スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

味覚とは奥が深いものです

 時々疑問に思うことがあります。酒って美味しいものなのでしょうか?


 ・・・と、いきなりヘンな問いかけですが、たまーにフト考えてしまうんですよ。だって、考えてもみてください。ビールなんて単にシュワシュワした苦~い飲み物でしかないじゃないですか。ワインなんて葡萄の風味だけ残ったエグい飲み物です。バーボンに至っては、魚の臭い消しのために内側を焼き焦がした樽に詰めたアルコール水ですよ。なんで、こんなものが美味しいって言えるンですか!?


 それが美味しいって思えるから、酒ってのは不思議だし面白いんですよねぇ~(苦笑)。
 勿論、酒が不味いし呑めないって方が大勢いるのも確かです。そうした人たちがおっしゃるところの「苦い」だとか「アルコール臭い」などという感覚も十分分かるんです。しかし、それがまた「美味い」と思ってしまうのだから、酒飲みってのは分からないものです。自分のことですけどね^^;



 先日の福島ツーの帰りに買った結城の地酒「武勇」と、これまた先日悪魔のくすりやさんから頂いた「山うど漬」の飲兵衛セットです。少し苦味のクセのある山うどは、この純米酒にバッチリ合います。
 で、酒(武勇)の方がまた、甘口っぽい芳醇さがありながらすっきりした辛口でヒジョ~に美味い! バイクだったので一升ではなく300ml瓶しか買えなかったことを返す返すも後悔する美味しさです。


 あぁ、でもなんで酒って美味しいんだろうなぁ^^;
 昭和の文豪の坂口安吾氏は、「カストリを飲む会」なんてのをやっていながら、実は「酒の味は嫌いだった」のだそうです。堕落論だったかなぁ・・・何に書いていたか忘れましたが「酒は美味くない。ただ酔うために鼻をツマミながら飲むのだ」という趣旨のことを書いていました。
 氏の作品は好きなのですが、この言葉は理解半分・不可思議半分ですな。というか次元が違うかな。シラフで常識で考えると美味しいと思わないんだけど、いざ飲んでみると「美味い」のであります。酒ってやつは本当に不思議な液体であります。。。
スポンサーサイト

Comment

旨いのです

農学部発酵工学系の出身として言わしてもらえれば,酒造りは,天然素材が微生物の力で物質変換を受ける過程で旨味成分が云々・・・というのはともかく,旨いものは旨いんだから仕方ないです(汗)。

自分が思うのは,酔って精神的にリラックスすると,あまり細かく考えずに酒を旨いと思えるし,あれこれクセのある味でも受け入れられるので,料理との相性を素直に受け入れられるのかなー,なんて。わかりやすい例でいえば,ブルーチーズなんて素面じゃ臭くて・・・と思いますが,ワインで準備運動したら旨いのなんのって。同様に,琵琶湖名産の臭い食べ物の名物,鮒ずしは日本酒との相性が抜群です(僕の亡き祖父もこの組み合わせがお気に入りでした)。機会があればぜひ一度お試しを。ということで,酒万歳!

なれ寿司には慣れてませんでして(ぉ

>Tori博士
子供の頃と大人になってからで味覚が異なってますが、酒も何らか関連性があるんでしょうかねぇ。今回ネタにしたウドなんて子供の頃じゃ勘弁だったはずですからねぇ。
鮒ずしはねぇ・・・理屈は分かってはいるのですが恐ろしいですねぇ。なかなか手が付けられないでいます(笑)。金沢に「蕪(かぶら)寿司」ってのがありまして、蕪と鯖でのなれ寿司なのですが、召し上がったことはありますでしょうか? こちらの方がハードルが低いらしいので、こっちでまずは度胸試ししてみるか・・・と思っていたところです^^;
非公開コメント

プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。