スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いすみ鉄道のキハ52に乗ってきた!

 時間が開いてしまいましたが、先々週(4/7)またも小湊鉄道といすみ鉄道に乗ってきました。
 大多喜城で桜まつりが行われるため、元々バイクで行くつもりだったのですが、毎度お馴染み赤の守護神さんが同日に上京されるとのことで、JR西日本を退役した旧国鉄時代のディーゼルカーが現役で活躍しているいすみ鉄道に乗りに行こう!となったので、電車でご一緒することにしました。
 

 守護神さんは金曜夜発・土曜早朝着の夜行バスで上京。御徒町の銭湯でひと休みしてから直接小湊鉄道においでになるとのことでしたので、始発駅の五井で合流することにしていたのですが、小湊鉄道の時間にギリギリ間に合わないことが判明し、後の接続が悪くて2時間待つことになるため、前回と同様に大原からまわって、いすみ鉄道に先に乗ることにしました。
 一旦私の家に荷物を置いて、上総一ノ宮行きの快速に乗車。大原では6分の乗り換え時間のいすみ鉄道の各駅を見送り、次の休日運転の臨時急行に乗ります。
 この待ち時間の間にいすみ鉄道の「キハ52サポーター会員」に入会しました。その名の通り、JRから譲り受けた古い車輌の維持への協力のためです。鉄道路線や車輌が廃止になるたびに大勢のファンが写真を撮りに行く姿が報じられたり、「勿体無い、何とかならんのか」と嘆くファンが多いですが、気持ちは分かるものの、そんなことになる前に撮れよ・乗れよと思いますね。自分で出来る範囲で普段から支援しましょう、ってことです。



 始発の大原駅には、JRでも少なくなってきた駅弁が販売されておりました!
 左の「忠勝弁当」は江戸時代の大多喜藩祖である本多忠勝にあやかったカツ弁当。真ん中の伊勢えび弁当も豪勢で気になるところですが、ご飯星人には右の「たこめし」に俄然興味アリ! 簡易パッケージながらタコが沢山入っている立派なもので、これで350円は魅力です。大多喜で昼ご飯の予定ですが、我慢できず買ってしまいました(笑)。



 これが今回の目当ての旧国鉄車輌(キハ52)です。昨年の7月に一度見てはいるのですが、乗車するのは初めてです。朱色とクリーム色のカラーリングといい、カラカラというエンジンアイドル音といい、何もかも懐かしいですね(沖田艦長?)。



 車内も国鉄時代の痕跡を残した懐かしい内装。紺色のモケットのボックスシートや扇風機、車内吊り広告まで国鉄時代のもの(「エル特急」とか「一枚のきっぷから」等の文字の入ったポスター)でビックリしました。いすみ鉄道さん、頑張ってますね。



 大原駅を定時に発車。のどかな車窓を眺めながらいただく駅弁ってのはオツですねぇ。まだほんのり温かく、たこも柔らかいし、ご飯に染みた味も素敵です。これで350円ってのはいいですなぁ。

 発車してしばらくしてアテンダントさんが車内案内するのですが、車内放送の前にあの懐かしい国鉄時代のオルゴールをちゃんと流してくれたことに感激しました。機械式のオルゴールを実運用で使っているのは、全国でもほぼ無いでしょう。当時を知る人間にとっては涙モノですね。。。
(国鉄時代のオルゴールは、電車・客車・気動車用それぞれ異なったメロディーが採用され(例外もあり)、気動車は「アルプスの牧場」という曲が用いられていました。参考までにこんな感じ(MP3)。始発駅発車直後と終着駅到着前のみで鳴らすケースが多かったので、優等列車が多い電車や客車に比べて、気動車のオルゴールは覚えていない人が多いようです^^;)

 急行列車ですが観光列車ということで、途中停車駅で撮影できる時間が設けられています。先日も立ち寄った国吉駅でも時間があったので、猫に会いに行ったのですが、残念ながら駅の待合室にはおらず。黒猫君は愛想が良いので、多分外で観光客の相手をしているんじゃないだろうか?と思ったら、案の定広場で大人しく女の子にいじられていました^^;



 モフっていたところを、ちょっと中断してもらってパチリ。ありがとうございました^^;



 最近珍しくなったタブレット交換をやっていて驚いたのですが、これはダミー。昭和っぽい演出の「なんちゃってタブレット交換」とのことです(笑)。



 上り列車待ちのところをパチリ。車輌といい周囲の風景といい、ホントに昭和の雰囲気ですね。昭和末期に廃止になった筑波鉄道を思い出しました。常陸北条駅がこんな感じだったなぁ。。。


 乗車時間にしてわずか40分余りですが、昭和時代を味わえるひと時を過ごすことができました。
 いすみ鉄道は首都圏から近いにもかかわらず、木原線と呼ばれた国鉄時代から既に赤字ローカル線として何度も廃止の窮地にたたされていました。何せ国鉄が赤字ローカル線対策として開発したレールバス(キハ01)が最初に実験投入された線区であり、全国のローカル線が廃止になっていく中で、まさかここが21世紀に残るとは正直思っておりませんでした。
 これも一般公募で就任した社長さんの努力と、それに応えた地元の支援の賜物でしょう。この国鉄時代の車輌の運行も含め、観光資源に乏しい中で「何もないがある」と銘打って各種努力を続けています。地元県民の私も出来うる範囲で支援を続けていきたいと思っております。

※大多喜散歩記録はまた別途、、、
スポンサーサイト

Comment

まったく旧国鉄DCは最高だぜ!

結果的にはいすみから先に乗って正解でしたな^^;
キハ52は大糸線で2回、米坂線で1回乗車経験がありますが、いずれもJR東日本色だったのでどことなく消化不良の感があったんですよね~。
塗色のみならず車内広告まで旧国鉄時代に回帰させているいすみ鉄道さんには心から拍手を送りたいです。つか車内オルゴールまで流してくれたのは感動モノですた(つД`)

次回乗車の際は駅弁にチャレンジしてみたいと思います(`・ω・´)

ずーるーいー!

私は今年、まだ一度も花見していません・・・。
いつになったら大多喜の桜&筍にあいにいけるのやら(泣)
例の和菓子屋さんにも行きたいです。

春のぽかぽか陽気の中、電車内で食べる駅弁は美味しそうですね。
私だったら当然「忠勝弁当!」と言いたい所ですが、画像を見た感じ、なんかビミョーそう。

いすみって「夷隅」と書くんですね、初めて知りました。

キハきゅーぶw

>赤の守護神の旦那
五井が近いので小湊先回りを考えがちでしたが、いすみ鉄道先回りの方がゆっくり出てキハ52をのんびり味わうことが出来ますので良かったですね。
キハ52については、個人的にはヘッドマークは要らないなぁと思っているのですが、それは贅沢なレベルの話でして、あれだけ再現かつ維持しているのは称賛に値しますよね。近所に存在することに感謝して、また行ってきます(^^)

はっはっは!

>うずらちん
考えてみれば、デザフェス出るからいつも4月はアレだよねぇ。。。
まぁ申し訳ないですが、あと2,3回は桜を見に行ってくるつもりだす^^;
忠勝弁当は千葉駅のとんかつ弁当の立派になった版みたいな感じですかな。次回は買ってくるつもりですので、詳細れびゅします。
非公開コメント

プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。