スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裏切られて、北陸路 ~金沢旅行・一日目~

 #前夜からの続き

 予約していた夜行急行「能登」が運休となり、ガッカリしつつ金沢を目指して朝一番に出発しました。しかし、JR東日本の運行状況案内によると、越後湯沢から金沢に向かう特急「はくたか」号は、朝一番の2号を除いて全て運休決定とのこと。何ゆえ朝一番の列車だけ動いているのかが謎です。これはワナではないだろうか・・・^^;
 この「はくたか2号」に間に合うには、東京発7時の「Maxとき303号」に乗れば十分なのですが、はくたかの指定券を取っていないことから、自由席慣れしている景勝はメシ抜きで東京発朝一番(6時8分)発の「とき301号」に乗ることを主張。これが後々楽をする大正解チョイスでした。



 越後湯沢駅にて。細部は異なりますが、東海道新幹線から退役した0系新幹線と同じシルエットの200系新幹線です。団子っ鼻フェイスが懐かしいですねぇ~。
 越後湯沢で上越新幹線を降り、北越急行に乗り換えます。そこはもう既に雪国でありました。



 越後湯沢の在来線ホームにて。雪かき車が働いておりました。こりゃ列車が止まってもしゃあないわなぁ^^;
 特急「はくたか」の自由席を待つ列に並びましたが、新幹線でご飯を食べてなかったので、4人のうちで交代で朝ご飯を買いにいきました。こういう時は多人数いるのは有難いですね。
 朝早いこともあって食べる店が開いておらず、みんな駅弁を買ってきました。最後に私も駅弁を買ったのですが、その時丁度8時を過ぎまして・・・
 


 立ち食い蕎麦屋が開店。山菜そばでやんす。大雪で寒かったこともあって、つい蕎麦を頂いてしまいました。駅弁買ったのに何やってんだか・・・^^;

 そうこうしているうちに、雪の中1時間も待った特急「はくたか」2号がやってまいりました。



 雪、全く降り止まぬ・・・であります。
 この入線時には客はほとんどおらず、わざわざ1時間も雪の中で待つ必要あるんかな~と思っていたのですが、発車10分前になって、突然客がモリモリ乗ってきてビックリ! 当初乗る予定だった「Maxとき303号」からの乗り換え客でした。発車時には座れず立つ客も出る始末。一本早目の新幹線にして大正解でした。



 立っている皆さんには申し訳ないですが、席に座ってノンビリ駅弁を頂きました。「ほくほく弁当」800円也です。景勝を除く3人が駅弁を買ったのですが、3人共コレを買ってきたのにはビックリ。駅弁屋のオヤヂの「炊きたてのホカホカですよ~」という文句に3人共釣られてしまったってわけで^^;;;
 ビジュアル的には派手さはないのですが、山菜醤油ご飯といい、おかずの味噌焼きの鮭といい、付け合せのぜんまい煮といい、地味な見た目に反して結構高レベルでありました。

 「はくたか」号は富山の高岡で下車し、ローカル線の城端線に乗り換えました。何の目的があるわけでもなく、未乗のローカル線を乗り潰すという、およそ一般人には理解しがたい鉄ヲタの旅であります^^;



 終点の城端(じょうはな)駅にて。沿線風景は取り立てて面白いものではありませんでしたが、この終点は雪深くていい雰囲気でした。
 同じ列車で高岡まで戻り、今度は別のローカル線の氷見線に乗車しました。やはり単に乗り潰しだけの移動。全くもって一般人には理解できない行程であります。
 氷見線の車両は、なんか妙に派手なカラーリングでありました。



 「忍者ハットリ君列車」(爆)
 なんでも富山県高岡市は漫画家の藤子不二雄先生の育った土地とのことで、それにあやかったラッピング列車のようです。それは良いのですが、カラーリングのみならず車内の案内放送までハットリ君の声優(堀絢子さん)が観光案内していてビックリ。正直うっとうしいかも(苦笑)。観光客は一度きりでいいですが、普段から通勤通学で使っている人たちはタマらんでしょうなぁ・・・ニンニン。



 氷見線は極めて距離の短いローカル線ですが、途中はこんな感じの海岸線を走り、結構雰囲気のいい路線であります。本当は終点の氷見で名物の寒ブリを頂くつもりでしたが、夜行の「能登」に乗れなかったことで予定が狂ってしまい、お昼時に来ることができませんでした。次こそは是非・・・

 これにて本日の「鉄旅行」は一旦終了。今晩の宿の加賀温泉郷・山中温泉に向かいます。



 本日のお宿の「湯快リゾート ホテル大黒せせらぎ亭」です。元は一流旅館だったようなのですが、廃業となった旅館を観光会社が買い取り、食事をバイキング形式に統一したり、仲居による案内を省くといったコストダウンによって、一泊二食付きで7,800円という低価格で提供するようになったそうです。
 更に、会社の福利厚生で提携してるもんですから、一泊二食7,800円が、会員だと4,800円と更に安くなりました。同行者の友人もビジター扱いで5,800円! 一流の温泉旅館に準じた施設がこの値段ってのは大変リーズナブルです。

 宿に落ち着いたところで、問題が発生。なんと、デジカメが壊れてしまいました!
 症状は、背面の液晶画面が表示されないという致命的な破損。しかし、カメラ自体は生きているようですので、ファインダーなしのスナップショット(いわゆるメクラ撮り)で何とかしのぐこととしました。



 問題のバイキングの画像。メクラ撮りでしたが、問題なく撮れてました。助かった~^^;
 肝心のお味の方ですが、ビックリするほどではありませんが十分です。バイキング形式で回転が速いので、作りたてを取ることができ、下手な旅館メシよりずっと良いです。


 食後はしばらくまったりし、ひとっ風呂浴びて就寝しました。鉄だらけの一日が終了。おやすみ。。。

2日目に続く。。。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。