スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京風にしん蕎麦 ~大垣・酒井亭~

 幕張時代に世話したサイトオ君から出勤時にメールが来ました。なんでも休みを取ったので輪行して京都に行くのだとか。チャリは京都から岐阜まで乗るのだそうです。
 で、メールに曰く「なんかいい店ないッスか?」とのこと。最近こんなパターンばっか(笑)

 というわけで、GGだっしゅ氏の協力も得つつ、京都・彦根・岐阜の情報をメールで投げました。その中の一つがココです。



 昨年の冬に訪れた岐阜県大垣市の蕎麦屋「酒井亭」さんの鰊(にしん)蕎麦定食です。値段は忘れてしまいましたが、ノーマルのにしん蕎麦が950円也なので、確か1,200円前後だったかなぁ・・・コストパフォーマンスとしてはまぁまぁですが、中京地区にありながら京風のダシの上品なツユで、かなり満足できる一杯です。
 しかし、この画像、どこがニシン蕎麦?って感じですね^^;



 わざわざ掘り起こしてパチリ(笑)。甘露煮風に煮しめたにしんが丸々ごろんと入っております。これが京風のダシ汁にしっかり合うのですな。



 京風のツユの蕎麦屋ということで、店内に入るとダシのいい匂いが漂っています。この匂い、やはり関西で育った人間には非常に懐かしいですね。おかみさんは京ことばで接客なさっており、インテリアも豪華ではないですが品が良くて、ウチのブログでは珍しく(笑)ご家族にもお勧めなお店です。

蕎麦舗 酒井亭
住所:岐阜県大垣市御殿町1-52
営業時間:11:00~15:00
定休日:日曜休
(詳細地図)
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。