スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KSRで会津ツーリング ~一日目~

 先日の秋葉原での呑みで、GGだっしゅ氏と計画した「悪だくみ」を実行しました。またもKSRで東北へGO!であります。
 目的地は福島県は郡山。何故に郡山かは後述するとして、今回は現地集合です(笑)。それというのも、だっしゅ氏は昭和の日からお休みでしたので、前日30日からひと足先に先行なさいました。奴が前日にどこに行くか、そして私がどこを経由していくかは、それぞれ内緒。郡山で合流して答え合わせをしようという趣向です。

 さて、私は5/1からお休み。4時起きのつもりだったのですが、軽く寝坊して5時半に起床で、結局6時出発となりました。ルートは、途中までは先週の矢祭山観桜ツーと同様の国道294号線をチョイス。茨城・守谷の吉野家で朝飯を摂り、あとは一気に北上です。真岡>国道408号>宝積寺>国道4号>片岡>県道30号>塩原から国道400号に入りました。
(今回も「諸般の事情」により、時間は記述せず^^;;;)



 塩原は滝が無数にあります。そのうちの・・・名前なんだっけ? 国道沿いにあるナントカ滝です^^;



 標高が高いこともあって、散り気味ではありましたが塩原は桜が健在でした。
 この後、尾頭トンネルを抜けて国道121号に入って南会津に出ます。非常に非常に気持ちいい道ですが、寒い(苦笑)。峠では温度は9℃を指しておりました。これ以上北に行ったら、僕は死にます(笑)。


 会津若松の手前で、最初の目的地です。



 会津鉄道の芦ノ牧温泉駅です。ここは、とあることで有名になった駅です。



 猫提督ならぬ猫駅長がいる駅なのです。猫の駅長といえば、和歌山電鐵貴志駅の「たま駅長」が有名ですが、こちらは「ばす駅長」です。「となりのトトロ」の猫バスから「ばす」の名前が付いたのだとか。
 彼を一目見ようと、ローカル鉄道の地方駅としては異例なくらいのお客さんが来ていました。しかし、残念ながら駅長さんは見廻り(つまり散歩^^;)ちう。皆さん、ガッカリしておりました。

 とまぁ、猫の駅長で有名な駅ですが、実はワタクシ、25年前にこの駅に降り立ったことがあるのです。当時は国鉄会津線の「上三寄」という駅名でした。



 構内踏切や木造駅舎を備える、古き佳き駅です。基本的に25年前とほとんど変わっておらず、懐かしさのあまりちょっと目頭が熱くなりました。



 この駅は周囲に桜が沢山植樹されており、緯度が高いこともあって最も見ごろでした。
 丁度列車が来るということで、写真を撮ろうかと思ったのですが、ばす駅長効果もあってか人が一杯でしたので、駅から離れたあぜ道で撮影してみました。



 キハ8500系気動車。元々名鉄の特急『北アルプス』用の車両だったそうです。



 先ほどの芦ノ牧温泉駅で列車交換だったため、反対側からも列車が来ました。手前に信号機器があるのが残念画像です(´・ω・`)
 会津鉄道 AT-400形気動車で、元々国鉄のキハ40を展望車に改造した車両です。画像をクリックすると大きな画像が出ますが、先頭に親子の微笑ましい姿が見えます。


 ここから約1時間で会津若松市街に入りました。ようやく昼ごはんです。



 会津若松と言えば「ソースカツ丼」。すみれ食堂のソースカツ丼950円也です。
 結構な値段ですが、なんと言ってもカツのボリュームが素晴らしい!



 キャベツを敷き詰めたご飯の上に、とっても柔らかいソースまみれのロースカツが3枚も乗ってます。何が良いかって、このソース! むせるような酸っぱい匂いなのですが、食してみると甘いんですよ。これがご飯に合うんですね~♪
 店のオヤジさんは多少耳が遠いらしく、そしておかみさんは元々なのかな? あまり愛想がよろしくなく(苦笑)、客商売としては微妙ですけど、味が良いってのは正義ですね^^;

すみれ食堂
住所:福島県会津若松市城前9-53
営業時間:9:00~14:00、17:00~19:00
定休日:不定休
(詳細地図)


 お腹も満足したので、ここから郡山に向けて走り出しました。



 磐梯山を背景にパチリ。山頂には雪が残っております。
 このまま国道49号で下りても良かったのですが、ちょっと寄り道してみました。国道115号線を上がり、途中沼尻で県道24号線に入って母成峠を通り(因みに峠には残雪がありました^^;)、磐梯熱海に至るというルートを使ってみました。
 なぜこっちを通ってみたかというと、大昔・・・大正時代から私の生まれた1968年まで運行していた「沼尻鉄道」と通称された磐梯急行電鉄が通っていた路線だからです。
 さすがに40年も前に廃止になったこともあり、線路はおろか、廃線跡を辿るのも覚束ないですが、道路から外れたところの並木だとか、ところどころで痕跡を見ることができました。



 母成峠を下り切って磐梯熱海ICの近くにあった高司神社。社の規模は小さいですが、非常に綺麗な桜が咲いておりました。なんか、ものすごく気に入った神社です。敬意を表して、ちゃんと二礼二拍手一礼でお参りしました。
 小さい社ですが、なんでもゴオルデンウィーク中に「十二神楽」という神楽の奉納をやっているそうです。見れなかったのが残念。


 ここからは国道49号でストレートに郡山まで。郡山駅東口のビジホの「アルファーワン」でだっしゅ氏と合流しました。
 やっとこのネタですが、何故に郡山で合流・宿泊?というところですが、ホルモンが滅茶美味しい店があるという情報をキャッチしたのでした。それだけで東北まで原付で行くかね^^;



 「ホルモン・大豊」さんの本店です。力一杯商い中だとか(笑)。だっしゅ氏から予てより聞いていた店で、このためだけに郡山へ行こうという話になったのであります。



 塩ホルモンで乾杯! 実はワタクシ、肉の内臓系は言うほど好きではないのです。しかし、しかし! これはエンライ美味かった! 疲れていたのに、ビールが進む君です。

 この店で呑みながら「答え合わせ」。私は上に書いた通り塩原・会津経由でした。だっしゅ氏は、なんとカブで前日米沢まで行き、今日はJR米坂線に沿って日本海に抜け、勝木というところまで行ってから郡山まで戻ったのだとか!
 因みに勝木(がつき)とは、「ギアいじったっけ、ロー入っちゃって、もうウイリーさ!」な場所だったりします。一部の方にしか分からないネタでした^^;


 で、大豊さんの続きです。



 「とろとろ焼き」。食感は脂身のような感じなのですが、味はしっかりしているのです。これはヤヴァいです。ホントにヤヴァい。
 何がヤヴァいかって、、、



 やっちまった^^;
 どう味わっても、これはご飯に合います。本当にありがとうございました。いや、これでご飯を頼まなければ、悔いを百年に残します。
 改めて断言しましょう。「これだけの為に郡山に行っても良い」と。

ホルモン大豊 本店
住所:福島県郡山市大町1丁目2-9
営業時間:17:00~4:00 (日祝24:00まで)
定休日:年中無休(正月除く)
オフィシャルサイト:http://www7.plala.or.jp/taiho/
(詳細地図)


 大豊さんでヤラれてしまいましたが、郡山駅前には大豊さんに負けず劣らず魅力的な店が一杯ありました。ホテルに帰る道すがら、色々と確認。



 手前のもつ焼きの店も良いですが、奥の二八蕎麦の店も魅力!



 こちらはホルモン屋さん。郡山、侮り難し!


 これだけ食って呑んで、まだ20時半です^^;
 しかし、さすがにロングツーリングだったこともあり、疲労の蓄積は半端ではありませんでした。ホテル一階にあるコンビニで酒を買い、部屋で一時間ほど軽く呑み会をして、あっさり撃沈。
 よぉ~く眠れましたよ^^;

二日目に続く)
スポンサーサイト

Comment

お付き合い、ありがとうございました。

悪の首謀者でございます。
お疲れ様でした。
しかし、まさか初日に会津鉄道方面へ行くとは…。

最初の予定では、郡山二泊と思っていました。
仙台のニッカ工場を考えていましたが、呑みの席で「作並…」と出た時点で止め。
いっその事、昔立てた計画に沿って勝木までと。
一気に走ったのは良かったですが、こっちもエライ寒さでしたよ。

大豊さんは良かったですな。
とろとろonライス+キムチが忘れられません。
あれであの価格は、パワー炸裂と言ったところでしょう。
郡山ビジネスパックツアーをやろうかな。

お疲れさんでした!

>だっしゅどん
いやいや、まさかといえば旦那の方も十分ですぜ^^;
あそこは一度は攻略したいポイントですからね~。

おぉ、そういえば大豊さんのネタで値段のことを書くのを忘れてましたわ。
あれだけドカ食いしておきながら4千円にも満たないってのは驚異です。

今度は水郡線使って日帰りやってみるかな。。。
店からの帰りに新幹線があるのを確認しましたしね(爆)
非公開コメント

プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。