スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありえねぇぇぇぇぇぇ!!

 う~ん、政治ネタはあまり書きたくなかったんですけどねぇ・・・
 というか、政治というには、あまりにもレベルが低いネタなのですが、呆れると同時に、この事実は広く知られるべきと考えますので、取り敢えず書きました。今日は酔っ払ってません。

 本日、菅改造新内閣の閣僚名簿が発表されましたが、消費者・食品安全・少子化・男女共同参画担当大臣に岡崎トミ子が指名されたのだとか。
 それもどうかと思うんだけど・・・国家公安委員長兼任ってどういうこと!?

 一体こいつは何者かというと、韓国での日本大使館(日本政府)に抗議するデモに現職議員として公費で参加した非常識極まりない人間です。
 人の考えはそれぞれなので、奴の思想の是非をどうこうはいいません。しかし、少なくとも日本の国会議員が自国に対する他国のデモに国家予算を使って参加するってのは、思想の是非云々以前の話です。国会議員であれば、その役職の中で誤りを糾していけばいいだけの話です。
 自分の理想や信念を優先し、やってはならないことを区別できない公私混同の人間が国務大臣に就任するということ自体も問題ですが、よりにもよって国家公安委員長とは・・・鶏小屋を狐に番させ、自宅の鍵を泥棒に預けるようなもんですよ。
 官僚主導が問題とされる昨今ですが、こればっかりは官僚に頑張ってもらわんとなぁ(苦笑)。

 それにしても、民主党って何でここまで突っ込みどころ満載なんですかね?
 野党時代の議会論戦から政権与党になってからの政策に至るまでタチの悪いギャグ満載でしたけれど、組閣自体もオカシイもんなぁ。今回の件もそうだけど、前内閣時代の法務大臣に「死刑廃止を推進する議員連盟」に所属していた千葉景子を指名したことなんて文字通り噴飯モノでしたもんね。
 これは死刑反対の是非の話ではなく、現行法に定められた死刑執行を指示する職責がある法務大臣に、死刑反対を明言している人間を指名したということ自体が大きな間違いなのです。事実、議員在職中(こないだの参院選で落選するまで)は、一度も死刑執行のサインをしませんでした。
 これでは、同じ死刑廃止派である菅首相が、死刑反対を唱える千葉を法務相に据えて死刑執行を停止しようとしていると勘繰られても仕方ありませんな。

 重ねて言いますが私が死刑賛成なので「執行命令せよ」と言っているわけではありませんので念のため。たとえその人にとって悪法であっても、法務大臣への任命をひとたび拝命したからには、法に定めるところの職責を全うせねばならない、ということです。
 死刑執行命令は法務大臣の権限ですが、同時に「義務」でもあるのです(刑事訴訟法475条2項。但し死文化しており議論の余地がありますが)。前述の岡崎の例もそうですが、特定の政治家の思惑や思想で行政や法の執行が曲げられることがあってはならないのです。

 因みに千葉大臣。信念を持ってか執行署名にサインしなかったのですが、先の参院選で落選して非議員の大臣となり、「国民から不信任とされたのだから大臣を辞めるべき」との声が上がった途端、2名の死刑執行を指示しました。
 本人は「根本からの議論が必要と感じた」と問題提起のためと受け取れるような発言をしましたが、死刑廃止派からは「変節」と非難され、廃止派以外からは「法務大臣であることを示すポーズ」と嘲笑されました。2名の死刑囚は、思想からの信念でも、法理念の厳格な適用でもない、なんの重みもない一人の人間の「都合」で執行されたわけです。


 そんな千葉法相起用を上回る今回のネタ。
 自国への反体制運動家が、自国の警察組織のトップですよ。こんなギャグはどこの国探しても無いでしょう。もう終わってますよ、この国。。。
 この非常識でヒワイな民主党漫才、一体いつまで続くんですかねぇ?

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。