スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀塩写真を思い出す

 なんかちょっとネガティブっぽいタイトルの記事から暫く放置してました(^_^;スミマセン
 間にデザフェスの手伝いがありまして、1件新規でイイところ見つけましたが、あとはいつも訪問してるとこの新作をゲットしたくらい。微妙に引きこもり気味でちょいとネタが無い日々だったなぁと。

 まぁその状態は絶賛継続中で外出ネタとかは無いのですが、Twitterでの会話ネタから久々に写真趣味を再開したくなっております。写真趣味と言ってもデジカメでの撮影ではなくて、フィルムカメラでの撮影と現像です。オレンジ色の薄暗い暗室の中で薬液に浸してやるアレ。
 あれの何が楽しいって、カメラでの撮影がシャッタースピードや絞り、フィルムのそれぞれの選択で結果が異なるのと同様に、プリントの段階でも露光時間や絞りでの調整、印画紙の選択などで、同じ撮影フィルムからでも全く違った写真が出来上がるんです。(ついでにフィルム現像の出来・不出来も影響)
 つまり撮影と引き伸ばしとで組み合わせると膨大な選択肢、言い換えれば方法があるわけで、これらの道筋の中から思い通りの作品に仕上げるのに何がベストか?というのを追求するのが苦労でもあり、そして楽しくもあるんですよね。

 言い換えると撮影から現像まで手間と時間が掛かる作業で、また機材も多く場所も必要とするなど、生活に占める割合がかなり大きくなる趣味でもあります。社会人になって時間が減り、その割に多趣味は継続していたため少々身がもたなくなったこともあり、現像機材は友人に譲って趣味としての写真は一度放棄してしまいました。
 とまぁ一旦封印した趣味だったのですが、Twitter上で友人がアップしたモノクロ画像を見て妙にココロをくすぐられてしまったんですよねぇ~(汗)。粒子の細かいフィルムでエンジンとか木目のカチッとした写真撮ってみたいなーとか妄想に火がついてしまって・・・(;´Д`)
 まぁこういうエラそなこと言う前に、取り敢えず今の自分の手持ちのカメラくらい使いこなせてからにしろやって話でもあります(苦笑)。銀塩に比べて撮影感度の幅があったり色々と高い機能を有しているのですが、それ故にテキトーに撮ってもそれなりの写真が撮れることから、時間をかけて撮影することをしなくなりました。もうちょっと腰を落ち着けての撮影を再開してみようかしらん(;´ω`)
スポンサーサイト

過去を捨てるということ

 最近サボっていた部屋の掃除を再開しました。
 単純に散らかってるということもありますが、捨てきれずにいた物を思い切って廃棄し、生活スペースを増やそうというわけです。って、何度も同じコトを昔から言ってたんですけどね('A`)

 捨てきれずにいた物というのは、母親の「勿体無い精神」による生活雑貨(紙袋だのレジ袋だのボロ布だの)がメインなのですが、その勿体無い精神は確実に子供である私にも遺伝しておりまして、ロクに使わないどころか数年も目にしてすらいないものが後生大事に取ってあるわけです。
 以前ネタにしたかも知れないのですが、両親が亡くなって実家を引き払うことになった友人が、廃品回収・廃棄業者に言われた「1年以上目にしなかった物は捨てて良いものなのです」という、眼の覚めるような名言があったのですが、分かっていつつもなかなかコレが実行できないんですよね(;´Д`)
 1年というのは極端にしても、なるべくこの言葉に従おうと掃除を始めてみたのですが、もって生まれた性癖はなかなか治るわけもなく、色々と悩むことになるわけです。

→続きを読む

プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。