スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍馬伝・最終回

 標題の通り、NHK大河ドラマの「龍馬伝」の最終回を見ました。
 いやぁ、大河ドラマを1年間しっかり見続けたのはホントに久しぶりです。昨年の「天地人」にしても、素材は面白いと思ったのに、兼続のあまりのヘタレ具合・スイーツ侍っぷりに、結局途中でやめてしまいましたしねぇ。

 で、今回の龍馬伝。すごく良かったかというと、決して大褒めするほどでは無かったと思います。やたらとワーワー騒ぎまくる演技は鬱陶しく(勤王党しかり、海援隊しかり、そして何より岩崎弥太郎の絶叫演技のウザさは特筆モノ)、馬鹿みたいにやたら「チェスト、チェストォ!」と叫びまくらせていた、かつての「翔ぶが如く」を思い出して苦々しくも思いましたもん。
 あー、あと岩崎弥太郎といえば、土佐の下士たちがあまりにも汚過ぎるナリで、これもちと引いたかな(笑)。まぁ舗装など全く無かったかつての日本ってのは砂埃の世界であり、恐らくこの表現が正しいんでしょうけどね。

 まぁそうした演出はともかく、ドラマ自体は継続して見続けたくなる「何か」がありましたね。具体的にどうとは言えないんですが、何度か抜けがあったものの過去分を見逃してもフツーに面白く見ることができたんですよね。多分一回のシナリオの作りが上手かったのかなぁ・・・
 演技がウルさいと書きましたけど、キャスティング自体は良かったと思いますね。ベテラン勢では吉田東洋の田中泯が非常に良かったし、普段はウザいと感じる武田鉄也も比較的抑えた演技で好印象でした。また、高杉晋作といえば個人的には「花神」の中村雅俊のイメージが強かったのですが、今回の伊勢谷友介演じる高杉は、歴代の高杉晋作の中でもベストだと思えましたねぇ。
 あるいは、最近の大河は話題先行のアイドルやお笑い芸人の起用が多くて辟易していたのですが、龍馬伝ではそうした面子でもいい使い方をしてました。原田泰造の近藤勇も良かったですが、何と言っても佐藤健の岡田以蔵が良かったなぁ。仮面ライダー電王でのヘタレ具合も面白かったけど、本作での武市への心酔っぷり、龍馬との親交、そして殺人者の孤独を実に上手く表現できてたと思いますねぇ。


 余談。上で「岩崎弥太郎が汚い」ってネタを書きましたが、どうやら同じことを考えてる人は多かったようですね。Googleでは、キーワードを入力したらよく検索されている検索候補が表示されるのですが、、、




 汚い! 汚すぎる!(大笑)
 日本中の人が、「岩崎弥太郎」と「汚い」というキーワードで検索したってことでしょう。これには笑いました。
(因みに武田鉄也原作・小山ゆう作画の「お~い!竜馬」という漫画でも、岩崎弥太郎はエラく汚く描かれています。なんで?^^;)


 さて、来年の大河ドラマは、戦国時代を舞台とした『江~姫たちの戦国~』だそうです。
 「姫たちの戦国」ってサブタイからして、もう不安で一杯ですなぁ。純粋に作品の良し悪しで語ると、女性を主題とした大河ドラマで面白かった試しは(少なくとも個人的には)ありません。別に私は女性蔑視者などでは無いですが、女性が歴史を動かす事件を起こしたことはあっても、女性が主導で大局的に歴史を動かしたことが無いということは残念ながら歴史上の事実と言って良いでしょう。
 だからこそドラマのネタにはなれども、大河ドラマの主人公には不向きと思わざるを得ないわけです。折角今年いい流れを作ったのになぁ・・・来年の同時期に「私が悪ぅございました」と謝罪させるような作品になってればいいんですけどねぇ。。。


【10/11/29】追記
 龍馬伝ですが、史実という観点では、かなり偏りのある問題アリな作品だったかと思います。
 ただ、ドラマってのはそれでもいいと思うんですよね。小説も然りですが、物語ってのは一方的な視点で描かれることは往々にしてあるもんだと。
 こうしたドラマなり小説なりで歴史に興味を持ち、色んな文献を漁っていくことこそ(そして異なる事実に驚くことも)歴史を学ぶ醍醐味でしょう。そういう意味では、誤解を恐れずに言えば「ドラマは面白ければ良い」と思います。まぁ程度もありますけど。
#蛇足ですが、私は薩摩藩士を先祖に持ちながら、アンチ薩長土肥の会津藩贔屓だったりします(笑)。
スポンサーサイト

呑みは楽しく ~川崎・くりや~

 金曜の話ですが、毎度お馴染みGGだっしゅ氏からのお誘いで久々に川崎で呑みました。
 仕事でへろへろになっていたので、今日の呑みは楽しみで仕方なかったのです。今回は単なる呑みでなく、だっしゅ氏行きつけであり私がKSRを購入したお店でもある、横浜・鶴見のバイク店「SMS」さんの常連さんでの呑み会です。
 お店は今回3回目の訪問となる「くりや」さんです。



 一発目に注文した「鯖缶おろし」(左側)と「ゴマ味噌豆腐」(だっけ?^^;)です。
 どちらもどうってことない手抜きツマミで、特に左側のヤツなんざ鯖缶をブチまけて大根おろしとネギをブッ掛けただけですよ。
 ところが、どうだ! このツマミの美味さときたら! これは家でもマネしたいツマミです。



 このお店のウリとも言える串揚げ各種です。きめ細かいパン粉を使った薄めの衣を纏った串揚げは、どれも美味い! これだけで一回の呑みを終わらせることもできるくらい種類も豊富です。



 モツ煮です。
 はい! 私がコレを頼むとなると、やることは一つですよね!



 シメの「モツ煮まんま」キタコレー!
 ココは「モツ煮」と「ライス」ではなく、ちゃんと「もつ煮まんま」としてメニューにあるのです。私、すっかり忘れて「もつ煮とご飯!」なんてオーダーして、みんなに笑われました^^;


 画像はこんだけですけど、呑みの合間合間で美味いモノをたらふく頂きました。もうね、写真撮るのを忘れちゃうんですよね、楽しい呑みでしたから。
 今回は同じ常連さんのうちの鬼腹さん(仮名)を主賓としての呑み会でして、鬼腹さん(仮名)とは昨年の奥多摩ツーでご一緒したかな?と思ってましたが、実は今回がお初でした。年齢の上でも、そしてバイク経験も助平度も尿酸値も全て私の上を行かれる人生の先輩なのですが、実に楽しくリラックスしてご相伴させて頂くことができました。
 この他、それにゴリ次男氏やブースカ君、杉様といった毎度お馴染みの面子でしたが、年に数回しか会わないこの面子との呑みは楽しいですな~。また呑みましょうね~。次回は郡山だなー(笑)。




ウイスキーもまた良し

 最近、世間ではハイボールが流行ってるようですが、とうとうこんなものまで出ました。



 あ、なんか猫が手前に写っちゃった^^;
 ニッカさんから『竹鶴ピュアモルト・ハイボール』が出た・・・というネタをGGだっしゅ氏がネタにしていたので買ってみました。12年モノのニッカのモルトウイスキー「竹鶴」を用いた缶入りハイボールとは、なんと贅沢な・・・
 ウイスキーは20代の頃はよく飲んでいましたが、理由は分かりませんが最近はほとんど飲んでいません。飲んでた頃もバーボン(主にターキー)ばかりでした。余市や山崎のようなスコッチに近い繊細な味の良さを知るようになったのは30代以降ですが、その頃にはもうウイスキーをあまり好んで飲まなくなっていたのです。

 で、久々にハイボールなんて罰当たりな飲み方で味わってみたのですが・・・なんだこりゃ?! エラい美味いじゃないか。。。
 とまぁハイボール好きの諸氏には失礼な書き方でしたが、クセがなくてエラく飲みやすいです。かつての酒税法時代の質の悪いヤツで印象を悪くしたであろう、多くのウイスキー嫌いの方に試してみてもらいたいですね。

 それにしても、やはり缶入りハイボールってのは勿体無いなぁなんて思っちゃいましたが、これこそがメーカーさんの狙いなんでしょうね。だって、ハイボールでこれだけ美味いんだから、ちゃんとフツーのボトルも買ってみようかって思っちゃいますもん。。。

いただきもの色々

 ブログのエントリだけ見ると「ウソだろ!?」と言われそうですが(苦笑)、ここしばらく摂生してました。まァ全く我慢していたワケではありませんが、外での呑みは週一度、家呑みもほぼ控えていました。
 おかげで、今までに色んな方から頂いたブツのストックがかなりの量になってしまいました。今日は、それらを有難く頂戴したわけです。



 まずは「ぐるぐる生ソーセージ」。悪魔のくすり屋さんから誕生日プレントで頂いたものです。例の八重洲のサニーズさんのソーセージに似てますが、アレよりギッシリ詰まっています。皿にまるまる乗っかってますので、思っていた以上のボリュームでした。兄がいて良かった・・・^^;



 こちらはGGだっしゅ氏から頂いた日本酒「上善如水」(じょうぜん・みずのごとし)の純米大吟醸です。上善は、実は15年くらい前に愛飲していた銘柄だったのですが、かつての米不足の時(タイ米が流通したあの頃)に、残念なことに純米酒の一般流通をやめて、醸造アルコールが入るようになってしまったのです。それ以降、あまり呑むことが無かったのですが、よもやの純米の上善との再会で、ヒジョ~に嬉しいのであります。
 久々にいただいた上善ですが・・・およ!? こんなにフルーティーだったかしら!? かなり甘口に感じる第一印象。しかし、飲み口のすっきりさは健在です。甘めだけどスッキリ!な結城の「武勇」よりも甘口ですが、似たような感じで美味しいですね。金沢の「福正宗」の方に近いかもです。こりゃ進むなぁ~。



 で、日本酒には魚が合います。こちらも悪魔のくすり屋さんから頂いた「かわはぎ」です。かわはぎは焼く方がメジャーかも知れませんが、醤油と味醂で煮付けた煮魚でも素晴らしく美味しいです~♪


 くすり屋さん&だっしゅさん、いつもありがとうございますです。お陰で素敵な休日前の晩酌を楽しめましたです(^^)

期待通りのあの街・あの店 ~新大久保・ガムザコル~

 金曜夜に新大久保で呑みました。
 昔から個人的に埼玉や練馬に知り合いが多かったことから、この界隈はクルマで通過することは多かったのですが、新大久保駅を降りたのは今回で2回目、呑み目的では初めてです。
 ご存知の方も多いかと思いますが、新大久保・百人町界隈はコリア・タウンとして有名です。韓国のみならず、中国・タイ等の食材屋が並び、大久保通りや職安通り沿いはハングル文字の看板だらけで、二十年前くらいは正直なところ個人的には立ち入るのが躊躇される地域でした。
 しかし、バブル前後のエスニックブームや、あるいは少し前の韓流ブーム以降は、日本人の客も訪れるようになったそうです。大久保通りも「ペ」や「イ」といったあちらのタレントのポスターやCD,ブロマイド等のグッズ屋が何軒もありました。

 本格的なあっち料理を食べられる!とは聞いてはいましたので、一度は行ってみたいなーと思っていたのですが、以前八重洲のサニーズにご一緒させていただいたGGだっしゅ氏の職場のAさんが、実は韓国料理好きで奥様とよく新大久保界隈の店に行かれるとのことで、連れていってもらおう!となったわけです。
 訪れたのは、職安通りのドンキホーテの隣にある「ガムザコル」さん。階段をあがって2階にあるのですが、意外に広い店内でゆったりできます。



 まず頼んだのが「サムギョプサル」。キムチと豚バラ肉を、斜めになった専用の鉄板で焼きます。画像左側に傾斜していて、焼きながら脂を落とす仕組みになっています。



 焼けてきたら店員さんがハサミでじょきじょき切ってくれ、更に焼き入れします。食べ頃になるまで店員さんが面倒を見てくれるシステムです。



 で、食べ頃になったヤツをゴマ油のタレに浸し、レタスに乗っけて千切りの味付け胡瓜やキムチ、辛味噌なんぞを混ぜて巻き巻きし、いただきます。
 美味ぇぇぇ~! 単品でも美味いのですが、脂身の多い肉なので野菜との相性が良いんですよね。これはご飯でもいいですが、酒にも大変よろしい♪



 韓国料理に行くと欠かせないチヂミ。Aさんが持参してきたクーポンでのサービス品です。コレについていた甘じょっぱいタレがヒッジョ~に美味しかったです。中華料理の甘酢に近いのですが、あれより更に酢が強い感じかな? 薬味のネギがまたいい仕事してますねん。



 本日のメインイベント「カムジャタン」。
 骨付きの豚肉とじゃが芋を辛めのダシで煮る鍋料理ですが、やはり骨の髄にうまみってヤツは潜んでるんでしょうね。単に辛いだけじゃなく、実に奥深い味です。そして、この豚肉のダシをふんだんに吸ったじゃが芋殿の美味いこと美味いこと!

 で、この肉とホネホネとじゃがのダシがふんだんに効いた鍋の残り汁。そのまま放置するはずがありません。しっかり「おじや」をいただくことができるのです♪



 「おじや」なのですが、日本のソレとは違い、単に残り汁にご飯を足すのではなく、一旦店員さんが鍋を回収し、厨房でご飯を足して炒めるってのが素晴らしい! ダシの効いた「おじや」と、香ばしい「おこげ」を一度に味わえる逸品なのであります。



 いや、もう何と言うかヒキョーだよねぇ。。。
 完璧、ご飯星人殺しです。ハフハフ喰らいながら「俺、これで成仏できる!」なんてホザいてました^^;

 この鍋だけの話ではないのですが、韓国料理って「辛い!」ってイメージがありがちですけど、ちゃんとした店の料理は、実はやたらと辛いわけじゃないんですよね。勿論、馬鹿辛いメニューもありますが、基本的にはちゃんと美味しく味わえるもので、味覚を壊すような激辛モノは例外といって良いんじゃないかと思います。
 ただし、辛味の成分はしっかりあるようで、舌がヒリヒリする・・・ってことは無かったんですけど、後から汗がをビービーかいてしまいました。こりゃ風邪気味の時に初期投与するのが良さそうですね。あ、でも汗かいて外出たら風邪ひくなぁ(苦笑)。


 結局19時前に入店して、またも23時前まで呑んだくれてしまいました。
 会計を済ませ、レジに置いてあったサービスのガムをいただいたのですが、、、



 ん? こんなロッテのガム、あったっけ??
 ・・・と、思って裏返してみてみたら、、、



 ぐはぁ! そりゃ見たこと無ェよなぁ。さすがコリアタウン・新大久保^^;

ガムザコル
住所:新宿区大久保1-12-6 2F
営業時間:11:00~翌5:00
定休日:無休
(詳細地図)

HDDレコーダ修理、再び ~東芝AK-G300 DVDドライブ交換~

 懲りずにHDDレコーダの修理(DVDドライブの交換)を行いました。
 前回のエントリでも書いた通り、症状はDVDの書き込みができないという状態です。HDDのソースからDVDビデオを作成しようとすると、、、



 DVDメディアを排出して、こ~んなメッセージが画面に出てきやがります。



 で、本体の方にはご覧のように「ERR-14」というエラーコードが表示されます。エラー内容は「ディスクにエラーが発生」ということで、主に生DVDメディアとの相性で発生するエラーですが、今回のようにDVDドライブの寿命でもこのメッセージが出るってのが厄介ですね。最初はメディアを疑って、メーカーを数種類変えて試しましたよ。。。
 余談ですが、この「ERR-14」のメッセージ表示って、書き込み再試行がうまくいっても消えず、更に電源を一旦落としてもしつこく表示され続けます。のみならず、今回の作業で一度コンセントを抜いても出続けていたのには驚きました(苦笑)。
※エラーコード表示を消すには、リモコンの「表示」ボタンでリセットされます。

 この機種(東芝AK-G300)のDVDドライブは東芝製のDAV-WR532というシロモノで、これがデ-タ転送方式自体はIDE規格でやってると思われるものの、コネクタがフレキケーブルを使った汎用性のないもので、市販のドライブをポン付けで交換することができません。これは、東芝のカンタロウシリーズ(AK-G100、200)共通のようです。
 ならば専用設計のドライブに交換すりゃいいって話ですが、ヨドバシに問い合わせたところ部品単位での取り寄せはリモコンくらいしかできないようです。

 仕方がないので、同型機のジャンク品を探してきました。同型機じゃなくても、同系機であるAK-G100や200のDVDドライブでも換装できるらしいのですが、たまたまオークションで見つけたのは同型のG300でしたので、まぁ分解の手間も同じなので楽っちゃ楽です。
 カバーの外し方は前回のエントリをご参照いただくとして、DVDドライブのカバーを外すにはHDDを留めてるビスも外す必要があります。1箇所共留めしてるところがあるからで、面倒だなァとは思うのですが、誤ってHDD用のフレキケーブルを切断したりしないように配慮しているのかも知れません。



 バラして交換するのはさして難しくはないのですが、データ転送用のケーブル&コネクタが画像のようなフレキシブルケーブルを使っているので、取り扱いには注意が必要です。
 これはマザーボード側のHDD用のコネクタ部分ですが、DVDドライブのカバーを外す作業にあたって、このコネクタからケーブルを外さねば作業ができません。両側の黒いツメを引き上げてケーブルを抜き取るのですが、この黒いツメ(ストッパー)自体は外れない(抜けない)ようになっているので、無理に引き上げるとストッパを破損してしまい、ケーブルを留めることができなくなるので注意しましょう。
 因みにDVD側のコネクタ部分のストッパはどうなってるのか、結局よく分かりませんでした。無理矢理ネジ込んで問題なく稼動してますが・・・(^^;

 ドライブを交換したら、元通りに組み上げて書き込みテストをしてみます。



 問題なく書き込み終了。無事直りました。
 投資額はジャンクのHDDレコーダ2,600円也。恐らくメーカーに修理に出すより、かなり安上がりに済ませられたと思います。でも、ここまでしてHDDからサルベージせにゃならんほどのコンテンツがレコーダに残ってたか?と言うと・・・かなり微妙ですなぁ^^;

HDDレコーダ、修理挫折

 ここしばらく体調崩しておりました。風邪+下痢って感じだったのですが、症状からすると十二指腸のアナがどうも復活したっぽい感じです。馬鹿喰いには強い我が胃腸ですが、神経戦には相変わらず弱いってのが情けないですわ(´・ω・`)
 仕方ないので週末のデザフェスは欠席してお休み。お陰で食ったモンが即出る症状も、ようやく治まりつつあります。まァもし本当に十二指腸がアレなのなら、多分暫くは便秘とゲリの繰り返しになるんだろうなぁ。

 全く何もしない週末ってのもシャクだったので、今日は以前ネタにしたHDDレコーダの修理にチャレンジしてみました。書き込み不調の内蔵DVDドライブを交換してみるって腹積もりです。



 AVラックから引っ張り出したHDDレコーダ・東芝のAK-G300です。このテのメカのメンテは、リアのケーブル類の取り外しが面倒で、ホントはあまりやりたくありません(笑)。
 で、こいつをバラします。



 外部カバーをひん剥いてリアから見たの図。カバーを留めてるビスの位置は、リアに3点・両サイドに2点ずつで、全て外してからカバーのサイド(左右)を下から少し外側に広げれば外れます。
 向かって手前左が電源部、手前一番右の銀色の小さいBOXがTVチューナー、そして左奥がHDD、真ん中のシルバーのカバーに覆われた部分がDVDドライブ、右奥が制御基板です。

 今回は真ん中のDVDドライブを交換したいので、シルバーのカバーを取り外さないとならないのですが、制御基板から延びてる白いフレキシブルケーブルが邪魔なので、これを一旦制御基板から外さねばなりませんでした。このフレキケーブルは、変換コネクタを介してHDDのIDEコネクタに刺さってましたので、データ転送用、パソコンで言うところのIDEケーブルのようですね。
 因みにHDDはSeagateのUシリーズのものでした。変換コネクタを用いているとはいえ、HDDは市販品そのままの状態だったので、DVDドライブも・・・と期待したのですが、、、



 カバーをひん剥いてみたの図。手でつまんで持ち上げてる部分がドライブの後端部分。で、奥の方がトレー開口部になるのですが、見たこともない基板が付いています。後端部分にIDEと電源コネクタが備えられている市販の内蔵用DVDドライブとは全く異なる状態じゃないですか! (つД`)゚。
 ちとサムネイル画像だと分かりにくいので、詳細はクリックして拡大画像をご覧頂くとして、どうやら基板左側に接続されているコネクタが電源で、右側に接続されているフレキシブルケーブルがIDEケーブルのようです。



 DVDドライブを裏からひっくり返したの図。基板下側から出ている3種のケーブルが謎。実は光学ドライブのバラしは今までほとんどやったことが無いので、DVDドライブの構造をよく知らないんです(汗)。
 交換のために用意したDVD-RAMドライブをバラして研究すれば良いのですが、カートリッジタイプのRAMドライブはコレ一つしかストックがないので、ヘタなことはできんしなぁ~^^;


 これ以上イジったら壊しそうなので、私のウデと知識だと取り敢えず今回はココまで。もう一度組み直して動作確認して作業終了です。
 実はドライブの天板も外してレンズや駆動部の掃除もしたので、もしかして・・・と期待したのですが、残念ながら書き込み不良の症状は変わらずでした。まぁ不動にならず元通り動作してホッとした方が大きいですが(笑)。
 今後の動向としては、動作不良となった同一機種のジャンク品を探すことかなぁ。この機種に限らず、同世代の東芝のHDDレコーダは同様のトラブルが多いようなので、良いジャンク品が出てくるのは望み薄なんですけどね。
 あとは、要らなくなったDVD-ROMドライブをバラして光学ドライブの構造のお勉強をしないとな~^^;

裏路地の裏路地に・・・ ~亀戸・居酒屋 八~

 毎度お馴染みGGだっしゅ氏のお誘いをうけて呑みに行きました。
 残業がデフォの職場なので危ぶまれたのですが、「休み前は早く帰ろう」というのが比較的徹底しているので、30分程度の残業で済みました。この点だけは良い職場です。だけ、ですが(ー'`ー;)

 さて、本日訪れたのは総武線の亀戸。亀戸から小岩までの総武線沿線は、京成の立石・高砂界隈と共に、昔ながらのオヤヂ居酒屋の佳店が多いエリアです。にもかかわらず(しかも帰宅中途でありながら)、そのごく一部の片鱗しか味わったことがありませんでした。
 今日の店は、我々が今年ハマっている郡山のホルモン大豊のサイト管理人さんから、だっしゅ氏が教えてもらったお店だったりします。まずは偵察のつもりで特攻したのですが、、、



 レバ刺しとハツバター。量の多さにビックリ。値段の安さ(レバ刺しは300円!)に更にビックリ。そして最後に味でビックリです!
 好き嫌いが比較的少ない私ですが、レバーをはじめとした肉系のナマはチョイと苦手なんですよ。ところがここのレバ刺しときたら、プリップリで舌ざわりが良い上に、レバー独特の臭みがありません。おー、これなら平蔵ちんも行けるんじゃないか!?
 もちろん、レバー大王のだっしゅ氏はウハウハ言いながら喰いまくり。先日の大豊さんでの「レバテキ」にもかなりヤラれてましたが、あの時と負けず劣らずの興奮・恍惚ぶりです(笑)。
 一方のハツバター。ニンニクバターという卑怯極まりない無条件降伏ダレで味付けしてまして、これがまた酒に合う合う! この量で400円也です。恐ろしいですねぇ~



 モツ煮こみ、右側は豚肉と白菜のピリ辛炒めです。炒めの方は、どうってことない「肉野菜炒め」なんですけど、適度な脂身の豚バラと白菜のバランスが非常によく、醤油で味付けたピリ辛ダレが食欲をソソります。
 察しの良い方にはもうお分かりでしょう。画像は撮りませんでしたが、しっかり最後に「ライス」を注文してしまいましたとさ^^; だっしゅ氏が頼んだシャケむすびも美味しそうだったなぁ。。。

 19時半前に入店したのですが、結局看板になる23時までトグロを巻いてしまいました。にもかかわらず、シメを除いてツマミを注文したのは結局2回だけじゃなかったかなぁ。それだけ一つ一つのボリュームがあったわけでして。
 いや、こりゃいい店です。この店に到達する途中にも有名な亀戸餃子をはじめとして、魅力的な店が多くありました。亀戸、奥が深いです。

炭焼居酒屋 八
住所:東京都江東区亀戸5-15-3
営業時間:~23:00(開店未確認)
定休日:未確認
(詳細地図)
プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。