スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メディア・リテラシーということ

 知人から携帯メールが来ました。「友人から廻ってきた」との前フリ付きで(この時点で既に『ヤヴァいな』と直感しましたが)、内容は以下のようなものです。

----(以下引用)------------------------------------------
友人からまわってきました。
以下コピペ↓

コスモ石油関係者より情報
>コスモ石油関係者より、回りました。
>出来るだけ早く身近な知り合いに回して下さいとのこと。
>だぶってしまったらごめんなさい…。
>
>↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
>
>工場勤務の方から情報。外出に注意して、肌を露出しないようにしてください!
>
>コスモ石油の爆発により有害物質が雲などに付着し、雨などといっしょに降るので外出の際は傘かカッパなどを持ち歩き、身体が雨に接触しないようにして下さい!!! コピペとかして皆さんに知らせてください!!


----(引用ここまで。太字・下線は引用者による)-----------------

 送信者たる知人は心配して好意で送信してくれたことでしょうから、やんわりと「裏を取ってない情報はいたずらに拡散しない方がいいですよ」とだけ返しましたが、残念ながらこの文面はデマ・チェーンメールの典型です。
 一番分かりやすいのが引用内での太字・下線部分でして、「周囲に知らせてください」というコトバが入った途端に、私にとっては信憑性ゼロの情報と化します。このテの文言が入ったメールが有用だったためしは一度たりともありません。
 情報を本当に伝えたいのであれば、事実を伝えるだけで良く、その情報をどう判断するかは受け取り手に委ねれば良い話です。周囲に廻せと強要することが、実はそもそもオカシイのです。つまり、このテのメールが本当に言いたいこと(目的)は、情報の内容ではなく「知り合いに知らせてください」の一言というワケ。
 何度も書きますが、当然送信者に悪意があってのメールではありません。それどころか、もしかしたらこのメールの大元の発信人も、悪意があってのことでは無い可能性も高いのです。単に「あれだけの煙を含んだ雲からの雨なんか降られたらヤだよね」なんて雑談から膨らんだ話かもしれません。

 しかし、真剣に信じてしまった人を経ると、このようにメールの性質が変わってしまうのでしょう。なんと言うか「社会主義者が朝鮮人を扇動して暴動を起こす」とか「井戸に毒を入れ廻っている」というデマが流れた関東大震災時と何ら変わりないですな。
 レベルがあまりにも違うだろ!とも思われるかも知れませんが、当時は主義者なり朝鮮人なりによる暴動が「あってもおかしくない」と信じられる土壌があったわけで、異常時の群集心理ってのは変わらないってことです。
 関東大震災時のかつては、情報が全く得られないことからの錯綜が多かったようですが、逆に現代は情報過多で何を信じて良いのか・・・ということからの錯綜が多いのかも知れませんね。
スポンサーサイト

Comment

うちにも来ました(笑)

似た様なメールが3件ほど私の所にも来ました。
1件目きた時は「おおそうか、気をつけないと!」と思いましたが、2件目・3件目と同じようなメールが来たので「・・・ああ」となりました。
一件目に来た時にNHKとかでなんで言わないんだろ?とか思いましたが、やはりデマだったんですね。
取りあえず、集団パニックになるのだけは気をつけた方が良いみたいですね。

昨日は4時間行軍、お疲れ様でした!

なかなか難しいね

>うずらどん
3件も来たのカ!^^;;;

仰る通り、なんでTVで言わないんだろう?という点を、冷静であればまず気付くはずですよね。
もっとも、TVも本当のことを言わないことがあることを最近は皆知ってしまったので、「勤めてる知り合いが」とか「関係者の話によると」なんて情報に飛びついちゃうのも仕方がないかも知れません。
非公開コメント

プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。