スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ThinkPad X40の分解作業

 別エントリで記録したX40のCF化の基本作業ということで、ThinkPadX40の分解方法を記録しておきます。

 そもそも、なぜCF化でキーボードやカバーを外さねばならないか?ですが、純正の1.8インチ・ハードディスクの交換は、HDDのベゼル(カバー)のネジを外して抜き差しだけで脱着ができます。しかし、CFを搭載した変換コネクタは専用のケースやガイドがありませんので、カバーを外しただけでは装着が難しく、場合によっては本体側のIDEピンを折ることになりかねません。
 よそ様のブログ(ブックマークするのを忘れてました^^;)で、メクラ射ちで基板取り付けができた例もアップされてましたが、そちらのお方のようにマジカルなテクや神の手を持ち合わせているならともかく、通常はちゃんとバラして作業した方が良いでしょう。

s_x40_base04.jpg

 ご覧のとおり、カバーを外せば作業性は格段によろしいです。


(以下、サムネイル画像をクリックしたら、大きな画像が表示されます。お決まりですが、作業は自己責任でお願いします)

1.必ず本体からACアダプタのケーブルを抜き、バッテリも外しておく。
 バッテリ外しは意外と忘れがちです^^;


2.キーボードを外す
 本体をひっくり返し、キーボードを留めているネジを外します。

s_X40_back01.jpg

 ネジは上の赤丸の箇所になりますが、ネジの横には以下のようなキーボードのマークが描かれていますので、このマークを頼りにすればなんてことはありません。
X40_MK1.jpg



 ネジは6箇所あります。これを全て外したら、本体を表に戻し、キーボードユニットを外します。

s_x40_key01.jpg

 キーボードユニットには画像赤丸の部分に出っ張りがあり、これが本体カバーに引っ掛かっている状態になっていますので、キーボード全体を前方(画像では上方)にゆっくりズラします。
 出っ張り部分が完全に見えるくらいになったら、静かに上に持ち上げます。ユニットにはフレキシブルプリントケーブルでのコネクタが付いているので、ここで慌てて外すとケーブルをブチ切ってしまいますので、注意しましょう。キーボードを液晶画面にもたれかけさせるようにすれば良いです。

s_x40_key02.jpg

 コネクタの右側(画像赤丸の部分)を下から持ち上げるようにして外しましょう。
 キーボードの取り付けは、これらの逆の手順で問題ありません。

3.本体上部カバーの取り外し
 今度はキーボード周囲にある本体カバー(上部カバー)を外します。

s_X40_back02.jpg

 カバーを留めているネジは、上記画像赤丸の部分のネジになります。キーボードと違って、これには特にマークの明示がありません。ま、逆に言えばマークが無いネジは上部ケース用と思っていただいて問題ありませんが。ネジは全部で6箇所あります。

 ネジを6箇所全て外したら、本体を表向きに戻します。
 カバーを外す前に、カバーと接続されているケーブル類を外します。

s_x40_base01.jpg

 コネクタは2箇所。画像赤丸の部分のコネクタを外します。

s_x40_base03.jpg

s_x40_base02.jpg

 上画像(本体右上にあり)はカバー・スイッチ(サスペンドケーブル)のコネクタ・ケーブルで、下画像(本体右下にあり)はマイクロフォン・ケーブルとのことですので、万が一ケーブルを切ってしまったり、接続忘れをしても、PCが起動しなくなるということは無い筈です。まぁ、やらないに越したことはないですが^^;

s_x40_case.jpg

 作業時の画像でなくてスミマセン。本来はキーボードはありません。
 で、IBMロゴが入った上部カバーを外すのですが、マニュアル的な手順は上記画像の通りで、
  ① まずカバーを手前に引いてから、
  ② 上にあげ
  ③ ③にある2箇所のラッチを外してカバー手前部分を上に引き上げ
  ④ 最後に④に3つあるラッチに気をつけてカバーを外す

 ・・・なのですが、私が作業したところでは、なんでか上の手順ではすんなりとは外れてくれませんでした。どうしても④>①>③という順番でしか外せなかったんですよねぇ・・・なんでやろ^^;
 ③と④の箇所にはラッチ(つめ)がありますので、無理やり外そうとすると折れる可能性がありますので、取り外し作業には十分ご注意ください。



番外: メモリ交換、無線LANカードの追加等

 折角なのでメモリやMiniPCIカードの交換作業手順も追記しときます。ま、手順というほどでもない基本中の基本ですが。

X40_MK2.jpg

 本体裏面のこのマークのネジ(3箇所)を緩めてカバーを外します。

s_x40_dimm.jpg

 カバーを外した状態の画像。赤丸の部分がカバーネジ穴です。
 右上がメモリで、規格は200ピンのDDR-333(PC2700)のSO-DIMMです。黄色い丸部分の両側のツメを外側に引っ張ってメモリを外します。
 左半分はMini-PCIスロットで、基本的に無線LANカードが入る箇所です。Centrinoモデルでは純正のLANカードが装着されておりますが、私は無線LANの無いモデルを購入したので、後から無線LANカードを購入して追加しました。
 因みにワイヤレスLANに関しては、どうもBIOSでカードをチェックしているらしく、IBM純正品でないと認識しない仕様になっているようです(抜け道があるのかも知れませんが、私は存じ上げません)。後で追加される方はご注意を。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ThinkPad X40 復活  RunCore SSD換装 (その2)

 まずは、調べて見ました。下記のURL他多数、大変参考になりました。ありがとうございました。
プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。