スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酒と泪と煙草と男

 10月になりました。10/1を以って、たばこ税の増税に伴い煙草も値上げになりましたね。私も喫煙者ですが、買いだめは特にしていません。これを機に禁煙する!・・・ってつもりもなく、実のところ何も考えていません。まぁ、本数を減らそうとは思ってますけどね。

 非喫煙者に言わせれば、何でそこまでして吸うんだ?と思うでしょう。臭いし体に悪いし、百害あって一利なしでとよく言います。
 それらはまぁ、ある意味もっともなんですけど、一方で大きなお世話です。「煙を吸って何が美味いのか?」。そりゃアンタが知らないだけで、美味いんだから仕方がない。百害はあるかも知れんが、一利はあるのです。
 納豆好きの人間に「何でそんなのが美味いんだ?」と言うことと同義です。ま、納豆は例えであり、セロリでもトマトでも豚肉でも、そして酒でも何でもいいんですけど、要は嗜好品の一つでしかないのです。この点だけで言えば、人の嗜好に口出すんじゃねーよって話です。

 ただね・・・煙草が他の嗜好品と最も異なるのは「他人に迷惑を掛ける可能性が高い」ことなんですよね。早い話が副流煙。好むと好まざるとに関わらず、他人の健康を損なう恐れがあるのです。
(だから非喫煙者の平蔵ちんには謝ります。ごめん)
 この部分を考えない喫煙者が多いことに、喫煙者たる私自身も本当にイライラします。最近は公共施設や駅構内は勿論のこと、駅周辺の路上も禁煙となっている箇所が多いです。にもかかわらず、歩き煙草をする輩が後を絶ちません。自分らがどういう目で見られれているか全く分かってないんでしょうね。

 以前にもちょっとネタにしたことがあるんですけど、かつて「長年の喫煙が原因で肺がんになったなどとして、患者と遺族6人が、日本たばこ産業(JT)と国に計6000万円の損害賠償と広告の差し止めなどを求めた訴訟」というのがあって呆れました。
 喫煙者は、喫煙が原因で自身の健康を害しても、他人を批判することはおろか、「自業自得だ」と他人から嘲笑されることも甘んじなければならないことを、自覚せねばならないのです。その覚悟が無いのであれば、さっさと禁煙すべきです。つか、喫煙所以外で路上喫煙する人はホントにヤメてください・・・


 閑話休題。上で煙草も酒も嗜好品と書きましたが、一体どちらの方が悪いものでしょうかね?
 ・・・という話を、昭和天皇の御前で東条英機と杉山元(両人共陸軍大臣)が論争したのだとか。東条曰く「酒は神に捧げるが、煙草は神には捧げない」、杉山曰く「アメリカの先住民は瞑想するのに煙草を用いる」との由。
 なんかどっちでもいい内容ですが、次に挙げるのはより分かりやすい例です。
 今度は明治天皇の御前で、元老の山縣有朋と同じく元老の西園寺公望が同じように論争したそうです。酒豪の山縣は「酒は火事を起こして財産を失ったりすることは無い」と喫煙を攻撃したのに対し、愛煙家の西園寺は「煙草で暴れて身を滅ぼした者はいない」と切り返したのだとか。
 ま、どちらもやらない人からすると、どっちも駄目じゃん!って話ですが、取り敢えず、どっちも大好きな私は駄目人間ということでしょうな(苦笑)。


 つーわけで呑んでまーす(爆)。
 更に閑話休題。10月になり、職場が変わりました。
 当然ながら詳細の仕事の話はココでは書けませんけれども、またも社会の裏側を覗くような仕事に携わることになりそうです。あー、勿論一般企業であり合法な仕事内容ですけどね(苦笑)。
 私自身としては決して突飛な人生を歩むつもりはないのですが、幸か不幸か、あるいは好むと好まざると関わらず、色んな経験をさせていただきました。内部告発・倒産・給与差押・団体交渉・東京地検特捜部・会社分割・労働組合結成・株式公開・詐欺事件訴訟・債権者集会・会社清算・破産宣告・・・順不同、また当事者か第三者かは伏せますが、とにかくフツーに仕事していたら経験し得ないだろうという色々なキーワードと関わってきました。
 で、次の仕事は上述のキーワードの中の一つが関わっています(苦笑)。これらを経験すると、現実の世界にもドラマってのは本当に存在するんだなぁって思えますね。
スポンサーサイト

Comment

どうでも良いが

酒もタバコも、「のむ」って言うよね。
同じこっちゃね。

新しい職場でも、頑張ってちょうだい。
今までの様にオイソレと呑みに行ける状態では無いかもしれませんが、しつこく誘って行こうと思います。(笑)
あ~、引き続き大豊ドライブもね。(今度は大町店だ!!!)

大変ですなあ

どうもどうも、初コメします。
昨日はすぐ帰られたみたいで残念でした。
それにしても、相変わらず素敵な食べ物をたくさん食べていらっしゃる!!

因みに、づめは10カートン、noさんは7カートン買ったそうですよ。
必死だなあ・・・。
私は家に来て吸う人から毎回100円回収して、空気清浄機なぞ買おうかと画策しております。
・・・冗談ですよ?(笑)

煙草は「喫む」だね

>だっしゅどん
特にサニーズさんはまだ行きたいので、お誘い歓迎であります。新宿からなので神田も行きやすいね。
大豊さんも、少なくとも年内に1回はやりたいですな。雪の時期にも・・・と思いますが、郡山はあんまり雪降らないって「味のじゅん天」のおかみさんが言ってました(笑)。じゅん天さんもリベンジしたいけど、大豊さんで終わるもんなぁ・・・

喫煙代徴収、やろうよ(笑)

>うずらたん
どもも、いらはいませ!
最近はそちらにお邪魔して呑んでばかりでしたので、今度は美味しいモノを頂きに出掛けましょう。さしあたっては結城の酒蔵かな? オマケで絶品ハンバーガーもついてきます(笑)。

煙草は・・・カートン買いはやめて本数減らす方向にシフトしました。10月に入って3日1箱ペースにしましたので、これなら以前よりコストが落ちることになります。ま、続けばですけど(汗)。
喫煙代徴収、実際やってみてもいいと思いますよ。でないと際限ないしね。ちゃんとしたファン付きの清浄機があるのと無いのじゃ全然違いますからね。

タイミング遅れのレスですが(汗)

僕自身は飲み会スモーカー(+仕事中に時々もらい煙草)なのですが,喫煙者の権利は守られてしかるべきだと思うし,でも煙草は非喫煙者に迷惑をかけてしまうってことで,提督の意見に賛同です。もちろん,酒に関してもね(笑)。んで,煙草の害はもはや世間の周知の事実になってるんですが,実は本当に意味のあるもの(専門用語っぽくなってすみませんが,生物学的有意性)かは,単純に結論付けられる状態じゃないのです,未だに。ってのも,有意差ってのは統計学の話で,統計学ってのはどこを閾値(区別する境界)に置くかで,結果が全く変わってくるんですよ。その意味で,実は煙草と健康障害の相関は,統計学的に見れば,決して煙草有害論者に有利ではないんです。とはいえ,煙草のリスクは否定されてるわけでもないのも事実なので,喫煙者の気遣いは必須ですね。結局のところ,自己責任ですなぁ。。。その意味では,提督が9/7のエントリで話題にされてらした人工甘味料の件もしかり。内容を見てみましたが,研究のレベルとしてはひどいものです(w。でも,リスクの提起としては無視できないので,結局は自己責任ってことで落ち着くしかないのかなぁ,って思います。

ウソかマコトか

>Tori先生
たばこの害について確固たる論拠があれば、とっくに嫌煙派がここぞとばかりにまくしたてるでしょうからねぇ(苦笑)。本文でちょっと嫌らしく書いたのは、論拠が無い上で「嫌い」だけで語られることの多さへの軽い反発のようなものでした。もっとも、それだけ嫌われる理由は十分あるわけで、マナーに関する部分は、フォローという意味ではなく本当にどうにかならんかねぇと思うわけでして。。。

人工甘味料に限らず、本来私は「~~は体に悪い」というネタには、まずマユにツバつけて見てしまうクセがあります(苦笑)。まぁその最たる原因は「買ってはいけない」って本の存在のせいですが。アレは理系オンチの科学シロウトから見ても酷いシロモノですからねぇ。
非公開コメント

プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。