スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライトウェイ復活

 ブログでなかなかネタにできてませんでしたが、ウチは自転車も趣味の範囲だったりします。まぁ趣味と言っても、レースやダウンヒルやったりするわけではなく、メタボ対策にチョロチョロ乗る程度でしかありませんが。
 にもかかわらず、ロードレーサー1台にクロスバイク2台、それに折り畳みを1台の計4台も所有しているのは、ひとえに元来からの物欲大王っぷりによるものに他なりません(爆)。まぁチョイと言い訳すると、自転車が値段に比例して性能が変わるものであると思い知ったからというのもあるかな。このクラスの自転車を知ってしまうと、もうホームセンターやドンキのチャリなんぞ乗れなくなります。
 自転車を買い増しするようになったそもそもの始まりは、ネットにオフにでお世話になっているToriさんから「太った? チャリ乗りたい? じゃ自転車をあげようじゃないか」(かなり意訳^^;)という、激烈に有難いお申し出があってロードレーサーを頂いたことからです。ロイヤルノートンのクロモリフレームのフルスクラッチだったのですが、20年近くチャリを乗ってなかった人間には衝撃的でしたねぇ。正に目が飛び出すくらい でしたなぁ( ゚Д ) ̄ ゚

 あ、複数台所有している理由には全然なってませんでしたね(汗)。
 まぁ理由なんてどうでもよろしい。そのうちの1台が壊れてしまっていたので、修理に出したというのが今日の話です。相変わらず前振りが長いでやんす。

 rw090911_1s.jpg

 画像を拡大しないとちょっとわかりにくいですが、リアディレイラーの付け根が内側にひん曲がってます。恥ずかしいので詳細は語りませんが(苦笑)派手に落車してしまいまして、自転車も宙に舞った挙句、よりにもよってリアディレイラーから地面に着地したため、こんな状態になったわけです。
 コレの修理を、マシンを作ってくれた横浜は鶴見の「石川サイクル」さんに持ち込みました。毎度お馴染みのGGだっしゅ氏に紹介していただいたお店だったりします。
 今回は預けるだけのつもりだったのですが、あっさりその場で直して下さいました!

rw090911_2s.jpg

 ディレイラーも交換して復活!
 リアフォークの先端が曲がるという、かなりダメージの大きい状態だったので、完全な状態への復活は無理だったのですが、フレームをヤっちまったこともあって走れる日が来るとは思ってなかっただけに、これで十分ですだ。

rw090911_3s.jpg

 復活したからには、ちゃんと乗らないと駄目ですねぇ。最近の記事を見ると、食ってばかりで全然燃焼してませんから、少しずつチャリ乗りも復活しないとなぁ。
 今回、黙々と修理をする過程を横で見ていたのですが、メンテナンスの点でも色々と勉強にもなりましたねぇ。石川さん、ありがとうございました!
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。