スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道放浪記・五日目 (釧路>根室)

 すっかり間があいてしまいましたが、久々に北海道旅行の記録をアップ。いい加減忘れそうなので、ちゃんと記録しとかないと・・・ということで四日目からのつづきです。
 なお、現時点ではアップした日付・順になっていますが、後で実際に旅行した日付でのエントリに直す予定です。

 釧路の街は朝から小雨。予想していたとはいえヤル気なっすぃんです。
 さてさて、今日はどこに行くかはサッパリ決めてません。とりあえず朝飯をとるために根室行きの列車に乗りました。目的はコレです。



 有名な厚岸駅の「かきめし」(980円也)です。カキの煮汁で炊いた炊き込みごはん(ひじき有)の上に、名産の牡蠣、それにあさりとツブ貝を載せた逸品です。地元での駅弁大会でも頂いたことはありますが、地元まで来て出来立てを頂くのは幸せそのものですなぁ~。朝からビールまで飲んでるし^^;

 

 残念ながら現在はホーム上での販売は元より、以前行っていたキヨスクでの販売もしておりません。駅を降りて駅前ロータリーの右手に、調整元の「氏家待合所」さん(公式HP)のお店がありますので、こちらで買い求めることができます。というか、これってもう既に駅弁じゃなくなっているとも言えますねぇ。。。
 お店は弁当の販売のみならず「あっけし食堂」という看板も出していて、右側画像にある通り「かきめし」以外の各種メニューも揃えた食堂になっています。それぞれお味噌汁も付いてくるようですし、「駅弁」にこだわりが無ければ、お店で作りたてをいただくのが正解でしょうね。駅弁にこだわった私は、駅の待合室でモサモサ食べましたけどね^^;

 食後、厚岸駅のキヨスクのおば・・・おねーさんに訊いたところ、調整元との販売契約が切れたので駅売りは行わなくなったのだとか。う~ん、勿体無いなぁ。列車を降りて駅弁を探していた観光客のおばちゃんも今回いたくらいだし、観光の目玉として優遇してもいいと思うんだけどなぁ。。。
 ただ、前日までに電話予約すればホームまで届けてくれるとのことですので、事前に予定が立っていれば下車しなくても入手できそうです。今後訪問される方はご参考までに。

厚岸駅前 氏家待合所
住所:北海道厚岸郡厚岸町宮園1-15
営業時間:7:30~14:30
定休日:水曜休
オフィシャルサイト:http://kakimeshi-ujiie.ftw.jp/index.html
(詳細地図)
※注:現地店舗の貼り紙の内容を元に記しております。オフィシャルサイトでの定休日・営業時間表記は異なっています。


 美味しくかきめしを頂きながら、根室に行こうか帯広に行こうか悩みまして、結局根室に行くこととしました。一旦釧路に戻り、釧路始発の快速「ノサップ」に乗車です。

 

 また一両きりの快速列車だ~^^;
 しかし、釧路から根室までの車窓を眺めてると、失礼ながら「そりゃ一両でしょ」といいたくなる風景ですなぁ。昨日乗車した釧網本線での釧路湿原の風景は「森と湖のロマンチックな風景」でしたが、こちらの湿原と原野の風景は、さながら「はぁ~るばる来たぜシベリアへ~♪」ですよ、ホントに。ミンスク仮面カモ~ン!
 で、私はこの日本離れした根釧原野の風景が断然好きです。初めて来た時は、ホントに日本じゃねェ!って思いましたもん^^;;;

 

 その割にはイマイチ風情のない終着駅の根室。住宅街の中にあるってのもありますが、根室市内で線路がUターンしていて実は根室駅は日本最東端じゃないってのも、「どんづまりにある」って雰囲気を落としているかなぁ。

 駅は微妙・・・と思うのですが、駅前に降り立ったら、そこはロシア!(笑)
 いや、別にロシア人がいたり、「Добро пожаловать!」なんて看板があるわけではありませんが(因みに「ようこそいらっしゃいました」の意^^;)、やたら広い道と高さの無い建物ばかりで、一見して内地と雰囲気が違うんですね。
 駅前の写真を撮ってみたのですが、どうも雰囲気が伝わらない失敗作でしたので、代わりにちょっと先の根室市役所の交差点の風景をば。



 妙ちくりんな五叉路交差点。(拡大してご覧ください^^;)
 根室駅は根室半島の台地の頂上部分に位置し、この丘の上から北側の港部分にまで市街が広がっていまして、函館並に坂の多いエキゾチックな街でした。


 で、、、根室の町に驚いたのはここからです。
 今日はホテルは取っていなかったので、初めてライダーハウスに泊まってみようと思いつきました。場所は根室駅から5キロほど東にあるのですが、約2キロほど走った住宅街を抜け、根室高校の横の坂を下っていくと、そこは・・・



 市役所から2キロで原野ッスか!?(゚Д゚)

 この原野のすぐ先は海です。いや、まじビックリですよ。フツーの住宅地と高校のちょい先に湿原を抱えた原野ですもん。
 因みにこの辺は、大昔(昭和34年まで)根室拓殖鉄道という地方鉄道が走っていたあたりです。半世紀以上の時を経ているため、軌道がどこにあったかは知る由もありませんが、原野の中を走る軽便鉄道ってものをナマで見たかったものです。
 画像の右側に写っている建物ですが、、、



 旧日本軍のトーチカでした。
 史跡として保存する意思がないのか、荒れるがままの状態になっています。なんでも築かれた当時、つまり現役の頃は周囲を砂で盛られてカモフラージュしていたのだそうですが、今は原野の中で海風にさらされながら静かに佇んでいます。
 極めて個人的な話。大昔にやっていたジャックダニエルのCMが非常に好きだったのですが、この風景を見て真っ先にそれを思い出しました。妻よりも、恋人よりも、ジャックダニエル。ごめんなさい^^;


 実は、上に挙げた画像はいずれも翌日に撮影したもので、当日は雨がしっかり降っておりました。カッパは羽織っていたものの、ぬれネズミになりながらライダーハウスの「お母婆」さんに16時頃に到着です。



 こちらは食堂・居酒屋さんをやっていて、そこで1,500円分飲み食いしたら宿泊はタダ! ところが、本日は休業とのことで、ライダーハウスは素泊まり1,000円とのことでした。
 こりゃ500円安上がり・・・なのですが、酒と食事を期待して来たので、困ったことに何も持参しておりません。かと言って、チャリンコで雨の中また濡れネズミになって往復10キロ走りたくないし・・・と思っていたら、雨で足止めくらっていた同宿のライダーWさんが「どうせ買出しに行くから買ってくるよ」と、ありがた過ぎるお申し出が!

 

 Wさん曰く「根室市内のAコープはね、19時過ぎると弁当類が半値になるんだ~」とのことで、この握り寿司が380円。これがまたタイムセールの半額モノとは思えない美味さ! 北海道では茹で海老じゃなくて甘海老が普通だもんねぇ~。
 ついでに、朝ご飯用としておにぎりも一つ買ってきて下さったのですが、これの定価が78円。つまり39円で購入ってことで、寿司と合わせても500円いきましぇん。ありえねぇ~(大笑)。Wさん、ありがとうございました!


 さて、今回初めて利用した「ライダーハウス」というものですが、北海道内に多数ありまして、大体が商売ではなく好意でやっていることもあって、驚くような安値で泊まれます。
 その分、当然ながら施設には多くを求められません。今回使わせていただいた「お母婆」さんは布団が用意されていましたが、寝具が無いところがザラ。寝袋持参がデフォで、言うなればキャンパーライダーの休み処というのが正しいでしょう。
 私は予めどういうものか大体知っていたし、見知らぬ人と話すことさしては苦にしませんので、チャリだったこともあって利用しましたが、決して万人にはお勧めできませんのでご注意を。かく言う私も、最近ビジホばかり泊まっていたせいで、申し訳ないですがこちらではうんこできませんでした^^;;;

六日目に続く。。。
スポンサーサイト

Comment

ХОРОШО

道東、いいですな~。
厚岸の炎シリーズが良さそうだ。

方向は逆だと思ったけど、国境としてはCCCP(エス×3・エルと読む)は近いのね。
釧路にしろ根室にしろ、チョイノリを運んでくれる列車は無い物かの。
(車で良いじゃんって話ですけどね。)
一両快速にもモエモエっす。

No title

 厚岸のかきめしはこーいう経緯で召し上がってらしたんですなぁ。こちとら最近は旅禁を嫁から通達され・・・って,メールでさんざんグチったことはおいといて,旨そうなのが単純に羨ましいッス(T_T)
 宿泊施設とう○この関係ですが,私ゃ尻洗い機付きの清潔なトイレでないと,ホントにダメっすね(汗)。

No title

週末は伊豆に行っておりました。ホント、家にいねェ^^;

●だしゅーどん
はらしょー♪ 納沙布岬は一度行ったことがあることもあって、今回はパスしました。
日本離れした風景は見てて面白いですが、天気が悪い中で長く居ると、正直なところ気が滅入りますね。一日で離脱したのもそのせいかなぁ。。。

●Tori先生
見せ付けてスマンッス^^;
にしても旅禁は辛いですね~。人出が少なくて料金も安い今が、実は一番お得なのですが。。。
宿泊施設とう(^^)こですが、やはりアレは落ち着いてノンビリできないと・・・ねぇ(苦笑)。
非公開コメント

プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。