スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて、どうしたものか・・・

 先日フラっと立ち寄ったハードオフで、クルマ用のリア据え置き型スピーカーが売ってました。昔はイルミ付きのBOX型スピーカーが流行ったものですが、ワゴン・ミニバンが流行りの昨今では随分見かけなくなりましたね。
 私のクルマ(セラ)にはリアスピーカーがありませんが、前のオーナーは付けていたようで、取り付けた跡の穴もありますし配線も来ていますので、いっちょ乗っけてみるか?と思い、ハードオフに行ってみました。



 売っていたのはcarrozzeriaのTS-X380で、価格は8,000円余り。定価21,800円のものと考えると安いコレがまだ置いてありました。
 しかし相手は得体の知れない中古品。新品の安売りで16,000円前後であることを考えると、ちょっと悩みます。PCパーツならまだ鼻が利くのですがカーオーディオは微妙に門外漢なので、いつものように突撃する勇気が起きません。

 その弱気が冷静さを取り戻したのでしょう。基本的なことを思い出しました。据え置き型スピーカーってトランクへの荷物出し入れの時に邪魔じゃね?^^;
 じゃぁ、据え置き型じゃなくて埋め込み型の奴を見てみよっか・・・と、市川のスーパーオートバックスに行ってみました。あー、やっぱり新品は高ェな~(笑)。まぁでも色々あるよなぁと見ているうちに、またも基本的なことを思い出しました。埋め込み型ってトランクトレーに穴開けなきゃいけないんじゃない?
 もしかしたら大した作業じゃないかも知れませんが、それ以前に更に基本的なことを思い出してしまいました。リアシートに人が乗ることがないこのクルマにそもそもリアスピカーって必要か!?(汗)


 そんなこんなで無駄に過ごした午後が終わりました。
 リアに人を乗せる乗せない関係なく、据え置き型のスピーカーならそれなりに効果があると思われます。それに効果が大してなかったとしても、昔の自分なら喜んでチャレンジしていたと思うんですよね。
 これは多分・・・クルマに手を掛ける元気が無くなったってことなのかなぁ。どうもクルマは道具という感覚が強くなり過ぎた感があります。ある意味正しいことかも知れませんが、今まで馬鹿みたいにクルマで遊んできた人間としては、ちょっと寂しい話です。

 そう、実は最近最も忌むべき最も基本的なことに気付いてしまったんです。果たして今の自分にクルマは必要なのだろうか?と。。。
 単純に用途だけを考えると、結論は「不要」です。自宅は駅から5分、通勤は電車、定期的に通院の必要な家族は家になし、買い物は通販で済む、店頭で家電等の大物を購入しても市川市は無料宅配エリアだと、クルマが無くてもなんら不自由しない生活です。
 あとは「運転する楽しみ」と「遠出(ツーリング)の楽しみ」、そして単に「持つ喜び」という何とも曖昧な要素となりますが、この曖昧な要素こそが私がクルマを楽しんでいた大きな要素でした。実用性だけならばMGミジェットやホンダ・ビート、あるいはユーノスロードスターを乗り継いだりしませんって(苦笑)。
 そういうワクワク感が(私にとってですが)やっぱりセラは薄いのかなぁ。運転とツーリングの楽しみはバイクに取って替わられつつあります。50ccのKSRですらここまで楽しんでるわけですから、中免取ったりしたらクルマの出番はほぼ無くなるでしょうなぁ。

 でもねぇ・・・クルマに対する趣味的考えが無くなったわけじゃないんですよ。昨日分のエントリでも、人様が買ったクルマに対してワクワクする始末です。そうしたワクワク、言い換えると「持つ喜び」はセラにはかなりあるんですよねぇ。
 今まで何十台もクルマを乗り継いできましたが、どのクルマにも(たとえ2週間しか持ってなかったクルマであっても)私は忘れてないし愛着も持っています。ヘンな話ですが「この匂いはどのクルマの内装の匂いだ?」と問われたら答えられる自信があります(苦笑)。
 どんな駄目クルマでも・・・セルモーターが突然死するランチアも、六本木通りで白煙噴いたMGも、ひたすら地味だったサニーのセダンも、エアコンの無かったシャレードも、もう一度乗る機会が与えられるのなら是非乗りたいと思うほどです。
 そうした過去のクルマにひけを取らないくらい、今持ってるセラには愛着があるんです。今のクルマにないスタイリッシュとコンパクトを両立したカナブンみたいなちんまいグラスハッチボディは、取って替わる物がなかなかないんですよね。
 クルマは道具たらんと考え、そしてランニングコストからいっそマニュアルの軽自動車にしようかと思う私を、この「妙な愛着」が悩ませるんですよねぇ。エラそで大仰ななことを書いておきながら、舌の根が乾かないういにサックリと軽自動車に買い換えることもありそうですが、さて、どうしたものか・・・
スポンサーサイト

KSR里帰り('11/02)

 GGだっしゅ氏に渡すもの・貰うものがあったので、川崎に行くついでに鶴見まで足を延ばしてSMS西ウィング店さんで合流することにしました。SMS西さんはKSRを購入したお店で、何かとお世話になっております。ゲドウに堕ちるきっかけを下さったとも言えますが^^;
 だっしゅ氏は午後は用事があるとのことだったので、朝起きてすぐに出かけました。ルートは蔵前通り>江戸通り>国道1号というスタンダードルート。途中、東京駅を通りましたので、八重洲の北海道フーディストでお土産に夕張メロンゼリーを立ち寄って購入しました。あぁ、KSRで北海道行きてェな~。

 そのままお店に到着・・・の筈だったのですが、途中川崎駅近くで新たにお土産を頂きました。



 んな土産、イラネェ~Yo!! ヽ(`Д´)ノ ウワァァァン

 久々の青キップです。周囲の自動車と一緒に走っていて速度は54km/h。でも原付1種だと立派に24km/hオーバーなのであります。KSRで初のスピード超過でお縄です。
 ま、でも考えてみればコレに3年近く乗っていて初めてってのは運が良かったと言えるかも知れません・・・と、良かった探しのポリアンナ提督(汗)。
 ただキップを切られるだけというのもツマらないので、この様子をだっしゅ氏に「ちと遅れます」と写メを送りました。身を挺してのネタ作りです。やらんでええっちゅうの。。。

 とまぁ少し遅れて鶴見のSMS西さんに到着。大笑いで皆様から迎えられる私は幸せです(←ヤケ)。
 到着は丁度お昼。予めだっしゅ氏が鶴見駅近くの馴染みのお弁当屋さんで弁当を買ってきてくれましたので、それをいただきました。



 カツカレー弁当。通常は弁当で650円なのですが、お馴染みさんにはこの丼で500円で提供して下さるのだそうです。いや、この量で500円はすごい! 画像だとチョイと分かりにくいですが、底がたっぷりあるかなり立派な丼に入ってます。カツも意外にサクサクだし、ルーもこってりの美味しいもので、これはヤラれましたね~。

 ご飯をいただいて暫く雑談してからだっしゅ氏は離脱。お付き合いありがとうございました。
 奴から受け取ったブツはこちらです。



 悪魔のくすり屋さん提供の、水曜どうでしょうの「白ヘル」ストラップ。こけし、でけェ^^;
 これ見てると原付で遠出したくなりますね(笑)。くすり屋さん、ありがとうございます!



 食後はKSRを診てもらいました。まぁ全然走ってないので、大した手当てはせずじまい。一点、軽い不具合があったのですが、ゐながこさんのマジックハンド(^^;で全快。毎度ありがとうございます m(_ _)m
 心配していたフロントフォークのオイル漏れは無し。前回のアレは一体何だったんだろうなぁ・・・3月にちょっくら遠乗りしようと思ってますので、その後にまた点検してみることとしましょう。


 折角鶴見まで来たので、新子安の『桃太郎』さんで春限定の「いちご餅」を購入しました。帰りに新小岩のBUNさん宅に立ち寄るつもりだったので、BUNさん宅と佐野さん宅分にゲット。途中立ち寄ったアキバから連絡したらご在宅とのことで良かったです。
 BUNさん宅、というか佐野さんガレージで合流。あー、考えてみれば会うのは分社化してから初めてです。マシンはいつの間にかカタナ250に変わっていました。しまった! 写真撮るの忘れてた!(ー'`ー;)
 いやはや、スゲー綺麗でビックリしました。ご自身のブログで綺麗だ格好イイだのと親馬鹿ぶりを発揮してらしたのは存じ上げていたのですが、いやコレは馬鹿になるわ!(スンマセン^^;)。ミュージアム入りのシロモノです。
 因みに奥方のSoukoさんもカタナ400を購入されてまして、二刀流の羨ましき駄目夫婦です(笑)。400の方は格安だったそうですが、こちらもキレーなバリものでした。

 一方、GPz400とVT250を入手されたという佐野さんは、来週月曜に念願だった千葉への引越しを敢行されるのだとか。ギリギリのタイミングでお会いできて非常によかったです。
 で、BUNさんと違ってバイク馬鹿のみならずクルマ馬鹿でもある佐野さんは、あちらでの生活用にクルマを入手なさってました。趣味性の高いクルマとは伺っていたので、ワクワクしながら「何です?」とお聞きしたところ、VWゴルフ・カブリオレのクラシックラインとのこと!
 いや、さすがです。シリーズIIIだったら(世間のオーナー諸氏には申し訳ないですが)「いいですね・・・」で終わるところでしたが、骨太なロールバーのあるカルマンデザインのクラシックラインは私も欲しかったんですよね~。初代のナローなフロントデザインと、キュービックな独特のリアデザインが素敵なんです。う~む、実車が見たいですのぉ~。

 帰る前にあつこさんも外に出てきてご挨拶くださいました。わざわざスミマセンでした。落ち着いたら是非とも千葉のお宅にお邪魔させていただきたいものです。あちらは物価も安く、とても住み易いのだとか。羨ましい限りですね~。
#暖かくなったら是非一緒にバイクで行きましょう(^^)>BUNさん


 そんなわけで、自宅には18時過ぎに帰宅しました。
 今日のお土産はコレ、、、

  「馬鹿なご主人さまだねぇ・・・」

 う~ん、やはりさっさと中免取らないとなぁ・・・

山脈を食す! ~船橋・クレイン~

 久々に平日休みをいただきました。
 休みの理由は税務署に行って還付申告するためだけでしたので、朝はじっくり寝坊して昼からノロノロ出掛けたのですが、どこかに出掛けりゃ良かったなーと後悔するほどいい天気でしたなぁ。

 ま、そう気付いたのは税務署内での長い行列に並んでいるさなかの話で、既に昼過ぎです。仕方が無いので、のんびり昼ご飯食べ、おとなしくおうちに帰ることとしました。



 おとなしく帰ってねーなぁ^^;
 というわけで船橋の名店・喫茶「クレイン」さんにて、今回お初のビーフカレー普通盛り(700円也)です。こんもり盛り上がったご飯の絶対量は、前回のオムライス普通盛りと同様に3合弱くらいかなぁって感じでした。
 しかし、オムライスより苦しみました。まず、ご飯とルーのバランスに問題がありまして、ライス山脈の量が圧倒的で、なみなみと注がれたカレールーをしても山脈の半分しか崩せませんでした。
 結局ルーは追加。+100円也が必要です。いつもオバちゃんが「足りる~?」と訊いてくるのは、どうやらライスだけで、ルーはタダでは追加してくれないのね(´・ω・`)
 で、このルー。いわゆる「喫茶店カレー」的な味ではなく、自家製カレーっぽいテイストですね。自家製といっても具がごろごろしてるわけではなく、おうちでを作ったのを思いッ切り煮込んで具が溶け込んだって感じです。その分味わい深いですが、結構濃厚なので大量だと後半かなり辛くなってきたのも事実でして・・・^^;

 最後の方はちょっと飽きも手伝って少々苦しみましたが、取り敢えず完食。美味しかったですが、個人的にはルーの少なさが致命的でした。オムライスに軍配!ですね。

コーヒー&食事 クレイン
住所:千葉県船橋市栄町1-23-14
営業時間:10:00~17:00(土曜~15:00)
定休日:日祝休
(詳細地図)

トマト煮込みキーマカレー

 最近仕事でへとへとで自炊することが無くなりました。
 となると、買いだめした食材が駄目になってしまいます。勿論、自炊サボリが続いているので肉や野菜といった食材は買っていませんでしたが、乾物や調味料あたりがいい加減終末を迎えようとしていたのです。

 そんなわけで、今回は未使用だったホールトマトを使うべく、トマトソースで煮込むキーマカレーを作りました。久々の「さっと一品」カテゴリネタで、さっと一品と言うには手間は掛かってますが、フツーのカレーよりは楽だと思いますので、面倒臭がりぃの方も是非トライしてみてくらはい。

≪材料≫
・タマネギ・・・中2個
・合い挽き肉(牛豚)・・・500g
・ピーマン・・・大きめ3~4個
・トマト(真っ赤に熟したもの)・・・大3個(ホールトマト1缶で代用可)
・カレーのルー・・・250g(大きい箱一箱)
・塩・こしょう・・・少々

≪作り方≫
1.タマネギはみじん切りに、ピーマンはざくざくと大きめに切る。

2.缶詰を使わない場合、トマトは皮をむいて小さめに切る。皮は溶けないのできちんと剥く。ヘタを取り、底に小さい十字の切り目を入れて熱湯に3~10秒ほど入れてから水にさらすと、きれいに皮が剥けます。

3.みじん切りにしたタマネギを色がなじむまでよく炒める。途中でピーマンも入れ一緒に炒め、塩こしょうを少々。

4.挽肉を炒めて塩こしょう少々。火が通ったらタマネギ・ピーマンを加え、更にカレーのルーを加える。(ここで粘土のようになってちょっとエグくなるが気にしない)

5.ル-が溶けたらトマトを加え、溶けるまで弱火で煮込んで仕上がり。



 出来上がりのビジュアルはこんな感じ。
 レシピに記したモノホンのトマトを使っての調理は結構面倒なので、缶入りホールトマトやカットトマト、あるいはトマトピューレを使うのが良いでしょう。
 今回は手抜きしてタマネギもピーマンも大きめに切り、またレシピにないニンジンもみじん切りにして加えてみました。水を一切使わないので、かなりドロドロ&濃厚で好みが分かれるかも知れません。脂分が多いのが気になる方は水を多少差すかトマトの分量を増やしてもいいでしょうね。
 また、水を使わない分コゲつき易いので、火を通している間は木杓等でこまめに底をすくってあげる等、しっかり面倒をみてあげないといけないのが、ちょいと大変かもですね。

  お、美味そうじゃねーか!

 冷えて粘土状になってしまう翌日は、冷やご飯とコレを混ぜて炒め、ドライカレーにするのも良いです。かなり濃厚なカレー炒飯になりますぜ^^;

週末仙台旅行ダイジェスト(2/11~13)

 コトの起こりは先月幕張で飲んだ際に「福島の郡山に、泊りがけで食べに行くほど美味いホルモン屋がある」という話をしたことから。一緒に飲んでいたツディ君が「じゃあ仙台に帰ったJTさんちに泊まりがけで行きましょう」となり、今回の旅行に至ったわけです。
 今回の登場人物は、私とツディと噛み岡。それに現地で宿を提供してくれたJTさんと、もう一人後述するスペシャルゲストが1人の計5名です。3連休丸々使っての旅行でしたが、基本的には飲んだくれてばかりで大したことはやってませんので(苦笑)、今回はダイジェスト版ということで・・・

●初日
 出発は前夜の2/10(木)。会社から帰り、そのままクルマでGO!です。


 仙台までのアシはツディ所有のアルファード號。自分はサッパリ興味ないクルマですが、こういうのを友人が持っているってのは最高ですな。同行の2人にとって、私は呑み仲間であると同時に元上司ということもあって気を使ってくれたかと思いますが、ベラボオに広いリアシートを満喫させてもらいました。いやぁ滅茶苦茶楽チンですわ。
 コレで東北道を一気に北上。夜通しツーリングかと思いきや、深夜2時に目的地である遠刈田温泉のJTさんの別荘に到着です。そのまま呑み会となり、旧交を温めつつ明け方まで飲んだくれ。どこに行ってもやることは同じですな^^;

 

 前夜は路面が白い程度でしたが、翌朝は既にこんな状態。雪国はスゴイですなぁ。
 あ、いや・・・翌朝と書きましたが、起きたら既にもう昼過ぎでした(汗)。仙台市周辺をブラブラする予定でしたが、夕方にホルモン屋へ行くことになっていますので、もう郡山に向けて出かけねばなりません^^;

 
(画像拡大可)

 何もしない・食べないのはツマらないので、遠刈田温泉街にある「ZAO BOO」(ざおう・ぶー)さんに立ち寄りました。地産の豚や牛を使った贅沢なハンバーガーがウリですが、メニューにもあるとおり、ご飯とセットのプレートメニューやバーベキュウ、しゃぶしゃぶなどもオーダーできます。
 画像はベーシックメニューのZAO-BOOバーガーで、適当に地産品を使った町起こしモノとタカをくくっておりましたが、表面カリカリ・中身ふっくらなごまパンズといい、たっぷり入った野菜といい、実に丁寧に作られています。こりゃ他のプレートメニューも一度頂いてみたいですね。お勧め!

ZAO BOO
http://r.tabelog.com/miyagi/A0402/A040201/4002919/(食べログ)


 白石ICから東北道に乗り、一路郡山へ。ホルモン屋さんの開店は17時なのですが、15時前に郡山に到着しそうでしたので、ちょこっと寄り道しました。

 

 田村市船引にある「あくつ屋」さんのかりんとう饅頭です。たっぷりの餡が、カリカリのかりんとう味の生地にくるまれています。
 一人一個づついただき、残り2つは後で登場するゲストにお土産としました。同行の3名はさして期待してなかったようですが、実食して全員絶賛。無理矢理連れてった甲斐がありました。

菓子工房 あくつ屋
http://www.shokokai.or.jp/07/0752710004/index.htm(オフィシャル)


 で、本日というか今回の旅行の主目的です。

jt1102_6.jpg 

 毎度お馴染み、ホルモン「大豊」さんです。東北の地にありながら「毎度お馴染み」という枕詞のつくのもオカシな話ですが、大豊さんといえば・・・ということで更に毎度お馴染みのGGだっしゅ氏と合流しました。前日まで北陸の敦賀に出張していたはずなのに、これまたオカシな話です(笑)。
 今日は本店さんが18時からということで、大町店さんの方にお邪魔しました。今回初めて大根サラダの大を注文。クルマの中にデジカメを忘れてしまったので携帯電話のカメラ画像になってしまい、ちと分かりづらいですが、馬鹿みたいな盛りです。しかし、5名だと余裕で無くなります。
 実は同行のツディ君は今回が初めてのホルモンということでしたが、モリモリ食べてました。ハンドルキーパーの噛み岡クン、ありがとうね^^;

ホルモン 大豊
http://www7.plala.or.jp/taiho/(オフィシャル)


 だっしゅ氏は明日とんぼ返りで帰京とのことで郡山駅前のホテルを取っていたので、ここでお別れ。つか、これだけのためにスゴイよアンタ^^; 同行のみんなも大喜びでした。また行きましょう。
 残った4名は別荘へ戻り。たらふく飲み喰いしたはずなのに、またも明け方まで呑み会です。なんて駄目なんでしょ・・・

●二日目
 またも昼過ぎに起床。ノロノロと行動開始です。


(画像拡大可)
 
 仙台市内北部にある大倉ダムの更に奥の定義山西方寺まで行ってきました。こちらの参道にある「定義とうふ店」さんが目当てです。

 
(画像拡大可)

 こちらのウリは三角の油揚げ。揚げごときに・・・と思われるでしょうが、揚げたてで外はカリカリ・中はふわふわで、実に美味しいのです。この揚げたてのカリカリに醤油をタラしていただくと極楽浄土ですわ。

定義とうふ店
http://r.tabelog.com/miyagi/A0401/A040101/4002613/(食べログ)



 西方寺さんに軽くお参り。寺のご朱印を集めている友人がいるので頂いてまいりました。定義山は平重盛の家臣の平貞能が落ち延びたという平家の落人伝説の土地で、源氏の追討から逃れるために名前を定義と改めたのが、この定義山の起こりとか。だもんで正式には定義山ではなく「定義さん」が正しいそうです。
 因みに参詣は私だけ。同行者は「ちょっと周りも見て歩こうか」という発想が全くないワビサビの無い連中なので、クルマで煙草吸って待ってました。今回画像が少ないのも、そこらへんが影響してますね^^;


 定義さんの後は、すぐ近くのニッカウヰスキー宮城峡蒸留所の見学に行ってきました。
 蒸留所見学は15:30までで、時間も押していたので試飲だけしてまいりました。いや、この連中だと時間があっても見学せずに飲んでばかりでしょうけど^^;



 鶴17年と宮城峡12年、あとはアップルワインの試飲ができました。鶴を最初ロック、途中で水割りにして頂きましたが、やはり水割りは勿体無いですね。香りが飛んでしまって台無しです。やはりウイスキーはロックがいいですなぁ。

ニッカ 仙台工場・宮城峡蒸留所
http://www.nikka.com/reason/introduction/miyagikyo/(オフィシャル・蒸留所紹介)


 山から仙台市内へ降り、駅前の仙台朝市へ寄ってきました。



 市場内の「金華山 野商店」さんで三陸産の殻付き牡蠣をゲトしました。発泡スチロールの箱にてんこ盛りで、これで2,600円。この他、本まぐろとあじの刺身も購入。仙台は海幸山幸のイイものが手に入るので、やはり住みたい所ですね~。

仙台朝市
http://www.sendaiasaichi.com/(オフィシャル)

 これを別荘に持ち帰り、蒸し焼きにしていただきました。いや、酒が進む進む・・・ってことで、またも明け方まで飲んだくれ。後半は酒ばかり飲んで、まぐろとあじを頂くのを忘れてしまいましたとさ^^;


●三日目
 最終日は昼前に起きました(苦笑)。本日は千葉へ帰るばかりです。
 別荘を掃除して出立し、村田ICでJTさんとお別れ。いやぁ、温泉地に別荘なんて羨ましいですのぉ~。またお世話になります。


(画像拡大可)

 帰宅途中の東北道・佐野S.Aにて佐野ラーメンをいただきました。わざわざ寄るほどではありませんけれども、サービスエリアのラーメンとしては十分優秀です。ただ、話によると上り線ではなく下り線のラーメンの方が美味しいのだとか。要チェックですねぇ。


 一部の事故渋滞を除いて東北道は順調に流れ、首都高に入ったのが17時頃。ドライバーのツディは稲毛在住ということで、お土産もあることだし稲毛の景勝宅まで送ってもらいました。運転お疲れさんでした。また遊ぼうね。



 で、昨晩食べ忘れた刺身をお土産に持参。いや、ちゃんと他のお土産もありましたけどね^^;
 一度冷凍したものでしたが、それでも十分美味しかったです。これまた酒に合う合う・・・って、日曜の夜に他人の家で飲むなよなぁ~^^;
 結局1時過ぎまで呑み、明日お仕事が夜からの景勝と昼からの平蔵ちんに家まで送ってもらいました。今回は人にお世話になりっぱなしですわ^^;

西新宿ランチ(2/9) ~サンドイッチ・サブウェイ~

 ファストフードの中で最も好きなチェーンはどこか?と問われたら、皆さんは何と答えるでしょう?
 ま、ファストフードと言っても色々あります。ご飯ものも含めると、丼モノあり、カレーあり、おむすび屋ありで、なかなか悩ましいものがあります。おぉ、そういえば最近ヒイキにしている「うどん」もファストフードと言えるでしょうな。

 ハンバーガーをはじめとした、パンを主とした「元来のファストフード」に限定した場合、私の最も好きなチェーンはこちらですね。



 サンドイッチを主としたチェーンの「サブウェイ」さん。たっぷり生野菜をブチ込んだサンドが嬉しいです。画像では分かりにくいですが、サンド一つが結構なボリュームで、味も量も満足できる逸品です。
 唯一の欠点は・・・やはり値段の高さですなぁ。値段なりの価値はあると思うのですが、画像のツナとたまごのサンドの二品にカフェラテを追加したら、1000円近い額になっちゃうんですよね。
 まぁ欲張らないで1品だけにすればそこそこですが、それでもワンコインで満腹になる「さくら水産」の昼定食を超えてしまいます。惜しいですなぁ。。。

おでんがあるなら仕方がない・・・

 大根を沢山もらった!とのことで、兄がおでんを作りました。
 兄はそうでもないようなのですが、私はおでんはご飯のオカズにはならないと思ってるタチです。だもんで、子供の頃はおでんって実は嫌いだったんですよね。

 しかし・・・「ご飯」には合いませんが「米」には非常に合うと思うんですよね(笑)。



 おでんの追加ダネを買ったついでに、市川シャポー内の酒屋「ル・ベール」さんで高知の銘酒「酔鯨」純米酒を購入してきました。ル・ベールさんは、恐らくオーナーさんの好み(センス)の良さと、コネクションの広さなのでしょう、品揃えがとても良いです。
 この「酔鯨」も初めての購入なのですが、店頭で書かれていた商品説明の通り、非常に強い芳醇な香りと裏腹にとてもスッキリした口当たりで、エラい呑み易いお酒です。たまたま選んだ酒がコレとは、ワシは果報者よ!

 ・・・って、月曜からコレってのはどうだい?^^;

4度目の正直 ~野田・けやき食堂~

 先週フラれた野田市の「けやき食堂」さんにリベンジして参りました。
 こちらは「やよい食堂」さんと並んで千葉県北西部でのドカ盛り有名店です。オフィシャルサイトを拝見すると、何となく「スタ丼」のようなチェーン店的な店舗かなぁと思っていたのですが、結構昔風でいい感じの店舗です。メニューを見ると、メインはやはりけやき丼ですが、その他のラインナップも定食屋の定番と呼べるもので魅力的です。

 とはいえ、やはり最初は順当にウリの「けやき丼」を頂くことにします。
 オーダーは決まっておりますが問題は量です。何しろ盛りの種類が6種類もあるんですよね^^;
  並:460円
  大盛:570円
  特盛:670円
  特特盛(特2):780円
  特特特盛(特3):880円
  特特特特盛 (特4):990円

 ネット上で画像を色々見てみたのですが、どうも大きさ(量)がピンと来ないんですよ。だもんで、どうしようかと思っていたところ、丁度先客が頼んだものがカウンター上にスタンバっていたので、「これ、幾つです?」と訊き、それで特3盛にしてみました。



 じゃじゃーん! ・・・って、自分で撮ったのもやっぱり分かり辛いなー^^;
 にんにく醤油の「スタ丼」の味噌ダレバージョンといった感じですが、肉の下に敷き詰められたキャベツの千切りが飽きをこさせない秘訣かと。
 一応、左側の味噌汁が比較材料になりますが、いまいち現物の迫力が分からないですなぁ。いやね・・・特3の丼は既に洗面器並なんスよ(苦笑)。



 ちと斜めってますが、横から見たの図。
 これもまたイマイチ大きさが分からないですが、丼の直径に目を奪われがちですが高さもなかなかのもので、煙草の箱の高さに達するにまで至っております。
 で、この巨大な器にご飯が盛られていくところを目の前で見たのですが・・・いわゆるフツーの丼に一度よそって、ソレをよいしょ・よいしょ・よいしょとたっぷり3杯入れました。丼飯は1合弱くらいかと思われますので、恐らく3合には達しないのでは?と察せらます。最初はビジュアルで驚きましたが、これならば・・・と、だいぶ気が落ち着きました(笑)。



 食べかけでちとバッチイ画像で申し訳ないですが、丁度半分頂いたところの断面図。
 ご覧の通り、ご飯にまで味噌ダレが沁みております。この味噌ダレが素晴らしく、ドカ盛り飯という点だけでなく味自体もヒジョ~に美味しいのであります。この味噌ダレの絡まった具とご飯の配分が絶妙でして、量の多さを忘れさせてくれますねぇ。


 とはいえ、さすがに3合近くは強敵でした。満腹感はかなりでしたが、味の良さでアッという間に完食。感覚的にはクレインさんのオムライス普通盛りくらいかな? 苦しくはありましたが、十分いただける量だったと思いますね。
 ただ、味が十分美味しかったので、これは特盛くらいでじっくり味わって頂く方がいいんじゃないかなぁーって思えましたね。ドカ盛り目当てじゃない人にもお勧めできます。



 画像左手のマンションの横に「けやき」と書かれた駐車場が3台分あります。

けやき食堂
住所:千葉県野田市山崎2638-35
営業時間:11:00~14:00、17:00~21:00
定休日:日曜休(土曜・祝日に休みのケースあり。月間の休業日はオフィシャルサイトに掲載)
オフィシャルサイト:http://www.keyakishokudou.com/
(詳細地図)

安心・安定の間違いのない店 ~八重洲・サニーズ~

 毎度お馴染み八重洲のサニーズさんで、毎度お馴染みだっしゅ氏と呑みました。正月の茨城土産を持参・・・ということは、今年お初だったんですね^^;



 お決まりのものを始め、いろいろ頼みましたが、今回の画像はコレ。焼きそばです。
 なんてことはないビジュアルですが、以前にもネタにしたとおり「これぞソース焼きそば!」という秀逸な味だったりする・・・のですが、今日のは前回ほど突出した味ではなく、ちょっと残念。。。
 前回は水分が程よく飛んでいて高度なバランスを保っていたのですが、今回はちょっと水分多め。だっしゅ氏によると今回のがスタンダードな味のようで、やはり前回のは「神」の領域だったそうです。



 初めて注文の「肉豆腐」。今回はご飯モノを断念してコレをシメとしました。
 フツーの居酒屋さんでの肉豆腐となると、大体が肉じゃがと同じような醤油&味醂での煮〆系が多いのですが、ここのは神田の大越さんの肉豆腐と同じく、「おすまし」系のダシメインの味付けで、実に美味しいのであります。これもご飯に掛けてェわ^^;


 というわけで今回は恒例の角煮ご飯は遠慮したのですが、やっぱりご飯星人。やはり我慢ができませんでした。



 何度もお世話になっている東京駅のおむすび屋「ほんのり屋」さんの「信州味噌そぼろ」と「秋鮭いくら」のおむすびです。やっぱりご飯って素敵ですねぇ~(o^-')b
プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。