スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマホ買って最初にやること色々(HTL21)

 先日入手したスマホ(HTL21)の初期設定を色々行いました。
 きちんと携帯電話端末としてのスマホを入手したのは実は今回が初めてでして、既に所持している友人から貰った端末(REGZA Phone T-01C)は、キャリアの通話・メール機能を殺してWi-Fi通信オンリーで使っておりました。

 実際キャリア謹製の端末を入手してみてですが・・・相変わらず余計なものが多いね(;´Д`)
 吊るしで大体使える(らしい)iPhoneと違って、基本的にAndroid端末は自分が使い易いようにカスタマイズすることが前提です。まぁ自分の使い方に合わせて機械をカスタマイズせずに、機械に合わせて自分の使い方を慣らすというのもアリですが(笑)。
 こちらはカスタマイズ上等で入手しましたので、いろいろやってみました。エラそに書きましたが、ほぼ初心者といって間違いありませんので、これらは他の方の参考のために供するってものではなく、間違いや抜けてるところがあったら教えてくださいってのが目的ですな(^_^;

→続きを読む

スポンサーサイト

節約のために新機種ゲットというカオス

 長年使ってきたNTTドコモを見限りました(´Д`)y-~
 ホントは携帯電話のキャリアを乗り換えるのってやりたくないんですが、長期利用の顧客を尻目に新規契約者に対して万単位での端末値引き(場合によってはキャッシュバックもあり)や、それどころか月額負担額まで割り引かれるサマを見ていて、腹に据えかねて今回キャリア変更に至ったわけです。

 言ってみれば「ムシャクシャしてやった。割引するキャリアであればどこでも良かった」ってノリで、あくまでもトータルで月額負担が軽くなるからこその乗り換えです。最新端末を新たに入手した上にランニングコストまで落ちるってのは、有り難いけど何ともおかしな話でもありますね。
(もっともその恩恵も2年縛り契約の上での話であり、移った先でも2年以上の長期利用者がキャリアの養分化することに変わりはないですが)

→続きを読む

家庭内ネットワークシステム一新、、、に向けて^^;

※本日の記事は完全に個人的備忘録(別名:物欲妄想)です。PCに興味ない方はパス推奨^^;

 以前ここでも書きましたとおり、WindowsXPのサポート終了が来年4月に迫っています。
 我が家もそれを見越してWindows7も8も既に購入しているのですが、試しでテストマシンに入れたのみで、結局面倒でまだメインマシンに入れておらず、リプレイスは遅々として進んでおりません。
 これはまぁPCイジリが好きな人間の「言い訳にならない言い訳」なんですけど、今まで新しいOSを導入する時は、同時にマシンも必ず新調していたんです。ビギナーの方と違って、アップグレードインストールが「できない」のではなく「やりたくない」んですね^^;

 今使ってるマシンが中途半端に古いってのもあるかなぁ。ファイルサーバ以外は7や8に対応していますが、どうせ新しいOSを入れるならハードも換えたいなぁって思う程度には古いんですね。

 ・居間マシン・・・・Intel Core 2 Duo E7400(2.8GHz)+ Intel G45チップ
 ・メインマシン・・・AMD AthlonX2 4850e(2.5GHz)+ AMD 780Gチップ
 ・ファイルサーバ・・AMD GeodeNX 1250 (667MHz)+ VIA KM400Aチップ

 ファイルサーバのGeodeはK7アーキテクチャということで、さすがに古過ぎます^^;;;
 で、メインもサブも完全に二昔前です。過去に記事にした通り、最新のCore i5のCPUとLGA1155マザーボードは入手し組み上げていたのですが、実戦投入する前に知人に譲ってしまいました。そういえばクアッドコアのPhenomマシンも平蔵ちんに差し上げちゃったもんなぁ^^;

 そんなわけで、現時点でのマシンリプレイス案を立ててみました。先立つものが無いので、あくまでもプラン。妄想っすw

→続きを読む

FireFoxでのGoogle検索で文字入力がおかしくなる件

 メインマシンで最近Google検索の際に文字入力がおかしくなる症状が発生しておりました。
 簡単に言うと「タイプした以上にキー入力される」という症状で、最初キーボードが死んだのかな?と思いました。以前大事にしていたIBMのトラックポイント付きメカニカルキーボードにビールをこぼしてしまうという大ポカをやったことがあるのですが、その時の初期症状に似ているんです。

 ところが、このヘンテコな文字入力症状は、Google検索時でしか発生しないことが分かってきました。つまりハードウェアとは関係なさそうだということです。

→続きを読む

久々に脳天直撃 ~いなば・タイカレーシリーズ~

 4月からテレビ東京で「めしばな刑事タチバナ」って番組がはじまりました。食べ物を題材にした、言ってみれば「孤独のグルメ」の二匹目どぜうな番組なのですが、扱うネタがカップ焼きそばだとか袋ラーメン等と、「孤独の~」よりも更にB級グルメな番組ですわ。
 深夜に放送ということで、かなり飯テロな番組なんですが、この番組の第二回目(缶詰の回)で取り上げられた「タイカレー」の缶詰が気になったので、今日買ってきました。

→続きを読む

にんじんシリシリ

 だいぶ前に買った瓶詰めの「きざみにんにく」が、2,3回使ったっきりで冷蔵庫で眠っていることに先週末気付きました。賞味期限はもうちょい先ですが、真っ白だったはずのにんにく殿が微妙に変色しつつありましたので処分せねばなりません。
 そんなわけで焼野菜炒めだとかパスタだとか色々やってきたのですが、そろそろネタ切れになってきて「さぁどうしよう?」となったのですが、友人エヌ氏がTwitterで「にんじんシリシリ作ったら美味かった」ってつぶやきがあったので作ってみました。

 そもそも「シリシリ」ってなんやねん?って話ですが、沖縄の方言で「千切り」のことらしいです。つまり沖縄の郷土料理ってワケ。

→続きを読む

「探偵はBARにいる」を見たつもりだったのですが・・・

 ホントたまたまだったのですが、前回ココで水曜どうでしょうネタを書いたすぐ翌日に大泉洋主演の映画「探偵はBARにいる」がTV放映されました。
 私自身は「どうでしょう」を楽しんで見ているものの、特段大泉洋のファンというわけではなかったので気に留めてなかったのですが、たまたま放映時間前に思い出したので慌ててHDDレコーダに録画開始しました。

 で、録画したのを今日見たのですが、いやぁこれは面白い。期待してなかったこともあって余計に(笑)。先週、平野耕太氏が「昭和の角川映画臭くていいよ」なんて言ってたのですが、どちらかと言うと角川ではなくて、松田優作の「探偵物語」(TVの方ね)とか萩原健一の「傷だらけの天使」とかの方向かなぁと。まぁとにかく昭和臭さが確かにありました。
 主人公が酒と女には弱いが自分の流儀や美学を持っている探偵というところも含めて、ストーリー展開も音楽も上述の作品群の韻を踏んでいて、洒脱でありアクションもあり、ちょっと退廃的ながらエンターテイメント性も高い秀作・・・だと思います、多分。


 なんで突然歯切れが悪くなったかと言うと・・・

 エンディング手前のクライマックス途中で録画が切れてたの(;´Д`)


 なんとハードディスク容量が足りなくなって録画中止になっていたのでした(滝汗)。
 ネタバレにはならないと思いますが、切れた箇所は小樽駅での手紙のモノローグの途中。切れた時の脱力&ガッカリ感は、映画をご覧になった方には良くお分かりいただけるかと思います(^_^;

 というわけで、実は私にはこの映画について語る資格はまだ無いわけですが、一つだけ。
 これ書くとエラい反発食らいそうですが、大泉洋の主演というのは、この映画の大きなウリであるのと同時に、最大の欠点でもあるなぁと私は思いました。
 「コメディ要素が強いけど根っこはハードボイルド」というのが、このテの作品でよくある主人公の特徴で、その『二枚目半』という役割が上述の松田優作にしてもショーケンにしても見事にハマっていたのですが、いずれも基本は二枚目であって、それ故に二枚目『半』の部分が引き立っていたんじゃないかと思うんです。それに比べて大泉洋はスタートが『三枚目』って印象が強いので、どうしても違和感が拭えないのです。

 これはまぁこの映画に限った話でしたが、もっと決定的というか根本的なことを言ってしまうと、映画であろうとドラマであろうと時代劇であろうと、大泉洋がどんな役を演じても私には浮いて見えちゃうんですよね。
 これは彼が演技下手だとか素人臭いって話ではありません。むしろ演技は上手いと思うのですが、どんな役をやっても、その役ではなく「大泉洋」に見えてしまうんですよね。私にとって彼は「俳優」でも「芸人」でも「タレント」でもなく、何をやっても「大泉洋」そのものとしか認識されないようになってしまっているんだと思います。

 悪い言い方をすると「役者」ではなく「水曜どうでしょうの人」というイメージが抜け切らないということですが、これは言い換えると一人の人間として「ものすごい存在感」であるとも言えるんですよね。
 それが故に、この人は色んな役を経て何十年かしたら実は誰にも代えがたい凄い役者になる可能性を秘めてるかも知れません。まぁ「一生どうでしょうします」とも言ってたので、最後まで「どうでしょうの人」が抜け切らない可能性も大きいですが(笑)。

 

昔から馬鹿でした ~水曜どうでしょうな僕たち~

 無気力が昂進しておりまして、ここ最近DVDを見てばかりです。
 見ているのは北海道ローカル番組の「水曜どうでしょう」。めっきりテレビというものを見なくなった私がバラエティ番組の話をするのは極めて珍しい話なのですが、逆に言うとコレとタモリ倶楽部以外はテレビを見る機会が殆ど無いと言ってもいい状態でもあります(^_^;

 とはいえ「水曜どうでしょう」は北海道ローカル番組である上に、レギュラー放送は既に10年以上前に終わっている番組なのですが、今となっては全国区タレントとなった大泉洋の出世作ということで、カルト的人気で全国各地で何度も再放送されており、また数年置きに単発で新作が作られてもいます。(どうやら新作が近々放映されるらしいですね)
 番組での言葉を借りて簡単に言えば「旅バラエティー」なのですが、サイコロ振って出た目だとか無作為抽出した絵葉書やカントリーサインなどで旅先を決めるといった、極めて「馬鹿」要素の高い番組です。

 この「お馬鹿な番組」が万人にウケるのかは分かりません。細かいこと言えば色々突っ込みたいところは沢山あるアナだらけの番組なのですが、しかしそれでも私には十分にハマれる要素があったのです。

→続きを読む

プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。