スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道放浪記・七日目 (釧路>帯広)

 久々に北海道旅行記更新。いい加減忘れそうです・・・ってか最近遊び過ぎ^^;

 てなわけで、六日目からのつづき。

 意気込んでの更新ですが七日目は大したことしてません。釧路から帯広に移動しただけですので、帯広B級グルメの巻き・・・って感じですかね^^;



 はい。お決まりの東横ブレックファスト。
 今日はおむすび減らしたぞ。4コだ!(十分ダロ^^;)

 

 釧路から帯広まで各駅で移動。今日はコレだけ。
 いや、しかし久々のキハ40だ。観光利用が多目な釧網本線や花咲線と違って、こちらは利用度が低いのかな? 車内も昔なつかしの2x2のボックスシートです。昔は当たり前だったコレが、今では珍しくなってしまいました。これだけでも嬉しい・・・って、安いなぁオイラ(;´Д`)



 特にネタもなく帯広駅に到着。帯広は晴れてました。
 なんというか、旅行後半になってダレたというか疲れたんでしょうかねぇ。まだ正午を過ぎたばかりですが、早くも何もやる気がないです。もう食って寝るだけしか脳にないという、妙な末期症状^^;



 今回はなんかカレー好いてるなぁ^^;
 というわけで、帯広ローカルのチェーン「インデアンカレー」さんのインデアンカレー大盛(399円+大盛126円也)。豚丼やスイーツが名物の帯広ですが、地元民のソウルフードはコレだそうです。
 一口目で甘みを感じ、後でジワジワ辛味がくるのは、以前にもネタにした大阪のインデアンカレーに似たところがあります。別会社のようですが、関連性はあるんでしょうか?
 帯広と大阪という土地の差もありますが、それにしても基本のカレーが399円と730円という価格差には驚きます。大阪のも味は良かったですが、私は帯広の方が好きですね。数多くのカレーチェーンの中で、現時点で最も好きなカレーと言い切っちゃいましょう。

カレーショップ インデアンカレー まちなか店
住所:帯広市西2条南10丁目
営業時間:11:00~22:00
定休日:年中無休(正月除く)
オフィシャルサイト:http://www.fujimori-kk.co.jp/inmenu/inmenu.html
(詳細地図)


 私は大好きだしベタ褒めもしましたが、観光で初めて帯広が訪れた方にも是非!とまでは言えませんので念のため。正直そこまでの自信はありません^^; カレー好きの方には検証してもらいたいとは思いますけどね。あと、北海道リピーターには行ってほしいかな。帯広出身者と盛り上がれます(笑)。
 上にも書いたとおり、帯広には美味しいモノがいろいろありますから。豚丼はその筆頭でしょう。



 はい、ハシゴしましたよ~www
 帯広には4度目ですが、必ず色々な店舗で豚丼をいただいております。リピートは某食堂の1回だけだなぁ。あそこはディープなので、また次回渡道した時にレポートします^^;
 で、今回突撃したのは「ぶたいち」さん。駅南側という繁華街とは反対側の住宅街の中という立地で、実は口コミやネットで調べてではなく、カレーの消化がてら「いい店がないか・・・」と帯広市内を自転車で巡っているうちに偶然見つけた店です。
 明らかに観光客を目当てにしていない立地ということもあり、逆に興味湧きました。入店してみると食券制で、期待通り値段は他の店舗より格段に安い。基本メニューである画像のロース豚丼が670円で、帯広豚丼の平均相場からすれば確実に安いです。
 で、お味も炭火の香りが漂う立派な豚丼で、十分に合格点。ボリュームも十分です。ロースを基本メニューと書きましたが、実はバラ豚丼も同価格なので、脂身を敬遠する人にもお勧めですね。



 店内の貼り紙によると、経営母体は肉卸会社の直営店とのことです。店舗は以前はラーメン屋だったようで、このラーメン屋の後に今年の5/18開業したばかりとのこと。絶対的な味で言えば、個人的には「いっぴん」さんの方が好きですが、そちらと同様にコスパが高いこのお店は応援したいですね。観光客向けで調子コイた駅前のの某有名店の半額近くでコレってのはナイスです。



 ぶたいちさんご提案の新しい豚丼の食べ方「豚丼茶漬け」・・・
 んー、企業努力には好意を持ちますが、コレはどうなんだろうなぁ^^;;;



炭火焼豚丼 ぶたいち 帯広本店
住所:北海道帯広市西8条南11丁目
営業時間:11:00~14:30、17:30~21:00
定休日:年中無休
オフィシャルサイト:http://www.obihiro-butaichi.com/
(詳細地図)


 さて、時間は15時過ぎ。まだ今晩のねぐらを決めておりません。
 まぁ平日だし、簡単に取れるべ・・・と思ったのが大きな間違い。どこもかしこもシングルが満室で驚きました。というかアセります。駅前のホテルをじゅうたん爆撃のように巡ってみたのですが、どこもダメ。なんでやねん!
 アセったといいつつ、何だかんだでやはり名前の通ったホテルから廻っていましたが、いよいよネタも尽きて、駅前近くの「ホテル・ムサシ」さんに足を向けました。地元資本なのか、正直聞いたことのないホテルです。
 いざとなれば泊まれれば何でもいいと思うタチですから、見知らぬとはいえ所詮はビジホ、恐れる理由など無いのですが、どうせ同じくらい払うのであれば安全パイを取るのも人情です。まぁ仕方がない・・・とフロントに空きを訊ねましたところ、「シングルは満室ですが、割高になりますけど和室でよろしければ・・・」とのことで、ようやく空きを見つけました。

 

 いやいや、全然イイじゃん!
 通常2~3人用の和室を一人で占拠することもあって、5,800円と確かに割高ではありましたが、ごろごろできてシングルルームより快適です。アメニティ品も入浴剤やボディウォッシュタオル(いわゆる垢スリ)まであったりして、今まで泊まった他のビジホより充実してます。
 因みにシングルは4,800円で、二連泊なら3,900円。また金土日祝日なら3,900円とのこと。シングルルームは見ていないですが、和室のメンテナンスの行き届き具合から考えると、駅から最も近いココは「アリ」というか優先的にチョイスしても間違いじゃないねぇ。
 ついでに、どのプランも朝食バイキング付きだし、フロントのおねいさんは丁寧で美人だし、帯広で常宿扱いとしても良いかも。知らないからと言ってビビってごめん。。。

ホテル ムサシ
住所:北海道帯広市西1条南12丁目16
オフィシャルサイト:http://www.hotel-musashi.net/
(詳細地図)


 チェックイン後は、恒例となってしまった風呂&昼寝(爆)。
 夜になって起きだし、行動再開です^^;



 フラフラ歩いて見つけた「平澤精肉店」さん。もちろん肉屋さんではなく飲み屋さんです^^;
 昼間のカレーと豚丼で結構精神的に満足したので、特に調べることなく見つけた店に突撃したわけですが、どうやら札幌でホルモンで有名な道内チェーンらしいです。



 なんて潔いメニューデザイン!(笑)
 お店のメインは鉄板のあるテーブルで、居酒屋というよりはどちらかというと焼肉屋というべきお店のようです。カウンターには鉄板はなく、調理したものを運んできてくれるシステムです。一人だとハンデがあるかな??



 まずはお通し。持ってくる前に「辛いのは大丈夫ですか?」と訊かれ、わくわくして待って来たのがコレ。白菜とニラのキムチ合えです。漬けたものではなく、生の白菜とニラにキムチの元で味付けただけでしょうが、コレが美味いのなんの!白菜のシャキシャキがピリ辛の味にビックリするくらい合うんです。
 一見地味ですが、ふりかけられたゴマもまたいい仕事してます。これがあるのと無いのでは大違いですね。お通しだけで冗談抜きにビール一杯やっつけてしまいました。。。



 ホルモン焼きの塩。鉄板焼で出てきました。醤油と味噌も頼めます。
 主役のホルモンよりキャベツが大きな顔をしているので、運ばれてきた時は「あれれ」と思ったのですが、実際に食べてみて絶妙な塩コショウの味付けで炒めたキャベツ・ニラは間違いなく必須であることが分かります。
 で、主役たるホルモンがまたプリップリながらしっかりとした歯応えがあります。大豊さんとは全く違ったアプローチですが、これはアリというかプッシュします。美味い美味い!



 テールの塩焼き。カリッカリに焼き上げていますが、脂身的なトロトロ感が残っているのがスゴイ。精肉店と名乗るのはダテではありませんね。
 右上は胡瓜のタタキです。肉系のツマミのインターバルには最適で、これも必須ですね。


 いやぁ、フラっと入った割にはイイ店でした。北海道としては若干割高感は否めないですが、質が良いので納得できる範囲かと。あと、一部の人向けのネタですが、店員さんがみんなかわいい上に短い着物のコスチュームで、一瞬「アキバ?」と勘違いするくらいでした(笑)。
 ホールの店員さんは人数・質(笑)共に充実していたのですが、カウンター内の厨房がおニイさん一人で大変そうでしたね。その分、料理が出てくるのも遅かったので、ここは改善して欲しいところです。

平澤精肉店 帯広店
住所:北海道帯広市西2条南10-18-1
営業時間:17:00~24:00(L.O.23:00)
定休日:年中無休
(詳細地図)


 いい気持ちでフラフラになってホテルに帰還。
 途中でコンビニに寄ったのですが、何故かエクレアなんぞを購入していて??? いや、買ったこと自体は覚えているんですが、何故に買ってしまったのかサッパリ覚えておりません。部屋に戻って「なぜエクレア・・・」と、しばし途方に暮れてしまいました。とにかく部屋の冷蔵庫に収納し、おやすみなさい・・・

#八日目に続く。。。
スポンサーサイト

Comment

裏山C

帯広はアタリだね。
羨ましいお店ばかりです。
(豚丼ライスハンバーグ棒ってのがイイナ~。)
宿も開拓された様で、次回突撃時の参考にさせて頂きます。
楽天での口コミも高評価みたいだし。
今度も帯広へ行くかな~。

肉付き?肉好き?

一体どっちの漢字が当てられるんでしょうなぁw<めにう
しかし美味しそうな肉もさる事ながら、ミニ丈の着物の店員さんと言う部分に過剰に反応してしまいますな。困ったものです(汗)
ホテルに関しては都市部の駅前のビジホなんかだと、かえって平日の方が出張中のリーマンの利用などで埋まるケースが多いみたいですね。実際楽天トラベルなんかでも料金設定は平日の方が高めになってたりしますし。
帯広は一応道東ではトップクラスの都会?なので、その傾向があるのかも知れません^^;

ちなみに年末30日の都内のビジホは空きだらけな上に、料金も大幅にダウソしておりますw

アタリでしたね~

>だしゅーどん
気合が入っていない日でしたが(苦笑)、うまい具合に引っかかってくれた感じです。
ちょっと思ったんですが、ぶたいちさんは一般観光客が喜ぶものかというと微妙かもですが、言うなれば我々向けですね。こう考えると、ホント観光に行ってるワケじゃないって感じですなぁ^^;

宿はフツーに良かったです。駅には近いものの中心街からは若干外れてますが、歩いていける位置ですし、オススメです。

久々に対象店舗発見(笑)

>守護神の旦那
今月は肉月でした(苦しい・・・^^;)
それはともかく、いいところに引っ掛かって下さいますね。是非特攻を^^
あ れ は 良 か っ た で す w

ビジホについてですが、確かにココも値段体系が平日優先でしたね。
帯広だから・・・と思ったのですが、侮ってました^^;

年末は・・・その代わりの需要は取り敢えずありますよね^^;
(落ちましたi-237

あぁ~~~! 「インデアンカレー」だぁ~! 帯広って独自の食文化が開花していて、とても楽しめそうですよね(^^)

帯広の「インデアンカレー」はご店主様が大阪の先達にインスパイアされて、オマージュしたとも耳に届いております。

ともあれ、完全にローカル食としての地位は確定していますし、もしかするとオリジナルよりも、よりオリジナル度を残しているかも知れない面白さがありますね(^^) あぁ~私も北海道に行きたいですぅ~♪

おぉ、ご存知でしたか~

>無芸師匠
あとで気付いたのですが、シンボルマークがどちらも横向きターバンおやじなんですよね。これで無関係だったら、どちらかが訴えられるはずでしょうから、何がしかの関係はあるんでしょうね。

お味については、個人的にはコッテリというかドロっとしたコク重視の方向なので帯広が好きですが、病み付き度で言えば大阪もなかなかでして、甲乙つけがたいところはありますね。
ご自営だとなかなか難しいところもあるかと思いますが、北海道は是非一度。写真撮りたくなるとこ一杯で疲れるくらいです^^;;;
非公開コメント

プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。