スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IdeaPad Tablet A1でのスクリーショット撮影

 恐らくブログやホームページでも運営してない限りそうそう必要ない機能と思いますが、IdeaPad Tablet A1(以下「A1」)のスクリーンショットを撮れる(取れる)ようにしました。

 言うなれば画面キャプチャで、WindowsであればPrint Screenキーで一発なこの機能ですが、スマホ・タブレットでは(OS毎ではなく)機種毎によっては方法が異なります。iPad・iPhoneであれば確か電源ボタンと何かのキーの同時押しでスクショが撮れ、Androidスマホでも似たような方法(ボタン操作)で可能な機種が多いです。

 肝心なA1ですが・・・ボタン対応はしておりません(;´Д`)
 A1での方法は、スクショを撮るアプリ(要root化)を用いるか、あとはAndroidアプリ開発用のAndroid SDKをPCにインストしてリモートで取得するかのいずれかになります。私は後者の方法を行いました。

→続きを読む

スポンサーサイト

物欲カモ~ン!なのだが、、、

 酔っ払ったついでのエントリっす(;´Д`)

 Googleから7インチタブレットのNexus7が出ましたね。既に8月に友人が輸入していて、かなりイイ!(・∀・)って話は聞いていたのですが、19,800円での販売ってことで値段も非常に魅力的です(もっとも輸入して入手した友人はかなり涙目のようですが^^;)。

 先週までの北海道旅行にLenovoのIdeaPad A1(以下「A1」)を持ち出して痛感したのですが、7インチタブレットの画面の大きさと可搬性とのバランスの良さはもっと評価されるべきだと思いましたね。まぁこれは個々のライフスタイルによって異なってきますが、少なくとも私にとっては通常のスマホより大きい画面サイズと、iPadより持ち歩きが楽であるという点は、A1を買った当初「中途半端などっち取らずになるのでは?」と懸念もしましたが、見事に「いいとこ取り」になってくれたと思っています。

 とまぁA1をベタ褒めしましたが、問題があるとしたら絶対的なハードウェア面での性能です。A1は価格を抑えたモデルということでCPU/GPUは貧弱で、また日本語フォントの件に代表されるようにソフトウェアにも少々問題がありました。
 で、最初に戻りますが、Nexus7が果たしてどれくらい優秀か、というか個人的には「どれくらいA1の欠点を補ってくれるか?」という点に、非常に興味があるわけです。
 A1の欠点を踏まえ、Nexus7に期待したい部分を挙げてみます。

・安定性
 私の使っているA1が最近「フリーズ>勝手にシャットダウン」の頻度が高くなりました。私はIdeaPad A1の他に、世間ではかなり評判の悪いRegzaPHONE(東芝T-01C)も使用していますが、あれよりもヒドいです(というか、私のRegzaPHONEは全く順調なのですが^^;)。
 少なくとも現状よりシャットダウンの頻度が低くないと困りますね。(かなり低いレベルの話なんですけど)

・カメラ性能
 画素数は高くなくて良いですから、しっかりした画像処理エンジンのカメラを備えてほしいところです。

・GPS衛星の捕捉と追従性
 これはA1以上と言わなくとも、A1並みであればOK。A1のNavidroidは全く使い物になりませんが、Googleマップでは十分な性能を発揮しています。ただ、A1は起動後の最初に衛星を捕まえるのがかなり遅いので、これより速ければモアベターですね。

 で、今時点で分かっている回答として、カメラはインカメラしか無いそうで、顔認証やビデオチャットあたりで使うことしか考慮されておらず、いわゆる普通のカメラアプリすら入っていないのだとか。こうなると、BlogやTwitterで撮影画像をアップするということは、まず出来ないと考えて良いでしょう。この点での性能的にはA1以上どころか、むしろ後退しています。
 う~ん、これは致命的な話で、結局コレ1台で賄うことはできず、やっぱりRegzaPHONEとの併用をやめるわけにはいかないという結論に辿り着きますね。どうせ併用するとなると、他の「期待した部分」で余程A1を上回らない限り、A1を退役させるほどまでして入手する必要はないということになります。

 もうちょっと様子見・・・かなぁ^^;

キーボードとマウスの重要性

 ツーリングネタが続いたので、ちょっとここらへんで小休止^^;

 ツー旅行に行く前の話ですが、居間のPCのキーボードが壊れたので新しいのに代えました。壊れた原因は・・・猫にゲロを吐かれたためです・゚・(つД`)・゚・



 壊れたのは奥の黒い方で、メーカーはチェリー。手前の白いのが交換した奴で、今年の5月末に破綻した今は亡きクレバリーさんのブランドである「EZ-Digix」のもの。値段が安かったので、マシンを組んだり故障で検証したりする時のためにスペアで買っておいたものでした。
 ところがですね・・・店頭では気付かなかったのですが、メカ的には同じパンタグラフキーボードであるものの、キーストロークが違うんです。キーストロークとは、キーを押していない状態から 一番深く押したところまでの長さ(深さ)で、前のチェリーのに比べEZ-Digixのキーは若干ストロークが長い(深い)のです。
 個人的にはこれが結構問題なんですわ。ストロークが違うと何が問題になるかというと、以前と同じつもりでタイプしても押す力が足りなくて、入力が認識されないってケースが多いんですね。ブラインドタッチだと薬指や小指のキーを押す力が若干弱いせいか、予想外にデリケートに反応が出てしまいます。これ、ものすごいストレスなんですよ。

 まぁ今回の例は若干神経質な話かも知れませんが、どんな用途であれPCをヘビーユースする方は、直接手に触れるデバイスであるキーボードとマウスだけ良い物を使うことをお勧めします。別に高価な物を使えというわけではなく、自分のフィーリングに合う物で良いのですが、少なくともメーカーPCの純正品ってのは大抵ロクなものがありませんね。
 PCイジリを始めた頃は、どうしてもCPUやメモリ・グラフィックボードといったパーツ類に目を向けがちで、入力デバイスの社外品を軽視していたんです。ところが知人に勧められて使ったメカニカルキーボードの気持ちいいこと! ボールマウスから光学式マウスに変えた時も目からウロコでしたしね。生産性は格段に上がりました。
 マウスに関しては、さすがに最近はボールを使ったものは見なくなりましたが、今でも普通の楕円型の形状のものが純正品は多いと思います。これを手の形状に合わせたエルゴノミクスタイプに変えるだけでも全然使い勝手は違ってきますから(´ω`)

 品質の問題とは異なる話ですが、Windowsでいうと109キーボードと云われるキー配列の基準がありまして、この基準が守られてない独自のキー配列のものがメーカー製PCのものには多いです。さすがにアルファベットの順序が異なるものは見たことがないですが、省スペースを考えてかテンキーやカーソルキーを独自化するケースが多いです(これは市販品でもままあります)。
 まぁ配列は慣れの問題ではありますが、その配列に慣れると買い換えた時や他所で使う時にロクな目に遭いません。よくある例が職場のPCがこのテの奴というケースで、大袈裟ではなくストレスや生産性にも影響しますので個人的には絶滅して欲しいんですけどねぇ(´Д`)y-~

東北・北海道ツーリング まとめ

 ツーリングの簡単なまとめをば。

 かなりケツの痛みに泣かされましたが、各駅列車だけとか軽自動車で一般道だけといった一種の「耐久旅行」に元々慣れているというのもあってか、原付でのツーリングは非常に楽しかったですね。まぁ福島までのツーリングを2回経験済みだったからこそ出撃を決意できたのですが、案外あっさり行けるもんだなぁとも。

 ただ、普通のスクーターだったら勝手は違っていたかも知れません。マシンの性能に助けられたってのは大きいかな。小回りが利くので県道とかの交通量の少ない気持ちいい裏道にためらうことなく突入することが出来るのも良いですが、クルマの流れに(ギリギリではありますけど)ついていくことが出来ることから幹線国道を主ルートとして選択できるのは大きかったです。

 あとは箇条書きで簡単にいろいろと・・・

→続きを読む

KSRで行く東北・北海道ツーリング(九日目&最終日)

 北海道に別れを告げ、フェリーで迎えたツーリング九日目。基本的にあとは帰るだけですので、ネタも少ないことから最終日となる十日目も合わせてアップとさせていただきます。

→続きを読む

KSRで行く東北・北海道ツーリング(八日目)

 北海道での最終日となったツーリング八日目。夜の苫小牧発フェリーに乗船するため、本日は帯広から苫小牧まで移動します。最初は直接苫小牧へ向かうつもりだったのですが、頼まれ土産モノを探すために札幌に立ち寄ることにしたわけです。

 いや、しかし中途半端な慣れってのは良くありませんね。苫小牧~札幌間は高速道路でひとっ走りだし、電車でも所要時間も短く、また北海道としては本数も多いため、つい「札幌に寄ってくる」なんて軽く考えてしまったのですが、、、

→続きを読む

KSRで行く東北・北海道ツーリング(七日目)

 そろそろ中だるみが出てきたツーリング七日目(苦笑)。
 一週間以上旅行に出かけると、大体これくらいで肉体的なものとは別の精神的な疲労が出てきますね。飽きと言い換えても良いのでしょうが、多分「独り旅」だからというのもあるのかな。
 これはまぁ自分の立てる旅程にも多少問題がありまして、一度行って気に入ったところについ足を向けてしまうことで、その分気分は楽なんですけど新鮮味に欠けるというところもあるでしょうね。行き当たりばったりの旅は往々にしてこの罠に陥るのですが、そのだらけた時にめっけもんがあったりすることもあるので、なかなか止められないのですが(苦笑)。

→続きを読む

KSRで行く東北・北海道ツーリング(六日目)

 ツーリング六日目。とうとう昨晩から雨が降り出し、朝まで雨となりました。
 予報を見ると曇りになるらしく、移動するか、それとも最北端の宗谷岬まで往復してもう一日名寄に逗留するかで悩んだのですが、明後日の晩のフェリーを取ってしまっていたので、なるべく苫小牧に近い方が良いと判断して南下することにしました。
 折角バイクで北海道まで来ているのだから最北端を目指すのが多分普通なんでしょうけど、私はむしろ別の地域、言ってしまえば十勝地区ですが、そちらも廻ってみたいという欲張り根性から判断を下したわけです^^;

→続きを読む

KSRで行く東北・北海道ツーリング(五日目)

 札幌から始まるツーリング五日目。
 北に行くか東に行くか悩みまして、目的地よりも途中の経路地で考えてみることにしました。

 札幌や岩見沢・砂川といった北海道としては大きな都市が多いことからか、石狩・空知地区については昨日の道南地方とは違った意味で今ひとつ魅力を感じていなかった地域でした。ところが列車やクルマなどで何度か通っている(「かよっている」ではなく「とおっている」)うちに、隠れた名物やいい店が色々とあることを知ったのです。
 食べ物で言えば、菓子店が集まっているという砂川のスイートロードだとか、美唄の焼き鳥だとか・・・ぐはぁ、書いてて思い出した! 美唄のとりめし食いに行くの忘れてたよぉぉぉ。・゚・(ノД`)・゚・。
 落ち着け、俺。えぇっと、他にもドカ盛り系では昨年チャレンジした滝川の喫茶マリンさんだとか、長沼町の巨大海老天丼(赤字丼^^;)の店だとか、とにかく思っていた以上に魅力に溢れているわけですよ。

 とまぁいろいろあるうち、まだ未経験だった幌加内の蕎麦を頂きたいなぁと思い至りました。9月になって新蕎麦が出てくる時期なんですね。となると、幌加内を通る経路から弾き出し、今まで何度か逗留したことのある名寄を今夜の宿と決め、進路を北に取りました。

→続きを読む

KSRで行く東北・北海道ツーリング(四日目)

 ツーリング三日目にして北海道に到達しました。本日は四日目。
 函館からのスタートということで、必然的に道南を廻ることになります。函館には何度か来ていますが「道南」は実はほとんど行ったことが無いんですよねぇ。列車では途中下車することなく乗り通しただけですし、あとは一度レンタカーで室蘭・洞爺あたりを巡ったくらいかな?
 初めて北海道に行った際は、ワイド周遊券を使った鉄道オンリーで観光地を訪れたりはしていないのですが、一応ほぼ道内全地域を廻った(通った、が正しいかな^^;)のですけど、その時の印象としてやはり道北や道東の内地離れっぷりのインパクトが強くて、道南はずっと後回しになっていたんですよね。

 そんなわけで今回初めて道南地域をじっくり走ったわけですが、昔抱いた印象は半ば正解・半ば間違いといった感じですかな? 北海道ならではって感じは多少薄いのですけど、全体的に走っていて気持ちいい所ばかりだった印象が強いです。

→続きを読む

KSRで行く東北・北海道ツーリング(三日目)

 青森県は弘前まで来たツーリング3日目。
 昨晩は無理して青森まで行き、深夜の青函フェリーに乗船してみようか?とも考えたのですが、実は前日の夜にJR江差線内で貨物列車が脱線事故を起こし、この日は津軽海峡線が終日運休していた関係で、青森~函館間のフェリーは振り替えの客で満員だったのだとか。知らずに行ってたら青森で野宿するところでした(汗)。

 本日も津軽海峡線は運行規制が掛かるらしく、青森からのフェリーは午前中の便が昨晩の時点で既に満席とのこと。仕方が無いので下北半島の先端にある大間から出ている函館行きフェリーに乗るつもりで青森まで行ったのですが、念の為フェリーターミナルに寄ってみて確認してみたところ、午前11時半の便に空きがありました!ヽ(゚∀゚)ノ

→続きを読む

KSRで行く東北・北海道ツーリング(二日目)

 仙台・秋保温泉で朝を迎えたツーリング2日目。1日で仙台まで来たので、取り敢えず青森を目指すことにしました。どこまで行けるか分からないので、今回は宿を取らずでの行動だったのですが、青森まで行けば青函フェリーが深夜も動いてるので、まぁ何とかなるべ・・・と適当な行動^^;

→続きを読む

KSRで行く東北・北海道ツーリング(初日)

 てなわけで、気がついたら北海道まで行っていたツーリングから帰ってきましたので、ツーリング記録をぼちぼちアップしておきます。こちらもまた、時間が経過したら実際に行った日付に直します。

 自分でも意外だったのですが、電車やクルマだと色々食って飲んでな旅行ばかりなのに、バイクだと思っていた以上にストイックに走りましたね。昼抜きがあったり、夜の外呑みに行かなかったりと、普段じゃ考えられないことです。帰宅したら2キロ減っていました。デブには2キロなんざ誤差の範囲ですが、増えてないということが重要でして(笑)。
 そう言う割に一日あたりの距離が伸びなかったのは、長距離向けに作られてるわけではないバイクのシートのせいでケツが痛くなり、しょっちゅう休憩を取っていたためです^^;;;

 ま、そんなわけで記録メインとなるかと思います。思ったほどネタが無かったので、普段のような食い物ネタは少ないと思いますが、一般道でドライブしてみようと思う方には多少参考になるかも(´ω`)

→続きを読む

KSRで東北ツーリング(多分)

 明日(9/11)早朝から行ってきます。起きれたら(ノ∀`)
 で、行き先ですが・・・取り敢えず東北方面に向かいます。一応、体力と飽きを勘案して行けるとこまで行こうかと。つまりまぁ今回も行き当たりばったりってことですが。なにせ先週思いついたばかりなので^^;;;

 ほとんど下調べしてないこともあり、今回は走りメインの節約旅行のつもりで行きますので、ちょっとネタとしては面白くないかも知れません。まぁ行き当たりばったりってことで逆にズブズブはまるかも知れませんが(苦笑)。取り敢えず途中途中で、この記事に追記という形でアップしていきたいと思います。

【2012/9/11追記】
仙台の秋保温泉に投宿。温泉、サイコーですな(*´∀`*)
今日はお昼に郡山に寄った以外は休憩レベルで、あとはひたすらバイクで走ってました。体力的には問題ないですが、さすがにケツが限界です( ´Д`)=3

【2012/9/12追記】
太平洋側は雨ということで、山形・秋田経由で北上。弘前で力尽きました(;´Д`)
のんびり移動すりゃいいのに、妙に気負ってしまって昼抜きで走り続けてしまいました。先日当ブログを訪問して下さったブログ主さんが、ご自身のブログで秋田のB級グルメを記事になさっていたのでマネしたかったのですが、ストイックに走ってしまいましたね( ´Д`)=3
本日の移動距離、約400キロ弱。延べ800キロ弱ということで、ギア付きとはいえ原付だとさすがにしんどいですね(笑)。青森まで行きたかったのですが、弘前で力尽きました。まぁ秋田の大館で美味そうな店をみつけたのを振り切ったのは偉い(笑)。

【2012/9/13追記】
フェリーで北海道に渡りましたが、JR江差線での貨物列車脱線事故の影響で津軽海峡線が運転規制となり、フェリーにも大きく影響がありました。私が渡道すると、なんか起きますなぁ(;´Д`)
(昨年は台風で東北本線が寸断…)
取り敢えず今晩は函館五稜郭に投宿しました。函館は太りますね(というようなことをしました^^;)

【2012/9/14追記】
札幌まで来ちゃいました。そろそろお尻がランブータン(笑)
この時期だというのに、北海道としては暑いですね。東京よりはマシ…と思えるのは郊外だけで、都市部はフツーに暑いです。

【2012/9/15追記】
名寄まで北上しました。途中、幌加内の蕎麦を食べたかったのですが、バイクのウインカーが点かないというトラブルが発生し、その対処で時間を潰してしまい、結局蕎麦どころか昼抜となってしまいました(´・ω・`)

北海道にまで来てバイクをバラすことなるとは…(´・ω・`)
リレーの故障かと思いましたが、単にマイナスアースのケーブルが抜けてただけでした。しょっぺぇなぁ(;´Д`)

【2012/9/16追記】
名寄まで来たので、どうせなら最北端まで行くか?と思ったのですが、天気と相談して南に下ることに。宿泊は旭川にしようか、美瑛にしようか、富良野にしようかと考えているうちに、結局帯広に到着。明後日のフェリーを取ったこともあり、多分最後の滞在地になるかなーと(´(ェ)`)

美瑛にて。この後雨が…(´・ω・`)

【2012/9/17追記】
小雨がずっと降っていたので、帯広界隈をウロウロすることにしようとしましたが、足寄・士幌をグルッと回ったら結局一日潰れてしまいました。慣れてるようで、意外と北海道内の距離感が掴みきれてないようです^_^;
足寄では、5年前に立ち寄って以来贔屓にしている農場にお邪魔しましたが、残念ながら目当てのトウモロコシは終わりとのこと。酷暑のせいだそうです。

馬と遊ぶしかありませんでした( ´Д`)=3

【2012/9/18追記】
帯広から札幌経由で苫小牧まで移動。仙台までの太平洋フェリーに乗船しました。札幌に立ち寄ったのは、頼まれ物を探すため。わざわざ寄ったのに無かったよぉ(´;ω;`)
とまぁ今日は殆ど移動オンリーでしたね。北海道の最終日としては、ちと寂しい…いや、だいたい最終日ってのはこうしてウダウダなもんっす(´(ェ)`)

【2012/9/19追記】
フェリーで仙台まで乗船し、郡山で投宿しました。行きは自宅から仙台まで一日で行きましたが、仙台港に着いたのが朝10時でしたので、さすがに途中でお休みしないと無理ですね^_^;
そんなわけで郡山だったのですが、当然ホルモン大豊さんに突撃のつもりでしたが、とあるアクシデントが発生。それでも行こうと思ってましたが、雨まで降り出したので大人しく部屋飲みとなりましたとさ(´・ω・`)
#「とあるアクシデント」については、続きはWebで…じゃなくて改めてブログで^_^;

【2012/9/20追記】
本当の最終日。郡山では毎度お世話になってますの無芸大食さんのお店に行き帰り共に立ち寄らせて頂いたのですが、いずれもお仕事で外出中でらっしゃいました(´・ω・`)
今日は特に立ち寄りは無しで、郡山からひたすら下道を走って帰ってきました。あ、でも白河の讃岐うどん屋さんで牛スジぶっかけは食べてきましたが(´ω`)-3
明るいうちの帰着を目指したのですが、途中雨宿りをしたりで結局19時過ぎの帰還。トータルでの走行距離は2,632キロで、青森から鹿児島までよりも長い距離です(汗)。そりゃケツも痛くなるってもんで(;´Д`)

モダンな伝統居酒屋 ~森下・山利喜本館~

 元職場同僚の噛み岡&ツディよりのお誘いで、土曜の夕方に都営新宿線・森下の「山利喜」さんに行って参りました。ココのモツ煮は、月島の岸田屋・北千住の大はしと共に「東京三大煮込み」と言われており、いわゆる有名店です。
 実は随分昔に、同じ元職場に来ていた別会社の方に「山利喜の煮込みはお勧めですよ」と言われていたのですが、その方から教わった人形町の裏路地のおでん屋台にハマってしまい、結局彼とは行かずじまいだったんですよね^^;

→続きを読む

久々の出雲そば ~岡山市中山下・大黒屋~

 先日の突発帰省の際、親爺殿に連れられて岡山市内の出雲蕎麦のお店に行ってきました。もうかなりの歳の親爺殿ですが、今だに外で飲み歩いてまして「3軒目に寄った蕎麦屋が美味くてねぇ」などとトンでもないことを言う始末。体、大事にしてくれ(;´Д`)
 場所はチンチン電車の郵便局前電停と天満屋の間の繁華街。クルマで行ってきまして、両親が「あの辺は駐車場が高いので離れたところの方が・・・」云々と言うのですが、店のすぐ近くのコインPは1時間200円。そりゃまぁ地元の人には高いのかも知れないですけど、都内水準に慣れてる身からするとメチャ安ですがな(;´Д`)

→続きを読む

岡山 道の駅巡り

 事務的な用件での帰省でしたので、メインの目的は初日の夜に終了(;´Д`)
 延べ4日の滞在で、今回は讃岐うどん突撃は行わず(笑)、しっかり親孝行して参りました。あ、讃岐うどんと言えば、宇高国道フェリーが10月に運航休止になるのだとか。一応、四国フェリーは存続するらしいのですが、航路のトータル便数が減って利便性が落ちると更に客離れが進みそうで危ないですね。

 おっと脱線。実家での親孝行ですが、親孝行と言っても両親共にもういいトシなので、運転手になって近場にドライブに出たり買い物に付き合ってあげるだけです。若い頃は一流のお店や宿に連れてってあげようとしたものですが、そういうことじゃないんだよなぁと最近ようやく分かるようになりました。
 これは「無理していいとこ行くくらいなら、その分もっと頻繁に顔を見せに行き、ゆっくり話しをする」みたいな一般的な親孝行論の結論でもありますが、ウチの場合単純に太刀打ちできないってのもあるんですな。一度気合入れて上げ膳据え膳の一流温泉宿に連れて行ったら、サラリと「あぁ、ここ好きなのよぉ~」とあっさり常連発言されまして一気にシボんだことがありました。
 ま、喜んでもらえはしたので良いですが(´・ω・`)ショボーン

 それはともかく、今回は農産物の直売を目当てにした道の駅めぐりをしてみました。普段の買い物の延長で、ドライブがてら行ってみるって感覚です。

→続きを読む

プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。