スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洋菓子でドリンク天国♪

 謎のタイトルですが、しばらくお付き合いを^^;

 ウチのブログで、つい「甘味」なんてカテゴリを作ったものの、そんなに記事にすることなんかあるんかなぁ・・・なんて思っておりました。ところが、僅か1ヶ月あまりで既に4件ものエントリが! 自分で書いておきながら何ですが、「酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし」というプロフィールの通りですがな^^;
 というわけで、今回のお話。



 先月ネタにした市川南の「モンペリエ」さんのシュウクリームです。仕事があるので平日はなかなか手に入れられないですが、土曜の朝ならゲットできます。
 カスタードクリームをお尻から入れるタイプではなく、昔ながらの蓋付きのタイプです。昭和40年代のドラマ「ケーキ屋ケンちゃん」のオープニングの歌で『シュウクリームはねっ、フタですくって食べるんだ♪』って歌詞がありましたが(って、どれだけの方が覚えてますかね?^^;)、まさにこのタイプのシュウクリームのことを歌っていたわけです(かなりどうでも良い話^^;)。
 シュウは多少堅め。クリームは例のコルネと同じと思われますが、トータルバランスではサクサクパイ生地のコルネの方が、より合ってるように思えましたね。

 折角なのでコルネも購入し、骨折から復帰したSoukoさんの快気祝い、それとコルネのネタの際にコメントをくださったあつこ☆さんにお裾分けすることにしました。折角なので、、、なんて書き方しましたが、実際のところ自分で食べたかったので、何かと理由つけて人様もハメようというのが本音だったり(笑)。


 で、それが土曜のお話。
 翌日の日曜は、前エントリで書いた鰻の会でしたが、その際にSoukoさんとあつこ☆さんからお返しをいただきました!
 Soukoさんから頂いたのがこちら。



 北海道は余市の吉川農園謹製のトマトジュース「凛花」です。
 トマトジュースは私の大好物ですが(因みにGGだっしゅ氏が唯一口にすることができない飲み物でもあり^^;)、コレはめっさ濃厚で、しかも完熟トマト特有の甘みがあります。北海道に行った時に、鷹栖町のオオカミの桃という品種のトマトのジュースを飲んだことがありますが、あれと同じくらいの濃厚さ! で、それよりも塩加減が絶妙で、今まで飲んだトマトジュースで恐らく一番と言って良いでしょう。

 んで、あつこ☆さんから頂いたのがコチラ。



 お手製のシソジュースです。和友までSanoさんにご持参いただきました。
 ペットボトルで原液をいただきまして、ソレを水やソーダ、酒で割って頂きます。これを作ったとブログでネタになさってまして、ウチも祖母が作っていたので懐かしい・・・というレスを私がしたからでしょう。お裾分けしてくださった次第です。
 いや~~、こりゃ懐かしい! 砂糖とクエン酸だけで味付けしていくそうですが、こればっかりは市販品になかなかない味です。何度も言いますが、プロフィールにある通り酸っぱいものも私は大好きなので、こりゃタマらんですたい!

 なんかコルネで一個で、ものすごく幸せな気分を味わうことができました。これを「わらしべ長者」って言うんでしょうね(爆)。本当に良いモノをありがとうございました!>Soukoさん&あつこ☆さん
スポンサーサイト

Comment

気持ちですから♪

シソジュース、喜んでいただけてよかったです♪
『懐かしい』けど『好き』と違ったらどうしよう…と不安でした。(汗)
一回に約2.5リットル強出来るんですよ~。
結構な飲み応えです^^。
2本くらい差し上げた方がよかったかしら♪

ありがとうございました!

>あつこサン☆
本文でも書きましたが、類似したものが市販品でなかなか無いんですよね。
紫蘇は花粉に効くとのことで、春先には結構店頭に紫蘇ドリンクが並ぶんですけど、季節モノである上に、酸っぱさが殆ど無くて「生ぬるいわッ!」と、思わずちゃぶ台返ししたくなるヘッポコさですからね~。
#う~ん、自分でも作ってみようかすらん。。。
非公開コメント

プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。