スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やってもーた!

 既に過去の話ですが、ある意味予想通り「ひっそりと」地デジ移行となりましたね。
 あれだけシツコク宣伝していながら、地デジに移行していない世帯が多数あるということについては、投資に見合う魅力がTVから無くなっただとか、単純に資金が無いだとか、あるいは勝手な国策のとばっちりを国民が個人負担することへの反発だとか、色々と理由はあるかと思いますが、とにかく個人的には想定内というか当たり前だと思ってます。
 しかし、 移行前の駆け込み需要については以前から語られていましたが、移行後のいま、アキバでアナログTV用地デジチューナーの在庫が払底しているんですってね。この事実はちょっと痛いなぁって思います。これは情報弱者以前に単にズボラなだけでしょう。他人事ながら、ちょっと不愉快に思えます。

 かく言うウチですが、TV自体は相変わらずトリニトロン管の古いワイドTVですが、光テレビ導入で地デジ化は対応済みです。テレビっ子な兄のお陰で、光テレビのみならず、ついでにケーブルTVにまで加入してしまい、四六時中HDDレコーダが起動しているという、有り得ない事態に陥ってます(苦笑)。


 私だけでしたらTVを捨てるという選択肢を選んでいた筈です。微妙に問題が違うかも知れませんが、実は私はペーパーメディア信奉者です。iPadやスマートフォンに対するアンチ感情も、携帯端末一般化による公衆道徳の低下に対する嫌悪感という側面も非常に大きいのですが、基本的にはペーパーメディア至上主義に起因しているでしょうね。
 自分が情報強者だと自ら言うのはおこがましいですが、敢えて一世代前の情報強者だったとして、古い技術にこだわるあまり技術革新によってかつての情報強者が一瞬にして情報弱者となり得る・・・という論文をどこかで見たことがありまして、あぁなんか多分自分はこうなるんだろうなぁって気がしてなりません(苦笑)。


 あれ? 何の話するつもりだっけ? 酔ってるとイカンですな^^;
 あぁ、そうだ。ペーパーメディアって話。久々に漫画本を大量購入してしまいました。時間が無いだの場所が無いだのと色々とグチグチ言っておきながら、それらの問題に反する行為です。それも今更な作品を、ついつい全巻セットを大人買いしてしまったわけでして、置き場が無いのに合計60冊も入手(汗)。
 こういうものこそデジタルで読めばいい筈なんですが、私にはコレができないんですよね。ニュースなんかはデジタルで良いかと思うのですが、自分が心動かされる作品を(あくまでも個人的感覚ですが)デジタルで刹那的・排泄物的な扱いで消費することが、感情的にどうしてもできないんです。分かってもらえるかなぁ・・・
スポンサーサイト

時間が足りない・・・

 日曜日は午前中一杯寝過ごして、午後から庭掃除とバイク・自転車の整備をしました。

 まずはKSR。以前社外品のフロントカウルを装着したのですが、純正ウインカーを流用できない構造なので、そのまま放置しておりました。今日はその取り付けを、と思ったわけです。
 取付け方法はいろいろ考えてたのですが、その前に手に入れた汎用ウインカーレンズが動作するか試してみました・・・って、オイッ! 端子のサイズが合わないやん^^;;;
 いきなりハナっから挫折ですが、とりあえず無理矢理ネジ込んで動作確認してみたところ、動作自体は問題ありませんでした。いやー、端子を変えて装着してから不良品でした!というダブルトラップだけは避けたかったところですからねぇ^^;

 自転車はビアンキの空気補填と清掃、それにダホンのブレーキワイヤー交換ですが、時間切れでビアンキのみ整備終了です。もう少し時間掛けて作業しても良かったのですが、8月までにやんなきゃいけない屋内作業(笑)があるので、今日はここまで!


 それにしても、趣味が沢山あるってのも考え物ですね。時間は有限・体は一つって中で、やりたいことが一杯あって困ったもんです。どれか一つ仕事になりゃいいんでしょうけど、そうなると既に趣味じゃないですからね。生きてくのってタイヘン・・・(´・ω・`)

チャーハン試してみた ~船橋・クレイン~

 先日、毎度お世話になってますぅのTori先生から「やよい食堂に行ってきました~」との画像付きメールを頂きました。ここしばらく、そのテの店に行ってなかったので、かなりダメージを喰らいましたよ^^;
 そんなわけで、今日は久々にドカ盛りの名店「クレイン」さんに行ってきました。場所はお隣の船橋市ということで、メンテナンスで調子良くなったチョイノリには丁度良い距離です。途中まで国道14号で行きましたが、渋滞だらけで、原付、しかもチョイノリですらクルマより速いってのはどうだろ^^;;;

 目当てのクレインさんには1時半頃到着しました。土曜なので、近県のフードファイターで混んでるか?と思ったのですが、なんと今日は私だけ・・・
 そんなわけで、ゆっくりとメニューを眺めることができます。オムライスの気分でしたが、同じものばかりというのも芸がないので、今日はキムチチャーハンの普通盛りとしました。名物オバちゃん、相変わらず「少ないけど、大丈夫~?」などと非常識なことをおっしゃいます^^;



 やってきましたキムチチャーハン。あれ? あれれ?
 私の写真がヘボいってのもありますが、恐ろしいものを想像していただけに、ビジュアル的には微妙に肩透かしを喰らった感があります。まぁ見た目に反してしっかり食べ応えはありましたが、量にして2合まではいってないかなぁ。前回の山脈カレーほどの手強さはありませんでした。オムライスの小くらいですかね。
 お味はナイスです。キムチチャーハンというので、勝手に白菜キムチが混ざってるってのを想像したのですが、キムチの素だけで作ってるみたいで、味わいに偏りがなくていいですね。むさぼるように食べてあっという間に完食しました。ネタとしてはインパクトありませんでしたが、お昼ご飯としては味も量も丁度良かったです。これくらいが適当でいいんだろうなぁ・・・^^;

 チャーハンと格闘している最中に隣に座ったおやぢさんは「生姜焼き定食」を注文していました。初めて見ましたが、生姜焼きをはじめとしたおかずは普通でしたが、ご飯が日本むかし話盛り(笑)。驚いたおやぢさん「こんなに食べられないよ~」と、ちゃんと最初に白旗をあげてました^^;



 定食類の様子も分かったので、次はナポリタンに逝ってみますかねぇ。スパ類の大盛りはジャポネやリバーサイドで鍛えられたので、最初から普通盛りに突撃するかな~。いや、大盛りは無理ですよ、ココでは・・・^^;;;

コーヒー&食事 クレイン
住所:千葉県船橋市栄町1-23-14
営業時間:10:00~17:00(土曜~15:00)
定休日:日祝休
(詳細地図)

刺身のわさびマリネ

 久々の「さっと一品」カテです^^;
 さて、魚の刺身といえば、やはり醤油とわさびが定番ですが、醤油が無かった場合どうしましょう?
 いや、以前そういうことがあったんですよ。折角刺身を買ってきたのに、自宅にダシ醤油しか無かったんですね。まぁこれでも構わないんですが、刺身だとやはりフツーの醤油の方がいいかなぁと。

 で、苦肉の策でやってみたのがコレ。先日、景勝宅でネタにしたので久々に再現してみました。



 画像だとワケ分かりませんが、自家製ソースでのマリネです。
 作り方は簡単。練りワサビをレモン汁で溶き、オリーブオイルを軽く足したソースに、刺身を漬け込んで出来上がりです。レモン汁の代わりにバルサミコ酢でも構いません。私は今回塩ポン酢で作りました。
 それぞれの分量はお好みで良いですが、オリーブオイルは香り付けなので少量で良いでしょう。刺身が相手なのでレモン汁(あるいは酢)は多目の方が良いかも知れません。

 改めてやってみて分かりましたが、やはり刺身をマリネにするならブツ切りではなく薄切りの方が味が沁み込んでベターですね。添え野菜も好みで良いですが、千切りキャベツはソースを吸い込んでしまいますので、生ほうれん草やレタス、あるいは定番のスライス玉ねぎが相性良さそうですね。

アルトの内装対策

 ハブベアリングの修理に出して以降、ネタにしてなかったアルトですが、お世話になったディーラーさんの話をまず書いておきましょう。「スズキアリーナ小岩」さん、正式な会社名は「スズキ アリーナタジマ」さんで、なんとあのスズキスポーツの主宰でありチーム監督でもあるモンスター田嶋氏の会社だったのでした^^;
 そういう成り立ちの会社なので、普通のディーラーさんとは違い、スズキは元より他社のスポーツモデルのチューンを普段から行っています。むしろ、アルトが場違いな感じがしましたなぁ(笑)。
 とはいえ、当然ながら対応はちゃんとして下さいました。ハブベアリングにせよ、その後に出たトラブルにせよ、いずれも分かりやすいトラブルではありましたが、キチンと直していただいております。今後もお世話になることでしょう。

 で、ハブベアリングの次に出たトラブルですが、発生したのは修理から戻った翌週の金曜の夜です。運転中にライトを点けた途端、エンジン回転がガクンと落ちました。そのうちカーステの電源も落ち、G.Sに入ってエンジンを止めたら、もうセルは回りません。。。
 こりゃ単なるバッテリあがりではありません。というか、逆にバッテリの電気だけで今まで走っていたわけで、典型的な発電機(オルターネータ)の故障症例です。参ったなァ・・・ハブベアリングにオルタと、地味にカネの掛かるところばかり立て続けに故障しやがりますがな。認めよう。今回の個体は久々にハズレだったヨ。。。

 この顛末を先日sanoさんにアルトの現物をお見せしながら話したところ、「う~ん、こうなるとどこまで注ぎ込むが見極めが難しいですねぇ」とのコメントが。
 そう、そうなんです。出費が少ないうちだったら、サクッと手放しても良いのですが、そこそこ金を掛けてしまうと中途半端なところで止めるわけには、なかなかいかないんですよねぇ。さすが車・バイクジャンキー。蛇の道は蛇ですな^^;

 更にsanoさん、荷室が内装レスの鉄板剥き出しである旨を話したところ、アルトのハッチバックを開けて手をかざしだしました。はっはっは、さすがに目の付け所がシャープですなぁ^^;
 そう、そうなんです(って、またかい^^;)。内装が無い鉄板オンリーってことで遮音性が全くなく、ウルさいことこの上無しという話は既に書きましたが、実は一番の問題は遮音性よりも遮熱性が全くないってことです。



 この後ろの荷室の部分が丸々内装が無い状態です。広々とした空間がメリットの荷室ですが、それが仇にもなってしまったわけです。荷室天井が熱を持つほか、この広い空間の温度を下げるには、軽自動車のプアなエアコンでは到底役に立たないんですよね。
 面白いことに、昼間は鬼のように暑いのですが、陽が沈んだ後の夜に乗車すると、これがビックリするくらい涼しいんです。鉄板オンリーで遮熱性が悪いということは、熱の吸収が大きいのと同時に、放熱性も大きいということですね。
 これが何を示しているかというと、つまり冬は滅茶苦茶寒いことになるわけです。どれを取るか・・・という考え方も無いわけじゃないですが、やはり年中快適にすべきが正解でしょう。

 そんなわけで内装を仕立てるべく、取りあえず色々と回ってみました。
 まずは基本中の基本ってことで純正品を当たってみたのですが、既に純正パーツは廃番となっていました。まぁそうでしょうなぁ・・・メジャー車種とはいえ既に17年が経過してるし、そもそも車種はメジャーでもボディ形状が特殊なので、早い段階で生産中止になったに違いありません。
 となると、自分で作るしかありません。車齢が大きいクルマ(特に外車)にありがちな天井の垂れであれば、単純に布地の張替えで済むのですが、鉄板剥き出しということでベースボードから作らなければなりません。これは非常に面倒です。
 取りあえず今日はホームセンターや布地の専門店等を廻ってみて、素材を物色するに留めました。やはりベースボードが一番のネックになりそうです。解体屋で探すってテもありますが、いずれにせよちょっと道のりは遠そうですなぁ。


 暫定策として、最後に寄ったユザワヤで安物の黒布地とマジックテープを購入しました。これで運転席と荷室の間に仕切りを作り、冷房の効率を上げようという魂胆でしたが・・・いや~、これスゲーわ! 驚くほどの効果ですがな^^;
 マジックテープで留めることから軽い布地を使用しましたが、もっと厚い布地かパネルで間仕切りすれば、恐らくもっと効率は上がりそうです。後ろに人乗せること無いし、もうこれでいいかな(苦笑)。

やはり、暑い時はコレ!

 梅雨が明けて湿度が落ちたせいか、朝夕は多少過ごし易くなりましたね。
 とはいえ、昼の日差しの強さは更に厳しくなりました。ようやく夏本番って感じですね。先日夏風邪をひいた後は多少夏バテ気味になりましたが、ようやく調子が戻ってきた感じです。

 そんなヘタレた自分にカツを入れる意味で・・・ってわけじゃなく、単に兄が人参を沢山もらってきたので、それを使うために、またもカレーを作ってみました。



 ビジュアルは前回とさして変わりませんが、あの時のToriさんのコメントにあった「牛スジ煮込みカレー」を早速作ってみました。会社から帰ってから作ったので、さすがに単に煮込むだけだと今日中に食べられなさそうだったので、圧力鍋を使ってみました。正味2~30分程度で柔らかくなりますので、やはり便利ですね。
 圧力鍋というドーピングはしましたが、やはり一晩寝かせてから味わってみようと考え、今晩は一緒に入れたバラ肉だけで頂きました。また感想は追記しましょう^^;

 今回手を加えたのがもう1点、ルーを変えてみました。前回「ウチはハウスで、S&Bは使わない」と書きましたが、ブレンドしたらどうなる?と考えてみてのことです。前回より若干ルーの色が濃いのも、そのせいかな?
 使ったのはハウスのジャワ辛口と、S&Bのディナーカレー辛口。う~ん、どうも若干コクが減ってスパイシーさが増したって感じですかねぇ。これはこれでアリかな?? でも、やはり同じメーカー同士の方が合うような気がします。今度はグリコと混ぜてみるか(笑)。

TVにノせられた! ~中華食堂・日高屋~

 普段TVを見ない私ですが、金曜深夜の「タモリ倶楽部」は見ています。この番組の続きでテレビ朝日を付けっぱなしにしていると、必然的に後番組の「お願いランキング」を見る機会が多いわけですが・・・この番組の「美食アカデミー」ってコーナーは、よく出来たタイアップ番組というか宣伝番組だとつくづく思いますね。
 全国区番組じゃなかったら申し訳ないので簡単に解説すると、食品メーカーや外食チェーン店が自分たちの自慢の商品をプロに判定・ランキングしてもらうって趣向です。3人(時には4人)のプロの料理人が「ちょいキビ判定員」という審査員になり、厳しい意見も述べるのですが、良評価となったものは確かに試しに食べてみたくなるのだから、我ながら情けないです(苦笑)。
 人の味覚なんてそれこそ人それぞれだから、番組で最高点を取ったからと言って自分にとって本当に美味しいとは限りません(逆にもまた然り)。ただ、判定員もプロの料理人ってのはダテではなく、それなりに納得できる判定理由を理論的に述べますし、対象となる商品の作成行程を映像で解説したりしていて、思わず試してみたく番組構成になってるんですよね。


 そんなわけで、先日もイエローの喋り方にイライラしながら番組を見たのですが、その内容に釣られて今日「中華食堂・日高屋」に行って参りました(苦笑)。



 番組で第2位となった「W餃子定食」600円也です。餃子2人前、つまり12個の餃子を従えた定食で、餃子一つ一つが具がしっかり詰まっており、これで600円ってのは確かに「アリ」ですね。
 惜しむらくは、オマケについている唐揚げ。番組でも低評価でしたし、確かBUNさんだったかな・・・私の周囲でも「あそこの唐揚げはNG」という評価だったのですが、以前に秋葉原店でだっしゅ氏とツマミにした時はフツー美味しかったんですよ。あれは奇跡だったのかなぁ。。。今回、あまりのパサパサ具合に愕然としてしまいました。
 トータルの評価が高いだけに惜しいですが、お昼をガッツリいきたい時にはお勧めですね。


 で、終わるはずだったんですが、番組で1位だった炒飯をどうしても試してみたかったので、帰宅時に地元・市川の店に寄ってみました。



 あれ? 炒飯じゃないじゃん(;´Д`)
 まぁ、なんだ・・・餃子美味かったし、ツマミも試してみたいなーってことで^^;
 結局これに冷奴も追加して、生中2杯とハイボール1杯で、合わせて1,500円。うむ、これは手軽でいいですね。独りでフラっと外呑みするにはいいかもしれません。


 で、終わればいいのに、、、



 初志貫徹してるし(汗)。
 ついでに「黒酢しょうゆ冷し麺」とのセットにしてみました。いわゆる冷し中華で、微妙に透明感のある麺にはコシがちゃんとありますが、麺にこだわらない私には余計なお世話かなぁ。というか、コシというよりゴムに近いね、こりゃ^^;
 個人的に冷し中華はジャンク品と思っているので、かん水バリバリの真っ黄色の安物へろへろ麺の方が好みです(苦笑)。

 問題の炒飯ですが・・・あぁ、なるほど! こういうことかぁ・・・
 何が「なるほど」なのかと言うと、番組での解説によると、日高屋の炒飯は炊いたご飯を炒めて味付けしているのではなく、予め味付けして炊いたご飯を炒めているのだとか(炒める段階でも味付けはしているようですが)。この行程が実に良く分かるお味でした。確かにかなりパラパラと仕上がっています。
 美味しいです。確かに美味しい。でも、炒飯の美味しさとは違う気がするなぁ。どっちかってぇとピラフですよ、これ。あー、あとカップヌードルご飯にも近いかなぁ(笑)。
 しつこいようですが美味しいです。しかし炒飯とは認めたくないかなぁ、私は。。。


 とまぁ、しっかりテレビにノセられてしまいました(笑)。
 久々に一通り味わってみての感想ですが、当たり前ながら決して一流じゃないですし、積極的にチョイスするかと言われたらノオです。ただ、幸楽苑もそうですが、値段を考えれば十分でしょって話で、その価格帯の中では頑張っていると思いますけどねぇ。

ひとっ風呂浴びに青森へ

 JR東日本が出した「JR東日本パス」を使って青森まで行ってきました。
 いや、それにしても青森が電車で日帰りで遊んでこれる場所になるとは、今更ながら驚きですね。新幹線が延伸したお陰で、鉄ヲタしかやらないような無茶な行程とかではなく、フツーに新幹線往復で午後丸々遊んでこれるようになっております。
 ネックとはなるのは値段ですが、今回使った東日本パスはJR東日本管内の鉄道であれば丸々1日乗り放題で1万円ポッキリという破格サービス企画です。通常料金と換算すると、上野から東北方面なら那須塩原以遠、上越方面であれば上毛高原以遠で往復すればモトが取れる値段です。

 その分制約はありまして、決まった期間のみの利用に限られます。既に終わった第一回が、2011年6月11日~6月20日で、第二回が7月9日~7月18日までとなります。つまり、私の使った7月9日は第二回の初日土曜ということもあり、新青森までの新幹線の指定席券は軒並み満席でした。まぁ行ってみようと思い立ったのが3日前だったということもありますが^^;;;
 ここで諦めてはなりません。満席の客全てが青森まで行くはずがなく、大体は仙台で降りるはず・・・と考え、仙台~新青森間を狙い撃ちしてみたところ、見事に「はやて」の切符が取れました・・・ってのが2日前の話です^^;

 仙台までは自由席が多数ある「やまびこ」が何本も走っているので、東京始発の列車に早朝突撃してみました。早朝と言っても7時過ぎだったのですが、意外とガラガラした。



 久々のMAXやまびこ。コイツだけは今だに格好いいとは思えんなぁ~^^;
 東京発の時点では空席がありましたが、大宮で空席がなくなり、宇都宮では人が立つまでになりました。



 山側の窓際席が取れたので、ゆったり朝食。毎度お馴染みおむすびの「ほんのり屋」さんは今回パスし、東京にいながら何故か奈良名産の柿の葉寿司です。いちいち柿の葉の皮を剥くのが面倒ですが、新幹線旅行はいくらでも時間がありますので、ノンビリ8個の寿司と格闘しておりました。
 昨日飲み会だったのに早起きしたせいか、食べ終えたら爆睡(汗)。今日は安達太良山も綺麗に見えたのですが、結局仙台までほとんど眠っておりました。「車窓鉄」の景勝には信じられないことでしょう(笑)。

 やまびこが仙台行きだったため、一旦仙台で下車。仙台駅構内に楽天ゴールデンイーグルスのグッズショップがありまして、楽天ファンの平蔵ちんから頼まれたグッズを買ってまいりました。東京から青森まで座り詰めで移動するよりも、こうして途中下車して一旦休憩できた今回の方法は、結果的には楽だったように思えますね。

 仙台からは指定が取れた「はやて159号」に乗車。「はやぶさ」と「はやて」は全車指定席で、例外もありますが仙台以遠へ行くにはほぼ指定席が必要と言えるでしょうね。
 仙台で買ったスタバのコーヒーをちびちびやりつつ、たまに外を眺めつつ文庫本を読んでいると、アッという間に新青森です。まぁ2時間くらい掛かってるんですが、かの区間の長さを知っている身からすると、ホントあっという間に感じましたねぇ。。。



 新青森までお世話になった「はやて」。うーん、どうもスタイリングもカラーリングもJR東日本のセンスってイマイチなような気がするなぁ。白と青だけの東海の方がスマートに感じられるんですけど、まぁいつも使っている方をスタンダードだと思うものなのかも知れません。。。



 新青森駅の改札を出ると、早速「ねぶた」さんがお出迎え^^;
 のみならず、「おもてなしスタッフ」という腕章をつけた観光協会?ボランティア?な方々もいらっしゃいました。新幹線開業に対する並々ならぬ意気込みを感じますね。新幹線から降り立った観光客も気軽にこうしたスタッフに質問してましたし、いい雰囲気です。

 新幹線の新青森駅は市中心街から西に位置しており、丁度新大阪と大阪の関係のように市街地へは青森駅まで一区間在来線に乗らねばなりません。これが結構面倒ですが、北海道延伸を考えて作られたようですから仕方ないのかも知れません。
 青森まで向かい、駅前から5分ほど歩いたところで昼ご飯としました。



 通称・古川市場と呼ばれる「青森魚菜センター」です。昔の青森駅前は、それこそ終戦直後の闇市のような雰囲気の市場が立ち並んでいたのですが、それらは近代的な「アウガ」というビルの地下にまとめられたそうです。この古川市場の周囲には当時の雰囲気が感じられる市場がいくつかあって楽しい場所です。



 市場内の様子。なんかに似てるなぁと思ってたら、秋葉原のラジオデパートのパーツ売り場っぽいかも(笑)。
 で、この市場は独自に観光客向けに「のっけ丼」ってのをやっています。まず発泡スチロールの丼に盛られたご飯を買い、その丼を持って市場内をウロウロして、各店舗で売られてる新鮮な切り身を好きなだけ乗っけて・・・というのが「のっけ丼」ってワケ。釧路の和商市場の「勝手丼」と同じシステムですね。



 出来上がりはこんな感じ。と言っても、私の好みでの完成形ですが。
 分かってはいたのですが、やはり色々と欲張ってしまって、結局値段は大体1,600とか1,800円くらいになったかなぁ。サーモンと本マグロに隠れて見えませんが、カニやカンパチ、小肌なんかもあります。種類を多く捕獲してしまいがちですが、3種くらいに絞った方が幸せになれたかもなぁ。まぁ、その3種が絞れないくらいどれも美味かったワケですが(苦笑)。
 釧路でも言われてましたが、地元の人はいかないそうです。ま、そりゃそうでしょ。小分けの割高な切り身買うくらいなら、まとめて買った方が安いですもん。でも観光客にはコレで十分だと思いますね。コストパフォーマンス云々ではなく、純粋に美味しいし、揃えるまでのプロセスが楽しいわけですからね。

青森魚菜センター
住所:青森県青森市古川1-11-16
営業時間:8:00~17:00
定休日:不定休(オフィシャルサイトに月間休業日案内あり)
オフィシャルサイト:http://www.aomori-ichiba.com/
(詳細地図)


 お腹が落ち着いたので、駅に戻ってまた電車に乗ります。食事のお次は温泉です。 ヽ(´ー`)ノ



 青森駅から約30分の場所にある浅虫温泉まで行ってきました。新幹線が八戸や盛岡までの時は、そして新幹線が出来る前までは、ほとんどの特急列車が停車する有名な駅でしたが、新幹線が青森まで行ってしまった今は、特急停車はおろか、JRですらない第三セクターのローカル腺の一駅になってしまいました。
 こうなると青森からわざわざ戻ることになり、温泉を訪れる客も減ってしまったのだとか。更に震災後はパッタリと人が来なくなってしまったのだそうです。

 

 駅前の通りを青森方面に戻り、温泉街の一番端にある「辰巳館」さんにお邪魔しました。国道側の新館は近代的な味気ないものだそうですが、この通り旧道側の本館は味のある古き佳き温泉宿の趣があります。
 日帰り入浴料500円也を支払ってお邪魔しました。



 温泉はこんな感じ。こんな写真が撮れたのも、客が私しかいなかったため(´・ω・`)
 綺麗で居心地は良かったですが、泉質は特筆するようなものではありませんでした。露天風呂も、庭園の作りは凝っていて雰囲気は良いですが、如何せん塀の向こうには別の建物の窓が丸見え^^;;;
 とまぁ温泉だけ取ってみると一流とは言いがたかったですが、建物は昔ながらの旅館の雰囲気で(休憩所には卓球台も^^;)、今回のようにフラっと立ち寄って湯上りにゆっくり休む・・・ってな感じで、独りでのんびり過ごす午後にはピッタリでした。

浅虫温泉 辰巳館
住所:青森県青森市大字浅虫字山下281
営業時間:11:00~22:00(日帰り入浴)
オフィシャルサイト:http://www.tatumikan.com/home.html
(詳細地図)


 温泉から上がり、のんびり休んでから駅に戻ります。旅館のおばちゃんに青森行きの電車の時間が40分後にあることを教えてもらったので、温泉街でちょっと寄り道してみました。



 こんな看板出されたら寄らないわけにいかないでしょ^^;
 てなわけで、駅と辰巳館さんとの中間あたりにある「関太郎商店」さん。青森の土産物と一緒に、いろんな地酒が並べられていました。それらを物色していたのですが、、、店の人が出てこないなぁ。
 結局自分で適当に選び、店の奥に向かって恐る恐る「ごめんくださ~い」と声を掛けてみようとしたところ・・・、あ、店のオヤっさん、爆睡してるやん^^;
 私に気付いたおやっさん、慌てて飛び起き「いやぁごめんごめん、暑くってねぇ」と理由になってるんだかなってないんだか分からない訳を言いながら、フラフラとレジに向かうサマがラブリー(笑)。



 結局300mlの小瓶を3本、試しで買ってみました。これはまた景勝宅で試飲会ですな。

 更に駅に戻る途中、今度は地元民芸品の販売や手作りの体験ができる「麻蒸工房 ぷらっと」さんってところに立ち寄ってみました。浅虫温泉の観光案内所も兼ねているのだそうです。



 表のガラスには「がんばろう東北」の張り紙が。実際、どこの観光地もがんばってると思いますね。
 で、ココでとても気になるものがありました。青森といえば「ねぶた」ですが、「金魚ねぶた」というものがあるのだそうで、現物をはじめて見たわけです。



 なんてマヌケでラブリーなんだ!
 華麗でも勇壮でもない、このひたすらマヌケな感じがいたく気に入ってしまったのです(汗)。



 買っちゃったじゃないか(笑)。
 和紙でできた紙風船のようなものなので、折り畳むことも出来ず、箱も無く、形を崩さずに持ち帰るのに苦労しました。デイパックにブラ下げて持って帰ったわけで、道中色んな人に見せつけてやりましたとも^^;

 真面目な話をすると、江戸時代に藩主が飼っていた「津軽錦」という金魚がいたのですが、大変珍しいもので、下々の人間は見ることができなかったのだとか。それで、せめてもの形として、この「金魚ねぶた」が出来たのだそうです。(元々ねぶたは灯篭流しがルーツなのだとか)


 ノンビリ過ごした浅虫温泉を後にします。今まで何度か素通りしてきた浅虫温泉でしたが、結構気に入りましたね。海あり山ありで、滞在するにもいいかも知れません。
 青い森鉄道の各駅で青森まで戻りました。時間は既に17時過ぎ。帰りの列車まで1時間しかないので、軽くご飯をいただきます、、、の前に一杯!

 

 1年半前にも立ち寄った「おさない食堂」さんで、まずはビール。今日は暑かったわけですが、風呂あがりも含め丸一日我慢しただけあって、このタイミングでの瓶ビールの美味いこと美味いこと!



 前回いただいて、あまりの美味さに卒倒した「ほたてフライ定食」様を今回も。味の良さはあいかわらずで、やはりお勧めでありますが、冬に来た前回と違ってホタテが小ぶりだったり、味噌汁にホタテが無かったりとか、やはり旬ではないという点での弱点はありましたね。


 さて、あとは帰るばかりです。新幹線を使えば今日中に家に帰り着けるのですが、最後の最後で鉄ヲタ根性発揮であります(苦笑)。



 またも寝台特急「あけぼの」号。折角のフリー切符なのに、寝台券・特急券がプラスで必要となる選択肢を選んでますが、これもまた目的の一つですからねぇ^^;



 久々に開放式B寝台に乗車です。ま、これしか券が残ってなかったんですけど。。。
 やはり相客は鉄なお方で、当然というか同じく東日本パスを使っていました。2週間前に予約したけど、個室は取れずで下段がようやく取れた、とのことです。
 他の乗客の皆さんが撮影にいそしんでらっしゃる中、私はひたすら車窓からの風景をツマミにビール三昧。日が暮れる弘前あたりまで3本ほど飲み、19時過ぎだというのにさっさと上段ベッドにもぐりこみ、手足を思う存分伸ばして爆睡しました。寝台列車には色々な楽しみ方があるでしょうが、私はしっかり寝るのが一番楽しいです(笑)。

 そんなわけで、起きたのは大宮到着時。服を着替えてベッドから出たのが到着5分前と、しっかり寝台列車を堪能しました。やはり寝台列車はいいですなぁ~♪

千葉、いいとこネ!

 チャリにクルマにと色んなネタでお世話になっている化け猫さんから「通勤でバイク必要になったんだけど、なんかない?」とのコメントを、先日のカレーネタでのエントリにて頂きましたところ、こちらもバイク・クルマネタでは人後に落ちない・・・というか突き抜けている(笑)sanoさんから、「使わないスクーターあるよ~」との連絡を間髪入れずにいただきました。
 原付は仙台に複数台持って行った後だったこともあり、また軽自動車と同様に経済性の高い原付は震災後に需給バランスが崩れていて、正直なとこ難しいんでないか?と思っていたところだっただけに、大変ありがたいお申し出です。いや、ツイてるよホントに>化けさん

 善は急げ!ってことで、早速引き取りに行ったってのが今日の話です。都内から外房に移住されたsanoさん&あつこさん宅には是非ともお邪魔したいと思っていたのですが、思いがけずお伺いする機会に恵まれたわけです。
 午前中で片付けようって魂胆で、朝7時過ぎにウチを出発。修理からあがってきたアルトで向かいます。木更津で化けさんを拾って房総半島を横断し、昼前にsanoさん新居に到着しました。もちっと早く着くつもりだったんですけどね^^;

 到着してsanoさん宅ガレージでアイスコーヒー頂いて一服。クルマ・バイク馬鹿には憧れのガレージです。あぁ、こんないいガレージがあったら、そりゃまた一台増えるよね! あ、二台か!(大笑)
 軽く休んだら、時間は既に正午。sanoさん・あつこさんのお二方が強くお勧めの近所の焼肉屋さんへ突撃します。
 焼肉屋までのアシはこれ!



 新居に移られてから入手されたVWゴルフ・カブリオレのクラシックラインです。オープンと言えば、今までオープン2シーターは何台も所有しましたが、4シーターのオープンってこんなにも楽しいんですね! 特にフロントグラスが迫っていないリアシートの開放感ときたら、同じオープンカーでも全く異次元の感覚でした。
 オープンカーにずっと乗り続けると、普通車に乗った時に「なんで屋根があるんだ?!」って疑問に思うようになるんですけど、久々にその感覚を味わいましたね。もう10年近く乗ってないけど、久々に欲しくなったな~(汗)

 で、問題の焼肉屋。店舗外装を見て「これ、営業してんの?」って思うくらい、ひたすら地味です。しまった、写真撮るの忘れてたわい^^;
 「今日のランチ」は『とんとろ丼』。なんでも、あつこさん達が「明後日人が来るから」と言って頼んだくらい、コレにハマっているのだとか。色々と魅力的なメニューがある中、お勧めのとんとろ様を4人共注文しました。果たして、その姿やいかに!?



 載ってるお肉の量がハンパないですやん!
 とはいえ、パッと見のビジュアルは、正直そんなにインパクトが強いわけではないです。んが! 視覚よりも嗅覚に強く訴えてくるニンニク醤油の憎らしくもいとしい香り! これだけでご飯食えるぜ。。。
 その期待に見事に応えてくれるヘブンリーなお味です。最初の3分の1ほど食べてる間は、シャレ抜きに「うひひひ」と笑いながら頂いておりましたがな^^;
 ランチメニューだけで十分死ねましたが、ロースやカルビも殺人的にウマーらしいです。sanoさん曰く「外房に来て魚よりも肉食う方が多くなっちゃった」のだとか。お酒も色々と取り揃えておりましたし、こりゃ夜にも来てみたい店です。お二方とも相変わらずいい店を掘り出して下さいますなぁ^^;

炭火庭 岬
住所:千葉県いすみ市岬町井沢1863-1
定休日:水曜休(ランチは木曜も休み)
(詳細地図)


 食後、クルマ・バイクを主としたネタでしばらく盛り上がった後、sanoさん宅に戻り、デザートにあつこさんお手製のプリンを頂きました・・・あ! こっちも画像撮るのを忘れてしまったわい(汗)。しっかりした卵の味と、ほのかに香るバニラが絶妙! 甘過ぎず、ホントに食後のデザートにもってこいでした。

 ガレージでのほほんとまた馬鹿話していると、sanoさん宅の"準"飼い猫の「みさきちゃん」が来ました!



 あつこさんに「この子、男の子?女の子?」と尋ねられ、早速チェックするドクター提督。あ、この子、男の子ですよ。みさきクンですね。
 まだ子供なので、かなりやんちゃのようです。バイクのカウルの中に入るこむのはまだ良い方で、ゴルフのボンネットの中に入ってしまうのだとか! これは怖いですね^^;;;
 あつこさんに抱っこされてしがみついていたのを貰い受けて私も抱っこ。お! おぉ! なんかよじ登ってくるではないか。しまいにゃ肩まで登ってくる始末。思わず「ユパ様、この子私にくださいな!」などと、どこぞの王女のようなセリフを言っちゃったじゃないか(馬鹿)。
 最後は喉をぐるんぐるん言わせながら私の首に巻きついてエリマキ状態。うはぁ、暑いけどかわええ(;´Д`)


 とまぁ色々とネタが尽きないので思わず長居してしまいましたが、いい加減当初の目的をやりましょう。



 アルト・ハッスルに積み込まれたレッツ4。早くも二度目のバイク搬送です。先日も竹ボーキを運びましたし、故障してばかりの割には結構働き者です。
 積み込むことはできましたが、チョイノリと違って助手席を犠牲にする必要がありました。もっとも、こちらも前カゴを外せば助手席に人が乗ることができますが。

 で、助手席を追われた化け猫さんはどうするか? そこはそれ、スパークする自転車馬鹿さんですから、ここぞとばかりに折り畳みチャリのプジョー・パシフィックをご持参です。いすみ鉄道・小湊鉄道を経由という、かなり楽しそうな輪行でのご帰宅です。
 クルマだと時間に余裕があるので、私もいすみ鉄道の始発の大原駅に寄ってみました。



 お! おぉぉぉ! いすみ鉄道がJR西から譲り受けたキハ52-125じゃないか!
 いきなり鉄分全開ですが、これにはワケがありまして、カラーリングは変わっていますが実はこの車両、1年前の冬に糸魚川駅に見た奴そのものなんですよ。足元にスノープラウを装備しているのが北陸で活躍していた頃の名残です。かつて雪国で見たコイツに、まさか千葉で出会うとはねぇ。。。

 化け猫さんとはここで一旦お別れし、大多喜を経由して小湊鉄道の高滝駅まで向かいます。列車に乗ってくる化け猫さんをそこで待ち受けるって寸法ですが、時間に余裕があるので、大多喜の「夷隅の駅 わくわく広場」で地産品を買い物したり、高滝神社で昼寝したりして時間をツブしました。
 高滝駅は以前にも訪れたことのある駅でして、ここには野良にゃんこが沢山いるのです。



 今日は一匹しか見ませんでしたが、どうやらこの子は前回来た時に見た3匹の子猫のうちの1匹のようでした。ちゃんと育ってて良かった~。



 猫のみならず、今日は犬もおりました。ちょっとオドオド君でしたが、愛想のいい可愛い奴です。



 オドオド君のくせして、猫のエサを横取りなんかもしちゃったりするニクい奴^^;
 エサ場に戻ってきた猫(左)は、なんか信じられんものを見たかのように硬直状態。。。



 猫:「怖いから黙ってるけど、なんかマジおかしくないッスか!?」
 犬:「・・・・・・・・・」(ひたすら食ってる)

 まぁ、なんだ・・・共存共栄ってことで、ここは一つ見逃してやってくれい^^;



 化けさんは17時6分の五井行きで到着です。乗降客・各一名。。。



 駅を出て、輪行袋からチャリを取り出して早速セットアップします。
 化けさんはここから木更津市内のご自宅までまたもチャリ。私はクルマで先行し、当然先に到着しましたが、化け猫さんも私がコメリで買い物している間にあっさり到着されました。さすが、ホームのトレーニングコースだけありますね。

 そんなわけで、バイクを下ろして今日のお仕事はおしまい。なんてことない運搬だけの1日だったはずが、短時間で深山幽谷を訪れることができ、また海も堪能できる千葉は走って良し・食べて良しのいいとこですね。羨ましいカントリーライフを満喫されてるご様子も拝見でき、実に楽しい一日でした。
※また遊んでくださいね(^^)>sanoさん、あつこさん、化け猫さん
プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。