スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイクルハウス、試してみました

 昨日、奥多摩ツーリングから帰宅したら、玄関にデッカい荷物が置いてありました。

c_house0s.jpg

 原付(チョイノリ)に寄り掛けているので大体大きさは分かると思いますが、サイクルハウスのキットであります。ホームセンターやそっち系の通販サイトを色々と覗きましたが、結局Amazonでアルミス製の3Sサイズ(\12,800)を注文しました。
アルミ製サイクルハウス 3S型:Amazon>

 ブツが届いたのはいいですが、問題はまだ設置場所が無いことです(苦笑)。早速、設置場所の作成をしました。

c_house1s.jpg

 画像では多少分かりにくいですが、草ボーボーで植木鉢やらトタン板やら、挙句の果てにはシトロエンのハッチバックまでが(!)何故か放置してあります。草むしりのみならず、樹木の伐採や根っ子の掘り起こしまでやりました。昨日のツーリングで体がミシミシ言っていたのですが、それにムチ打つような作業であります。

c_house2s.jpg

 一通り伐採と整地を済ませて、骨組みの組み立てまで完了。これだけで午前中を丸々潰してしまいました。骨組み組み立ての作業自体は非常に簡単です。アルミなので鉄や木に比べて耐腐食性にも期待が持てます。

c_house3s.jpg

 一点、屋根補強用の支柱の工作精度がダメダメで、ちょいとガッカリ。まぁメインのパーツではないのでクレームまではしませんが、この状態でどうやってビス留めしろと! ヽ(`Д´)ノ

c_house4s.jpg

 強風時の対策ということで、骨組みに被せる形でアンカーを打ちます。計4箇所分あったのですが、そんなに風の通るところではないと思うので、多分大丈夫でしょう。強風や積雪の際には、またレポートします。

c_house5s.jpg

 カバー掛けは一人作業だと結構面倒くさいです。屋根の上にエイヤと乗っけて、中からどんどん広げていく感じで作業しました。取説に書いているとおり、入り口のファスナーを開いた方が作業しやすいです。
 とまぁ、とりあえず出来上がりましたが、かなり足場に凹凸があります。清掃して整地したものの、きちんと水平を取らなかったので、再度整地しなおしました。この作業と人工芝の買出しで、結局午後も丸潰れ。。。

c_house6s.jpg

 人工芝を敷いて一旦完成。隙間から野良猫が入ってこないよう、人工芝をピッタリのサイズではなく周囲に余裕を持たせて壁を作っています。猫が好きなので、本来なら入ってくるのはウェルカムなのですが、良い場所だと縄張り争いを起こすので、マーキング、つまりおしっこされてしまうのが恐ろしいのです。奴らのしーしーはエラい臭いますからねぇ。でも、この程度の防禦壁だと潜り込んでくるだろうなぁ。。。

c_house7s.jpg

 早速バイクとチャリを入れてみました。カバーをかけて庭に停めていたKSRとダホン(折り畳み自転車)は今後カバーを掛ける手間が要りません。そして何より、屋内に置いていたロイヤルノートン(ロードレーサー)とビアンキ(クロスバイク)をココに置くことで部屋が広くなりました! これが一番嬉しいな~。
 因みにチョイノリと先日修繕したライトウェイ(クロスバイク)は、普段常用しますので今まで通り庭に青空駐車です。つーか、台数多過ぎ(汗)。これでも原付を1台処分したばかりですが、、、

 実用性がどれだけかについてはこれからですが、設置作業自体は実に簡単でした。アルミなのでパーツ一つ一つが軽いですし、力を必要とする工程もありませんので、ちゃんと整地された土地であれば女性一人でも楽にできると思います。ただ、高さが160cm近くありますので、背が低い人はカバーを掛けるのがちょっと大変かも知れませんね。
 あまりにも簡単な構造だったので、これなら自分で2x4材で組んだ方が良くね?とも思いましたが、まぁ設計から材料揃えて全部組み立てることを考えると、値段なりの価値はあるかなってところですね。

【2012/12/4 追記】
 設置して3年経過しまして、風で飛ばされるようなことはありませんでしたが、天幕が劣化して雨漏りするようになりました。詳細記事はこちら
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。