スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新(しい)車、良いとこ・悪いとこ

 昨日入手したアルト・ハッスルですが、早速オートバックスに持ち込みました。



 理由は画像の通りブレーキ警告灯がサイドブレーキを下ろしても点灯したままだったため。これは譲り受けた時から出ているもので、出品者のKさんも「パッドが減ってるようですので・・・」と1万円近く値引きしてくれたわけです。
 で、制動系は自分では手を掛けずにプロに任せると決めているので、オートバックスに持ち込んだわけですが、ブレーキパッドと工賃の精算をしたところで、ハタと気がつきました。
 まさか・・・まさかとは思うけど、単にブレーキフルードが減ってるってだけじゃないよな?! 慌てて駐車場に停めてあるアルトのボンネットを開け・・・あぁぁぁ、ブレーキフルードが「MIN」のゲージの下まで落ちてるじゃないか!(汗)

 まぁ落ち着け、俺。出品者さんがわざわざ値引きしてくれてまで「パッドが減ってる」って言ったんじゃないか。これはパッドの残量が少なくなったからフルードがMIN以下に落ちただけだよ。そうだ、そうだよ・・・



 「あ~、パッドはまだ1cmくらいありますねぇ~」(メカあんちゃん・談)


 お~~~~い、恥かいちゃったじゃないか、Kさぁぁぁん!^^;
 まぁ、改めて確認しなかった自分が一番悪いんです。手を抜くもんじゃないですね(汗)。ちゃんとパッド&工賃も返金してくれましたので、ヨシとします。


 というわけで、新しく来たアルト・ハッスルさん。現時点での良し悪しを軽く挙げてみます。

≪値段≫
 車体本体11万円余りでした。これは実は前のセラより高い値段です。平成初期のクルマがこの値段ってのは私的に少々高めではありますが、クルマそのものが珍しいということもさることながら、5速マニュアルの4駆という稀少価値が高いこと、エアコン・パワステ・パワーウィンドウ装備であること、車検がほぼ2年あることを考えると、まぁ妥当かなぁと思ってます。

≪機関/足回り≫
 エンジンの調子はすこぶる良いです。7,000のレッドゾーンまで気持ちよく回ります。
 但し、オイル漏れあり。長く走ると、フロア下に1・2滴おもらししてます。まぁこれくらいは14万キロ走ってるクルマなら当然と思うべきかなと。因みに私は走行距離は全く気にしません。というか、消耗品をキチンと交換しているならば、むしろ過走行の方がアタリの個体と考えるタチです、
 足回りは、ワゴンR用のローダウンキットを流用しているらしいです。ま、可もなく不可もなくってところかな? 個人的には軽自動車のダラしないボヨンボヨンな足回りも好きなんですけどね^^;

≪外装≫
 これがなんともチグハグでしてねぇ・・・
 ボディ下部は結構サビがきてます。前エントリでの画像をご覧いただければ分かると思いますが、サビ止めしてサーフェーサーを吹いてる状態ですので、いかにダメダメかが分かるかと。
 まぁこれも購入時に折込済みで、オールペンを前提での購入だったんですよ。ところが、ボディ上部は驚くほどツヤがあって綺麗なんです。当時のスズキ車にありがちなルーフやボンネットの塗装ハゲが全くなく、オリジナルペイントでこれはもう既に奇跡に近いかと。
 なんでも前のオーナーは群馬在住だったらしいです。つまり車庫保管だったけど、融雪剤に下回りをヤラれてしまったというパターンでしょう。う~ん、部分塗装にするかなぁ・・・

≪内装≫
 シートは問題なしですが、それ以外はもう駄目駄目ですね。ナビを装着していたであろうダッシュボードは数箇所のネジ穴が開き、ドアの内張りは一回剥がしてシワが寄ってしまっている状態。そして荷室の天井は内装が完全に剥がれて鉄板がむき出しになっています。
 いや~。ここまで気持ちよく鉄板むき出しの天井ってのは初めてかも。昨日の大雨の中走ったのですが、まるでトタン屋根の下で雨宿りしてるかの如く、猛烈な雨音が車内に響きました。これは最優先対処箇所かなぁ。これはこれで面白くはあるんですが、人を乗せられないですわ^^;

≪オーディオとか≫
 アゼストのCDデッキが付いていますが、このモデルはCD-Rは読めるもののMP3は駄目です。これは全く使い物になりません。というか、今時AUX IN端子(ステレオミニジャック)かUSB端子が無い物は個人的に価値がないです。
 まぁそうは言っても、今はオーディオを新調している余裕はないので、暫定的処置を取りました。



 画像下の通り、シガーライターに差すタイプのFMトランスミッターを取り付けました。これでポータルブルMP3プレイヤーの再生がFMラジオ経由で可能となります。
 これを新調するのもどうかと思ったのですが、訪れたオートバックス新小岩店でたまたま「ワゴン内の商品3点で2,000円」というワゴンセールをやっており、真ん中の液晶電波時計と、アルミペダル、そしてこのトランスミッターの合わせて3点を2,000円で購入したって次第です^^;
 お買い得?と思いましたが、考えてみれば、液晶時計なんかは100円ショップでもあるし(まぁ電波時計ってのがウリですけど)、オーディオもいずれUSB端子を備えたものを入手するでしょうし、足元の狭い軽自動車でアルミペダルなんて不要だべ?ということで、微妙に安物買いのナントヤラだったような気がしなくもないです。。。

≪今後の妄想展開≫
 まずは内装ですね。見た目のための内装張替えということもありますが、あそこまで室内音がウルさいということで、パソコンでムキになった静穏化に挑戦したいと思います。荷室の天井のみならずピラーや床まで含めてやってみたいですね。
 それをやってる間に外装オールペンの資金を貯めたいと思っておりますが、どうせオールペンするなら外観も変えてみたいかなぁとも。。。



 同時期のホットモデルであるアルトワークスのフロントマスクが、実はボルトオンで換装できるのだそうです。これはいいなぁ・・・フルゴネットタイプの軽自動車という他にないマヌケなクルマなので、こういうトボケたフロントマスクもアリかなぁと。
 ただね・・・そういうヘタレたクルマの性格を考えると、ワークスのフロントフェイスってゴテゴテしていて、ちょっと戦闘的過ぎるんですよね。もうちょっとマヌケにできないかなぁということで・・・



 試しにエアインテークやボンネットのバルジを埋めてみました。あー、これ弱そうでいいじゃん(苦笑)
 実際はボンネットを平らにするのは非常に面倒なので、ボンネット上のバルジ&インテークは残さざるを得ないでしょう。でもこれに近い顔にしてみたいな~。


 とまぁ、毎度のことではありますが、こういう妄想している時が一番楽しいんですよね(苦笑)
スポンサーサイト

Comment

ある意味

内装は剥がす手間が省けたんじゃないですか(笑)
せっかく5MTなんですから鉄板剥き出しでスパルタンな仕上げとか…走りと外装は別にして。。。
ワタシはカーオーディオが不用と考えてますので一切金掛けないですねぇ。

そうそう

>sanoさん
正におっしゃる通り! 中途半端に垂れてるよりかは遥かに有難いですね。
今まで内装は自分でちゃんとしたことが無いので、一度くらいはやってみようかなぁと思いました。それに疲れて断念したらスパルタン仕様にします(笑)。

オーディオは私も比較的どうでもいいんですが、ロングツーリング(特に北海道)の時はやはり欲しくなってしまうので、最低限は備えるようにしてます。とか言いつつ、北海道に連れていったことがあるのはクーペフィアットとラシーンの2台だけなんですけど^^;
非公開コメント

プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。