スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三次仙台訪問記

 前エントリで書きました通り、仙台へ行って参りました。メンバーは毎度お馴染みのGGだっしゅ氏、クルマを出してくれたツディ君、おまけ参加の噛み岡君と私の計4名です。
 仙台を訪れるのは、震災後3回目となります。生活に必要な物資運搬ではありましたが、以前ほど緊急性は高くなく、もう既に遊びに行くついでという感じになっているかも知れません。支援のついでに・・・ではなく、どうせ行くならしっかり楽しんでって感じですね。
 土曜早朝に川崎にだっしゅ氏を迎えに行き、市川に戻ってツディと噛み岡と合流して、東北道で東北に向かいます。今回の移動手段はツディのアルファード号。いやぁ、なんとも楽チンなクルマです。こういうクルマは自分で持つのではなく、友人が持っているのが一番ですね(笑)。

 そんなわけで、今回は立ち寄った場所・食べてきたもののダイジェストです。



 まずは仙台に直接向かわず、会津若松に寄り道しました。特に予定していたわけではなく、私とだっしゅ氏とで色々と材料を用意し、あとの2人に「どれがいい?」という感じで今回は行動してみました。
 で、こちらは会津若松の名物『ソースカツ丼』です。お店は市内馬場町にある「いさみ」さん。会津若松の名物ですが、ソースカツ丼の専門店というのはあまり無いようで、基本的にラーメン屋とか定食屋の延長で出しているお店が多く、この「いさみ」さんもラーメンが主流のようです。私たち以外は地元の人ばかりだったようで、注文しているのはラーメンや冷し中華ばかりでした。
 あぁ・・・こりゃヤヴァいかなぁとちょっと心配しましたが、半ば的中って感じで、ちょっと微妙でしたね。味自体は美味しかったのですが、特筆すべき点は無しって感じ。950円という値段に見合う喜びはなく、出てくるのが極めて遅かったことも含めて、リピーートは無いかなぁと。
 新しい店を開拓すべく、敢えて新規店舗に突撃しましたが、今回初めてって面子もいたことだし、素直に以前感動した「いとう食堂」さんにすれば良かったかなぁ。みんな、ごめん。



 食後に訪れた「会津酒楽館・(有)渡辺宗太商店」さん。いわゆる酒屋さんで、福島県の地酒をはじめ各種日本酒を取り揃えております。先月呑んで非常に気に入った「常きげん」も置いてました。



 何本買ってンだ!と言われそうですが、180mlのお試し瓶です。左から「会津中将」「男山」「稲川のにごり酒」「喜多の華」「弥右衛門」で、にごり酒を除いて全て純米酒です。
※今度持ってくから、飲み比べしてみましょう>平蔵ちん

 

 会津若松から国道121号線で、喜多方を経由して山形県に抜けました。山形に入ってすぐの川西町にある「肉の斉藤」さんにて「米沢牛おむすび牛賜(ぎゅうたま)」を買い求めました。いわゆる最近流行りの肉巻きおにぎりで、企業規模の大小を問わず今や全国で商品化されているものなので、いかに特徴が出ているかってところがキモですね。
 で、こちらの牛賜さん。米沢産の肉と地元・川西産のもち米を使用ということで、特徴はあるのですが、てっきり店頭で作りたてを頂けると思っていたら、なんと冷凍したものしか置いてないんです。結局持ち帰って、自然解凍したものを頂きましたがイマイチ。これはマイナスポイントかなぁ。
 あと、米沢牛はともかく、もち米ってのもイマイチ合わないかなぁ。文字通りもちもちしていて、おむすびって感覚じゃないんですよね。もち米のおむすびが悪いわけじゃないです。子供の頃は田舎で餅つきしたものですが、その時に炊きたての餅米で作ったおむすびは激烈に美味かったんです。これはもう、既にタイミングの問題かなぁと。
 だもんで、冷凍モノでも自然解凍してからレンチンしたら十分美味しいかも知れません。ちょっと適切な頂き方じゃなかったかも知れませんが、取り敢えず絶品お勧め扱いにはできないかなぁと。



 次に立ち寄ったのは、長井市の「えんどう肉店」さん。今回は米沢牛を食べさせてくれるお店ではなく、販売しているお店で購入して自前で食べてみようという魂胆です。数少ない米沢牛販売指定店ということと、他の有名店と違って地元に根ざしたお店っぽいところからチョイスしてみました。地元に根ざしているという点では先ほどの斉藤さんでも良かったんですけど、まぁものは試しということで。



 左が米沢牛のモモ、右が霜降りカルビです。値段は山形や米沢市内の有名店より安かったです・・・いや、あくまでも比較しての話。やっぱ結構しました。この2皿で8,908円(汗)。正直「俺感覚的に」高いです。ま、でもこう言ってはなんですが「モノよりも思い出」です。一度は試してみようかなぁと^^;

 この米沢牛様のインプレは後に譲るとして、あとは長井を後にして宮城県蔵王町の友人宅へ向かいます。
 その途中で、、、



 たまたま山形県上山市にあるマンション「スカイタワー41」の横を通りました。なんでも新築して売り出した時は4,000万円ほどしたそうですが、2年後には850万円まで落ちてしまったのだとか!www
 う~~ん、誰が4,000万円も出して山形の田舎(地元のみんなスマン)のマンションを買うんだろう・・・という、極めて素朴な疑問を、なぜデベロッパーは考えなかったんですかねぇ。
 今回のメンバーの噛み岡君から「山形には、県内一高い建物という馬鹿なマンションがあるらしい」というネタを予め聞いていたのですが、つまりやはり馬鹿扱いされているってことで。まさか実物を見ることができると思ってませんでした。これもまたいい経験です。経済学のフィールドワークというには、あまりにもネタ過ぎますが^^;;;

 気を取り直し、蔵王を通って宮城県へ抜けます。



 蔵王山頂の「蔵王のお釜」の風景。正直、あまり期待してなかった場所ですが、かなり見応えのある風景でした。もうちょっと早い時間であれば、空が青くて綺麗だったろうになぁ・・・と思ったのですが、後で地元のJTさんに聞いたところ、初めて訪れてガスが出てない状態のこの風景を拝めたのは運が良いのだとか。予想外にお勧めなポイントです。


 夕方6時前に蔵王町に避難しているJTさん宅に到着。軽く買出ししてから、早速家のテラスでバーベキューを始めました。



 米沢牛様を焼いてみました。いや・・・幸せだねぇ!
 恐らくね・・・米沢さんじゃなくても、もしかしたらこれに近い幸せを得ることができる安い肉ってあると思うんです。でもね・・・やはり本当に美味しいモノってのは一度は味わうべきなんだろうなぁと思ったのも事実でして・・・ベラボーに高いという究極のプラシーボ感覚(笑)を差し引いても、十二分にこれは美味しかったです。あぁ、次はいつあるんだろうなぁ。。。


 焼肉を楽しんで一日が終わりました。
 翌日はゆっくり起きてから、当初目的の「友人の現在の仮住まいに冷蔵庫を運ぶ」という仕事をしました。その前にまずお土産購入です(笑)。



 白石インタ近くにある「高野本店」さん。白石温麺(うーめん)で有名なお店ですが、こちらで販売している「甘ったれうどん」が激烈に美味いらしく、改めて立ち寄ってみました。
 実は前回お土産で差し上げただっしゅ氏も、また一緒に行ってた自分用に購入したツディも、二人とも口を揃えて「美味かった!」とのことだったんです。購入した私は、結局お土産として他人に渡しただけで、自分ではまだ食べてなかったり・・・^^;


 こちらで土産のうどんを購入し、友人宅へ冷蔵庫・他を運びました。仮住まいの新居は利府町ということで、津波被害は無かったところでしたが、元々家のあった東松島市は直接津波の被害を受けたところです。良い機会なので、今回はそちらを是非見てほしい・・・と、被災者たるJTさんがわざわざ仰いました。
 で、その前に、取り敢えず昼ごはんです^^;



 仙台の牛タンの有名店である「利久」さんのランチセット(利久セット)1,200円也です。皆は牛タンランチを頼みましたが、私はサラダと牛タンカレーが付くセットを注文しました。
 牛タンもなかなか美味しかったのですが、このセットに付いていた牛タンカレーがベラボオに美味しかったです。こうした専門店で、お勧めではなくカレーを褒めるのはちょっと申し訳ない気もしますが、実際美味しかったんだからしょうがない。カレー、かなりお勧めです^^;


 被災地に出向く前に何やってんだか・・・という話もありますが、お昼を頂いた「利久」さんは松島店でした。つまり、もう海沿いの被災地と言って良いのですが、この店のある松島町と、ココから山を一つ越えた東松島市とで、あまりに風景が異なるので驚きました。
 いや、ホント、山一つ越えただけで、こんなに被害状況が違うのかと、驚くと同時にワケもない理不尽感にも襲われました。地理上の問題ということで仕方ないのでしょうけど、かたや土産物屋が営業再開して観光客を迎えているのに対し、数キロ離れているだけで津波の直接被害をモロに受けた、人間の住むことのできない荒廃した土地になるのです。こんな不条理なことってあるのでしょうか。。。
 訪れたのは東松島市の野蒜地区。友人宅は一階部分が浸水したものの、流されずに家の形を留めておりましたが、海に近い地域は建物はほとんど流され、家の基礎しか残っていない状況でした。「ここは友達の家で・・・」と友人が呆然と案内するのを、同じく呆然と聞いている始末です。
 昼間でしたが、パトカーが市内を警らしていました。警視庁と新潟県警のパトカーということにも驚きましたが、今だに警官による警らが必要な状態、つまり各種窃盗への対策が必要な状態ということです。津波で何もかも流されていた状態でしたが、わずかに残っていたガソリンスタンドの料金箱が壊されていた状態だったのが印象に残っています。

 当然デジカメを持参していましたが、結局記録に残したのは友人宅だけです。他は撮ることができませんでした。死者が多数出た地域で、よそ者が安易に記録を残すということに躊躇われたということも無いわけではありませんでしたが、それ以前にデジカメで記録することの無意味さを思い知ったということもあります。
 こればっかりはね・・・直に見ないと意味がないです、ホントに。阪神の時もそうでしたけど、直で見ればカメラで記録する必要なんぞないんです。記録でなく、イヤでも記憶に残るんです。
 他人に知らせる意味があるという意見もあるでしょう。でもね・・・どんな一流のカメラマンが記録しようとも、それは「一部」でしかありません。そして、それは各種メディアで垂れ流されている報道画像と同じです。それも十分インパクトありますが、それは一部でしかないということを思い知りました。ナマで現地を見、現地の空気を吸うということは、必要なことだと思います。

 正直、物見遊山のように被災地見学するのはどうだろう?と遠慮していた部分もあるのですが(実際、現地で千葉ナンバーのクルマでウロウロするのは気が引けましたが)、機会があるなら是非一度ナマで見てみるべきだと思いますね。
 現時点では人間の生み出す文明の儚さをイヤというほど感じることかと思います。これはこれで必要なことだと思いますが、今の時点でこの惨状を見ておいて、後年になって改めて同じ場所を訪れ、後々成し遂げられるであろう復興された状態を改めて見て、日本人の底力というものをきっと肌身で感じることが出来ると信じています。
 敢えて言います。「がんばろう日本」ではなく「がんばれ! 東北」と。
スポンサーサイト

Comment

がんばれ東北!

最近のニュースは避難場所の様子ばかり流しているので、復興が進んでいるのかと思いましたが、まだまだひどい状態なんですね・・・。
実際に現地に言った人の話とかを聞くと、自分は何が出来るんだろうと考えさせられますね。
募金と、神社やお寺で復興を願うだけでは申し訳ない気がします・・・。


飲み比べ、楽しみにしてます。
zumeがおつまみに551のシューマイを買ってきてくれるそうですよ。

No title

>うずらどん
あくまでも自分で見た限りの印象では、津波被害の場所は全くの手付かず状態と言って良いかと思います。
復興が進みつつある場所というのは、津波での被害が軽微な場所に限られるようです。
そりゃ津波被害の場所は根こそぎ流されて住む家が無い更地状態ですから、ライフラインが復旧と言っても、ほぼ避難所だけの話と言って過言ではないでしょう。

>自分は何が出来るか?
何も出来なくても気に病むことはありませんよ。大多数の人がそうでしょうし。
残念なことですが、募金はもうやめましょう。あれだけ集まった募金がロクに分配されていないというのは異常なことです。あぁ、民主党を支持しないというのが手軽に出来る「私に出来ること」かもなぁ(苦笑)。

まぁ東北のお酒を一緒に飲みましょう。
気に入った銘柄があったら、リピーターになって支援できますから。

今日は代筆

無芸さんより、連絡きましたです。
以下、コピ~。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+またもやの東北遠征、お疲れ様でした。
+Blogコメ欄は、相変わらず何を記入してもNGワードでハジかれます(泣)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
だそうです。

とりあえず、お疲れ様でした。
会社ブッチで大正解です。
ま、ちょいちょいスカもありましたが…。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
+ どうして手堅く「いとう食堂」の暖簾を潜らないかな(笑)
+ チャレンジャー過ぎますw
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
だそうです。

ま、あれも経験値って事で。

来週あたり、東京トシヒサの予定です。
でも、なんか混んでそうですわ。

任務乙であります(`・ω・´)ゞ

時にぽこすけ、米沢牛なるものを食べたことはあるか…などと意味もなくゆかり先生になってみたりw
しかしその2皿で約9000円とは…ああでも、良く考えたらトワイライトのフルコースディナーに12000円出せるんだから全然有りじゃないか^^;

>ナマで現地を見、現地の空気を吸う
私も来月の3連休に正式に仙台行きが決まりました。
昼はKスタで野球を観て、夜は市内の何処かで牛タンを喰らうだけなので、甚大な被害を受けた地域に足を運ぶ事は無さそうですが、それでも各所に残っているであろう地震の爪痕をしっかりと瞼に焼き付けて来たいと思います。

正直、仙台へ向かう新幹線の車中では被災地の光景を見るのが辛いので、ひたすら眼を閉じて寝ていようと考えていたのですが、師匠の日記を見てふと思い直した次第であります。
まぁ、前日の『日本海』で寝不足気味だったら普通に寝ているかもですけど(笑)

面子で店は左右される、かな

>だしゅーどん
代筆ありがとうございました。
無芸さんにもお伝えしましたが、弾かれの原因が判明したので多分次は大丈夫かと^^;

それはさておき、お疲れ様でした。
ま、スカは一つや二つはあるもんだと思うことにしてます^^;
「いとう食堂」さんは、カウンターだけで4人で訪れるのはちょっとしんどいかなぁってのもあったんですよね。

トシヒサさんは多分自分だけだったら行かなかったと思うので、却って良かったかなぁとも。有名店の味とかも一応知っておくべきだろうなぁってことで、それこそ経験値って奴ですね。

仙台もいいが青森うらやま!

>守護神の旦那
はい、ありますよ(殴!)
画像だとちんまい皿に見えますが、結構大きめのトレーだったので、実は5人でも食べ応えがありました。一人頭2,000円弱って勘定で、やはりいい値段ではありますが、満足いく内容でリピートもアリと思えましたね。

>三連休突撃
おぉ、じゃあ仙台で迎撃しますかねぇ^^;
連休中ではありますが、檻戦なので比較的ゆっくり見れるかな?(笑)

因みに、津波にヤラれた友人いわく「仙台市内はエア被災地だ」とかwww
それくらい海岸地域とそれ以外の場所の様相が違い過ぎるので、市内や新幹線車窓では辛いと思えるほどの光景は目にすることは少ないと思います。

迎撃了解であります!(`・ω・´)ゞ

>青森
実は今回『日本海』は新青森までの利用で、そこから東北新幹線で一気に仙台入りしてしまいます^^;
有給一日貰って青森に泊まっても良かったんですが、費用の関係と秋口に有給を取る予定なので、あまり立て続けに取るのもアレかと思いまして…

>仙台迎撃
了解であります(゚∀゚)
試合は13時からなので、遅くとも17時くらいには仙台駅まで戻って来られるかと思われます。夕方くらいに合流してそのまま一杯引っ掛けるのがベターですかね?
何でしたらGGだっしゅさんもお呼びして…w
ちなみに翌日は朝の新幹線で東京入りし、そのまま東京ドームでの読売vs中日戦を観戦する予定です(爆

悪巧み7月版

>守護神の旦那
あー、やっぱり。日本海到着とKスタの試合を考えたら、そうなりますな。
仙台は、できればKスタの試合自体も見たかったんですけどね~。
なにげに呑みに関しては仙台は未知ですので、色々調べないと・・・^^;
非公開コメント

プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。