スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【参院選資料】 各党政策・マニュフェスト比較

 各党の参院選公約・マニュフェストへのリンクを貼り付けておきます。
 寸前ではありますが、まだ間に合います。全国的に雨らしいですが、じっくり吟味して必ず投票に行きましょう。

○毎日新聞社がまとめた公約・マニュフェストの要約
 民主党自由民主党公明党社民党共産党
 国民新党みんなの党新党改革たちあがれ日本

○各党オフィシャル(PDF、共産党とみんなの党はHTML)
 民主党自由民主党公明党社民党共産党
 国民新党みんなの党新党改革たちあがれ日本

 恐らく一番私らの生活に直結している「経済の建て直し」に関しては、見事にボヤけてるなぁって印象です。そこへ直結する財源の確保については、やはり消費税が注目点でしょうけど、こちらも一部の政党を除いて「税制を抜本的に改革する」的なぼんやりニュアンスが多い感じですね。


 さて、またまた余談。政策の内容が重要ではありますが、マニュフェストでの見せ方にも党の性格が見え隠れしていて面白いです。公明党は多岐に亘って述べられているものの、長々と書いている割には具体的じゃなかったり、みんなの党・新党改革はどちらかというと経済寄りで、たちあがれ日本はイデオロギー主導だとか。
 で、まとめてみて気付いたのですが、、、

○外国人参政権
賛成:公明党、社民党、共産党
反対:自民党、国民新党、みんなの党、たちあがれ日本
表明せず:民主党、新党改革

○夫婦別姓(選択的夫婦別姓)
賛成:公明党、社民党、共産党
反対:自民党、国民新党、たちあがれ日本
表明せず:民主党、みんなの党、新党改革

 上に書いたとおり、みんなの党と新党改革は経済寄りの政策重視としているからなのかも知れませんが、民主党がこれらの政策に全く言及していないのは実に奇妙です。
 どちらも早期実現を目指していたはずですが、今回のマニュフェストで外したということは、政策を改めたということでしょう・・・あーウソウソ(笑)。反対表明していない以上、保守層を取り込もうとした意図的な隠蔽であり、悪質な選挙対策に他ならないですな。ひどい話ですわ。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。