スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素敵なマンガ盛り ~郡山・華苑~

 旬なネタを先にアップ。もう北海道旅行記はホントに記録のためになりつつありますな^^;

 前回のエントリにてヘンな予告?をした通り、またも東北は郡山まで遠征してきました。
 コトの起こりは、『ホルモン大豊禁断症状』を患ったGGだっしゅ氏の「最近『肉ばなれ』が進んでいる」との発言に、「来週末は空いてるょ」と私が挑発したため。もっとも、コレが無くてもだっしゅ氏は先週突撃しようと考えていたようですが(笑)。

 参加者は私とだっしゅ氏、それとブースカ君の計3名。今回は天気が荒れるとのことでしたので、バイクは断念してクルマとしました。ハッスル号で初の高速を使っての遠乗りです。
 市川を9時集合し、三郷から外環経由で東北道に乗りました。ただでさえウルさいクルマで、高速道路はさぞかしキビシーだろうと思っていたのですが、覚悟していたせいか、さほど気になりませんでしたね。まぁウルさいことには変わらず、またスピードも出ませんので、意図することなく80~90km/h程度の巡航での省エネ走行となりましたが(苦笑)。
 一旦市内を通り過ぎて戻る形になる郡山ICは使わず、須賀川ICで降りました。ETCの休日割引で、しかも軽自動車ということもあり、川口から須賀川まで2,100円也。3名乗車で1人あたり700円となります。勿論、バイク(原付)だともっと安上がりですが、多人数で雨降りの時は助かりますなぁ。

 まず向かったのは、郡山市の中心部から少し西に外れた住宅街にある中華「華苑」さん。数多くの郡山ランチ記事がある無芸大食さんのブログの中でも登場回数が多い、言うまでもなく無芸さんのお気に入りのお店です。
 お昼時はかなり混むらしいのですが、13時前の到着で問題なく入れました。曜日毎で日替わりとなるランチメニューは、それぞれの曜日で3種類。さて、何にするか・・・と考えましたが、なんだ3人いるじゃないか。3人でシェアすりゃいい話。オーダーは「全部下さい!」(笑)



 左上が豚肉とキクラゲの玉子炒め、下が肉野菜炒め、右上がイカとブロッコリーの・・・何だっけ?^^;
 いやはや、どれも美味ェ! 特にキクラゲ玉子は中華料理屋でメニューにあったら必ず頼む私の好物ですが、ココのは今まで食べてきた中でもトップクラスです。
 どれも甲乙つけがたいですが、強いて言うならキクラゲ玉子と野菜炒めが極悪ご飯泥棒であるのに対して、イカブロッコリーはご飯よりも酒の方がいいかなぁってところでしょうか。

 こんな凶悪なオカズ群があるので、ご飯がいくらあっても足りない!となりますが案ずるなかれ。ご飯はおかわり自由でござる。
 お代わり自由なはずですが・・・



 なんでやねん^^;
 これが、かの「マンガ盛り」ですな。オーダー時に「ゴ飯ハ沢山タベマスカ?」と訊ねられ、力強く「はい、目一杯」と答えた結果ですので、大盛りが無理な人でも大丈夫です(多分)。

 

 で、オカズ群も立派なボリュームなのであります。
 左の肉野菜炒めは、塩・コショウのバランスが絶妙。そしてキクラゲ玉子も、豚肉とキクラゲと玉子の量のバランスが絶妙なんです。これって多分(個々の好みですが)黄金比率ってのが存在するんでしょうなぁ。どの数値が黄金比率かは不明ですが、ココの比率は素晴らしいッス。
 あまりにも美味しくて、マンガ盛りのご飯もアッという間にディスアピアー。更に「お代わり!」となって、隣の家族連れの笑いを誘うハメに。普通なら恥ずかしく思うはずの場面ですが、あまりに美味しいからか不快どころか、むしろ誇らしく心地もよいです(笑)。



 追加で注文した麻婆豆腐。無芸さんのブログの記事の画像を見ていて、いつも「キーッ!」となっていた羨望の一品です。
 いや、これはすごい。もの凄く花椒の効いた本格的な中華の麻婆です。香りづけとして日本で通常使われる山椒と異なり、中華料理で用いられる花椒は舌が痺れるほどの刺激があります。これまたご飯をガツガツかきこみたくなりますね!



 無芸さんのマネしてオン・ザ・ライス! いや、無意識にでもコレはやりますって(笑)。
 これもまたご飯をガツガツかきこみたくなるヘブンリーなブツです。追加で注文しましたが、これは丼でもやっつけてみたいくらい美味しいです!

 ただ・・・ただですね、麻婆とご飯を頂いている分にはヘブンなのですが、あくまでも個人的な感想ですが、これに使っている花椒が強過ぎて、舌への干渉が強過ぎて他の料理を味わうのに影響が大き過ぎました。美味しさの元である花椒ですが、普通の山椒以上に「しびれ」の後味が舌に残るんですよね。他の料理をしっかり味わいたいこともあって、麻婆は最後に回したくらいです。
 まぁ、つまりこれは自分が本格的な麻婆豆腐に慣れてないってだけの話です。そもそも中華での麻辣(マーラー)ってのは、花椒の舌が痺れるような辛さである「麻」(マー)と唐辛子の辛さである「辣」(ラー)とを意味するものですから、味覚の影響どうのこうので花椒が強過ぎとか尤もそうなことをヌカしましたが、要は「唐辛子が辛いよ。ヒ~ン!」って言ってることに近いワケです^^;
 逆に、「辣」いわゆる唐辛子系の辛さは結構抑えめ。だもんで、辛いものが駄目でも山椒が大丈夫であれば、この麻婆は至高の一品になるかと思います。無芸さんの記事によると「麻辣増し」ができるとのことでしたので、一度やってみたいですね^^;



 ランチ付属の烏龍茶が美味しい!と無芸さんも書かれていたのですが、メニューに大好物の金萱茶があったので、我慢できずに注文しちゃいました。茶海は省略されてましたが、ちゃんと茶盤と茶壷を備えた立派な中国茶セットで出てきます。
 出てくるまで時間があったので、てっきり葉が開いた状態で出てきたかと思ってすぐお茶を注ごうとしたところ、お姐さんに「マダデスヨ。五分クライ待ッテ」と教育的指導を受けました(笑)。
 幕張の死ねる中華屋で良質の中国茶を知ったのですが、こちらもしっかりしてます。こりゃいいお店だなぁ。なんで近所じゃないんだよぅ(T-T)

華苑
住所:福島県郡山市堤2-233-1
営業時間:11:00~14:30、17:00~22:00
定休日:しばらく無休とのこと
(詳細地図)

※午後以降のネタはまた別途アップします
スポンサーサイト

Comment

No title

どうもお疲れちゃんでした♪ いやぁ~、私がまだ食べていないブツばかりですなぁ~ww 卵とキクラゲの炒め物はボクも大好きっス(^o^)

麻婆豆腐の花椒は、今使用しているヤツが、ちょっと変わったテイストでして、まるでミントのようなスースーした感じがするんですよ。 この点は工藤シェフも重々承知です。 まあちょっと変わったヤツが入ってきたと言う事でww

麻辣マシはどなたでもオケイですよ(^o^) 工藤シェフ的には、概ね5ランクに切り分けているようです。 中間のランク3を所望したら臨死しました凹[◎凸◎;]凹 今はムチャをしないでランク2で幸せな麻辣生活ですww

No title

UPお疲れ様です。
ここまで並ぶと壮観ですな~。
人数居ると、こんな事が出来るのが嬉しいっす。

え~っと、次はいつだい?
酢豚にも挑戦だね、(ニヤリ

現地羨ましすぎ

>無芸師匠
お付き合い下さり、ありがとうございました。いつも遅くまでスミマセン^^;

まだ召し上がってない・・・とは意外でしたが、確かに記事にはなかったですね。土曜は機会が少ないってことでしょうか。
あ、今気付きましたが、つまり私らは逆に土曜のランチメニューしか機会が無いのでは・・・(つД`)゚。

そうそう、麻婆豆腐の花椒はホントにミントと言っていいくらい凄かったですねぇ。舌が痺れるくらいでしたが、実に楽しい麻婆でした。本文では書き忘れましたが、片栗粉の割合が多いのか、かなりの粘度でこちらも面白かったですね。
麻辣マシ、できるんですね! 私は辛いのが非常に好きなのに苦手(汗をビービーかく)なのですが、もう人目を憚ることなく「3」に特攻してみたいです。リベンジ必須!(^^)

木曜メニューって何だっけ?

>だしゅーどん
中華の基本ですが、やはり人数が多いと楽しめますよね。
まぁ、一人なら一人でキクラゲ卵をガツガツ逝っても十分満足できそうですが。

例の奴を逃したので、11月末までの再訪は必至ですね。
ただ、週末は11月の第二週までは既に予定アリ(汗)。ぬうぼお解禁と絡めてかな? これなら土曜以外のメニューが待ってるし^^;

I'll go no matter what. かな?

ちなみに、木曜メニューは…。
 A:季節野菜のホタテ炒め
 B:にらレバ定食
 C:麻婆豆腐定食
の3本立てでございます。
偶然、前回撮ったメニューに載っていたのは内緒だ。

そうかそうか二週目まではダメか。
って事は、アドバンテージはコッチにあるな~。(ニヤリ

いやいや

>だしゅーどん
平日であれば明日でも逝けるんですけど^^;イカナイケド
来週中ごろから実家に帰る予定です。微妙に悪巧みちうwww

日替わりメニュー、画像残すの忘れてたんだよねぇ。
Aは高級&上品系ってとこかな。B,Cはカッ込み系で(笑)
非公開コメント

プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。