スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トマト煮込みキーマカレー

 最近仕事でへとへとで自炊することが無くなりました。
 となると、買いだめした食材が駄目になってしまいます。勿論、自炊サボリが続いているので肉や野菜といった食材は買っていませんでしたが、乾物や調味料あたりがいい加減終末を迎えようとしていたのです。

 そんなわけで、今回は未使用だったホールトマトを使うべく、トマトソースで煮込むキーマカレーを作りました。久々の「さっと一品」カテゴリネタで、さっと一品と言うには手間は掛かってますが、フツーのカレーよりは楽だと思いますので、面倒臭がりぃの方も是非トライしてみてくらはい。

≪材料≫
・タマネギ・・・中2個
・合い挽き肉(牛豚)・・・500g
・ピーマン・・・大きめ3~4個
・トマト(真っ赤に熟したもの)・・・大3個(ホールトマト1缶で代用可)
・カレーのルー・・・250g(大きい箱一箱)
・塩・こしょう・・・少々

≪作り方≫
1.タマネギはみじん切りに、ピーマンはざくざくと大きめに切る。

2.缶詰を使わない場合、トマトは皮をむいて小さめに切る。皮は溶けないのできちんと剥く。ヘタを取り、底に小さい十字の切り目を入れて熱湯に3~10秒ほど入れてから水にさらすと、きれいに皮が剥けます。

3.みじん切りにしたタマネギを色がなじむまでよく炒める。途中でピーマンも入れ一緒に炒め、塩こしょうを少々。

4.挽肉を炒めて塩こしょう少々。火が通ったらタマネギ・ピーマンを加え、更にカレーのルーを加える。(ここで粘土のようになってちょっとエグくなるが気にしない)

5.ル-が溶けたらトマトを加え、溶けるまで弱火で煮込んで仕上がり。



 出来上がりのビジュアルはこんな感じ。
 レシピに記したモノホンのトマトを使っての調理は結構面倒なので、缶入りホールトマトやカットトマト、あるいはトマトピューレを使うのが良いでしょう。
 今回は手抜きしてタマネギもピーマンも大きめに切り、またレシピにないニンジンもみじん切りにして加えてみました。水を一切使わないので、かなりドロドロ&濃厚で好みが分かれるかも知れません。脂分が多いのが気になる方は水を多少差すかトマトの分量を増やしてもいいでしょうね。
 また、水を使わない分コゲつき易いので、火を通している間は木杓等でこまめに底をすくってあげる等、しっかり面倒をみてあげないといけないのが、ちょいと大変かもですね。

  お、美味そうじゃねーか!

 冷えて粘土状になってしまう翌日は、冷やご飯とコレを混ぜて炒め、ドライカレーにするのも良いです。かなり濃厚なカレー炒飯になりますぜ^^;
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。