スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

函館オプションツアー

※寝台特急「日本海」号乗車記(前篇/後篇)のつづき

 一筆書きの切符で巡る寝台特急「日本海」乗車の旅ですが、ただ廻って帰るだけじゃツマらないので、ちょっと函館まで足を延ばしてきました。当日中に東京に戻るNZ嬢と新青森駅で別れ、景勝・平蔵ちん・私の3名は18時41分発の特急「スーパー白鳥33号」で函館に向かいます。



 出発時の新青森駅はこんな感じ。
 先ほど乗ったタクシーの運ちゃんによると、この時期のこんな雪は6年ぶりなのだとか。電車が雪に乗り上げないか心配になりますね。

 乗車した特急の車内では、デッキ扉上に設けられた電光掲示板で、新幹線と同じようにニュースや天気予報を流していました。函館の予報も流れていたのですが、、、

hakodate1201_3.jpg

 「雪時々止む」ってナニ?^^;;;
 つまり、時々止むけど基本は雪だぜってことかな? とにかく初めて見る予報情報です。
 ま、それはともかく、、、

hakodate1201_3.jpg

 「最高気温が氷点下」ってナニ?^^;;;




 青函トンネルを潜り、無事函館に到着。雪の影響で16分ほど遅延となり、車掌さんがお詫びアナウンスしていましたが、いやいや16分程度の遅延なんて8時間に比べたら・・・ '`,、(´∀`) '`,、
 到着は21時を少し廻ったところ。ホテルにチェックインしてから飲みに繰り出すには少々遅い時間ですし、私以外のメンツは寒くてホテルから出たがらないようなので、回転寿司ながら地元民にも評判が高い「函太郎」五稜郭公園店さんに駅前から連絡し、持ち帰り寿司を作ってもらいホテルで頂くことにしました。先日神田で飲んだ際にだっしゅ氏から伝授された秘策です。



 寿司キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
 ウワサに違わぬウマさです。大門横丁の飲み屋の板さんと女将さんまでこの店を勧めていたワケが分かりました。見事にハズレ無し。ホッキ貝は個人的にそんなに好きじゃないんですが、今まで食べたどのホッキよりも柔らかい! 本場苫小牧の時より美味いでやんす。ウニといくらは積極的に食べない・・・という平蔵ちんも、これならおっけーとパクついていました。これはお勧めですぜ。

函太郎 五稜郭公園店
住所:函館市五稜郭町25-17
営業時間:11:00~22:00
定休日:年中無休
オフィシャルサイト:http://www.kantaro-hakodate.com/
(詳細地図)

 ウマい寿司をタラフク頂いて、皆満足。さすがに昼間の疲れが出たようで、景勝・平蔵ちんはピヨピヨモードに入ったので、早めに散会としました。こりゃ外で飲んでたら大変だったな^^;;;


<翌日15日>

 7時起床・8時出発の目標をクリアし、8時にチェックアウトしました。
 ホテルは、以前にも利用したことのある五稜郭の「ホテル・シエナ」さん。街中で眺望は良くないし設備も一流ではないですが、従業員は皆丁寧でしたし、素泊まり3,700円ということで飲み歩きの函館旅行には十分なホテルです。
 とまぁ朝飯抜きですので、有名な函館朝市に突撃しました。朝市では一度有名店(EBS食堂)で失敗したことがあるのですが、今回はだっしゅ氏からの情報や自分で集めたジモ情報を吟味しました。



 選んだのは、いくらが美味いことで評判の弥生水産さんの直営店である「朝市食堂 函館ぶっかけ」さん。どんぶり横丁の入り口にある店舗です。



 五色ぶっかけ。普段は1,890円のところ、現在キャンペーン中で1,500円でした。この内容でこの値段は素晴らしい。平蔵ちんいわく、ホテテ・ウニは昨日の函太郎の方が美味しかったとのことで、実は私もそうだったのですが(笑)、いくらのウマさは特筆モノ! 確かに評判通りです。これは5色にしなくて鮭との2色にしていくらを堪能した方が良かったかな~。



 景勝は980円也の刺身定食をチョイス。丼にするつもりだったのが、直前で「日替わりの刺身は間違いが無いだろう」という、奴にしては珍しくクレバーな選択で、ボリュームは少々心許ないですが確かにどれも美味しかった!とのことです。
 あと、どちらにも付属していたイカの塩辛が実に美味い! なんでもワタは使わずに味噌で味付けしているとのことで、そうなると本当にイカ塩辛が好きな人には物足りないかも知れませんが、私はこっちの方が好きですね。塩辛が好きじゃない人にむしろオススメです。

朝市食堂 函館ぶっかけ
住所:函館市若松町9-15どんぶり横丁
営業時間:8:00~14:00
定休日:無休(1~4月水曜休)
オフィシャルサイト:http://bukkake.yayoisuisan.com/
(詳細地図)


 かつての失敗を挽回できたので満足!
 ただ、ボリュームはやはり私的には少なめでしたが、他の2人は満足なようで、取り敢えず次は観光とします。
 ・・・と、その前に、、、



 どんぶり横丁の喫煙所で休んでいたら、突然駆けてきたワンコ。なまらラブリィ~♪



 どうも喫煙所横のお菓子屋さん(プティ・メルヴィーユ)の店員さんが試食品をわけてあげるらしく、今回もカウンターから放ってあげてました。このワンコも弁えているらしく、おねだりが過ぎて店の自動ドアを開けることがあるのですが、店の中には決して入らないことに感心しましたね。


 どんぶりと犬に癒された後は、市電で五稜郭に向かいます。



 函館市電は初乗りが200円なので、観光で色々行き来するなら1日乗車券がお得です。600円なので、単純に3回以上乗れば元が取れます。
 函館に来て毎回思うのですが、日中は5分程度の間隔で運行している上に、地下鉄のようにいちいち階段を上り下りせずにヒョイと乗れる市電は非常に便利です。優れた公共交通機関として見直して欲しいものですがねぇ。



 五稜郭タワーから眺めた雪化粧の五稜郭です。
 タワーは大人の入場料が840円と、大して高くないタワーに上るのに値段は少々高くね?と思われがちですが、展望階に着くとすぐにこの景色が目に飛び込んできて、エレベーターから出たら誰もが「うわぁぁ」とか「おぉぉ」と声をあげるくらい見事です。五稜郭以外にも360度市内展望ができてオススメ。因みに市電の1日乗車券があると1割引(760円)になります。



 観光の次は函館名物の塩ラーメン!
 五稜郭タワーと交差点を挟んで向かいにある「あじさい本店」さんに突撃しました。五稜郭に入ったのは9時半でしたが、景勝・平蔵コンビは博物館や資料館などの展示資料は隅々までちゃんと見る・読むタチなので、あじさいさんの開店時間の11時に至ったというわけです^^;
 画像は私が頼んだ「昔風ラーメン」(820円也)。創業当時の味を再現したとのことで、スープは醤油味が強めな感じ。これはこれで美味しいですが、通常の塩ラーメンの方が私は好きかなぁ。



 ただ、麺は相変わらずサイコー! ここのストレートの中細麺、多分今日の茹で時間が絶妙だったのかも知れませんが、ボリューム感とプチプチ感が両立したヒジョ~に美味しい麺です。う~ん、最近麺で幸せになるケースが多いなぁ^^;



 こちらは景勝と平蔵ちんが注文の塩ラーメンのハーフサイズ(450円也)。食べ歩きの中でお試しができるハーフサイズがあるのは嬉しいですね。
 以前来た時と同じようなことを書きますが、チェーン店っぽくてラーメンマニアには敬遠されるかも知れませんが、規模の大きさに即した丁寧かつ合理的な接客は正しい方向だと思います。こういう配慮は家族連れ・子供連れには有難いでしょう。いわゆる有名店にありがちな驕りだとか馬鹿寸前のやかましい空元気接客も無く、よっぽどいいと思います。

函館麺厨房あじさい 本店
住所:函館市五稜郭町29-22
営業時間:11:00~20:25(L.O)
定休日:月曜休(祝祭日は翌日)
オフィシャルサイト:http://www.ajisai.tv/
(詳細地図)

 お次は、五稜郭電停の前の百貨店(丸井今井)に寄り、HTBショップで「水曜どうでしょう」グッズを買い漁るという、硬軟取り混ぜたツアーコースです(どっちが硬?^^;)。
 荷物が増えた後は、市電で十字街まで向かいました。十字街で降りて、元町界隈を散策。



 お決まりのレイモンハウス元町店。美味いソーセージで有名な函館カールレイモンの直売店です。カール・レイモンの旧工場跡地に作られたお店で、1階はファストフードと物販、2階は入場無料のレイモン歴史展示館となっています。



 レイモンドック(399円也)。美味しいけど、やっぱりソーセージ単体とビールがいいなぁ。やはり今回も自分用にしこたま買込みましたとも^^;;;
 景勝・平蔵コンビは、しっかり2階の歴史展示館を見学。私はタブレットいじくりながら1階で待ってたんだけど、そんなに沢山見るものあったっけ?と思うくらい真面目にじっくり見てました。「胃袋の宣教師」というレイモン氏のキャッチフレーズと共に、かなり気に入った模様^^;

レイモンハウス 元町店
住所:函館市元町30-3
営業時間:9:00~18:00(L.O 17:30)
定休日:無休
オフィシャルサイト:http://www.raymon.co.jp/
(詳細地図)




 レイモンさんのすぐ近所のカトリック元町教会。有名な正ハリストス教会のすぐ下にあります。函館は、長崎や下田と並んで最初に開港した街ということもあって、外人居留地や墓地と共にこうした教会が多数あります。エキゾチックな街と言われる所以ですね。

 チャーミーグリーンのCMで有名な八幡坂とか、もう少し近辺を歩き廻ってみたくもあったのですが、雪が深く、時間も既に14時近くなっていたため、坂をおりて西波止場に向かいました。タイムリミットと判断し、ここでお土産購入タイム。結構時間食うよと予め言っていた通り、商品の多さに目が眩んで結局30分以上を費やすことに(笑)。

 西波止場からはラッキーピエロとハセストが目の前にあったのですが、ゆっくり食べる時間もなく、またあまりにも外の気温が低いので、持ち帰りも断念し、市電で函館駅に向かいます。新青森までの切符が未購入だったし、不測の事態を危惧して早めに撤退したわけです。

 で、駅についた所でフト思い出す。そういえばラッキーピエロは駅前にも店があったんじゃなかったけ?^^;
 思い立ったが吉日。既に新青森行きの特急「スーパー白鳥40号」は入線していますが、食いを悔いを残さぬため荷物は景勝達に預けて、駅前の棒ニ森屋1階にあるラッキーピエロ函館駅前店に走りました!



 買ってきたァー!(;´Д`)ハァハァ 出発15分前のギリギリで入手できて感慨もひとしお。
 てなわけで、お初の「トンカツバーガー」(380円也)です。ソースのしみたアツアツのトンカツ2枚ですぜ! 美味いったらないよ。これで380円ってぇんだから、そりゃマクドナルドを函館市内中心部から撤退に追い込んだって話も頷けますわ。
 平蔵ちんはベーコンエッグバーガー、景勝は残ったチャイニーズチキンバーガーをもぐもぐ。チャイチキやトンカツは、どちらかと言うとイロモノですが、ベーコンエッグはいわば正統派のバーガーで、これはどのチェーンと比べても美味いですね。これに勝てるのは、取手のビック・スマイルさんくらいだね。

ラッキーピエロ 函館駅前店
住所:函館市若松町17-12(函館駅前棒二森屋本館1階)
営業時間:10:00~翌0:30
定休日:無休
オフィシャルサイト:http://www.luckypierrot.jp/
(詳細地図)


 そんなこんなで15時55分発の特急で函館を後にしました。
 やっぱり一日は短いなぁ~。二日は欲しい。特に夜に飲みに行けなかったのは、ちょっと寂しいですね。まぁ遅い時間の到着にもかかわらず持ち帰り寿司が堪能できたのは上出来だったのですが、大門横丁で呑んだくれるのがお決まりになりつつあるので、今度は桜の時期にでも行ってみたいなぁ。

 とまぁ、少し後ろ髪を引かれつつ青函トンネルを潜って本州に戻ったのですが、青森は相変わらず大雪の世界。列車はしっかり遅延してしまい、我々が乗る新幹線「はやぶさ6号」も6分遅延で出発となりました。お陰で青森で土産が買えなかったよぅ!(つД`)



 このため、最後のご飯は車内販売の駅弁。前沢牛めし(1,200円也)です。高い割には、ちょっと肉は堅めだな・・・と思ってたのですが、じっくり噛んでいると実に美味しい! 前沢牛を前面に押し出しているだけあって、これもまた冷めてもしっかり美味しい駅弁でした。



 ご覧の通り本日のはやぶさ6号はガラガラでした(因みにグランクラスは満席^^;)。指定席であるにもかかわらず、4人分席を占領してノンビリ帰ることに。座席をはじめ、トイレとか設備は新しく快適ですので、はやてより割高ではありますが、十分乗る価値はあるかと思います。



 新青森で撮影できなかったので東京駅でパチリ。さすがにこのノーズは凄いですね。
 大阪から青森まで23時間かけて行ったのに、青森から東京までは3時間10分という、誠に呆気ない最後でした。総武線快速に乗り換えて、市川駅で景勝・平蔵ちんたちとお別れ。また遊びに行きましょう(^^)
スポンサーサイト

Comment

お疲れ様でした!

さっき書いたコメント、「禁止キーワードが含まれている」というのが出たので、諦めました。
そんな変な文字使っていないんですけどねえ。

三日間お疲れ様でした!
おかげ様で「太って帰る」事が出来ました(笑)

No title

すごい雪だ…。

とりあえずタレコミ情報が役に立ち、何より。
持ち帰り技は、苫小牧からのフェリー話で自分がやってたんじゃなかったっけか?
前にフェリーに乗った時に悔しい思いもして、それを聞いてたので自分でもやって、終いにはヨソでもやるようになったんだけどね。
北海道ならではの技かな。

ついで言うと、ラキピも電話予約で時間指定できます。
駅前店なら尚更かと。

でもって、うには「うにむらかみ」だと言ったのにね~。
ま、次回以降のお楽しみかな。

きくちは行かなんだのね。 残念。

改めてお疲れ様でした^^;

奥羽本線の列車が全滅している中で、僅か16分遅れで完走とは…
さすがはJR北海道の担当列車ですかね^^;

函館は単独で1回、おかんと2人で1回それぞれ観光はしてるのですが、その後2回の引越しの際に写真が全て無くなってしまったようで、当時の記録が全く残ってません(つД`)
また行かねばとは思うんですが、大阪からだと飛行機にでも乗らない限り函館まで行くのが意外と手間なんですよね。トワイライトも寄らないし^^;

菓子屋のワンコは北海道犬ですかね?
まるで日本犬の見本のようながっしりした体型がたまりませんな(;゚∀゚)=3ハァハァ

はやぶさのグランクラスはやはり満席でしたか。
でもあれで約2マソはねぇ…ほぼ同額で北斗星のロイヤルで寝られる事を考えると、占有面積の広さを考えてもコスパでは圧倒的に後者が上回っているような^^;

すまんねぇ

>うずらどん
またかよ~>禁止ワード
こればっかりは何が悪いのかサッパリ分からないんですよねぇ。。。

・・・はともかく、お疲れ様でした。
旅は太って帰るものです。帰ってから節制するように(笑)
あ、もうすぐ頼んだイクラが来るな(汗)

バックアップ謝々

>だしゅーどん
あぁ、確かに持ち帰りは苫小牧でやったな~。
しかし電話オーダーまでは考えてなかったからなぁ~^^;

ラキピは調理時間が掛かることをすっかり忘れてましたね~。
確かに注文してから突撃すりゃ良かったっすわ。

むらかみさんは次回に。今回はいくらちゃんを優先しますた。
きくちさん、時間が無かったこともあり、雪に埋もれた状態
だったので無理はしませんでした。次回は桜の時期かなぁ。

東日本がアレかな?

>守護神の旦那
んー、青森地区の雪がホントに凄いのか東日本がヘボなのか。。。
S白鳥の遅延、全て東日本管内に入ってからなんですよね(苦笑)
しかも16分のうち10分以上は青森駅での話で、あけぼのの入線待ちという体たらく。
奥羽の運休は仕方ないとして、せめて売りの青森~新青森間の運行確保くらい
しっかりして欲しいかなぁと。

函館はやはりオススメですが、日本海が無くなると確かに難しいですね。
やはり「はやぶさ」を絡めるしかないかなぁ。グランクラスは一度は…とは思いまして、
実は今回もヤっちまうか?と思わなくはなかったのですが、費用を出して冷静に考えると、
やっぱ無いですね^^;

ワンコは確かに北海道犬っぽかったですね。
ちょっと小さかったですが、格好は日本犬そのもので凛々しくもカワユスでした(;´Д`)
非公開コメント

プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。