スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茹でもやし

 猫将軍のさっと一品~♪ (´ω`)ノ

 度重なる馬鹿食いのツケで、最近かなり「育って」しまっています(汗)。
 故に、晩御飯のボリュームをなるべく減らさねばなりませんが、かと言って急激に減らして栄養価を落とすわけにもまいりませぬ。
 そこでチョイスしたのが「もやし」であります。野菜の中でも最も安い上に極めて栄養価が高いもやしを、油を使わずに茹でてみましょう。

≪作り方≫
1.鍋にもやしを食べる分だけブチ込み、水を浸して火をかける。
2.沸騰したら十数秒後に火を止め、ざるにあげて湯を切って出来上がり。
3.あとは好みで適当に味付け。ここがポイントですだ。

 もやしを茹でる際、沸騰した湯から茹でるとしなしなになりますが、水から茹でるとシャキシャキに仕上がります。ここらへんは好みで使い分けませう。
 味付けについては、茹でもやしは水分が多めなので、比較的濃いめの味付けの方が良いですね。一番簡単なのが中華ドレッシング。面倒でなければ、酢醤油にラー油、あるいはゴマ油を足すと、ツマミにもってこいであります。油分を使いたくなければ、ゴマだれドレッシングや酢味噌なんかも良いですな。

 今回、ワタシクはコレを使ってみました。



 最近流行りの、桃屋の「辛そうで辛くない少し辛いラー油」です。
 おいおい、一体どっちなんだよ・・・と、思わずツッ込みたくなるネーミングですが、実物を見る・味わうと、確かに「見た目は辛そうだけど、実はそんなに辛くない、とは言ってもラー油なのでちょっとは辛いよ」という商品でした。
 そんなことより、コイツは実はラー油がメインではなく、フライドガーリックがキモであります。中に入っているカリカリのガーリックが実に美味いのであります。



 茹でたてのもやしに酢醤油を垂らし、フィニッシュにこの「辛そうで(以下略)」を掛けて出来上がり。いやぁ~、こりゃおかずにもツマミにも抜群でありますことよ!

 調子にのって、「辛そうで(以下略)」を他のものにも使ってみました。



 水餃子に掛けてみました。
 最近、焼き餃子よりも水餃子が好みなんですが、これにもバッチリ合いますね~。

 って、元々もやしネタだったはずなのに、気付いたらラー油ネタになってますな(笑)。このにんにくラー油、何にでも合いそうなので、色々試してみたいと思います。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。