スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IdeaPad Tablet A1 システムアップデート&日本語フォント化

 昨年購入したIdeaPad Tablet A1(以下「A1」)ですが、Eモバイル端末のWiFi化とあいまって、旅行や外出時に活躍しています。寝台列車で旅行した際はいいヒマツブシになりましたし、電車内で本を読む習慣が復活もしました。
 ただ、Web閲覧と電子書籍リーダーとして使いまくってますが、それ以外の利用方法は全くと言っていいほどなし。まぁ自分としては十分っちゃ十分なんですけど、使い方が固定されると、その使い方に体が慣れてしまって、総合的な使い勝手の向上に目を向けなくなってしまうんですよね^^;

 そんなわけで・・・というわけでもないのですが、先月A1のアップデートがレノボより発表されてましたので、ようやく対応したというのが今回の話です。
 残念ながら今回のアップデートでは例の中華フォントの問題は解決されていないようで、仕方が無いのでアップデートと一緒に自前で対策を取ることとしました。

 システムアップデートの方法自体は簡単で、ネットワーク接続が確立された状態で、設定画面>タブレット情報からシステムアップデートのメニューを選択すれば良いだけなのですが、日本語フォント化は手動でのシステムアップデートを伴う方法なので、自動アップデートはせずに後述のアップデート方法を実施しましょう。
 また、日本語フォント化の方法は単純なのですが、アップデートファイルの改変を伴いますので、PCで圧縮ファイルを操作できる環境にて自己責任にて対処してください。大まかな流れは以下の通りです。

 1.アップデートファイル(ZIP)をレノボのFTPサイトからDLする(PC)
 2.Android用の日本語フォントファイルをDLする(PC)
 3.圧縮ファイルを改変するツールをDLし、PCにインストールする(PC)
 4.3のツールを使い、1でDLしたアップデートZIPファイルに、2のフォントを組み込む(PC)
 5.4で作成した日本語フォント入りのアップデートZIPファイルをマイクロSDにコピー(PC)
 6.マイクロSDをA1に装填し、アップデート処理を実行(A1)

 で、オシマイ。
 上記方法は以下のサイトを参考とさせていただきました。

 Lenovo IdeaPad Tablet A1アップデート 早速日本語フォントにしてみた!
 (Laineemaさん 「Laineema デジタルハードウェア徹底レビュー」より)

 詳細方法は上記リンク先の「A107W0_A234_001_014_2525_ROWで日本語フォントを使用する」からを参考にして頂きたいのですが、こちらでは作業上で気がついたことを挙げておきます。

●同一バージョンのアップデートはなされない?
 今回、システムアップデートを先にA1の設定メニューから自動更新し、その後日本語フォント化しようとしたのですが、マイクロSDからの手動アップデートが上手くいきませんでした。当方、Android初心者のため、もしかしたら当たり前な話なのかも知れないのですが、同一Ver.でのシステムアップデートは弾かれるみたいですね。
 このため、一旦以前の状態にバージョンダウンし、それから再度日本語フォントを含んだ最新バージョンでアップデートとしました。

●手動アップデートの方法について
 上記リンクでは「Lenovo IdeaPad Tablet A1をシャットダウンしておき電源ボタンとボリュームのマイナスボタンを押しっぱなしにして起動する」とありますが、もう少し詳細に書いておきます。

 1.一旦電源を落としてから、電源ボタンとボリュームのマイナスボタンを押しっぱなしにして起動
 2.Lenovoのロゴが出た後、一旦画面が真っ暗になり電源が切れる
 3.もう一度、1と同様の方法で再起動する
 4.Lenovoロゴが出たら、電源ボタンから手を離す(マイナスボタンは押したまま)
 5.Lenovoロゴが一旦消えるので、そこでマイナスボタンから手を離す

●DLしたフォントファイルによっては日本語フォントが上手くいかなかったケースあり
 上記リンク先の説明では「.ttfの拡張子のフォントファイルであれば、好きなものを選んで良い」とありましたが、一部のフォントファイルでは、上手く日本語化できなかった(元のフォントのまま)ものがありましたので、結局上手くいった事例で用いられていたMTLmr3m.ttf (モトヤLマルベリ3等幅)を使ったら、上手くいきました。
 (まぁこれは私のやり方に何らかの問題があったのかも知れません^^;)


 色々と試行錯誤しましたが、最終的には上手く日本語フォント化に成功しました。





 あまりいい例(分かりやすい例)ではありませんが、上が中華フォント時、下が日本語フォント化を果たした後の状態です。これはまだ良い方で、文脈から察しないと読めない字もありましたし、記号も表示されませんので、効果は大きいですね。最初は文字は大体分かるからいいか・・・とか思ってましたが、もっと早く対策すれば良かったです。

 というか・・・シロウトでもできるこんな対策を、メーカーがやらないってのは一体どういうことですかね。並行輸入でもないのに、デフォルトで日本語が満足に表示できないとか、考えられない話です。折角面白いモデルを出しているのに、却ってイメージを損ねるとは勿体無い話です。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。