スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試し撮りに行ってきました

 近場で済ましゃいいのに、木曽の山奥まで行ってきましたよと(爆)。



 長野県上松町の赤沢自然休養林にて復活運転されている木曽森林鉄道に行ってきました。ナローゲージの軽便鉄道は下津井電鉄に乗車したことがあり、あるいはまだ未乗ですが北勢線も現役で残っていますが、観光向けとはいえ森林鉄道に実際乗れるってのは非常に貴重です。
 森林鉄道は林野庁管轄で厳密には鉄道法下の軽便鉄道とは規制法規が異なることから、貧弱なレールが用いられていたり、とんでもない急カーブがあったりして、オモチャの延長のような非常にワクワクする鉄道です。



 元々は材木運搬が目的の貨物鉄道ですが、職員を運搬する目的もあり、更についでに地元の人を運ぶようになって画像のような「マッチ箱」のような客車も運行されるようになりました。
 残念ながら現在運行しているのは遊園地の列車のようなオープンデッキのボギー台車の客車ですが、ご覧の二軸客車も保存されていました。こんなオモチャのような客車が人を乗せてゴトゴト走っていたと想像するだけでワクワクしますね。


 とまぁ、今回の旅行記はまた改めてアップしますが、主目的の新カメラPEN E-P3の使用雑感をば。

●レンズ交換できること、そして一眼レフに迫る描画能力がありながらコンパクトであるというのが、ミラーレス一眼のウリですが、このメリットは十分体感できました。一眼レフに使い慣れていれば大きさはさしてメリットとはなり得ないかな?と思ったのですが、コンパクトさ故にサイドポーチがソフトケース代わりになって便利ですね。

●コンパクトながらグリップ性は悪くないです。一回り小さいPEN-Miniも考えたのですが、個人的にはレンズの大きさとボディの小ささがバランス悪く感じられ、E-P3を選んで正解でした。

●ビューファインダー(EVF)が大きいのはマイナス。まぁEVF単体は実はそんなに大きくないのですが(これより小さいと使い辛いです)、折角のコンパクトボディのメリットを大きくスポイルしています。

●タッチパネルは要らんです。電源オンのまま首から提げていたら、勝手に撮影されてしまうことがあります。

●相変わらずオリンパスのメニューは直感的じゃないですね。かつて同じオリンパスのコンデジを使っていましたが、あまり経験は生かせません^^;

●ただ、シャッター優先・絞り優先・完全マニュアルの操作は個人的には分かりやすかったです。

●動画は全然駄目。よく言われるコンニャク現象は(私の撮り方では)あまり気になりませんでしたが、ピント合わせが非常に弱いです(特にズーミング時)。これは撮影対象による露出の問題もあるのかも知れませんが、とにかく動画機能はあくまでもオマケ。動画目的ではE-P3は購入してはいけないと断言して良いでしょう。

 あくまでもファーストインプレッションですので、使い込んでるうちに慣れたり、より良い撮影方法が見つかったりするかも知れません。ただ、動画は多分どうあがいても駄目そうだなぁ。。。
スポンサーサイト

Comment

おおっ

オリンパスペンだー
と思ったら木曾ですか(大笑)
天気が良くて羨ましいですなぁ… 私の時は雨降りでしたからねぇ。

それにしても、EVFがデカい…

てへ!

>Agas兄
やっちまいました^^;
正直なとこ趣味としての写真は撤退しようかと思ってたんですけどねぇ(汗)

木曽は、当然先生のお陰です(^^)
あれはいい煽りでしたよ(大笑)。いつも行こう行こうと思っていたのですが、仕事や何やらで後回しにしていたのを、丁度自由の身になったところでポッと出てきましたからね~。感謝感謝です。

EVFは、改めて見てもやはりデカいですね。
使い勝手上、仕方が無い・・・的なニュアンスを本文で書きましたが、ビューワのサイズそのままで本体を小さくすることできんのか?と、確かに思いますね。。。
非公開コメント

プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。