良いです。町並み自体が観光施設化してると言えるでしょうけど、それでも素直に良いところと思えました。また来たいですね。


 さて、次は11時19分の名古屋方面の列車で逆戻りです。



 奈良井の一つ隣の薮原駅です。ここも中山道六十九次の一つ(薮原宿)ですが、明治時代の大火で古くからの建物は残っておりません。建物はほとんど近代的なものになってしまっていますが、街中を通る道路は街道筋らしい雰囲気が残っておりました。



 知る人ぞ知る銘酒「木曽路」の「湯川酒造」さんです。こちらは昔ながらの建物で営業されており、格子戸をくぐった屋内があまりに暗くてビックリしました。
 荷物になるので720ml瓶を試しで一本だけ購入し、おかみさんと少し雑談。こちらは涼しいですねぇ~なんて話をしたら、これでもかなり暑いのだとか! おいおい、大手町の灼熱地獄に比べりゃココは既に秋ですぞ^^;

 丁度ここで昼になったのですが、目当てにしていた蕎麦屋が見つかりません。うーん、手抜きしないで地図持ってくりゃ良かった。。。
 あまり時間も無かったので、国道19号沿いにあった道の駅っぽいドライブインで済ませることにしました。朝といい、なんか敗北感を強く感じてしまったのですが、、、



 信州牛骨カレー・600円也。期待してなかったのにエラく美味いじゃないか!
 牛肉の入ったかなり粘度の高いどろどろのルー、そして別口で炒めたじゃがいも・人参、それにかぼちゃと茄子がごろんと入っており、これがかなりポイント高かったです。
 添えられていたサラダも多分地産なんでしょうかね。野菜が実に美味しい。これをわさびドレッシングで頂くって寸法で、ドライブインと侮っていたことを反省します。まぁ他のメニューは観光地価格っぽいのが幾つかありましたが、このカレーに関しては大変よろしい。
(あとで調べてみたら、どうやら木祖村直営の野菜直売所&食事処のようです。がんばれ!)


 時間は13時過ぎ。この後は松本行きの電車で塩尻まで向かいます。塩尻で乗り換えて新宿方面へ向かうという流れなのですが、乗り換えに少々時間がありましたので、、、



 塩尻駅東口の階段を下りてすぐにある「ほっとして ざわ」さんに立ち寄りました。今回蕎麦は逃してしまいましたが、おやきは食べたいなーと思ったもんで^^;



 おやきセット。6種類のおやきから2つを選び、あとは抹茶とおかきが付きます。



 選んだのは野沢菜と茄子味噌です。この他、切干大根とかぼちゃと、、、あとなんだっけ?^^;
 このお店、外観は駅併設のありがちなテキトーな「軽食&喫茶」に見えますが、店内で数多くの菓子(ソフトクリームなんかもあり)だとか信州のお土産(いなごの佃煮や蜂の子もあった!)を置いてたりと、結構面白い店です。
 のみならず、更に夜は居酒屋に変身するのか、一品モノのメニューが実に豊富でした! おいおい、こりゃ近所に欲しくなるお店じゃないか(笑)。
 ここでも店のおかみさんとお話したのですが、元々市内に「家庭料理 ざわ」というお店をやっており、駅構内に出したこちらの店は「(お店で)ほっとしてもらいたいから」という理由で「ほっとして」という名前を付けたのだそうです。その名の通り、ほっとできる料理と接客でした。
(因みに「ざわ」というのは、単におかみさんの苗字が「おざわ」さんだからなのだとか^^;)


 さぁ、今度こそ帰路につきます・・・の筈だったのですが、予定の列車の一つ前の列車に間に合ってしまいました。その列車は5つ隣の茅野行きであり、本来乗っても意味が無い(結局予定の高尾行きに乗ることになる)のですが、そういえばお隣の岡谷市にはかねてより興味があったアレがあるじゃないか。。。



 岡谷の洋菓子屋「ヌーベル梅林堂」さんの「くるみやまびこ」のハーフサイズです。
 クルミとキャラメルを煮込んだものをクッキー生地でコートしたものらしいのですが、キャラメルの味がかなり濃厚とのことで、ノーマルサイズを買って失敗するのが怖かったのでハーフサイズにしました。
 帰宅してから実食。キャラメル部分がヌガーのようになっており、独特の食感です。クルミとのマッチングが良くて美味しいのですが、確かにかなりキャラメルが濃いのでお茶が必須ですね。


 くるみやまびこを抱えて駅に戻り、予定の高尾行き各駅列車に乗りました。



 懐かしの115系。いまだに現役です。鉄ヲタ的には「懐かしい」なんて言ってられますが、JR東海から東日本の管轄に変わった途端にコレってのはね、、、ホントJR東日本は東京のことしか考えてないんじゃないだろか?
 ま、それはともかく松本発高尾行きということで、最近では珍しく結構長距離を走る各駅列車です。終点高尾に着くまでに、実に3回も「特急あずさ」に追い抜かれ、そのたびに10分前後停車しておりました。昔はこんな各駅列車はザラだったものですがねぇ。。。
 高尾には18時過ぎに到着しました。丸一日かけて各駅列車に乗りまくった突発旅行も、これでおしまい・・・の筈だったのですが、、、(って、こればっか^^;)



 八王子駅北口の「一番」さんの広島風お好み焼き。って、何故に突然お好み焼き?? ^^;
 いや、予てより八王子駅前にボリュームのある広島風お好み焼きの店があると聞いていたのですよ。八王子なんざそうそう来ることがないので、折角通り過ぎるのなら立ち寄るってぇのが仁義じゃないですか(そうか?)。
 ココの特徴は、中に入れる焼そば(あるいは焼うどん)の量が3玉までタダで増やしてもらえることですね。今回は初めてでしたので様子見で2玉としましたが、3玉も十分いけたな~。そばのボリュームは多いですが、お好み焼き自体はかなり薄いです。関西風に慣れてる人にはクレープにしか見えないくらいです^^;
 ボリュームがウリですが、味も非常に良いですね! ネギや紅しょうがを入れるかをちゃんと聞いてくるのですが、そのネギが多くてお好み焼き・焼きそばのどちらにもマッチします。餅と大葉をトッピングしたのですが、これも正解だったなぁ。




 それにしても、これが旅行のシメってのがなんともはや^^;
 今回もそれなりに飲み食いしましたが、青春18きっぷ利用でしたので約5千円前後で丸一日遊んだ勘定になります。体力は使いますが、やはりこの切符は威力デカいですねぇ。

2010/08 戦場レポート

 久々に秋葉原まで「戦場の絆の会」に行って参りました。
 我が職場小隊も、異動でメンバーが大手町・上野・新宿と散り散りになってしまいましたが、都合を合わせて久々に出撃となったわけです。



 またもタンクで出撃。ギガンかわいいよギガン(;´Д`)ハァハァ
 5月以来の戦闘ということで、いや楽しいこと楽しいこと! 今日は一回対人戦があったのですが、負けましたけどやはり対人戦は緊張感があって楽しいです。
 今回は新兵としてフジS君が初参加。30&40代メインの我がロートル小隊に於いて、20代の若きスペア・コマンダーです。しかもレクチャー戦を2回経験しただけで基本動作をアッという間に呑み込むあたり、若いっていいですのぉ(´・ω・`)


 で、ひとしきり闘った後は、お決まりの食事タイムです。



 またもスタ丼(笑)。最近かなりデブってきたのでご飯増しはパス。って肉増しもヤメろよ・・・。
 初参加のフジS君はここでも大暴れ。肉・飯増しに突撃しました。が! 出てきた肉・飯増しの実物を見て顔面蒼白。「予想と違うッス」とのこと。うひひ、楽しいのぉ^^;
 結構苦しんで、一度はギブになりかけたのですが、つい隣から「もうおしまいかい!?」と意地悪な声掛けをする40代。ごめん、そういうつもりじゃなかったのですが、その言葉に煽られたか、しっかり完食しちゃいました。いや、若いっていいですのぉ('A`)


 余談。アキバでアホな買い物をしました。



 「Nikon」の文字の入った、エラい大きな望遠レンズ。
 おいおい、何をいきなりデカい買い物してんだ・・・と思われるでしょうが、、、



 一眼レフ用交換レンズの外形をした、実はマグカップでした^^;;;
 相変わらずアキバはアホなものが売っていますねぇ~。

湯島ランチ(8/18) ~上野広小路・肉のタカオ~

 大手町に戻った~、といいつつ今週またも湯島に火水木と出向です。
 しかし、あまりにも暑いので出歩く気がせず、近場でお弁当を買って済ませました。



 先日ご紹介したお肉屋「タカオ」さんの鶏ささみフライ弁当(450円也)です。
 いやー、美味しい! 前回は「全般的にちょいと高めかなー」なんて書きましたが、撤回。ホカホカごはんと揚げたてフライってことで、十分値段分の価値アリですわ。それも肉屋さん謹製のささみフライですから、当たり前のように美味しいのであります。
 あとは・・・贅沢ですけど、もうちょっと野菜が欲しいですね。結局自前で漬物を補充しましたけど、浅漬けでも3,4片入ってりゃ、ガラリと印象は変わるんだけどなぁ~。。。

肉のタカオ
住所:台東区上野1-19
営業時間・定休日:未確認
(詳細地図)

大手町ランチ(8/16) ~大手町・永楽~

 先週から大手町に復帰し、湯島から恋焦がれ続けていた「権兵衛」さんのおむすびや「Tapeo」さんのカレーをいただきましたので、今日は久々に中華としてみました。



 中華料理屋「永楽」さんの茄子丼(500円也)です。権兵衛さんとかと同じ経団連ビル地下一階にあるお店で、正午前後はよく並んでますが、テイクアウトの弁当はほぼ並ばずに買えます。
 ビックリするほどではないですが、値段なりの美味しさは十分にありますね。夏バテで食欲が無い方にはちょっと重めですが、悲しいかな私は体力的に夏バテでも食欲は一向に減退してませんので、汗かくのを知りながらこーゆーのをついチョイスしてしまいますね^^;
 他に3コ100円也の餃子もありまして、これがまた美味い! コレと権兵衛さんの塩むすび2コという組み合わせで、300円也の即席餃子セットというリーズナブルなランチを楽しむこともできます。

中華 永楽
住所:千代田区大手町1-3-2 大手町カンファレンスセンターB1F
営業時間:11:00~15:00、16:30~23:00(土曜 11:00~14:00)
定休日:土日祝休
(詳細地図)

あまりに暑いのでコレだけ

 どうしてもこれだけは言いたいんですが、、、

 ゼロカロリーの炭酸飲料って不味くないッスか!?


 あの薬臭い後味がどうしてもダメなんですが、、、私だけ??
 まぁ今はお茶や水ばかり飲んでいるので別に構わないんですけど、最近店に置いてるのがアレばっかりで不愉快でやんす(´・ω・`)

ケガの功名 ~小岩・丸亀製麺~

 週末、金曜日。ようやく一週間の仕事が終わって帰宅です。
 帰りにチョイと秋葉原に立ち寄ったため、いつもの総武線快速ではなく総武線各駅で帰ったのですが、自宅のひと駅手前の小岩駅に着いたところで「本八幡駅で人身事故が発生しました」との車内アナウンスが!
 どうもしばらく停車する雰囲気です。う~ん、新小岩なら快速に乗り換えることができたんですけどねぇ。行列に並んで待つことは嫌いな私ですが、たんにぼんやり待つのは全然苦にしないタチです。しかし、、、腹減っちゃいましてねぇ(苦笑)。
 そんなわけで、あっさり電車を降りました。ガード下にある焼き鳥屋で一杯やるか?と思っての下車だったのですが、駅構内のショッピングモール(POPO)の中に、おあつらえむきの店がありました。



 丸亀製麺さんのかけうどんとちくわ・いか天です。
 関東での讃岐うどんチェーンといえば「はなまるうどん」さんが有名ですが、丸亀製麺さんも最近各所に店舗展開してきています。ウチの新宿事業所の目の前にも出来て重宝しましたが、ここしばらく行っておらず、今回は久々です。
 で、お味。ダシははなまるより好き・・・というかブレがありませんね。ちょっと塩っ辛めではあるものの、しっかりしたにぼしダシで、塩っ辛いと思った点も含め新宿でいただいた時と全く一緒なんですわ。更に揚げたての天ぷらが多いのも良いです。
 んー、小岩にあったとはなぁ、、、こりゃ呑んだ帰りに寄ってしまいそうですわ。

丸亀製麺 小岩PoPo店
住所:江戸川区南小岩7-24-15小岩POPO1F
営業時間:10:00~23:00(L.O~22:30)
定休日:無休
オフィシャルサイト:http://www.toridoll.com/shop/marugame/index.html/
(詳細地図)

近況

 しばらくサボっておりました。
 勤務地が湯島から本来の大手町に戻り、勤務時間も9時~18時というカタギに戻っております。夜が明けたら寝るという生活が2ヶ月続いていたので、ヒジョ~に辛いですわ。
 そんなわけで、食生活の方も派手なことはしておりません。



 ファミリーマートで売り出された「具入りラー油おむすび」です。なんでもかなりのヒット商品だそうで。
 ウチでも以前ネタにした桃屋のにんにくラー油が馬鹿みたいに流行っており、相変わらず店頭に並ぶのが稀であるくらいの大人気っぷりを継続しているそうですが、このおにぎりは「なかなか手に入らない」という間隙を狙った商品と言えるでしょうね。
 因みに味の方は、似てるようで全く違うと言って良いかな。桃屋の奴と違って、にんにくをはじめとした具がかなり細かくクラッシュされていまして、これが全く違う食感なんですよね。悪くはないけど、二度目は無いかな。私は。


 閑話休題。最近のブログを振り返ってみたのですが、見事に食べ物ネタばかりでしたね(汗)。
 食べ物ネタと言っても自炊関連は殆どなし。つまり、なかなか家での時間が取れてないってことですわ。ホントはPCネタでやろうとしてることがタンマリあるんですけどね~。
 このブログは、恐らく私の友人間では食べネタとバイクネタがメインコンテンツですが、検索ではPC関連でお越しくださる方が実は多いようです。そちらの方々向けというのと個人的な備忘も兼ねて今後の予定をば、、、

・ノートPCのシステムボード交換
 随分以前にですがThinkPad X40が電源入らずという症状で死亡しました。ジャンクのマザーボードを仕入れたので、これでニコイチにして復活させられるか?という目論見です、ノートPCのマザーいじりは初めてなので、どうなることやら。。。

・VAIO PCV-J12のCPU交換&Windows7化
 やるやる詐欺(汗)。既にCPU(Pen-III 1.4G)とゲタ、それにDSP版のWindows7は入手済み。足りないのは時間と気合(--;

・Pico-ITXとNano-ITXマザーの実用化
 秋のデザインフェスタで今度こそ手のひらサイズPCをお披露目したいのですが、、、

・ファイルサーバのリプレイス
 現在AMDのGeodeNX1250+ABIT VA-20という構成で運用しているのですが、HDDをIDEで稼動させているためS-ATA化を図るべくモデルチェンジしようかと。
 いやまぁVA-20でもS-ATAは使えるのですが、Socket479のMini-ITXマザーが遊んでいるので、今更ながらDothanコアのCPUを使ってどこまで省電力化が図れるのか?というのを試してみたいなーなんて思いまして^^;

・ソケット7マザーを使ったコンシューマゲーム機PCの作成(笑)
 検索してみましたが恐らく世界で誰もやっていないであろう馬鹿ネタ。着手はかなり先になりそうですが、早めに手を付けないとパーツが腐りそう、、、

 とまぁ、全部必要なブツは揃っているのですが、ヤル気がなくて着手できずにいました。おいおい手をつけていきたいと思っていますが・・・う~~ん、でもバイクやクルマのツーリングやメンテもやりたいんですよねぇ。趣味が多いというのも考え物です。。。

肉屋さんのお弁当 ~上野広小路・肉のタカオ~

 湯島での出向勤務も今週一杯となりました。
 長ェな~と思っていたものですが、やはり終わってみるとアッという間でしたね。色んな店に寄ってみようと思っていたのですが、結局行かずじまいの店が多いのが心残りです。まぁ、実のところ再来週も3日間ほどこちらに来ますし、アキバにはしょっちゅう行ってますので、改めて攻略する機会もあるかとは思いますが。

 そんな「行こうと思っていてなかなか行かなかった店舗」のうちの一つに、昨日・今日と行ってきました。



 都営バスの上野松坂屋停留所近くにある「肉のタカオ」さんです。いわゆる町の精肉店ですが、主力商品として弁当も扱っています。ウチの近所にも同じようなデリを扱う肉屋さんがありますが、肉屋さんの弁当や惣菜って美味しいんですよね~。



 初日は「鶏唐揚げ甘酢あんかけ弁当」(500円也)&ご飯大盛り(+80円)。
 ちょっとおかずの量が少ないですね。ご飯を大盛りにしたので相対的に少なく見える・・・ってワケではなく、残念ながら純粋に少な目です。
 味はとても美味しいです。肉屋さんの唐揚げってのはダテじゃないですね。ただ、味付けが結構濃い目で、どちらかというとガテン系向けな弁当かも。私は「ちょっとのおかずで大量にご飯を食べられる」という『ご飯星人』なので、実のところバランス的にはいいかなぁと思ったのですが、これは普通の人でも多分丁度良いバランスかも知れません。



 翌日は「豚ぷら弁当」(580円也)に、またもご飯大盛り(+80円)。
 「とんぷら」、つまり豚の天ぷらです。薄く切った豚肉3枚を揚げただけのおかずですが、これが美味い! 衣に醤油を染み込ませて、アツアツご飯をかきこむとかなり幸せになれます。これは丼飯でいただきたいですな~。
 まぁつまるところ、かなりジャンクなお弁当です。美味しいですが、持ち帰り弁当として580円というポジショニングは評価が難しいですね~。


 トータルで考えると、全体的に値段はちょっぴり高めと言わざるを得ないかなぁ。単純に値段と量の比較だけでなく、「出来立てである」「味の好み」という点がどこまで付加価値となり得るか、というところでしょう。個人的にはコンビニ弁当にするくらいなら断然こちらを選びます。メニューはこんな感じで、バラエティ豊富なこの選択肢の多さもポイントです。
 ただ、安く外食できる店が多い湯島・御徒町界隈という立地条件まで含んで考えると、また話は変わってきますね。いいとこ週1,2回かなぁ。。。
 でも、たった2回の利用だったのに、2回目で既にオヤヂさんに「いつもありがとうございます~」とか「またよろしくお願いします」などと丁寧に挨拶されてビックリしました。調理を待ってる間も「暑いのにスミマセンね~」とこちらが恐縮するくらいフォローしてくれます。(但しおやっさんだけ。おばちゃんはフツー^^;)
 味や値段だけでなく、こういうのもお店選びの基準になりますよね。もう大手町に戻るのでそうそう使うことは無い筈ですが、次来た時にまた・・・って思いますもんね。

肉のタカオ
住所:台東区上野1-19
営業時間・定休日:未確認
(詳細地図)

大手町ランチ(8/3) ~大手町・おにぎり権兵衛~

 古巣の本社に立ち寄る用事があったので、昼ご飯はそちらで買ってきました。



 「権兵衛」さんの塩むすび(左:100円也)と肉巻きキムチむすび(右:300円也)です。肉巻きは以前特別メニューで売られていて、あまりの美味さに卒倒したのですが、セットではなくキムチ入りとなって個別で売ってました。



 割ってみましたの図。
 えーっとね・・・美味しいのは美味しいんですけど、中身が五目御飯だったノーマルの方が断然良かった。あくまでも私の嗜好ではありますけれど、外側の肉の味を楽しみ、そして肉のエキスをふんだんに吸った醤油ダレが染み込んだ内側のご飯の味を楽しむのが、肉巻きおむすびっていう奴のチャームポイントだと思うんですよ。
 それがキムチご飯になっちゃうと、自己主張が過ぎるんですよね。ご飯をしみじみ味わうことができなくなっちゃいました。過ぎたるは及ばざるが如しとは、昔の人はイイことを言ったものです。

 一方、ベーシックな塩むすびは、相変わらずめまいがするくらい美味しいですわ。キムチに文句を言いましたけど、やはり権兵衛さんにはかなわないであります。
 ついでに、ここ最近(16時前くらいに)いつも店に入っている店員さんの接客がとても気持ちいいのであります。空腹が最高の調味料なら、作ってくれた人の笑顔ってェのは最高のスパイスですね。

おむすび権米衛 大手町カンファレンスセンター店
住所:千代田区大手町1-3-2 大手町カンファレンスセンターB1F
営業時間:7:30~20:00 (土曜 ~14:00)
定休日:日祝休
オフィシャルサイト:http://www.omusubi-gonbei.com/
(詳細地図)

またも深夜の博多ラーメン ~金町・博多まるきんラーメン~

 夜10時半まで勤務ですが、とてつもない残業が発生しました。作業の終了が日付の変わった翌1時過ぎ。当然、電車はもうありません。
 タクシーで帰っても良い・・・とされてはいたのですが、ついまた乗り物オタク心が働いてしまい、かなり特殊ではありますが、公共交通手段を見つけてしまいました。



 京成上野駅前発・千葉ニュータウン行きの深夜バスです。運行は京成グループの成田空港交通さん。深夜バスは初めてだったりします。
 ただ、千葉方面への深夜バスは、浦安、松戸、流山、船橋、津田沼、稲毛と、各所へ向かう便はあるのですが、東京から最も近い我が家のある市川を経由する便は無いんです(行徳はアリ)。私の乗車した千葉ニュータウン行きは、松戸の手前で金町に停まりますので、金町からタクシーに乗ろうと考えました。これなら恐らく3,4千円は安くなるはずです。

 んで、どうせ金町に行くなら・・・というわけで、、、



 またも深夜の博多ラーメン。やめとけよ・・・(汗)。
 金町の水戸街道(国道6号)沿いにある「博多まるきんラーメン」さんの全部のせ(「いっさいがっさい」)です。1,100円と、結構な値段がするのですが、これが罠でした。
 いや、最初は600円の普通のとんこつ(まるきんラーメン)にしようと思ったのです。しかし、半熟たまごとネギを加えたいなぁと思いました。トッピングすると+200円、つまり計800円。となると、もう差額は追加チャーシューの値段300円だけです。それに加えて辛子高菜と海苔とキクラゲがタダで追加されることになりますから、じゃあ全部乗せ・・・となってしまったわけです。いやぁ見事にノセられてしまいました(汗)。

 まるきんさんはチェーン店で、大昔に白金台の店に行ったことがあるのですが、味はすっかり忘れておりました。全部載せしたトッピングのせいもあるかも知れませんが、かなりしょっぱい方面に味が濃いです。でも疲れている体にはピッタリでした。



 サイドで頼んだ「肉かけごはん」350円也。いい値段するだけあって、かなり・かな~り美味いです。ボリュームは少ないですが、市川・月満楼で感動した魯肉飯に近いものがあり、大いに満足です。こりゃちょっと意外でした。

 金町ということで、原チャリで軽くいける場所でもあり、これなら無理して一蘭や田中商店に出向かなくてもいいかなぁと思えるくらいの実力があるんでないの?と個人的には思えました。でも、やっぱり深夜はヤメた方がいいですよね^^;



博多まるきんラーメン 金町店
住所:葛飾区金町5-1-16
営業時間:11:30~翌3:30
定休日:無休
オフィシャルサイト:http://www.maru-kin.co.jp/
(詳細地図)


 で、この後。タクシーに乗ろうと思ったのですが、風が涼しく月明かりがあまりにも綺麗だったので、柴又街道をフラフラと歩きました。まぁ大した距離じゃなし・・・と思ったのですが、それはあくまでもクルマ感覚の話であり、結局1時間以上かけてポックリポックリ歩いて帰ることに(苦笑)。
 それにしても、フラフラ歩くサラリーマンがいたからでしょう、途中で何台ものタクシーが私の横で物欲しそうに減速したのが面白かった。こちらも最初は新型車種の個人タクシーが来たら捕まえようかと思ってましたが、運ちゃんをガッカリさせることに喜びを感じてしまい、結局歩き通してしまいました。性格、悪いです^^;

これぞB級! ~御徒町・パンチョ~

 いやー、日曜に呑むのはやめましょう^^;
 日曜夜に景勝宅に行ったですよ。フツーなら呑まない筈なのですが、今は昼から仕事の身。じゃあ呑んでもいいジャン・・・なんて誤った判断をくだしてしまったのが敗因。で、独りで呑むより友人と喋りながら呑むのは楽しいもので、結局朝4時まで呑み続けてしまったという体たらくぶりです。合計3リッター(汗)。

 当然、帰宅は午前中(10時過ぎ)で、もう一度軽く1時間ほど眠りましたが、もう眠くて眠くて^^;
 朝飯も抜きとなってしまったので、昼飯(夕ご飯^^;)は腹へって腹へって仕方がありませんでした。だもんで、今日はガッツリご飯。



 渋谷に本店がある「パンチョ」さんのナポリタン大盛り(650円也)+厚切りベーコン(150円也)です。画像だと大した盛りに見えませんが(そうでもない? 感覚がおかしいかな?^^;)、600gあるそうです。並盛りは400gで小盛りは300gとのこと。
 以前にもネタにしたジャポネさんのジャンボと同じくらいか、ちょっと多い?くらいの量で、横綱未満のボリュームですね。個人的にはもう一声量が欲しいのですが、これの上は「兄貴」とかいうネーミングで倍の量の1,200gになるので、さすがに気合がないとダメですね。
 因みにその上は「番長」の1,600g、そして「星人」の2,100gとなり、さすがにこっちは無理でしょう^^;

 味は、ジャポネさんと同様の太麺・へろへろのスパを、これでもかと炒めた、いわゆるロメスパ(=路麺店のスパ)で、昔懐かし喫茶店ナポリタンが味わえるナイスなお店です。余談ですが、入り口近くの席は厨房の鉄板に近くて暑いので、空いているなら奥のカウンターに行くことをお勧めします(ヒドい目に遭いました)。



 お店は御徒町駅北口を右側に出てすぐのところの地下一階です。画像にある「改めてナポリタンはうまいと言わせたい」というコピーも良いですが、奥にある「ナポリタンとミートソースがあればいい」というキャッチがいいですね!
 そう、ココは子供の頃はスパゲッティといえばナポリタンかミートソースしか知らなかった我々世代のものです(笑)。スパゲッティを「パスタ」と呼ぶ人はご遠慮願う。「ブカティーニがどうのこうの」だとか「ゴルゴンゾーラのソースが云々」などという気取った輩には塩まきます(笑)。
 ま、それは冗談ですが、B級グルメの聖地であることは確かですね。

スパゲティーのパンチョ
住所:台東区上野5-26-10 B1F
営業時間:月~金 11:00~23:00、(土祝~22:00、日曜~18:00)
定休日:不定休
(詳細地図)
プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。