スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肉、ときどき殺人 ~八重洲・サニーズ~

 アップが遅くなりましたが、一昨日(9/28)のお話。

 渡すモノ・渡されるモノがあったので、毎度お馴染みGGだっしゅ氏と八重洲で呑みに行きました。いや、喰いに行ったってのが正しいですかの(^^;
 突撃したのは、以前にもネタにした八重洲の「サニーズ」さんです。このお店は母体が肉の卸をやっているってこともあって、ソーセージをはじめ肉関係のツマミが安い&美味いのであります。
 毎回頼むジャーマンローフの他、今回は3回目の突入ということもあって、今まで頼まなかったものも色々頼んでみました。



 モツ煮込みです。モツ、めっちゃ柔らかい! 豆腐、めっちゃ煮込まれてる色!
 卑怯です! こりゃ殺人メニューです。ご飯にブッ掛けたくなりますな~~~!



 鶏もも一枚焼き。こっちは完璧ツマミでした。
 下味程度に味付けはしてありますが、柚子味噌かポン酢タレをつけて頂きます。どちらもベラボーに合う合う! B食カテゴリで紹介するのが申し訳ないくらい上質で美味しいです。これも殺人メニューだわ。たまらんなぁ、この店は・・・


 シメはご飯ものでやっつけました。



 ワタクシの頼んだ梅茶漬け&焼おにぎり。ちょっと汁モノが欲しかったので、お茶漬けをいただき、残ったツユに焼おにぎりをブチ込むという暴挙に出ました。美味しかったですが、「この店ならでは」というレベルではありませんでしたね。

 それに対して、だっしゅ氏は、、、



 あぁぁぁぁ、豚角煮&白ご飯だぁぁぁ!
 前回私もやりましたが、これは死ねます。確実に死ねます。GO TO ヘヴンです。

 で、更に、、、



 コイツ、ご飯に乗せやがったよ!
 しかも、汁まで全部ブッ掛けやがったよ!

 どう見てもビジュアルは下品な猫まんまです・・・だが、こ れ が い い !

 あー、くそ~。次回はモツ煮だ。モツ煮まんまで行こう!

サニーズ お食事酒処
住所:中央区八重洲2-1 八重洲地下街南1号
営業時間:11:00~22:00(土日~21:00)
定休日:無休
(詳細地図)
スポンサーサイト

HDDレコーダ、危篤!

 またもタイトルに「危篤」かいな・・・もう壊れないでよ(ー'`ー;)

 今回イカれたのはHDDレコーダ。だましだまし使っていたですが、更に調子が悪くなりました。購入したのは4年前ですが、AV機器の中でもHDDレコーダは壊れ易い機器なので、4年保てばまぁ良い方でしょうな。
 また、機種が地デジ対応に切り替わる前の頃のアナログ専用モデル(東芝AK-G300、通称「カンタロウ」)ということで、来年の地デジ化を控えて丁度換え時なのかも知れません。新しく購入する機種の性能や使い勝手、あるいはデジタル放送のそもそもの仕様(というか制約)といった知識・情報を、完全切り替えになってから慌てて習得するのも危険ですから、予め知っておいた方が良いでしょう。そういう意味ではタイミングが良かったと良い方へ考えるべきかも知れません。
 
 というわけで、新しいレコーダは既に兄が購入したのですが、古いレコーダに残ったデータをサルベージしたいところです。不調の症状は、DVDへの書き込みが高確率で失敗するという状況で、5回に1回焼ければ御の字という有様なので、DVD-Rの生メディアを何枚もダメにしてしまっています。
 「メディアが不良で書けない」とのエラーメッセージなので、異なるメーカーのDVD-Rを用いましたが状況は同じ。しかも、どの番組を録画しようとも大体同じ箇所(進行度16%)でエラー発生ということで、恐らくHDDの死亡ではなく光学ドライブ(DVDドライブ)の不良でしょう。
 これならDVDドライブを交換することでデータをサルベージすることができるかも知れません。メーカーでの有償修理は恐らく万単位になると思うので、何とか自分で交換したいところです。

 早速いろいろ調べてみたところ、AK-G300に搭載しているDVDドライブは東芝サムスン製のDAV-WR532であることが判明。接続インターフェースはIDE(P-ATA)になります。コレを何と交換するか?という話ですが、そもそもIDEのDVD書き込みドライブが市場から少なくなっている上に、カートリッジRAMに対応している必要があり、更にレコーダのファームウェアで対応していないと使えません。
 更に調べていくと、パナソニック製のSW-9574と互換性があるとの情報を見つけました。あれ? もしかして・・・と思ってよくよく考えてみたら、自分の遊休PCに付いてるI/O-DATAのDVD-RAMがカートリッジRAM対応であり、松下寿のOEMだった筈です。
 当該PCを久しぶりに起動してみてハードウェアプロファイルを見てみると・・・おぉ! しっかり「MATSUSHITA SW-9572」との表示が出てきたじゃないですか~♪ (´∀`)b

 互換性情報の型番より若干古いのですが、古い方がレコーダのファームウェアで対応している可能性が高いと期待しています。まぁ性能が古くて新しい機能(特に書き込み速度)に対応していない可能性も無いわけではありませんが、、、
 とにかくコレを使って今度HDDレコーダをバラしてみる予定です。それでトドメを刺す可能性も高いのですが(笑)。

意外にアタリ! ~船橋・居酒屋ありがとう~

 前の職場のナベちゃんから「みんなと競馬に行くんですが終わった後で呑みません?」との誘いがありました。ハナっから競馬には誘わないところは、私という人間をよく分かってますな。
 それはともかく、この職場の面子との飲みは久々でやんす。合流したのはJR船橋駅なのですが、誰も良い店を知りませんでしたので、まぁ別にどこでも良し・・・と、良さげに見えた店を適当に選びました。

 チョイスしたのは、総武線沿線で幾つか店舗を構える居酒屋の「ありがとう」船橋店さん。パッと見、フツーにどこにでもありそうな居酒屋でしたが、比較的キレーな内装でありながら、串1本80円からとか結構抑えめの値段設定で、予想外に良心的な店です。

 料理の画像は格段撮らなかったのですが、これだけは・・・



 シメで頼んだ梅おむすび。まさかこんなビジュアルで出てくるとは!
 下にがっつり敷かれた海苔がまた、これが味付きの韓国海苔でして、これでおむすびを丸々くるんで頂きます。いや、うめーうめー!
 これに限らず、一品一品が結構丁寧に作られておりました。わざわざ船橋まで出掛けてまでとは言いませんが、機会があれば沿線での同チェーンの店舗を使ってもいいなーって思えました。

ありがとう 船橋店
住所:千葉県船橋市本町4-4-1
営業時間:16:00~翌1:00
定休日:無休
(詳細地図)

 で、こっからは激しく余談ですが・・・店員さんが良かったなー。
 接客態度が良かったってのも勿論ですが、えーっと、なんだ・・・単にかわいかったってことで(ぉぃ)。わし、極端にちっちゃいコや、極端にでっかい人に弱いんス(苦笑)。今日は久々にミクロ専の血が騒いだぜよ(騒ぐなよ・・・)。

雨の日は電車で唐揚げ蕎麦 ~JR我孫子駅・弥生軒~

 今日は冷えましたね~。半袖・短パンだと肌寒いくらいでした。
 こうなると、なんとなく汁モノをいただきたくなるのが人情ってモンですが、なんかラーメンよりも蕎麦だなーって気分でした。さてどうする・・・と考え、「あ、そういえばアレがあったな!」と思い立ち、文庫本を一冊だけ持って電車に乗りました。向かうは常磐線の我孫子駅です。



 我孫子駅構内の「弥生軒」さんの唐揚げそばです。実は先日の会津ソースカツ丼旅行の際に、帰りに立ち寄ったのですが、残念ながら唐揚げは売り切れでして、今日はそのリベンジのようなものです。
 ゲンコツ大の唐揚げが2こ入って440円也。これは蕎麦の具というよりは、「オマケで蕎麦が入ってるダシ入り唐揚げ」という感覚で、あくまでも唐揚げが主役で蕎麦はツマという方が正しいような気がします。唐揚げというよりフライドチキンに近いような感覚で、カリカリに揚がったコイツをツユに浸してカブリつくのが楽しいです。

 以前は器から優にはみだす巨大なアナゴ天がトッピングであったのですが、最近は全く見かけなくなりました。人気の唐揚げも搬入が遅かったり売り切れが早かったりというケースが多いので、アナゴ天も運悪く遭遇できてないだけなのかも知れませんが、やめてなければいいのですが、、、
 我孫子駅は3つホームが常時使用されており、このうち弥生軒さんの立ち食いそば屋さんがあるのは常磐線快速と成田線のホーム(1,2番線と3,4番線ホーム)になります。下りの1,2番線ホームには松戸側と土浦側の2箇所、上りの3,4番線ホームには松戸側に1箇所で、千代田線直通各駅の5,6番線ホームは売店だけで蕎麦屋さんはありません。4号店が欠番のようなので無くなったのかも知れません。

弥生軒
JR常磐線・成田線 我孫子駅構内
下り1、2番線ホーム:6号店(松戸側)7:00~21:30、8号店(土浦側)7:30~22:00(土日祝~20:30)
下り3、4番線ホーム:5号店(松戸側)7:00~18:30(日祝~16:30)
(1、2、3、7号店は売店です。4番はどこに・・・)


 閑話休題。タイトルと全く関係ない話になりますが、今日わざわざ電車に乗って出かけたのは、読んでなかった本を消化する目的もありました。
 今回持参したのは「石原莞爾~その虚飾~」(佐高信著、講談社文庫刊)。石原莞爾は先の大戦時の軍人で、満州事変の首謀者とされる人物ですが、後に東条英機との対立で予備役に追い込まれたことから東京裁判で起訴されることを免れ、またその東条との対立から戦後は再評価されているようです。
 この本は、『この風潮に対して、真っ向からその欺瞞性を批判し、石原の行為は「放火犯の消火作業」と喝破する野心的力作評論』と裏表紙に書かれてましたので、期待して読んだのですが・・・久々の大駄作でした(;´Д`)アチャー

 評論なんかじゃないですよ、これ。単に「俺、石原大ッ嫌い!」って結論ありきで否定しまくってるだけ。その否定の論法も、魯迅だのロレンスだのといった石原と直接関係が全く無い人物と絡めて、「この人物たちは凄かった。同じような思考や決断が石原にできただろうか?」みたいな無意味な比較や問いかけ(つまり結論でも何でもない)だとか、それ以前に他人の文章の引用ばかりだとか、とにかく幼稚であることこの上なし。
 いや、他人の文章の引用がいけないわけじゃないですが、引用の量が尋常じゃない上に、それに対する自分の論述部分が少なく、その中身がまた分析という過程を省いた客観性に乏しい悪口だけで、作者が石原を嫌いだということはよく判りましたが、いい加減ウンザリ。読み続けるのが苦痛になります。
 よくもこんな本が単行本として上梓され、あまつさえ文庫化までされていることよ、と驚かざるを得ません。石原嫌いの人が爽快感を得たい時に読むには良いでしょうが、恐らく大多数であろう純粋に石原の足跡を知りたい人間にとっては何の役にも立たない駄作と言い切って良いでしょう。あー、時間を無駄にしたよ。。。

ThinkPad X40のマザーボード交換

 あー、久々のPCネタだぁ^^;
 一昨日から昨日(というか今朝)まで景勝宅に訪問しておりました。折角のいい天気でしたが、朝帰りだったもんで出掛けずじまい。。。
 そんなわけで今日一日は家事に勤しむことにしていたのですが、いやはや掃除が全く進みません。コミックを片付けようとしては読み出してしまい、PCパーツを整理しようとしては組み上げてしまうという始末(汗)。ま、そのお陰で懸案事項が一つ解決したのですが。

 というわけで、故障していたノートPC(ThinkPad X40)を修理しました。
 症状は電源ボタンを押しても反応せずで、BIOS画面を表示しないどころか、ACアダプタを接続してもバッテリ給電ランプすら点灯しません。こりゃ恐らくマザーボード(システムボード)の電源部が死んだのでしょう。
 ノートPCのマザボはメーカーから新品を取り寄せられると思いますが、恐らく結構な値段になると思われます。ヘタすると中古のX40本体を買った方が早いくらいかも知れませんので、中古のジャンク品で復活を目指してみました。



 ジャンクで引っ張ってきたX40の下半身です。値段は・・・1,000円くらいだっけ? 入手したのは随分前で詳しい値段は忘れてしまいましたが、装着されているCPUのグレードによって値段が違っていました。
 私が使っていたモデルは2371-A3Jで、中古で入手したのは2371-A6Jです。A3JとA6Jで何が違うかというと、単に実装されていたメモリの容量(256Mか512Mか)の違いだけで、CPUは同じ超低電圧版PentiumM 731(1.1GHz)です。
 このテの改造をする人は、より動作周波数の高いCPUのボードに換える方が多いようですが、バッテリの持ちが非常に良いPenM731が個人的に非常に気に入っていたので、同じスペックのものをチョイスしたわけです。まぁ安いってのもありましたけど^^;
 このジャンクの下半身に、現在生きている(筈の)液晶画面のユニットを付けてニコイチにしようというのが今回のお題です。

 さて、早速分解です。
 まずはキーボードと上部カバーを取り外し、それから液晶画面のユニット(LCD)をシステムボードユニットから外します。キーボードと上部カバーの取り外し手順は、以前アップしたエントリをご参照ください。



 LCDを取り外す前に、底面カバー内の①モデム、②メモリ、③無線LANカードを先に取り外しておきます。モデムとメモリはついでですが、無線LANカードに接続されているアンテナケーブルがLCD側から延びているため、先に外しておくわけです。無くすといけないので、外したメモリその他は先に新しいシステムボードに取り付けときましょう。



 で、これが壊れたシステムボード。外見は全く問題ないです。
 最初にアップした中古ボードの画像を見ると、こちらにある半透明の絶縁シールドとメタルのシールディングプレート、それとバッテリがありませんので、それらを移植する必要があります。



 ま、バッテリは見ての通りですね。特にネジは無く、電池本体は両面テープで留められているだけなので、左下のコネクタを外してから剥がし取ります。



 画像①の部分がLCDに接続されている信号ケーブルですので、こちらを取り外します。また最初に外しておいた無線LANのアンテナケーブルを画像②の部分の穴から引っ張り出し、シールディングプレートのガイドからも外してフリーの状態にしておきます。



 ①部分のアップ。両側のビスを外し、キーボードケーブルのコネクタと同様の感じで引き抜きます。シールディングプレートにはこの他に4箇所ビスがありますが、長さが異なる2種類のビスになりますのでご注意ください。忘れないうちに新しいボードに絶縁シールドとプレートを移植しておいた方が良いでしょう。



 ケーブル類がフリーになったら、背面の2箇所(赤丸部分)のビスを外します。ここが画面と本体を繋ぐヒンジの部分のビスになります。ここを外したら手応えがありますので、ケーブル類が外れていることを確認し、ゴソッと外しませう。


 あとは、逆手順で中古ボードにLCDユニットを接続すればおっけーです。
 組みあがってからACアダプタを接続して電源投入しますが、入手したジャンクボードが内蔵バッテリが外された状態でしたので、BIOSの再設定を行う必要がありました。まぁ特にヘンなことをしていない限り、基本的には日時の設定だけで済むと思います。私は他にブートシーケンスをHDD0に設定し直した程度です。



 見事復活! ジャンクボードはアタリでした♪
 5年前に購入したマシンの故障ということで、フツーなら新しいマシンへの煩悩が湧き出すはずなのですが、ここまでして直して使いたくなるほど、このThinkPad X40を気に入ってます。個人的には歴史に残る名機だと思いますねぇ。
 何せシングルコアで、更に私のモデルは1.1GHzという動作周波数の低いCPUのマシンなので、さすがにメインマシンとするわけにはいかないですが、サブノートとして使うなら今でも十分。このスペックでもサクサク動く不思議なマシンです。大事に使っていきたいですね。

君は何故郡山に行くのか? ~福島県郡山・ホルモン大豊~

 そこにホルモンがあるからサ!

 というわけで、前エントリの「チョイノリ最適化大会」の後、福島は郡山まで車で出掛けてきました。
 そもそも、今週頭までそんな予定は全くなかったのですが、チョイノリ修理の日程の話をしていた際に、だっしゅ氏が「ついでに翌日とか空いてる? 悪巧み(車編)どうだい?」という、悪魔のお誘いが^^;
 プランとして郡山と茨城の2案を出してきました。まぁだっしゅ氏としても話半分だったようなのですが、私が「郡山行きてェな~」と即答してしまったため、福島行きが即決定したわけです。時間にして僅か2日前(爆)。
 で、ついでに奴との呑みでは出席率最多のブースカ君にも出頭命令が(笑)。前日に「明日、来い!」という理不尽な誘いをカマしたわけです。後述しますが、このジャイアン行為が功を奏したのでした。

 出発は昼過ぎ(13時前)。原チャリツーリングに慣れたせいか、クルマでも一般道をひた走ります。まぁETCを付けてないってのもありますが^^;
 ルートは、国道6号から国道294号~国道408号~国道4号を経て、ここで夕方になったので矢板ICから須賀川ICまで東北道に乗りました。途中、道の駅二宮に立ち寄ったのみということもあり、今回のエントリのカテゴリは「旅行」ではなく「大食い・B級グルメ」としたわけです^^;

 郡山には19時前着。ホテルにチェックインし、荷物を置いて早速戦闘開始です。



 戦場はこちら。今年5月にも訪れた郡山の「ホルモン・大豊本店」さんです。実は最初、近所の大町店に訪れたのですが、満員札止で入店できず、こちらに流れてきたわけです。最後の3人掛けテーブルに落ち着くことができました。



 まずは外せない看板メニュー塩ホルモン。前回も頼んだものですが、今回で既に訪問4回目とドハマりしているだっしゅ氏によると、「この店なら焼きはレアで良い」とのこと。そんなに内蔵系が好きじゃない私のために、前回はしっかり焼いたのですが、実はコレが間違いだったのだとか。
 他の店なら腹壊しそうなくらいのレア焼きだったのですが、これが実に美味いッ!!! なんだろ、コレ・・・もう東京でホルモンなんか食えないよ。。。



 お次はジンギスカン。正直期待してなかったのですが、美味いのなんの! もう何がどう良いとは言えないボキャ貧で申し訳ないんですが・・・



 こちらはトロナンコツ。焼いていただきますが、実は既にボイルされていて焼かなくても食べられます。これもビールが進む進む♪



 こちらは前回も頼んだトロトロ焼き。脂身です。



 コイツを軽く炙ります。店の大将が「それくらいでいいヨ!」と焼き過ぎをたしなめられました。
 ついでに「コレはご飯と合うよ~」とも。フッフッフ、既に頼んでますぜ♪



 トロトロ焼きご飯。いくら酒を飲んでいようとも、こればっかりは逃すわけには参りませんなぁ。

 この他に、豚レバーだとか内臓盛り合わせなんかも注文しました。豚レバーは、レバー嫌いな人でも大丈夫じゃない?と思えるほどクセがありません。牛のレバーよりも美味しくてビックリしました。



 シメはビビン麺。混ぜる前の画像を撮り漏らしました^^;
 ビビンバと冷麺のコラボというべきもので、これまたヒキョーなくらい美味いです。うむむむ、こうなるとご飯星人としてはビビンバが気になって仕方ないですな~。
 ビビンバもそうですが、クッパもまだ頼んだことがないんですよね。ココの肉と味付けの凄さを考えると、恐らくカルビクッパで死ねるんじゃないだろーか?

 これだけ食べることができたのも、3人いたお陰ですね。前回は二人だったので多少消化不足な感も否めませんでしたが、3人いると色々頼めてとても楽しいです。強制連行のブースカ君に感謝!

ホルモン大豊 本店
住所:福島県郡山市大町1丁目2-9
営業時間:17:00~4:00 (日祝24:00まで)
定休日:年中無休(正月除く)
オフィシャルサイト:http://www7.plala.or.jp/taiho/
(詳細地図)


 腹パンになって戻ったベース基地が、ホテルアルファワン郡山東口さん。オータムプランなる宿泊プランでシングル一泊3,800円也です。
 前回も書きましたが、こちらは設備・アメニティ・サービス共に過不足なく、数あるビジホの中でもかなりレベルが高いと思っています。レベルが高いというのは、呑み喰いで郡山に来てホテルは寝るだけという我々のニーズと高次元でマッチしているという意味ですので念のため。
 つまり、へべれけで帰ってきて寝るだけなのでおっしゃれーな眺望もゴージャスな内装も不要(但し並以上に清潔です)。焼肉食ってくるのでファブリーズ備え付けは素晴らしい。1階にコンビニ、フロア毎にロックアイスマシン完備で、部屋での二次会には極めて便利。んで廉価とくりゃ、我々の使い方にピッタリなんですな(笑)。
 夜は駅向こうで飲んだくれ、朝は近所の半田屋さんでガッツリ食事するということで、食事のサービス無しでその分安いのも良いですな。



 というわけで、既に翌日の話。翌朝の半田屋さんでの朝ご飯です。
 ごはん(中)、味噌汁、春巻&メンチ、肉じゃが、オクラ納豆、生卵で680円也。ちょっと高くつくチョイスの仕方でしたが、十分十分。いや~、近所に是非とも欲しい店ですなぁ。



 なんでも「秋の食欲フェア」とやらで、ハヤシライスが200円でした! 思わず追加注文。食い過ぎ^^;


 この後はひたすら帰るだけなのですが、ちょっくら寄り道しました。



 だっしゅ氏お勧めの菓子工房「あくつ屋」さん。磐越東線船引駅近くにあります。
 お店の外観自体は、田舎にありがちなコンビニ崩れの「何でも屋さん」っぽいですが、扱っている商品がグレイトなのであります。



 名物「かりんとう饅頭」。なんか2つほど裏返っとるな^^;
 こちらもまた店舗に負けず劣らず地味な外見ですが、、、



 パッと見は単なる黒糖饅頭なのですが、作りたての揚げたてですと周りの皮がサクサクというかカリッカリの食感で、まさにかりんとうっぽいのです。この食感とこし餡の美味さときたら・・・
 午前中にわざわざ寄ったのは、このホカホカ揚げたてを味わうためです。持ち帰りもできますが、この食感を知ってしまうとその場で頂くことしか考えられませんね!
 全国区ではありませんけれども、郡山からわざわざまとめ買いしにくる人が多いそうで、地域ではかなり知られた存在のようです。その人気に恥じない、高い実力を持ったお菓子でした。

菓子工房 あくつ屋
住所:福島県田村市船引町船引字畑添96-1
営業時間:8:00~19:00
定休日:第一・第三日曜休(そういえば今日は開いてたな~^^;)
オフィシャルサイト:http://www.shokokai.or.jp/07/0752710004/index.htm
(詳細地図)


 今日は時間に余裕があるので、ひたすら一般道で帰宅です。途中、前回と同様に茨城県結城の酒屋「たまごや」さんに立ち寄り、色々と買い込みました。こちらのレビューは、また改めて行います。
 市川には19時前に帰還。市川駅で皆さんと別れました。それにしても、肉喰うだけのために福島まで行くか?と思いますが、十分価値アリと言っちゃいましょう(笑)。勿論ツーリングという面での楽しみがあっての話でもありますが、もうホントに東京でホルモン食う気にならなくなっちゃいました(汗)。諭吉1枚でこれだけ遊べれば十分でしょ。

チョイノリ、蘇生!

 呼吸困難状態に陥り危篤状態となったチョイノリですが、キャブメンテやるべかな・・・って話を書いたところ、私の周囲でのチョイノリ第一人者であるGGだっしゅ氏が「手伝うぜ!」と名乗り出てくださり、本日「チョイノリ最適化集会」を行う段取りとなりました。

 メンテ大会の開始は昼過ぎ。さっさと作業を進められるように、だっしゅ氏が来るまでに出来るだけバラしておきました。



 ステップボードとリアホイールカウルを再び外し、エンヂン剥き出し状態。
 だっしゅ氏が来るまでに時間がまだあったので、エンジンを掛けてチョークを引いてみました。別途携帯でだっしゅ氏から「チョークの固着ってことない?」とのコメントを頂きましたが、チョークレバーを引いたら一瞬エンジン回転が上がってからストールしたので、チョークワイヤー自体は問題ない筈なのですが、念のため。
 で、やはり同じ症状に。あー、やはりチョークは生きてるよなぁ。チョークを戻して再びクランキング。「ブルン! ブルブルブル・・・ブル・・・ブ・・・・・・ストッ!」
 あれ? もう一回クランキング。あれれれ? 掛からないじゃん!

 少なくともアイドリングはできていたのですが、それすら駄目になりました。
 ぬぅ、これはもしかして・・・チョークを引いたり戻したりを繰り返し、何度かクランキングして・・・・・・

 「ブルン! ブブブブブブブ!

 おぉ、復活! しかも、フカしてもストールしなくなったし^^;
 つまり、従前の状態近くに戻ったわけです。あー、こりゃカムシャフトなんかじゃないよ。どうみてもキャブです。本当にありがとうございました。
 ブンブンフカしているところにだっしゅ氏&ブースカ氏登場。この状態を見てだっしゅ氏ニヤリ。言葉にする前に「やっぱキャブだね」って顔してます^^;

 復活しましたが、キャブの汚れが原因であろうことから、早速だっしゅ氏はドラえもんの如く「道具」を取り出しました。



 ピコピコピコーン! 『キャブクリ~ナ~!』 (大山のぶ代風(古))
 正確にはワコーズのエンジンコンディショナー。提供は鶴見のSMS南店さんです(西店さんじゃなかった^^;)。ありがとうございます。



 キャブ頭のスロットルやチョーク等のワイヤー類を外し(赤丸部分)、そちらの穴からキャブクリーナをブチ込みます。ホース類もキレーキレーして、エンジンを掛けて循環。をぉぉ、完全に復活しました。
 ついでに、伸びていたチェーンも調整。画像を撮り忘れましたが、リアホイールの付け根にあるカムのノッチを調整して張り直します。
 いや~、これらの軽メンテで直っただけでなくゼロ加速が明らかに良くなりました。ありがとうございました!>だっしゅどん&SMSさん


 更にありがとうなネタ。



 味噌焼きおにぎり(;´Д`)ハァハァ
 ご飯抜きで挑んだ最適化大会でしたが、だっしゅ氏が品川駅の「こんがりや」さんで買ってきたおむすびを差し入れて下さいました。最近、おむすびといえば権兵衛さんやほんのり屋さんばかりで買ってましたが、品川のこんがりやさんも素敵。ココは焼きおにぎりがラヴなんですよね~♪


 そんなわけで、僅か40分程度でメンテナンス大会は終了しました。
 さぁ、この後は私のクルマ(セラ)に乗ってお出掛けです。そちらは次のエントリで!

コルネだけじゃないぜ! ~市川・モンペリエ~

 本日から夏休みです。再来週の月曜までフニャフニャする予定。
 ・・・のはずだったのですが、仕事で提出すべき書類を出し忘れていたため、ソレを出すためだけに会社に行って参りました。丸一日掃除するつもりだったんですがねぇ^^;

 で、地元に戻ったのは午後2時過ぎでした。うーん、このまま帰るのもツマらんな~と思い、以前コルネとモンブラン激ウマー!って話を書いた洋菓子店・モンペリエさんで買い物して帰りました。



 「プランタン」(390円也)。マスカットゼリーでコーティングされたムースに、マスカットとメロンが仕込まれており、いい値段するだけあってかなり贅沢な逸品です。そうそう買えませんけど、たまにイイものをいただきたい時にはもってこいです。

洋菓子 モンペリエ
住所:千葉県市川市市川南1-5-17
営業時間:9:00~21:00
定休日:木曜休
(詳細地図)

ありえねぇぇぇぇぇぇ!!

 う~ん、政治ネタはあまり書きたくなかったんですけどねぇ・・・
 というか、政治というには、あまりにもレベルが低いネタなのですが、呆れると同時に、この事実は広く知られるべきと考えますので、取り敢えず書きました。今日は酔っ払ってません。

 本日、菅改造新内閣の閣僚名簿が発表されましたが、消費者・食品安全・少子化・男女共同参画担当大臣に岡崎トミ子が指名されたのだとか。
 それもどうかと思うんだけど・・・国家公安委員長兼任ってどういうこと!?

 一体こいつは何者かというと、韓国での日本大使館(日本政府)に抗議するデモに現職議員として公費で参加した非常識極まりない人間です。
 人の考えはそれぞれなので、奴の思想の是非をどうこうはいいません。しかし、少なくとも日本の国会議員が自国に対する他国のデモに国家予算を使って参加するってのは、思想の是非云々以前の話です。国会議員であれば、その役職の中で誤りを糾していけばいいだけの話です。
 自分の理想や信念を優先し、やってはならないことを区別できない公私混同の人間が国務大臣に就任するということ自体も問題ですが、よりにもよって国家公安委員長とは・・・鶏小屋を狐に番させ、自宅の鍵を泥棒に預けるようなもんですよ。
 官僚主導が問題とされる昨今ですが、こればっかりは官僚に頑張ってもらわんとなぁ(苦笑)。

 それにしても、民主党って何でここまで突っ込みどころ満載なんですかね?
 野党時代の議会論戦から政権与党になってからの政策に至るまでタチの悪いギャグ満載でしたけれど、組閣自体もオカシイもんなぁ。今回の件もそうだけど、前内閣時代の法務大臣に「死刑廃止を推進する議員連盟」に所属していた千葉景子を指名したことなんて文字通り噴飯モノでしたもんね。
 これは死刑反対の是非の話ではなく、現行法に定められた死刑執行を指示する職責がある法務大臣に、死刑反対を明言している人間を指名したということ自体が大きな間違いなのです。事実、議員在職中(こないだの参院選で落選するまで)は、一度も死刑執行のサインをしませんでした。
 これでは、同じ死刑廃止派である菅首相が、死刑反対を唱える千葉を法務相に据えて死刑執行を停止しようとしていると勘繰られても仕方ありませんな。

 重ねて言いますが私が死刑賛成なので「執行命令せよ」と言っているわけではありませんので念のため。たとえその人にとって悪法であっても、法務大臣への任命をひとたび拝命したからには、法に定めるところの職責を全うせねばならない、ということです。
 死刑執行命令は法務大臣の権限ですが、同時に「義務」でもあるのです(刑事訴訟法475条2項。但し死文化しており議論の余地がありますが)。前述の岡崎の例もそうですが、特定の政治家の思惑や思想で行政や法の執行が曲げられることがあってはならないのです。

 因みに千葉大臣。信念を持ってか執行署名にサインしなかったのですが、先の参院選で落選して非議員の大臣となり、「国民から不信任とされたのだから大臣を辞めるべき」との声が上がった途端、2名の死刑執行を指示しました。
 本人は「根本からの議論が必要と感じた」と問題提起のためと受け取れるような発言をしましたが、死刑廃止派からは「変節」と非難され、廃止派以外からは「法務大臣であることを示すポーズ」と嘲笑されました。2名の死刑囚は、思想からの信念でも、法理念の厳格な適用でもない、なんの重みもない一人の人間の「都合」で執行されたわけです。


 そんな千葉法相起用を上回る今回のネタ。
 自国への反体制運動家が、自国の警察組織のトップですよ。こんなギャグはどこの国探しても無いでしょう。もう終わってますよ、この国。。。
 この非常識でヒワイな民主党漫才、一体いつまで続くんですかねぇ?

チョイノリ、危篤!

 ぬぅ、久々に食い物以外のネタですわ(汗)。
 内燃機関の知識はあれども、バイクはほぼビギナーですので、誤りがあったら突っ込んでください^^;

 本題。最近、なんかチョイノリさんの調子が悪ぅございました。具体的には加速・最高速共に微妙に落ちてきたのです。元々トロいチョイノリさんでしたが、さすがにコレは異常かな?と感じてきた先週。とうとう、時速10キロ程度しか出なくなり、ついには私を乗せて走ることすら叶わなくなりました。俺、重過ぎなんデスカ?(´・ω・`)
 これは私が重過ぎではなく(いや実際重いけど)、トラクションが全く掛からない状態(スタンドを立てた状態)でも全く症状は同じです。エンジンは問題なく掛かり、アイドルも好調なのですが、スロットルを回すとカブったような状態になり回転数が上がらないのです。

 こうなると真っ先に疑うのはエアクリーナです。目詰まりがヒドくてエアを吸い込まなくなったのか?ということで、エアクリーナを見てみることにしました・・・うわー、エアクリのカバー外すの面倒臭ェなー^^;



 まずはリザーブコックをOFFにします。まぁオーナーさんならまず知っているかと思いますが、下がON、向かって左がOFF、上がリザーブです。余裕があれば、エンジンをしばらく掛けてフューエルホースからガソリンを抜ければ尚良いでしょう。



 で、リザーブコックのケツからフューエルホースを外します。



 シートを跳ね上げ、ガソリンタンクを留めてある4箇所のビスを外します。



 まぁ実物を見りゃ分かると思いますが、4箇所のビスは画像赤丸の箇所。ネジ頭は10mmです。
 因みに下側の2箇所がキャリア(またはスタンドグリップ)を共留めしているビスです。



 キャリアと共にシート&タンクを外したの図。
 今回はキャリアを外すのも目的でしたのでガソリンタンクを外しましたが、エアクリボックスを外すだけなら、ステップボードとリアタイヤカウルを外すだけでおっけーです。作業性は悪いですけどね。



 ステップボードも外したの図。エンジン剥き出しでホネホネやね^^;



 剥き出しのエンジン部アップ。うひー、汚ねーなー^^;

  ①:エアクリーナー(エアクリボックス)
  ②:フューエルホース
  ③:キャブレター
  ④:アクセルワイヤー
  ⑤:チョークワイヤー
  ⑥:スパークプラグ

 ・・・で、合ってるハズです^^;
 んで、エアクリーナーを外してエンジンを掛けてみました・・・


 ・・・
 ・・・・・・
 ・・・・・・・・・症状同じ ('A`)



 う~~~ん、こうなるとキャブレターかな?とも思うのですが、キャブは既に2年前にバラして清掃しており、それ以来は比較的マメに乗っています。全く有り得ないわけじゃないですが、原因としてはちょっと考えにくいです。

 ・・・となると最悪の事態、つまりエンジン本体かなぁ ('A`)
 つまり、かの悪名高きプラスチックのカムシャフトの磨耗かなぁと。理論上、カムシャフトがしっかり働かないとバルブタイミングが狂うといったトラブルが考えられますからねぇ。
 車と違ってチョイノリさんはバラすのは簡単で面白いのですが、さすがに全く無知状態でオーバーホールしてバルブタイミング合わせるまではできんよなぁ・・・店に出すしかねーかのぉ(´・ω・`)

【追記】
結果、キャブでした(^_^; 続きはこちらで!

ドカ盛り&日帰り温泉 ~渋川・ニコニコ亭&小野上温泉~

 昨日寝坊して断念した群馬への旅行へ行ってきました。
 青春18きっぷの残り処分のお出掛けです。ホントはまたも「ムーンライトえちご」に乗って遠出するか?と思ったのですが(というか券取ってました^^;)、さすがにシーズン3回目となると飽きたし、ついでに体力の限界を悟り、折角取った指定券は放流して近場にしたわけです。

 家を出たのは朝の7時50分過ぎ・・・って、これって仕事に行くのと変わらんやん(汗)。満員電車に揺られて上野まで参りました。うーん、これも先日までの湯島勤務と変わらぬ行程・・・
 上野から高崎行きの快速「アーバン」に乗車しました。



 つましく普通車に乗るつもりだったのですが、ついグリーン車を奮発。快速では二階建て車両が普通になった昨今、懐かしの平屋建てのグリーン車両が連結されていたので、転んでしまいました。昔は地元の総武線もこのテのグリーン車だったんですがねぇ・・・



 まぁこういうの買ったからってのもあるんですけど。
 東京駅でもお世話になった「ほんのり屋」さんの天むす&牛ごぼうおむすびです。相変わらずレベル高いですな~。



 高崎からは上越線の各駅に乗り換え。うひゃー、今回もまた国鉄時代のカラーリングに遭遇。湘南色の115系電車ではないですか。東京口では見ることができなくなった湘南色が、上越国境付近で余生を送っているわけですね。モーター音のウルささも昔のままでした。。。

 コレに乗ること25分。最初の目的地の渋川です。



 渋川駅から歩いて10分ほどの住宅街にある「ニコニコ亭」さんです。
 先日の会津若松行でご当地グルメのソースカツ丼をいただきましたが、実はここ群馬もソースカツ丼が地元に根付いているのであります。



 キター!ソースカツ丼4枚乗せ(810円也)です。丼からはみだすカツが素敵です。
 エラいボリュームに見えますが、、、



 実はカツ1枚1枚自体は極めて肉が薄いんです。このため、4枚乗せなんて馬鹿盛りでも容易に平らげることができました。因みにノーマルの1枚乗せですと390円というリーズナブルさです。
 肉の厚さの他に会津若松のソースカツ丼との違いとして、会津と違ってこちらはキャベツが敷き詰められていないこと、また会津は揚げたカツに濃厚なソースが掛かっていますが、こちらは薄く揚げたカリカリのカツを特製ソースにくぐらせてからご飯に盛っています。同じメニューでも場所によって違うものですね。
 個人的には・・・う~ん、会津に軍配かなぁ。こちらのソースは酸味が足りずかなり甘いもので、キャベツが無いこともあって単調になり、後半結構辛くなってしまいますね。
 次行くなら、ラーメンとソースカツ丼(ハーフサイズ)のセットがいいかなぁ。隣の人が食べてたラーメンが結構良さそうだったんですよね~。

ニコニコ亭
住所:群馬県渋川市渋川寄居町2176-3
営業時間:11:00~14:00、16:00~18:00
定休日:月曜、第1第3日曜
(詳細地図)


 満足になった腹を抱えて渋川駅へ戻りました。今度は上越線ではなく、渋川から分岐する吾妻線(あがつません)に行きます。途中に四万温泉、草津温泉、万座温泉といった有名温泉を抱える路線で、今回初めて乗車します。
 吾妻線は群馬の深い山間の中を分け入っていきます。



 途中の小野上温泉という駅で下車しました。山と田んぼだけの、のどかなところです。
 なぜにこんなところで降りたかといえば、勿論温泉があるから!



 ネットで調べたら「駅から徒歩3分」なんて書いてるところもありましたが、ご覧の通り駅を降りたらすぐ目の前にあります。鉄道利用で立ち寄れる日帰り温泉ってのはなかなか無いので、ココは貴重です。


(オフィシャルサイトより拝借^^;)

 自治体による施設ですが、ちゃんと露天風呂もあります。内風呂もちゃんとしており、サウナも併設されていて2時間400円ってのは大変良心的です。
 で、泉質もかなりGOOD! 無色透明なのですが多少ねばりがあるようで、コレに浸かるとお肌がスベスベになります。多分明日にゃ効果は消えてるかも知れませんが、冗談抜きにコレ書いている今も、私の腕はスベスベです。美人の湯って書いてるのも満更ウソではありませんね。

 1時間ほど湯に浸かり、風呂からあがって休憩所の大広間でくつろぎます。



 温泉からあがったら瓶牛乳。腰に手を当ててゴキュゴキュやります(笑)。
 これをのんで横になった途端に深い眠りに陥りました。今日は平日でじーさん・ばーさんがちょろっといるだけだし、いやぁ大広間で休めるのはいいなぁ・・・とウトウトし、気付いたら1時間が経っていましたとさ^^;

小野上温泉 さちのゆ
住所:群馬県渋川市村上305-2
営業時間:9:00~21:00(受付は20:30まで)
定休日:毎月20日 (20日が土日祝の場合は前日が休み)
オフィシャルサイト:http://www.spa-sachinoyu.jp/index.html
(詳細地図)


 たらふく休んでしまいましたが、寝過ごしではなく取り敢えずタイムスケジュール通りです。プラプラ歩いて小野上温泉駅に戻り、吾妻線の続きを堪能しました。
 吾妻線は、実は乗り潰す(全線乗車する)というのが結構困難であることで知られています。何故かというと、終点の一つ手前の万座・鹿沢口駅までは特急をはじめとした電車が沢山往復しているのですが、万座・鹿沢口から終点・大前の間の最後の一区間が、何故か1日5往復しか走らない区間なんです。
 今回温泉でのんびり時間を潰したのも、この終点・大前まで行く列車に乗るのを兼ねてのことでした。



 終点の大前駅にて。画像右側の階段を降りると既に駅構外で、つまり完全な無人駅です。
 駅の前には建物(家?)はありますが、売店等は何もありません。川を挟んだ向かい側に集落があるのですが、駅より高い位置にあるので集落の雰囲気は伺うことができず、なんとも寂しい駅です。



 サムネイルでは分かりづらいですが、線路の行く先には車止めがあり、終点であることを示しています。長野方面に抜ける路線になるはずだったのですが、一説によると浅間山の地熱が高過ぎてトンネルを掘るのが危険で断念したとも言われています。

 山あいにある終着駅の大前駅。まだ空は明るいのですが、夕日はすっかり山の端に隠れて日陰の状態です。川を眺めながらタバコを一服していたら、丁度17時になったからでしょう、遠くにある向かいの集落から「夕焼けこやけ」が町内放送で流れだしました。ものすごい郷愁と憂愁を感じた一瞬です。ここの風景とあの「夕焼けこやけ」の切ないメロディは、この先ことあるごとに思い出しそうな予感がします。。。


 この後は高崎経由でまっすぐ家に帰りました。高崎で軽くおみやげ購入。



 名物「だるま弁当」です。
 帰宅してから景勝のうちに遊びに行こうと思ってたのですが、明日は早朝から仕事とのことで行かずじまい。仕方が無いので、私自身でいただきました(笑)。


 これで今年夏の青春18きっぷ騒動(笑)は終わり。今年夏の・・・なんて書き方しましたけど、18きっぷを使うこと自体20年ぶりくらいなんですよね^^;
 私自身は、国鉄が初めて18きっぷを出した頃(当時は「青春18のびのびきっぷ」という更にこっ恥ずかしいネーミングでした)からのユーザですが、国鉄が無くなってから使うことをやめていました。夜行の普通列車が激減したこともありますが、民営化で分社化し「旅行するなら新幹線。各駅なんぞで旅行するな」というJRの露骨な姿勢に嫌気がさして、車と飛行機にスイッチしたのです。
 勿論JRも企業なので合理化するのは仕方ありません。しかしその合理化というものが、100年以上かけて培われた汽車旅という文化を、たったの数年で絶滅寸前にまで追いやっているという恐るべき事実を、今年の夏に色々乗りまくって改めて思い知った次第です。

 おっと、ちょっと酒が過ぎたかな^^;
 長くなりそうなのでこの辺にしておきますが、たかが鉄道如きと侮るなかれ。航空産業で戦争史や宇宙開発が語れるのと同様に、あるいはモータリゼーションで日本経済が語れるのと同様に、鉄道の栄枯盛衰で日本の政治史や労働運動史、果ては現代の地方の経済沈下や格差社会の理由付けまでできるのです。
 なんかイヤな終わり方ですが、まぁ今日はこの辺で。。。

聖地巡礼 ~野田・やよい食堂~

 今まで取ることができなかった、そして10月に取るつもりだった夏休みですが、仕事の関係で今日・明日になりました。まぁこれは第一弾で、本番は再来週の連休にごっそり頂く予定です。
 こんなふうに予定がコロコロ変わった挙句に、突然「今月取れや」となると、予定を立てて予約をするフツーの人だとタマらんですよね。私は突発旅行するような人間なので、まぁ構わないんですが^^;

 で、今日。本当は青春18きっぷの残りを処分すべく、群馬方面にでも行くかなぁと思っていたのですが、朝起きれませんでした。実際にはちゃんと目は覚めたのですが、昨日八重洲で普段呑まない焼酎も含めて結構な勢いで呑んだこともあり、また18きっぷもとっくに元を取っていて無理して使うことも無いかなぁと思って、気力が湧かなかったのであります。ヘタレ・・・

 とはいえ、休みで何もしないのもツマらないので、朝食兼お昼ご飯を食べに行き、午後はおうちの掃除をしよう・・・と考え、久々にバイク(KSR)を出して千葉県は野田市まで行ってきました。目指すはドカ盛りの聖地と言われる「やよい食堂」さんです。



 思いッ切り「懐かしの昭和時代の大衆食堂」な外観です。



 中も期待を裏切りません。壁にメニューの板がブラ下げられた昔ながらの定食屋さん風景。4人掛けのテーブルに粗末な椅子と、いかにも高倉健や佐藤蛾次郎あたりがコップ酒を飲んでいそうな雰囲気であります(笑)。
 TVとかでも紹介されてすっかり有名店になり、土日はかなりの混むらしいのですが、さすがに平日の開店直後は空いておりました。と言っても、既に各テーブルに一人づつ座っていて、私は相席となったのですが。。。

 ここのドカ盛り具合については、予てよりネット上で色々見てきました。上述の混雑の問題もありますけど、量の多さに恐れをなして、なかなか足が向かなかったというのも正直なところです。



 カツカレーの並(850円也)です。これで並。
 ルーでご飯が見えないどころか、「カツカレー」なのにカツすら見えません。



 ローアングルで撮ったの図。溶岩の如くあふれ出したルーが、下の皿にこぼれております。これはチョイと美的ではありませんな^^;
 お味ですが、かなり濃い目のルーです。具(タマネギと肉)が意外なほどしっかり入っており、食べ応えがあります。こりゃ結構ラクショーじゃないだろうか??


 ・・・甘かったです(汗)
 いやぁ、溶岩ルーの下に固められたご飯の地層がかなりの高さで存在するんですよね。最初は美味しいなーと思ったルーでしたが、かなりしつこく感じるようになり、結構早い段階で満腹感が襲ってきました。
 こうした大盛りカレーの場合、トッピング(今回はカツ)は「味に変化をつけてくれる強い味方」の筈なのですが、今回は溶岩ルーに埋まってしまって単なるルーの具と化してしまい、最初から敵に廻っている状態です。
 そんな苦しい僕を救ってくれた味方が福神漬殿でした。わずかな量の福神漬けでしたが、これが最後まで狩りを続ける原動力となってくれたわけです。ありがとう。そしてさようなら、、、



 あまりキレーじゃないビジュアルなので小さくアップ^^;
 10分あまりで何とか完食しました。いやー、僕にゃコレが限度ですね。しこたま飲み食いした翌日ってのもありますけど、コンディションの問題を差し引いても大盛りは無理です。

 駐車場は、食堂の横に2台分ある他、向かいの民家の庭(!)を駐車場として貸し出しています。10台分くらいは余裕でありますので、そちらを使った時は会計の時に駐車券をもらいましょう。帰る時に、そちらの民家の玄関横にある箱に券を入れて退出するシステムです(笑)。
 しかし、満腹で運転がシンドいですがな・・・

やよい食堂
住所:千葉県野田市中野台351
営業時間:10:30~15:00 17:00~19:00
定休日:金曜休
(詳細地図)


 このあと「行ってきたよー」というメールをBUNさんやたっちゃんに投げたところ、たっちゃんは今日休みだったのだとか! シフト勤務ってことをすっかり忘れてた。誘わんでスマンでした。
 BUNさんからは「あの店ほど並を注文するのが恥ずかしい店はない」との豪胆レスが! しかも、「帰りにザ・ハンバーグにお立ち寄りを」との更なる強烈発言がありました。無理! 絶対無理だよ・・・と思ってたら、「やよい軒」との勘違いと判明^^;;;
 もっとも、このBUNさんからのレスは夜になってから拝見しました。いや、何せあまりにも腹パンで動けず、家に帰ってから寝てしまったのでありました。晩めし要らずの昼食はホントに久々であります。。。

肉まみれ、再び

 大人しく帰ろうとしていた今日、またもだっしゅ氏からお誘いが・・・
 いや、奴に言わせるとお誘いなどでは無い・・・と言い張るでしょう。ただ一言「これからサニーズ突入予定」とだけ、短いメールが来ただけですからね。なんてアコギな・・・^^;

 そんなわけで、私も一言「オレモー!」とだけメールで返しました。先日の初突撃でヤラれまくった、八重洲のサニーズさんに直行です。
 先日は奴の会社の同僚(勿論お初)の方が一緒だったのですが、今回も同じく先方の別の同僚さんが一緒でした。あたしゃ馴染みのない自社の人間と呑むくらいなら、全く知らない人と呑む方が断然楽しいと思うタチなので全く苦にしません。つーか、奴が連れてくる同僚は大体ロクでナシなので楽しいのです。今回はマジメな方でしたけんど(笑)。
(私らばかり食べてスミマセンでした>仇血さん 貴様は肉喰いすぎなので謝らん>仮死和議クン)

 そんなこんなで、結局前回同様にソーセージをはじめとした肉三昧だったのですが、今回はシメでコレにチャレンジしました。



 前回「死ねる」とレポートした豚角煮を、別注文のライスに載せてみました。いや、コレ・・・ヒキョーだよ! 肉やわらか過ぎ! タレ美味すぎ! これでご飯を頼まずば、悔いを100年に残します。あー。やっぱりご飯って素敵だなー。日本人に生まれてよかったと思う瞬間ですなぁ~。

サニーズ お食事酒処
住所:中央区八重洲2-1 八重洲地下街南1号
営業時間:11:00~22:00(土日~21:00)
定休日:無休
(詳細地図)

★以下、拍手返信です。
>BUNさん
コメント、どももです。
そう言うオマエはどうなんじゃい!って言われそうなので、ホントはあまり書きたくなかったネタではあったのですが、まぁ自戒を篭めてってことで酔った勢いで(を口実に)書いちゃいました^^;
おっしゃるとおり傘の持ち方についても、その人の「他人への気遣い度」を計るバロメータですよね。地面に水平に傘を持ってる人って、怒る以前に純粋に「どういう育ち方したの?」ってフシギに思いますもんねぇ。

因みに該当の前エントリは拍手が多くてビックリしましたが、同じ考えをお持ちの方が多くて嬉しかったです。というか安心しました^^;

酔っ払い徒然草

 酔っ払いのタワゴトです。雑談として流してくだされ。。。

●セブンイレブンでおでんが70円均一キャンペーン
 150円以内のおでんが全て70円均一とのこと。ま、今日までなんですけど。



 私自身は、コンビニは「日本人の生活習慣を悉く破壊してしまった諸悪の根源」だと考えるタチなのですが、便利であることには変わりなく、情け無いかな文句を言いつつその恩恵をしっかり享受しています。
 で、今日もコレをツマミにゲシゲシ呑んでいるわけでして・・・酒の勢いで色々書きます^^;

●ゼロカロリー飲料は不味い
 ・・・というネタを以前書きましたが、人工甘味料使用炭酸飲料が腎障害に関連しているという研究結果が出てるんですってね(リンク原文))。
 このソース以外でもマウス実験で腎障害が出たって話があったと記憶するのですが、まぁ正直なところ、そこらへんの信憑性については個人的にはまだ疑問を持っています。しかし、エコナのように当たり前のようにあったものが、知らないうちに「無かったこと」にされる可能性も否定できません。ゼロ飲料の化学的な後味を嫌ってる人間からすると尚更ですわ。

 エコナで思い出しましたが、同じ花王の「ヘルシア緑茶」も、安全性を保証されてないβ-シクロデキストリンなる成分(製品では環オリゴ糖と表記。渋みを消す香料に使っているのだとか)が大量に(一日摂取限度量の倍量)含まれてるんですってね。この成分の過剰摂取は腎臓障害を招く恐れがあるのだとか。

 ここらへんも本当の話なのかは定かではありませんが、広告主の存在を意識せざるを得ない新聞・雑誌といった既存メディアだけでは知り得ることが無かった(つまりインターネットというメディアが無ければ知り得ることが無かった)情報だなぁ・・・とだけは思います。
 まぁ私のようにビイルと揚げ物、それに米飯ばかり大量摂取して自ら終末に向かっている人間にとっては目くそ鼻くそな話ですけど、神経質に健康に気を使っていた人が、それがために人工透析受けるようになったりしたら、それこそ喜劇ですな^^;

●貴様はホモかッ!?
 毎朝満員電車で通勤することの無い貴族様には分からないネタですが、満員電車では「ドア口に向かって立つ」という不文律が存在します。
 左右両方のドアが開く路線であれば車両の中間を境にしてドア口に体(顔)を向けるのが自然であり、私が毎朝使う総武線快速のように右側のドアだけしか開かない場合は、ほとんどの人が右側のドアに向かって立つのが「常識」です。
 これは何故か? ドアが開いた際に後ろ向きで押し出されないためという理由もありますが、単純に体が接触しあう満員の電車内で顔を向き合わせることを避けるという生理的な理由が基本でしょう。

 ところが、、、理解しがたいことに、何故かこれを守らない不可解な奴が世の中に存在するんですよね。こればっかりは理解できんッ!
 あ、分からない方のために、どういう状況なのか図解します。



 大袈裟でも何でもなく、周囲の人間全員が右側向いているのに一人だけ左側向く奴ってのが、たまにですがいるんですよ。見たことある人、いますよね!?(いてくれよ・・・)
 これにカチ合うと「なんで朝っぱらからガチホモ野郎(既に俺的認定)とステディな体勢にならんとアカンのや!」と、ホントに朝からブルーになりますわ。わざわざジャスタウェイで図解したくなるほど、ずっと不満に思っていたことです。。。

●お前のそのスペースが、、、
 まぁ、さすがに逆向きホモ野郎は少数派ですが、相変わらず電車内での携帯電話のマナーってのはなっとらんですな。携帯メールの普及のお陰で、満員電車で会話してるキングオブ馬鹿は極めて少なくなりましたけど、体が触れ合うほどの満員電車なのに無理してでも携帯を操作しようとする輩が多いのはどうにかならんですかねぇ。
 ぎゅうぎゅう詰めの車内で携帯(特にスマートフォン)を操作している奴らにゃ殺意が沸きますわ。いや、狭い中で天井に向かって手を伸ばして端末を操作している奴は(滑稽ですが)認めます。しかし自分の胸の前のスペースを無理矢理空けてフツーに端末を持って操作してる輩がいると「お前のその携帯のスペースは一人分のスペースに値するんだぞ!」とシバきたくなりますわ。

 あと、携帯を見ながらタラタラ歩いている奴は、ジャンピングニーパッドで排除してもいいって条例できないッスかねぇ~。
 まぁ普通の公道でコレってのは乱暴なので撤回しますけど、エスカレーターや改札口の出口とかで携帯を操作して立ち止まっている奴ってのは、エルボースマッシュやパイルドライバーをカマしても構わないと思うんですが、どうでしょうか?(真面目に問いかけんなよ・・・)


 とまぁ、普段毒を吐かない分、かなり溜まってるンすかねぇ~(汗)。
 ま、たまには許してください^^;

大手町ランチ(9/3) ~大手町・ガネーシャ~

 先週の話ですが、ネタにするのを忘れていたので改めてアップ。会社でのランチネタです。



 いつもランチでお世話になっている経団連ビル(大手町カンファレンスセンタービル)の地下の店で、インドカレーの「ガネーシャ」さんの持ち帰りキーマカレー(500円也)です。
 サフランライスとナンが付いて500円というプライスタグは、大手町にあってはリーズナブルと言えます。ただ、個人的に味はまぁまぁ・・・ってのが正直な感想かなぁ。元々本場インド系のサラサラルーがさして好きじゃないことに加え、スパイスは効いているんですけどコクが無いんですわ。
 んで、ボリュームも結構多いように見えて、実は意外と少ないです。ナンの表面積が大きいですが、持ち帰りの悲しさ、冷めてしまうとペッタンコになるんですな。これなら300円で権兵衛さんの塩むすび3つの方が腹が膨れます。

 ちょっとネガティブなインプレになってしまいましたが、トータルでは評価は低いものの、大手町ランチとしては値段もリーズナブルなので、たま~に変わったモノを食べたいなーってときには良いチョイスかと思ってます。

ガネーシャ 大手町
住所:千代田区大手町1-3-2 大手町カンファレンスセンターB1F
営業時間:11:30~21:30
定休日:日祝
(詳細地図)

消化試合で会津まで

 この夏にいろいろと使った青春18きっぷですが、これは日本全国の各駅列車1日乗り放題が5回使えるという切符です。既にココで書いた通り、会社帰りに山形行ったり、仕事後一回家に帰ってから木曽に行ったりしてきましたが、あと3回は馬鹿ができるということです。
 元々11,000円のこの切符ですが、上記の2回の旅行で既に大幅に元は取っているので、残りは買い取ってもらおうと金券ショップに持って行きました。ところが有効期限が残り一週間となったため、もう大した値がつかないのだとか。ま、既に元を取っており無理して出掛ける必要もないので、今週末は掃除でもするか・・・と思い至りました。これが金曜夜のお話。

 で、帰宅して録画してたTV番組を風呂あがりにのんびり見てたのですが・・・見た番組(「水曜どうでしょう」)でサイコロの旅をやっており、そこで映った電車を見て、何故かスイッチが入ってしまいました(汗)。
 アッと言う間にインターネット(JRサイバーステーション)で、今晩の夜行快速「ムーンライトえちご」の空席があることを発見。デジカメと文庫本2冊だけ持ち、トレーニングウェア姿で市川駅へ向かったのでした。この間、わずか20分。なんたる即断(汗)。



 で、40分後には既にこの状態。新宿駅にて「ムーンライトえちご」です。
 しかし「出掛ける」と即断したものの、行き先が決まっておりません(ぉぃ)
 候補はいろいろありますが、なかなか自分では決め難いのです・・・ならば人に決めさせようじゃないかという乱暴な発想が昨日のエントリのネタだったわけです^^;

 白羽の矢を立てたのは、いつもお世話になっております~のBUNさん。「1・2・3のうち、好きな番号を選んでチョーダイ」とアフォなメールを送りつけたわけです。1なら新潟から米坂線を使って米沢へ行き米沢牛リターンズ。2なら磐越西線で会津若松に行きソースカツ丼。3なら越後線と大糸線で小谷温泉に日帰り温泉入浴・・・というメニューでした。
 その運命のカードディーラー・BUNさん。なんというタイミングか、丁度ラジオ出演の本番前だったのだとか! マジメなことやってるところにアフォなことやらせてスマン! しかし、そんなタイミングにもかかわらず、しっかり「2」という数字を答えてくれました。ありがとね^^;
(私信:残念ながら米沢牛でも温泉でもありませんでした。ハズレです^^;>Toriさん)

 というわけで、終点新潟まで行かずに磐越西線の起点である新津で下車しました。時間は明け方の4時半過ぎ。一番列車は6時過ぎの発車で、時間はタップリありすぎます。都内と違い、早朝の越後平野は大変涼しかったので、浮浪者の如く駅前広場のベンチで30分ほど横になりました。



 ゴロ寝したベンチから見上げた新潟の夜明け空。画像じゃ全然分かりませんが、三日月が非常に綺麗でした。吹く風も心地よく、なんだか途端に旅してる気分になってきました。



 駅前に全く何もない新津駅ですが、24時間営業のコンビニ(デイリーヤマザキ)はあります。5時からはイートインのコーナーを開放するので、ムーンライトえちご利用時に重宝するお店です。ホットコーヒーとサンドイッチ、それにヨーグルトで朝食としました。
 次の列車の時間までそちらでウダウダし、駅に戻りました。磐越西線の一番列車で会津若松に向かいます。



 入線してきたのがコレ。
 をぉぉ! 国鉄時代のキハ47ではないか。しかも、カラーリングも国鉄時代の首都圏色、通称「タラコ」ですがな。これ、まだ生きてたのね!



 ホーローのサボも現役です。
 知らない人にはサッパリな世界ですけど、知ってる人間にとっては「すげーなぁ」なのです^^;

 この懐かしのエンジン音のウルさい車両で会津若松まで乗りました。「森と水とロマンの鉄道」という愛称が付く磐越西線の会津若松以北(というか以西?)は今回初めて乗ったのですが、なぜその愛称が付いたのか初めて知りました。阿賀野川に沿って結構な森林地帯だったのね。前回の陸羽西線も良かったけど、ココもなかなか田舎の雰囲気満点でいい車窓風景でしたね~。

 会津若松に到着したのは朝の9時前。かなり時間が余っていますので、ちょっくら寄り道してきました。

 

 ゴールデンウィークでの郡山ツーリングの際にも立ち寄った、会津鉄道の芦ノ牧温泉駅に行ってきました。前回のエントリでも書いた通り、私はココに25年前に来たことがあるのです。これだけでも訪れる理由はあるのですが、、、

 

 前回お目通りがかなわなかった猫の駅長である「ばす」駅長さんです。やはりバイクではなく、ちゃんと会津鉄道を使ったから、姿を見せてくれたんでしょうね(笑)。
 まぁ冗談はともかく、有名な和歌山電鐡の「たま」駅長に比べて多少人見知りする・・・というか騒がれるのを好まないようなので、会いたい方は観光客が多くなる前の朝早めの時間(10時前)に行かれることをお勧めします。勿論100%会えるわけではありませんが、昼前後よりは会える確率は高そうです。人が多くても動じないんですけど、ウルさい客が多いとすぐに散歩に出てました^^;

 駅長さんと30分ほど遊び、上り列車で今度は会津若松の2つ手前の西若松まで戻ります。西若松から歩いて10分ほどのところにソレはありました。今回のメイン目的です。

 

 「いとう食堂」さんのソースカツ丼(1,000円也)です。
 会津若松はソースカツ丼がご当地グルメでして、今回何も持たずに出てきたので、会津若松駅の観光案内所でソースカツ丼マップを貰ったんですよ。会津鉄道の西若松駅に近いところ・・・ということで、こちらを選んだのですが、嬉しいことにこれが非常に大当たりでした!
 ソースカツ丼は、前回の会津ツーリングの際にも「すみれ食堂」さんで頂きましたが、そちらの方が値段は安いし(まぁ50円の差ですが^^;)、見た目(盛り)も派手なので、ネタとしては「すみれ食堂」さんの方がお勧めです。
 しかし! しかーし! 肝心のカツの味はこちらの方が断然美味しい! 肉の質が全然違います。右側の画像にもあります通り、結構な厚さがあるのですが、容易に噛み切れます。ロースの脂身も適度で、ご飯がめっちゃ進みます。今回は+100円の大盛りにしませんでしたが、激しく後悔。ご飯星人の私なら、これだけで2合飯いけます。
 会津若松、奥が深いです。他の店にも行ってみたいですが、またココにも来てみたいというジレンマに陥ってしまいました。



いとう食堂
住所:福島県会津若松市本町5-10
営業時間:11:30~14:00
定休日:水曜休
(詳細地図)


 ここから西若松駅に戻るつもりでしたが、妙に元気だったので会津若松駅まで(つまり2駅分)歩きました。まぁタイムスケジュールに余裕があったってこともあるんですけどね。



 待ち時間で蒸気機関車を見ることができました。今日は運転日じゃないのですが、団体利用があるということで突如現れたわけです。SLに関しては、こうしたリバイバル運転ではなく、ギリギリ現役時代を知る世代なのですが、物心ついた頃には廃止秒読み状態で、既にイベント扱いだったこともあって、そんなに愛着はありません。
 しかし、やはりナマで汽笛やドラフト音(ボッ・・・ボッ・・・ボッってやつね)を改めて聞くと胸が疼きます。力強い姿、迫力のある音、煙いけど懐かしい石炭の匂い、いずれも今の電車にない「五感に訴えるもの」がありますよね。団塊ちゃんたちにはタマらんもんなんだろうなぁ・・・^^;


 この後はひたすら帰宅です。残念ですけど、今回は郡山で呑むのは断念しました。



 ひたすら帰宅・・・といいつつ、遠回りして帰りました。水郡線で郡山から水戸経由です。



 4月の観桜ツーリングの際の目的地だった矢祭山駅です。あの時は列車が来なくてホームの画像だけアップしましたが、今回は列車に乗っての到達です。



 途中の常陸大子で10分程度の停車時間があったので、ホームに降りて一服しました。水郡線は延べ3時間以上の時間を乗りっぱなしなので、喫煙者にはちょっぴりシンドい路線です^^;


 水郡線で水戸まで出て、常磐線で松戸まで行き、バスで市川まで帰って今回の旅行は終了です。目的なしに鉄砲玉で出掛けた割には、思っていた以上のネタを拾うことができました。特にメイン目的だったソースカツ丼での「いとう食堂」さんは大当たり! 良い週末でした♪

運まかせ、人まかせ

詳細は改めて書くとして、、、

1:米沢牛再び
2:ソースカツ丼
3:日帰り温泉

…ある方に運命を委ねました。
選択肢は教えず、ただ「123どれか選んで」とだけお願いメールを投げてます^^;

さて、何番が来るかなー

肉食系男子、健在 ~八重洲・サニーズ~

 今更ですが、実家からちゃんと帰ってます^^;
 風邪はまだビミョ~に残っていますが、まぁ何とか社会復帰しました。いや~、また讃岐は行きたいですなぁ。たまに行くからでしょうけど、あそこはちっとも飽きないですわ。

 さて、一昨日の火曜日の話。久々にGGだっしゅ氏に誘われて呑みに行きました。なんでも八重洲の地下街で面白い居酒屋を見つけたのだとか。ソーセージをはじめとして、肉系のメニューがかなり充実しており、味もかなりイケるらしい。えー、八重地下にそんなのあったっけぇ?



 あー、やっぱり記憶に無ェ~^^;
 お食事処・酒処「サニーズ」さんです。新幹線ターミナルにありがちなテキトーな「定食兼居酒屋」を地で行くような外観で、パッと見では積極的に選ぶ雰囲気ではありません。個人的に新大阪や名古屋でよく経験した「新幹線待つ時間があるから適当に時間潰すか・・・」って時に仕方なく入るようなお店ですな。

 ところが、、、



 頼んだソーセージがいきなりコレ!
 大皿の上でまるでウン・・・じゃない、ヘビのようにとぐろを巻いていらっしゃいます。「大物は大味」というセオリーを覆し、非常に上質で美味しい! ビールにめっちゃ合うですよ。添えられた粒マスタードが、これまた酢が効いていて私好みでありんす。



 ハムソーセージのなんちゃらと茄子チーズ煮(名前はうろ覚え)。こんな店で・・・って言ったら失礼ですけど、なんでこんなに美味いモンがぽこぽこ出てくるんダイ!?
 こういうのばかり画像で出してるとビアパブかドイツ料理屋か?なんて感じですが、画像では残してませんが「牛タタキときざみ大根のピラミッド」だとか「豚角煮」なんてのも頼みました。豚角煮はトロトロで腰抜かすほど美味しいです。これとご飯だけでいいやってくらい・・・
 肉だけでなく、カマ焼きや茄子の一本漬といった魚・野菜のメニューもしっかりあり、また酒もそこそこ充実しているので、フツーの居酒屋としても十分な実力があります。

 いやー、侮ってました。立地的に期待できない界隈と思っていたんですけどねぇ。これならわざわざ八重洲交差点渡って向こうに行かなくてもいいやって思いますわ。
 因みにこちら、朝は300円でパン、コーヒー、ソーセージ、温野菜食べ放題のモーニングをやっており、土日は1,380円で時間無制限のステーキビュフェなんかもやってるのだとか。ビュフェはステーキのみならず、唐揚げやサラダ、ハンバーグなどもあり、ステーキ肉がごろごろ入ったカレーが魅力的です。これらも攻略してみたいですな~。

サニーズ お食事酒処
住所:中央区八重洲2-1 八重洲地下街南1号
営業時間:11:00~22:00(土日~21:00)
定休日:無休
(詳細地図)
プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。