スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裏路地の裏路地に・・・ ~亀戸・居酒屋 八~

 毎度お馴染みGGだっしゅ氏のお誘いをうけて呑みに行きました。
 残業がデフォの職場なので危ぶまれたのですが、「休み前は早く帰ろう」というのが比較的徹底しているので、30分程度の残業で済みました。この点だけは良い職場です。だけ、ですが(ー'`ー;)

 さて、本日訪れたのは総武線の亀戸。亀戸から小岩までの総武線沿線は、京成の立石・高砂界隈と共に、昔ながらのオヤヂ居酒屋の佳店が多いエリアです。にもかかわらず(しかも帰宅中途でありながら)、そのごく一部の片鱗しか味わったことがありませんでした。
 今日の店は、我々が今年ハマっている郡山のホルモン大豊のサイト管理人さんから、だっしゅ氏が教えてもらったお店だったりします。まずは偵察のつもりで特攻したのですが、、、



 レバ刺しとハツバター。量の多さにビックリ。値段の安さ(レバ刺しは300円!)に更にビックリ。そして最後に味でビックリです!
 好き嫌いが比較的少ない私ですが、レバーをはじめとした肉系のナマはチョイと苦手なんですよ。ところがここのレバ刺しときたら、プリップリで舌ざわりが良い上に、レバー独特の臭みがありません。おー、これなら平蔵ちんも行けるんじゃないか!?
 もちろん、レバー大王のだっしゅ氏はウハウハ言いながら喰いまくり。先日の大豊さんでの「レバテキ」にもかなりヤラれてましたが、あの時と負けず劣らずの興奮・恍惚ぶりです(笑)。
 一方のハツバター。ニンニクバターという卑怯極まりない無条件降伏ダレで味付けしてまして、これがまた酒に合う合う! この量で400円也です。恐ろしいですねぇ~



 モツ煮こみ、右側は豚肉と白菜のピリ辛炒めです。炒めの方は、どうってことない「肉野菜炒め」なんですけど、適度な脂身の豚バラと白菜のバランスが非常によく、醤油で味付けたピリ辛ダレが食欲をソソります。
 察しの良い方にはもうお分かりでしょう。画像は撮りませんでしたが、しっかり最後に「ライス」を注文してしまいましたとさ^^; だっしゅ氏が頼んだシャケむすびも美味しそうだったなぁ。。。

 19時半前に入店したのですが、結局看板になる23時までトグロを巻いてしまいました。にもかかわらず、シメを除いてツマミを注文したのは結局2回だけじゃなかったかなぁ。それだけ一つ一つのボリュームがあったわけでして。
 いや、こりゃいい店です。この店に到達する途中にも有名な亀戸餃子をはじめとして、魅力的な店が多くありました。亀戸、奥が深いです。

炭焼居酒屋 八
住所:東京都江東区亀戸5-15-3
営業時間:~23:00(開店未確認)
定休日:未確認
(詳細地図)
スポンサーサイト

Comment

No title

連日のお付き合い、ありがとうございます。
しかし今回はエラク当たりでした。(個人的に)
逆方向ですが、ここは通えそうです。
レバ刺しの為に行くのもアリかな。
(今は無き、某店舗のを一度食べさせたかったですけど。)
他にも、色々と楽しいメニューが揃っているみたいですね。
あれだけ呑んで、アノ値段は安すぎるかも。
エエところでした。

亀戸の他店舗も魅力的だし、錦糸町もヨサゲです。
侮りがたし総武線。

ぶらり総武線

>だっしゅどん
レス遅れてスミマセンです。
今回の店、多分まだまだ序の口なんだろうなぁって予感というか期待しちゃいますね。
酎ハイも、いわゆる下町飲み屋のチューハイで素敵であります。
幕張や西船は遠いですが、ココなら無理せず行けそうですよね。

ジモの私がヘタレなこともあり(笑)、総武線はまだまだ開拓しがいがありますな!
非公開コメント

プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。