スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道放浪記・四日目 (網走>釧路)

三日目からのつづき。

 網走で迎えた旅行四日目。昨日の天気予報では雨となっていたのですが、なぜか快晴です。まぁ多分午後から天気は崩れるでしょうが、取り敢えず気持ちよくスタートが切れます。



 というわけで東横インの朝食サービスのおにぎり+α。なに5コもおむすび食ってんだヨ^^;

 

 本日は釧網本線を下って釧路まで出ます。画像左は網走駅で出発を待つ、快速「しれとこ」号。快速といいつつ、昨日の「きたみ」と同様に一両編成の単行列車です。当たり前な話ではありますが、首都圏の電車と比べるととんでもなく輸送量が少ないですなぁ。。。
 右側画像はホームの端から写した網走駅構内です。昨日夜は気にしてませんでしたが、25年前の国鉄時代と殆ど変わってない・・・と思います、多分^^;
 改めて見ると、駅舎の反対側には森が迫っていて結構田舎な駅ですねぇ 一両きりの列車が停まるこのホームに、国鉄当時は長大編成のブルートレイン(夜行急行「大雪」)が来ていたというのが嘘のようです。夜行列車が到着した時間は、釧網線の列車や廃止前だった湧網腺の列車との接続があって、早朝とは思えない賑わいだったのを覚えています。

 

 画像左は車窓から見たオホーツク海。残念ながら網走を出発してすぐに曇りになってしまいましたので、どんよりした画像になってしまってます。場所は北浜という駅で、海岸がすぐ近くにあって冬は流氷が来る駅として有名になりました。
 右側画像はオマケで、4年前の冬に訪れた際の同じ北浜駅の画像です。この時は暖冬で流氷が少なかったのですが、晴れていて実に気持ちよかったです。

 この北浜駅までは乗車したことがありますが、ここから先は初めて乗車する区間です。

 

 途中の知床斜里駅で対向列車と交換のため数分停車します。一服(^。^)y。o○
 右側画像は清里町駅での交換の様子。同じ快速「しれとこ」号の上り列車とすれ違いです。オホーツク海沿いを走るのは知床斜里までで、そこから標茶までは広々と広がる畑と知床山系の森の中を走っていき、標茶からは釧路湿原と、北海道らしさを一度に味わえる路線です。



 車内から窓越しに撮影したのでイマイチですが、知床半島の入り口にあたる斜里岳。実物は火山らしい稜線が魅力的な格好のいい山です。
 車窓からは見えませんが、屈斜路湖と摩周湖の間を走り、まさに森と湖の土地ですね。あぁ、やっぱり道東はいいなぁ。何もかも日本離れしていて、北海道の中でも特に「らしい」地域です。

 残念ながら釧路湿原に入る頃に小雨が降ってきました。25年前には標茶から釧路まで乗車しているのですが、夜だったのでちゃんと湿原の景色を見るのは今回が初めてです。釧路湿原はあまりにも規模が大きくて、実は花咲線(釧路~根室間)の方が湿原の雰囲気が強く味わえるのですが、それでも塘路湖のあたりは湿原らしいロマンチックな風景でしたねぇ。
 余談ですが、以前北海道の土地を探したことがありまして、「駅前徒歩0分・100坪」という物件を見つけました。それが、この塘路湖畔の塘路駅そばの土地でして、値段は130万円也! 「線路を挟んで釧路湿原が見えます」なんてイカした売り文句でした(笑)。多分ここだろう・・・ってところにかわいらしい家が建ってましたね。


 3時間余りの乗車を経て、小雨降る釧路に到着しました。



 釧路の駅も国鉄時代と大きく変わってないようです。さすが道東のターミナルだけあって、立派な特急列車が誇らしげに停まっております。一方、私の乗ってきた一両きりの快速「しれとこ」は、画像を拡大しないと分からないくらい、左側にちんまりと控えているのが、なんか可愛らしいです。


 さてさて、雨も降ってましたので、もう何もする気ないッス。メシ食うだけ^^;



 以前にも訪れた「和商市場」さんに再訪し、勝手丼にチャレンジです。
 先日の青森訪問の際に古川市場で食した「のっけ丼」と原理は同じで、ご飯を持って市場内をウロウロし、店先で切り身を購入して自分好みを丼を作るという、一種の「遊び」ですね。
 今回もついつい欲張ってしまって結局1,500円を超えてしまいました。正直、割高であることは否めないですが、当然の如く新鮮だし、やはり好きな具を選べるってのが良く、何より面白いからついやってしまうんですよね。久々にウニを頂きましたが、やっぱり臭みがなく激烈に美味ェ!

 

 外見は市場っぽくないですが、右側画像の通り中は市場そのものです。宅配便の受付カウンターもあり、お土産購入にも丁度良いです。まぁ、最近はどこの個人店舗でもクール宅急便の受付やってますけどね。

釧路和商市場
住所:北海道釧路市黒金町13-25
営業時間:8:00~18:00(店舗により異なる、日曜~16:00)
定休日:不定日曜休(オフィシャルサイトに営業カレンダーあり)
オフィシャルサイト:http://www.washoichiba.com/
(詳細地図)


 勇んで挑んだ勝手丼ですが、ご飯は「小」にしました。もういっちょ、行ってみたいところがありましたのでね^^;


  

 「レストラン・泉屋」さんで釧路発のB級グルメ「スパカツ」です。鉄板焼き状のスパにとんかつを載せ、ミートソースをかけたっちうシロモノ。店のおねいさん「鉄板が熱くて跳ねますのでご注意ください」と言いながら運んでるそばから、目一杯ソースが跳ねまくってます。熱さに耐えてるおねいさん萌え(笑)。
 いやぁ、このジャンクさ具合タマらんです。カツがある必要があるのか?と言われると微妙なんですけど、カツが無ければ無いで寂しいですね。
 また、ミートソースの量が多いのもグッド! 少量のオカズで多量のご飯が食える炭水化物大王の私ですが、ことカレーやミートスパに関してはルーやソースの割合が多いのを好みます。この私の嗜好に見事にマッチしてるんですよね。ネタとしても良いのですが、ボリュームもきちんと沢山あります。ああぁ、こりゃまた夜に響くなぁ^^;

 で、このお店。洋食屋を名乗るだけあって、メニューが素晴らしく豊富なんです。

 

 いや~、お子様が喜びそうなラインナップだこと。ええ、私もお子様ですよ(笑)。今回立ち寄りませんでしたが、網走の名店「ホワイトハウス」と張り合える店ですなぁ。近所に欲しいけど、あったらヤヴァいお店であります。

レストラン泉屋
住所:北海道釧路市末広町2-28
営業時間:11:00~21:30(L.O.21:00)
定休日:月イチで火曜休(不定)
(詳細地図)


 この泉屋さんは釧路川の河口(幣舞橋)に近い繁華街にあるのですが、店を出てからやたらとうみねこの鳴く声が聞こえます。海に近いからだなぁと思っていたのですが、、、



 いやいやいや、路地裏のカラスの如く、フツーに海鳥が店の裏口にいるンですけど・・・^^;
 繁華街の店でエサをもらってるんでしょうかねぇ? 恐るべし釧路。

 

 二羽とも可愛くって、しばらくずっと眺めていました。右側はうみねことして、左側はなんですかね? 鳥は焼いた奴としか縁がないので(ぉぃぉぃ)、とんと無知です。ご存知の方教えてください。
 逃げないんですけど、エサをくれない奴と分かると、自然と離れて行ってしまいました。。。


 そんなこんなで、さすがに腹パン。時刻は15時前とまだ陽が高いですが、早くもホテルにチェックインしました。今日のお宿は釧路駅前のホテル・パルーデ釧路さん。一泊シングルで3,900円です。安いけど、設備はまぁそれなりだったかな。
 部屋に入るなりバスタブに湯をはり、ひとっ風呂浴びて昼寝。贅沢というか堕落というか、まぁとにかく時間に追われての普段の旅行ではやらないことですね^^;


 で、このまま寝てりゃいいものを、やはり第二ラウンドが待っているわけです^^;
 スパカツで腹パンではあったのですが、7時過ぎにむくっと起き上がり、雨の中を傘さして海側の繁華街に向かいます。

 

 「鳥善」さんで釧路名物のザンギで一杯。店オリジナルのソースに胡椒を加え、これにザンギを浸して頂きます。やっぱりメチャウマ~♪
 ザンギは下味をつけた北海道独特の鶏唐揚げですが、発祥はこの釧路とのことです。発祥の地らしく「ザンギ専門店」があり、それがこの鳥善さん。基本メニューはザンギと酒のみという漢らしいお店です。以前一度お邪魔しているのですが、やはりここのザンギはもう一度味わいたくなる魔力を持っていますね。

鳥善(とりよし)
住所:北海道釧路市栄町2-15
営業時間:17:00~24:00
定休日:不定休
(詳細地図)


 今日はこれでお開き・・・と一度ホテルに戻ったのですが、早くにチェックインしたせいか、いつもより時間が余計にあります。しょうがねぇなぁ・・・



 しょうがねぇじゃねーだろ^^;
 つーわけで釧路ラーメン「河むら」さんの塩ラーメン(650円也)です。思いつきで出掛けたもんだから、デジカメを持参せず、残念ながら携帯電話でのバッチイ画像となって申し訳ないッス。
 あっさり・さっぱり系で、最近の私の好みにビンゴ。これとは別に「昔風のラーメン」というのもメニューにあるんですが、この塩ラーメンで十分に昔ながらのラーメンらしいラーメンです。
 個人的に非常に気に入ったのが麺! 単なる縮れ細麺なんですけど、この縮れ具合の麺をズルズル啜る時の感触がゾクゾクするくらい素敵なんですわ。舌や喉越し以外に「クチビル」で食を楽しむって感覚があるんですね。分かってもらえるかなぁ~、この感覚^^;

釧路らーめん 河むら
住所:北海道釧路市末広町5-2
営業時間:11:00~15:00、18:00~翌2:00(日祝日11:00~16:00)
定休日:不定休
(詳細地図)


 それにしても釧路って不思議な街ですねぇ。駅前からの目抜き通りは近代的なビルが並ぶ典型的な地方の核都市の様相なのですが、昼間は「この街はヤバいだろ!?」と言いたくなるほど人がいません。
 ところが、夜になると末広町・栄町界隈の飲み屋街にはタクシー待ちが溢れ、どっから出てきたんだオメーらわ!ってくらい、人が闊歩しているんです。千と千尋の世界みたいですよ^^;
 私のような駄目人間には面白いのですが、普通の人にはどうなんだろうなぁ、この街は・・・

五日目に続く。。。
スポンサーサイト

Comment

No title

道東はイイですな~。
釧路は、今一番行きたいかも。
初冠雪ってニュースが入ったのでスノータイヤかの、チョイに。(笑)

とりよしはエエ。
とりもエエ。
でも、なんだろうね。(キラッ!

No title

>だしゅーどん
唯一、天候が良くない日(霧・曇り)が多いことが弱点ですね>釧路・根室
逆に帯広は道内でも天気の良い日が多いので、最強かなぁ。

釧路市内はまだまだ発掘されるべき店舗はありますね。突撃よろ!
非公開コメント

プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。