スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙台に野球を見に行ってきました

 なんだ、この「有名観光地の職場向けテキトーみやげ菓子」みたいなタイトル^^;

 どうでもいい話の枕は置いといて、先週末は仙台のクリネックススタジアム宮城にプロ野球の試合(楽天vsロッテ)を見に行ってきました。先日アップした通り郡山に前泊し、当日午前に仙台までクルマで移動という行程です。
 試合開始は14時。12時頃到着を目指しておりましたが、結局到着は13時20分頃に。まぁ指定席でしたし、懸念していた駐車場も余裕があったので、結果オーライですね。



 席はバックネット裏のゴールデンシート。真裏ではなく微妙に三塁側の場所なのは、打席から戻ってくる選手をよく見られるからという平蔵ちんセレクション。あ、Kスタでは三塁側がホームチームになり、ビジターは一塁側になります。なんで?
 ネット裏は慣れないと外野フライの距離感が掴めないため、ちゃんと試合全体を見るには実は内野席上方が最も良いのですが、真後ろからちょっと外れたこの席は内野のシフトとかが分かりやすくて結構良かったですね。



 一塁外野のロッテ応援席。空席が目立つ下の部分は外野指定席で、上の自由席はご覧の通り真っ黒。ビジターで、しかも最下位チームの消化試合とは思えない熱の入った応援は相変わらず凄いです。
 元の職場の同僚にメールしたところ、「Y君が一塁側にいるはずです」との返信が! しかも、今晩ホテルが取れず漫画喫茶で夜明かしして明日の試合も応援するのだとか。まぢか・・・よく冗談で「全国どこにでもいるのが阪神ファン、全国どこにでも行くのがロッテファン」と言われてますが、身近にいたとはね^^;
 つーか、楽天側にいる自分たちも、千葉ナンバーのクルマで来てるやん。傍からは間違いなく「熱心なロッテファン」って思われてたんだろうなぁ~^^;;;



 楽天の先発は田中将大。初めて観た楽天戦がマー君とはツイてます。
 一方ロッテの先発は成瀬。私は8年間海浜幕張に勤務していたこともあって、マリンスタジアムでロッテの試合は何度も観ているのですが、『成瀬登板の試合を私が球場観戦すると必ずロッテは負ける』という私的ジンクスがあります(苦笑)。
 そのジンクス通り、3回までで楽天は7点をあげ、火ダルマになった成瀬は3回途中で降板。俺が観たせいで、ごめんな・・・^^;



 本日3安打1犠打で猛打賞の内村。残念ながら画像は2塁ゴロの瞬間ですが^^;
 それにしても、失礼ながらホントにちっちぇな~。ニコニコ生放送で「リトルリーガー」とか「最強のストライクゾーン」だのとコメントされる理由がよく分かりましたがな^^;;;



 キャッチャー嶋、金的を受けて悶絶するの図。
 しばらくして復活しましたが、この苦しさばかりは女性には分かるまいて・・・



 5回裏だったかな? グランド整備中に、バイクに乗ってMr.カラスコが外野に登場。突然のことだったので、コンデジの光学ズームでしか撮影できず、拡大画像はありません^^;
 一通りパフォーマンスをした後、フェンスによじ登って外野席に乱入する形で退場しました。球団マスコットって、最初出た頃は「何余計なことやってんのよ」と思ったものですが、球場でパフォーマンスをナマで見ると楽しいですね。



 序盤の7点は重く、結局マー君完封で楽天が8-0で勝利。これで田中投手は自分の背番号と同じ18勝となり、勝利数でダルビッシュを抜いてトップに。ヒーローインタビューは当然ですね。
 打の方では2打点猛打賞の内村がお立ち台に。って、なんかマスコット(クラッチーナ)と喋ってるんですけど(笑)。余談ですが、このクラッチーナさん、試合終了後の球場外でのファンサービスの際、障害者と思われるファンと手話で話しているのを見て感心しました。なんてインテリジェントなマスコットなんだ。。。

 とまぁ初めての仙台での野球観戦でしたが、いきなり良い試合が見れて良かったです。いや、本当はマリーンズ贔屓なはずの私ですが、まぁ最終的には巨人が負ければ何でもいいのでwww
 それはともかく、千葉ロッテもそうだし、北海道日本ハムもそうですが、やはり地域密着のチームってのはいいもんです。試合終了後、ベンチに戻る選手を内野席のファンが総立ちで迎えたのにはビックリしました。低迷しているにも関わらず、地元がしっかり応援しているってのはよそ者が見ていても気持ちのいいものです。また来年も見に行きたいですね。


 さて、あとは帰るだけですが、折角仙台まで来たので名物をば。。。



 仙台ってぇことで、お決まりの牛タン^^;
 木町通にある「まるたん」さんの牛タン焼き定食(1,480円也)です。定食にはライスとテールスープが付きます。定食各種を頼み、みんなでシェアして頂きました。独りではできない技ですね。



 こちらは「極上牛タン焼き定食」(1,880円也)。ノーマルより柔らかで、私も平蔵ちんも若干ケモノ臭を感じました(景勝は当然のように「そう?」とのこと^^;)。これは内臓系が好きなクロウト好みの味かも知れません。



 この店のウリである「味噌たん焼き定食」(2,320円也)。自慢の品だけあって、味付け抜群ですね。通常の焼きもそうですが、ご飯向けの味付けで、酒のツマよりもご飯かきこみ系でした。
 定食は以上の3種類を頼み、追加で「牛たんさがり焼き」も頼みまして、逆にこちらは歯応えが強く、酒のツマミ側かなって感じです。



 今回は頼みませんでしたが、サイドメニューいろいろ。
 右の画像がちと見難いですが、たん玉焼きとたんコロッケの説明で、たん玉焼きは牛そぼろを詰めた玉子焼きとのことです。いずれも、一杯飲るには良さげなツマミです。特にスジ煮込みは良さそう~。



 お店は国分町から一区画北に外れたところで、観光客向けではなく地元向けって感じですね。次回は他のメニューで一杯やってみたいものです。次回はいつかな^^;

牛たん料理専門店 まるたん
住所:宮城県仙台市青葉区木町通1-3-38
営業時間:11:30~14:00、17:00~23:00(日・祝は夜のみ)
定休日:第2木曜日
(詳細地図)


 とまぁ美味しくいただいていながらナニですが、こちらのお店の話ではなく「仙台の牛タン」というもの自体に対する感想として、味付けは良いし食べ応えもあるのですが、値段に見合うか?となると、正直なところ多少うぅむ・・・と考えざるを得ないですね。
 これは前回の「利久」でもちょっと思ったことで、今回仙台の牛タンが初めての二人も同様でした。美味しいことは美味しいけど、昨日の大豊での豚ロース+ご飯が一番いい!とのこと。どこまでも安上がりなトリオですね^^;;;
スポンサーサイト

Comment

郡山にホルモンを食べに行ってきたいです

パリーグといえば、平和台に太平洋を見に行った頃が全盛です。
でも、今のライオンズはどうでもいいけど。
川崎ロッテは好きでしたが、他所行ったので見切り。
やっぱりホークスかな。
ま、今は鯉さんに落ち着いていますけど。


牛タンさんには一票投じます。
ブランド化し過ぎている感じ。
昔(そう20年ほど前)に行った時は、もっと庶民派な感じ。
座ると黙ってセットメニュー。
お前はキャバ○ラかって~の。(今風な笑)
一食で物足りず、梯子したのは懐かしい思い出。
北京餃子を知って行かなくなったのも、半田屋を知って更に寄り付かなくなったのも…。
でも、お土産としては喜ばれます。
酒飲みにはジャーキー、ファミリーには塊。
萩月とセットで、お株も上がるもんです。
まあ、白松が最中ってハズし技もあれば、笹かまで追撃してズンダで崩落かな。
選択肢が多いってのは嬉しいかも。(支離滅裂…スマソ)

行くか?www

>だしゅーどん
ウチは西宮でブレーブスでしたが、当時弱かったホークスも好きでした。
強いホークス復活は嬉しいんですが、親会社がS.Bってのがなぁ・・・
ブレーブスの末裔も、オーナーが変わらない限りファンにはなれないなぁ。。。
こういう野球への接し方はツマらないとは思うんですけどねぇ。

牛タンについては、なんかネガティブな書き方になってしまって少々不本意にも
思えるところがあるのですが、コスパとなると・・・ねぇ。
仙台土産は選択肢多いですが、東京でも入手しやすい物も多いところが、却って
悩みどころかなぁとも。その点で萩月が一歩リードかなぁって感じです。
非公開コメント

プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。