スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルトの内装対策

 ハブベアリングの修理に出して以降、ネタにしてなかったアルトですが、お世話になったディーラーさんの話をまず書いておきましょう。「スズキアリーナ小岩」さん、正式な会社名は「スズキ アリーナタジマ」さんで、なんとあのスズキスポーツの主宰でありチーム監督でもあるモンスター田嶋氏の会社だったのでした^^;
 そういう成り立ちの会社なので、普通のディーラーさんとは違い、スズキは元より他社のスポーツモデルのチューンを普段から行っています。むしろ、アルトが場違いな感じがしましたなぁ(笑)。
 とはいえ、当然ながら対応はちゃんとして下さいました。ハブベアリングにせよ、その後に出たトラブルにせよ、いずれも分かりやすいトラブルではありましたが、キチンと直していただいております。今後もお世話になることでしょう。

 で、ハブベアリングの次に出たトラブルですが、発生したのは修理から戻った翌週の金曜の夜です。運転中にライトを点けた途端、エンジン回転がガクンと落ちました。そのうちカーステの電源も落ち、G.Sに入ってエンジンを止めたら、もうセルは回りません。。。
 こりゃ単なるバッテリあがりではありません。というか、逆にバッテリの電気だけで今まで走っていたわけで、典型的な発電機(オルターネータ)の故障症例です。参ったなァ・・・ハブベアリングにオルタと、地味にカネの掛かるところばかり立て続けに故障しやがりますがな。認めよう。今回の個体は久々にハズレだったヨ。。。

 この顛末を先日sanoさんにアルトの現物をお見せしながら話したところ、「う~ん、こうなるとどこまで注ぎ込むが見極めが難しいですねぇ」とのコメントが。
 そう、そうなんです。出費が少ないうちだったら、サクッと手放しても良いのですが、そこそこ金を掛けてしまうと中途半端なところで止めるわけには、なかなかいかないんですよねぇ。さすが車・バイクジャンキー。蛇の道は蛇ですな^^;

 更にsanoさん、荷室が内装レスの鉄板剥き出しである旨を話したところ、アルトのハッチバックを開けて手をかざしだしました。はっはっは、さすがに目の付け所がシャープですなぁ^^;
 そう、そうなんです(って、またかい^^;)。内装が無い鉄板オンリーってことで遮音性が全くなく、ウルさいことこの上無しという話は既に書きましたが、実は一番の問題は遮音性よりも遮熱性が全くないってことです。



 この後ろの荷室の部分が丸々内装が無い状態です。広々とした空間がメリットの荷室ですが、それが仇にもなってしまったわけです。荷室天井が熱を持つほか、この広い空間の温度を下げるには、軽自動車のプアなエアコンでは到底役に立たないんですよね。
 面白いことに、昼間は鬼のように暑いのですが、陽が沈んだ後の夜に乗車すると、これがビックリするくらい涼しいんです。鉄板オンリーで遮熱性が悪いということは、熱の吸収が大きいのと同時に、放熱性も大きいということですね。
 これが何を示しているかというと、つまり冬は滅茶苦茶寒いことになるわけです。どれを取るか・・・という考え方も無いわけじゃないですが、やはり年中快適にすべきが正解でしょう。

 そんなわけで内装を仕立てるべく、取りあえず色々と回ってみました。
 まずは基本中の基本ってことで純正品を当たってみたのですが、既に純正パーツは廃番となっていました。まぁそうでしょうなぁ・・・メジャー車種とはいえ既に17年が経過してるし、そもそも車種はメジャーでもボディ形状が特殊なので、早い段階で生産中止になったに違いありません。
 となると、自分で作るしかありません。車齢が大きいクルマ(特に外車)にありがちな天井の垂れであれば、単純に布地の張替えで済むのですが、鉄板剥き出しということでベースボードから作らなければなりません。これは非常に面倒です。
 取りあえず今日はホームセンターや布地の専門店等を廻ってみて、素材を物色するに留めました。やはりベースボードが一番のネックになりそうです。解体屋で探すってテもありますが、いずれにせよちょっと道のりは遠そうですなぁ。


 暫定策として、最後に寄ったユザワヤで安物の黒布地とマジックテープを購入しました。これで運転席と荷室の間に仕切りを作り、冷房の効率を上げようという魂胆でしたが・・・いや~、これスゲーわ! 驚くほどの効果ですがな^^;
 マジックテープで留めることから軽い布地を使用しましたが、もっと厚い布地かパネルで間仕切りすれば、恐らくもっと効率は上がりそうです。後ろに人乗せること無いし、もうこれでいいかな(苦笑)。
スポンサーサイト

Comment

No title

昔乗っていたいすゞエルフと同じ手法ですね。
6人乗りのバンだったので、前席のみと後席までの二箇所で止められる様になっていました。
クリア地のチョイ厚手ビニールでしたが、これまた効果絶大。
ディーゼルだったので、エアコンの効きは良かったです。
屋根裏にフックとか付けて、二箇所で仕切りを入れ替えるようにすれば良いのでは?
下は長めにしとけば、2人用・4人用で切り替えるもの簡単かと。
折角なので、リアビューは確保したい所ですね。

No title

今回黒布であっさりやってみたのも、リアにスモークが貼ってあったせいですね。
普段も大して後方視界がいいわけではない(ほぼ無し)状態のため、
ためらわずに布にしちゃいました。
ちゃんとやるなら、やはりビニール使うべきでしょ~ね。
非公開コメント

プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。