スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道放浪記・三日目 (旭川>網走)

二日目からのつづき。

 昨日は天気が良かったのですが、台風が来ていることもあって明日以降は雨との予報。クルマではなく自転車を担いでの移動だと、電車で移動以外やることなし・・・になってしまいます。そりゃツマらん・・・ということで、どうせなら温泉で2日ほど堕落するかと考えました(笑)。
 それも目当てがあっての話で、5年前の真冬にお世話になって気に入ってしまった瀬戸瀬温泉。一軒宿の温泉で、不便な石北本線の駅から更に10キロ山へ入った場所にあるにもかかわらず、素泊まりオンリーという不便な宿で、しかも一時は宿泊をやめたとの情報が流れたせいで、前回訪れた時は宿泊客が私一人でした。質の良い温泉を独り占めしたイイ思い出のある温泉なんです。

 場所は旭川から東へ100キロ足らずということで、旭川は午後に出れば十分という状態だったため、午前中は旭川市内を自転車でうろうろしておりました。



 朝食はセブンイレブンのコンビニ適当メシ。「ザンギマヨネーズ巻き」なんて北海道ローカルの商品をチョイスするところは、適当メシに対するせめてもの抵抗ですかな。ま、でも取り立てて美味くもなし。余計にマトモなザンギが食べたくなってしまいました。。。

 昼ごはんまでは街中をのんびり見て回ることに。特に目当てがなく・・・というわけではなく、昔お世話になったことのある宿泊施設を探してみようと思ってのフラフラです。
 ちょっと昔話。25年前に初めて北海道旅行をしたのですが、旅行中に切符(当時の北海道ワイド周遊券)を無くしてしまうという、大ポカをやらかしました。無くしたのは音威子府、気がついたのは最北端の稚内というゴージャスなオチで、結局稚内から東京まで青春18きっぷ(つまり全部各駅)ですごすご帰ったという、忘れられない思い出があります。
 その際、旭川で日が暮れてしまって宿泊する必要があったのですが、当時は貧乏学生だったこともあり、いわゆる公共の宿泊施設ってのを探したんですね。それで見つけたのが「警察共済組合宿舎」。一泊二食付きで2千いくらかってことで、ネットも無い時代に良く見つけたなと後々よく言われますが、まぁ「ツイてない時に妙な運がある」という私のお決まりは、どうやら当時からだったようです^^;

 宿のオバちゃんにはお世話になったので、改めて御礼とご挨拶してみたいものだ・・・と思いつつ25年の月日が過ぎてしまいました。宿泊施設の情報はネット上には既に全くなし。どこにあったのか、あるいは建物はどんなだったかは、もうさっぱり覚えてないんですが、駅から確か「東光」か「春光」の何条か行きのバスに乗って、雪の住宅地の中を歩いた覚えがある・・・という、何とも頼りない記憶でフラフラしてきました。
 そんなわけで全く収穫がなく、「ここかもしれねェ!」という場所すら見つからないまま、結局お昼に。まぁ時間潰しだったから別にいいんですが、相変わらずかたくなに普通の観光はしない奴ですね^^;

 まぁ仕方がない。お昼になったのだから、目当てのモノに突撃しようじゃないか。旭川に来たらランチはココ!と決めていた店がありまして、巨大な生ちらし寿司を出してくれるお店です。



 市内南六条の寿司処「美津本」さん。駅からは遠いので、普段はクルマでないと行けないところですね。

 それはいいとして・・・なんか扉に張り紙してない?
 もしかして、旅先で私がいつも喰らってしまう、お得意の・・・アレか!?



 アレだァーッ!!

 なんか、もう・・・ね。ここまでネタ作んなくていいから、ホントに(泣)。
 時間ツブして、ここまでチャリで来て、、、僕もう疲れたよ、パトラッシュ。。。

 っと、そういえば「サポート体制は万全だ!」というGGだっしゅ氏からの有難いブログコメントを思い出しました。もう自分で調べる気力が失せたため、ネタ提供ついでに上記の張り紙を写メして惨状をお伝えし、「旭川四条近辺でいい店教えれ!」と救難信号を出したわけです。トトトツーツーツートトト。
 で、チャリで市内に戻っている間に早速4,5店舗の情報が届くあたりは流石! メールを見た地点での近辺で良さそうなこちらに突入しました。



 旭川駅と旭川四条駅の丁度中間あたりにある寿司処「おかだ」さんです。
 マンションの1階部分で店舗を構えていて、ちょっと地味で一回通り過ぎてしまいました^^;

 

 おぅぅ、待ちかねたゼの「生ちらし」であります。
 クルマじゃないので、昼だってぇのにビールも頼んじゃいました。実は今回の旅行で初ビールです。よくここまで飲まずに済んでたなぁ^^;;; ランチメニューには「握り寿司」(780円也)だとか「いか丼」(680円也)等、試してみたいものがテンコ盛りです。(右画像クリックでランチメニュー表示します)
 肝心の生ちらしですが、美津本さんとこほどのボリュームはないものの、ご覧の通り上質の刺身がテンコ盛りで、何よりコレでお値段が680円ってのが素敵でやんす。やっと北海道に来たって実感が湧いたかも(笑)。良い店を見つけてくれてありがとう!>だっしゅ氏

寿司処 おかだ
住所:北海道旭川市五条通11
営業時間:11:30~22:00(中休みがあるかは未確認)
定休日:未確認
(詳細地図)


 ビールも飲んだので、いい気分になって旭川駅までチャリを押して歩きます。
 駅前まで来たところで、交差点脇に交番があったので立ち寄ってみました。午前中に探した宿泊施設が「警察共済組合」ってんだから、警察なら知ってるかなぁと思ったわけです。(つーか、最初にやれよ^^;)
 どの警官も私より若そうだったというのもありますけど、そもそも警官は異動が多く、意外と地元を知らないケースが多いですが、一番年嵩がいってそうな一人の方が「あぁ、あったのはありましたけど、随分前に無くなった筈ですよ」と応えてくださいました。ネットで全く情報が無かったことからも、無くなったであろうことは察しがついていましたので、やはり・・・という感じです。県警本部の厚生担当とかに確認すれば分かるでしょうけど、まぁそこまでするほどでもないわけで・・・

 さて、あとは温泉に行くだけだ・・・と思ったところで思い出しました。そういえばあそこ、当日予約は駄目って言ってなかったっけかなぁ。
 まぁ駄目なら駄目でいいやと半ば諦めつつ電話してみたところ、やはり「あ~、満室ですねぇ」とのこと。いやいや、失礼ながらあそこが満室になるとは思えない^^; こりゃ当日連絡云々の説明が面倒だからだろうなぁと勝手に納得し、結局網走まで足を延ばすことにしました。
 網走方面の各駅は15時5分の快速「きたみ」までありません。というか、石北本線は途中の上川駅で各駅列車が分断されていて、旭川から各駅で網走まで向かうには、一日でこの快速「きたみ」一本しかないんです。何とも不便になったものです。

 ホームでぼぉ~っと列車を待っている間、富良野からの列車が到着しました。



 そういえば旭川は富良野線の分岐駅でした。富良野や美瑛って行ってないなぁ。通過はしているので綺麗なところだとは知ってるんですけど、観光地化されていてなんか魅力がないんですよねぇ。。。
 それはいいんだけど、この列車、連結器のところになんか黒いものがワサワサしてるんですが・・・



 おー、カラスだ。走行中に貫通扉のホロに絡まった虫を食べているようです。今回の旅行中で、何度か同じような光景を目にしましたね。

 

 1時間待ってやっと来た快速「きたみ」。車両はステンレス製で、新しいけど味気ないものですが、右画像の通り今だにホーローのサボを使用していて味がありますね。あれ? 快速と思ってたら「特別快速」じゃないですか。時刻表を改めてみたら・・・あ、ほんとに「特快」の表記だ。
 ま、特別快速といいつつ1両限りのワンマン運転。かわいい単行列車ですが、同区間の特急「オホーツク」と20分しか所要時間に差が無く、特別快速って名前もダテではないでしょう。



 石北本線最大の難所である北見峠の旭川側にある「上越信号所」で、上り特急の交換のために停車しました。かつては通常の駅だったのですが、周囲に住む人が居なくなったため昭和50年に信号所扱いになったのだとか。北海道で最も標高の高い所にある停車場とのことです。
 北見峠を境にしたこの地域は、この上越信号所を含めて計4つの駅がありましたが、過疎化による人口減少にともない、いずれも信号所扱いとなるか廃止となりました。これにより、現在上川駅の隣駅は峠を隔てた上白滝という駅になるのですが、この2駅を結ぶ列車は1日に1往復だけしかありません。



 その上白滝駅の駅の時刻表がコレ。まさに1日1往復です。5年前にクルマで訪れたことがありまして、その際に撮影したものですが(このため現在とは若干時刻が異なっています)、よくぞ今日まで廃止されなかったなァと、感心というか安心というか。
 因みに17時台の旭川行き上り列車は、隣の上川駅までの1駅走破するのに実に1時間8分もかかるのだとか! 新幹線なら東京から静岡まで行く時間でひと駅ですよ^^;



 輪行袋(自転車)は、このように車両後部の運転台部分に置かせてもらえました。車掌のいないワンマン運転だからこその話ですね。
 終点北見には18時24分到着。6分の待ち合わせで網走方面への各駅に乗り換えます。部活の終わった高校生の帰宅時間帯ってことで、若造さんたちで満員でしたが、途中の美幌でほとんどが下車しました。

  

 北見~網走間はキハ40のワンマン単行運転。先ほどの「きたみ」のキハ54と違って、運転台の開放スペースが狭いですが、それでもチャリを置くスペースは確保できました。北海道のローカル腺はだいたいこの2形式でのワンマン運転なので、輪行される方の参考になればと。


 さて、網走での宿。安くて広い「北海ホテル」さんを常宿としているのですが(タイミングがいいと10畳の綺麗な和室で2,700円!)、いつもは当日予約でも十分に割安の部屋をゲットできていたのに、今日に限って満室でした。
 結局、困った時の東横イン(笑)にしたのですが、こちらも「禁煙部屋は満室」とのことで驚きました。一体何があるのか・・・と思っていたら、なんか陸上競技大会のようなものが開催されるようで、ホテルの中にも街中にもジャージ姿の高校生(中学生?)がウジャウジャいました。

 東横インは基本素泊まりですが、夕食のカレーと朝食のおむすびがサービスで付きます(全店ではないようですが)。普段は飲み歩くので夕食カレーは頂いたことがないのですが、今日は昼が早かったことともあって、ちょっとだけもらってみようという誘惑にかられてしまいました。
 で、「半分だけ下さい」とお願いしたのですが、、、



 いや、半分っつったのに、なんかフツーに一杯分あるんですけど^^;;;
 ん~、呑みを前に余計なことしなきゃ良かった・・・

 とかなんとか言いつつ、しっかり出かけはしました。網走の繁華街にある居酒屋「きた鳥」さんで一杯です。

 

 左側画像が豚串とベーコンチーズ焼き。北海道の定番だけあって程よく脂ののった豚串は間違いがないです。一方のベーコンチーズ焼き。薄いベーコンでアスパラやら何やらを巻いたものが居酒屋ツマミの定番ですが、ここのは串刺しのブ厚いベーコンにチーズを巻いたもので、肉好きにはヒジョ~にタマらん食べ応えがある逸品です。
 右側画像は鶏のぽんぽち(鶏の尾)。表面はカリっと焼けており、中は少しコリっとした食感を伴った脂身で、これまたビールに合う合う。



 刺身は今回頼まずじまい。しかし、海幸として帆立のバター焼きを頼みました。一口大の貝柱を塩とバターで焼いたもので、当然ながら美味しく、更に塩加減と焼き(コゲ)加減が絶妙でしたねぇ~。



 で、これが今回のヒット。画像じゃなんてことない酎ハイに見えますが、コレ「生たまねぎサワー」という、こちらのお店オリジナルの酎ハイのようです。
 その名の通り、クラッシュした生たまねぎをブチ込んでる酎ハイなんですが、こりゃなんだ!?と驚く甘みが特徴。たまねぎも取れたて新鮮だと、こんなことができるのかと非常に驚きました。甘いのですが、脂っこいツマミに非常に合うんですね、これが。

 ここは居酒屋メニューの他、ラーメンやハンバーグといったご飯メニューもしっかりしている使い手のあるお店です。帰りに1,500円分の割引券をもらっちゃいました。11月30日まで有効ってことで・・・もう一回行くかな?^^;



居酒屋 きた鳥
住所:北海道網走市南3条西1丁目11-2
営業時間:17:00~翌3:00
定休日:第2・第4日曜日
(詳細地図)


 お店には相変わらずの半袖短パンのチャリダースタイルで呑みに行ったのですが、気持ちよく飲んでいたところ、店のおっちゃんに「先生は飲み歩いていていいのかい?」と笑いながら聞かれました。どうも上で書いた陸上競技大会関連で引率の教員と勘違いされた模様です。
 「教師だって飲みてぇこたぁあるンスよ」と悪ノリしかかりましたが、すぐに嘘で~す旅行者で~すと訂正しましたが・・・その後もニヤニヤが続いていて誤解が解けたのか謎です。別にいいけど^^;

 さすがにカレーが効いているので、この一軒でオシマイ。というか、それがなくても最近ハシゴする元気があまりありません。いい加減トシかなぁと感じますねぇ。

四日目に続く。。。
スポンサーサイト

Comment

No title

こちら、請(う)苦(労)祭・提督救助隊!
スタンバイ・ コンディショングリーン。

毎度、新鮮なネタをありがとうございます。
「おかだ」さんは前々から気になっていた店だった事もあり、旭川へ行ったら…なんて思っていたのでした。
あとは、デカネタの寿司よしさんかな。
当日は休みだった事もあり、なかなか楽しいサポートでした。(笑)
思い切り腹筋が鍛えられたのは言うまでもないでしょう。

でも、ホタテがうらやましす。

ふられんぼ

>だしゅーどん
ヤなネーミングの救助隊だな~^^;
にしても、あの1分オフのネタとしての面白さ加減には嫉妬しちゃうね。

てなわけでナビ感謝です。自分で調べて行ってたら、もう一店舗くらい休みを引いたんじゃないかと。。。
そういえば自分、一時期美津本さんと寿司よしさんをごっちゃにしてました。寿司よしさんは夜もいいかなぁ。
それにしても、一度でいいから一切お店にフラれない旅行をしてみたいものです。今回もこれだけじゃなかったしねぇ・・・
非公開コメント

プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。