スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍馬伝・最終回

 標題の通り、NHK大河ドラマの「龍馬伝」の最終回を見ました。
 いやぁ、大河ドラマを1年間しっかり見続けたのはホントに久しぶりです。昨年の「天地人」にしても、素材は面白いと思ったのに、兼続のあまりのヘタレ具合・スイーツ侍っぷりに、結局途中でやめてしまいましたしねぇ。

 で、今回の龍馬伝。すごく良かったかというと、決して大褒めするほどでは無かったと思います。やたらとワーワー騒ぎまくる演技は鬱陶しく(勤王党しかり、海援隊しかり、そして何より岩崎弥太郎の絶叫演技のウザさは特筆モノ)、馬鹿みたいにやたら「チェスト、チェストォ!」と叫びまくらせていた、かつての「翔ぶが如く」を思い出して苦々しくも思いましたもん。
 あー、あと岩崎弥太郎といえば、土佐の下士たちがあまりにも汚過ぎるナリで、これもちと引いたかな(笑)。まぁ舗装など全く無かったかつての日本ってのは砂埃の世界であり、恐らくこの表現が正しいんでしょうけどね。

 まぁそうした演出はともかく、ドラマ自体は継続して見続けたくなる「何か」がありましたね。具体的にどうとは言えないんですが、何度か抜けがあったものの過去分を見逃してもフツーに面白く見ることができたんですよね。多分一回のシナリオの作りが上手かったのかなぁ・・・
 演技がウルさいと書きましたけど、キャスティング自体は良かったと思いますね。ベテラン勢では吉田東洋の田中泯が非常に良かったし、普段はウザいと感じる武田鉄也も比較的抑えた演技で好印象でした。また、高杉晋作といえば個人的には「花神」の中村雅俊のイメージが強かったのですが、今回の伊勢谷友介演じる高杉は、歴代の高杉晋作の中でもベストだと思えましたねぇ。
 あるいは、最近の大河は話題先行のアイドルやお笑い芸人の起用が多くて辟易していたのですが、龍馬伝ではそうした面子でもいい使い方をしてました。原田泰造の近藤勇も良かったですが、何と言っても佐藤健の岡田以蔵が良かったなぁ。仮面ライダー電王でのヘタレ具合も面白かったけど、本作での武市への心酔っぷり、龍馬との親交、そして殺人者の孤独を実に上手く表現できてたと思いますねぇ。


 余談。上で「岩崎弥太郎が汚い」ってネタを書きましたが、どうやら同じことを考えてる人は多かったようですね。Googleでは、キーワードを入力したらよく検索されている検索候補が表示されるのですが、、、




 汚い! 汚すぎる!(大笑)
 日本中の人が、「岩崎弥太郎」と「汚い」というキーワードで検索したってことでしょう。これには笑いました。
(因みに武田鉄也原作・小山ゆう作画の「お~い!竜馬」という漫画でも、岩崎弥太郎はエラく汚く描かれています。なんで?^^;)


 さて、来年の大河ドラマは、戦国時代を舞台とした『江~姫たちの戦国~』だそうです。
 「姫たちの戦国」ってサブタイからして、もう不安で一杯ですなぁ。純粋に作品の良し悪しで語ると、女性を主題とした大河ドラマで面白かった試しは(少なくとも個人的には)ありません。別に私は女性蔑視者などでは無いですが、女性が歴史を動かす事件を起こしたことはあっても、女性が主導で大局的に歴史を動かしたことが無いということは残念ながら歴史上の事実と言って良いでしょう。
 だからこそドラマのネタにはなれども、大河ドラマの主人公には不向きと思わざるを得ないわけです。折角今年いい流れを作ったのになぁ・・・来年の同時期に「私が悪ぅございました」と謝罪させるような作品になってればいいんですけどねぇ。。。


【10/11/29】追記
 龍馬伝ですが、史実という観点では、かなり偏りのある問題アリな作品だったかと思います。
 ただ、ドラマってのはそれでもいいと思うんですよね。小説も然りですが、物語ってのは一方的な視点で描かれることは往々にしてあるもんだと。
 こうしたドラマなり小説なりで歴史に興味を持ち、色んな文献を漁っていくことこそ(そして異なる事実に驚くことも)歴史を学ぶ醍醐味でしょう。そういう意味では、誤解を恐れずに言えば「ドラマは面白ければ良い」と思います。まぁ程度もありますけど。
#蛇足ですが、私は薩摩藩士を先祖に持ちながら、アンチ薩長土肥の会津藩贔屓だったりします(笑)。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。