スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会津若松・日本酒買出し紀行(前篇)

 先日アップした郡山お散歩の一週間後、またも福島までお出掛けです。
 今回はGGだっしゅ氏と共に会津若松まで行って参りました。移動手段は久々の自家用車。我が弥七號(ナンバーが8787のため^^;)で出撃です。

 だっしゅ氏に市川駅まで来ていただき、6時に出発。昼食は郡山ということにし、それに合わせて可能なところまで一般道で行ってみることにしました。
 


 ルートは松戸から流山街道>茅吹大橋で利根川を渡河>茨城県内は県道オンリーです。だっしゅ氏のカブでのツーリングルートで、利根川の渡河で大きな渋滞にハマりましたが、ここ以外はガラ空きでした。



 国道50号を越えてすぐのJR水戸線の踏み切りにてパチリ。シャッタータイミング早過ぎ(;´Д`)
 県道で宇都宮の先まで行き、国道4号で西那須野まで行ったところでタイムアップ。那須ICから東北道に乗りました。郡山ICには12時過ぎに到着。目当ての店は郡山ICのすぐそこにあります。



 その名も「インター食堂」さん。まんまな名前ですな^^;
 勿論、わざわざ行くくらいですから、国道っ傍のテキトーなドライブインなどではないのです。



 見ただけでワクワクするドカ盛りB級メニューです(笑)。麺・セットメニューもなかなか充実しております。



 ワタクシの頼んだ「ソースカツ丼」(950円也)。メニュー写真とは違うビジュアルですが、邪魔だぜコノヤローと蓋の間から顔を覗かせているカツは、確かに迫力あるボリュームです!



 占有面積のみならず、十分過ぎる肉厚で体積もご立派です。ジューシーとは言い難いですが、ご飯をかきこませるだけのポテンシャルを持つカツです。



 だっしゅ氏注文の「鳥唐揚げ定食」(780円也)。フライドチキンのお化けのような巨大な唐揚げ! 1枚が、普通の定食屋でのアジフライ並の大きさがあります。いや、おかしいだろ、コレ(;´Д`)

 とまぁ迫力のボリュームを誇りますが、お味の方は多少大味かなぁって感じですかね。ただ、一級品ではありませんが、安かろうな店では決してありません。コストとボリュームから見たパフォーマンスは高いですね。問題があるとすれば、次の食事に響くことくらいです(笑)。

インター食堂
住所:福島県郡山市富田町字権現林4-2
営業時間:11:00~23:30(日祝~23:00)
定休日:水曜

大きな地図で見る


 腹パンになり、国道49号線を若松方面に向かいます。とある大願成就を果たしただっしゅ氏が、前回会津周遊の際に詣でた神社仏閣に御礼参りに行きたいとのことでしたので、いろいろと巡ってみました。



 まず訪れたのが猪苗代町の鎮護山西勝寺さん。なんでも「会津若返り五色不動尊」というのがあるそうで、そのうちの「奮起不動」にあたるのがこちらのお寺だそうです。
 前回訪問時は雪まみれだったのだとか。別に若返りを祈願したわけでは無さそうですが、確かに奮起しましたね^^;



 こちらは私の希望で訪れた土津(はにつ)神社。会津松平藩の祖である保科正之公を祀る神社です。保科正之公は2代目将軍の徳川秀忠の落胤で、3代将軍家光の腹違いの弟に当ります。家光と争った長兄の大納言忠長(時代劇でお馴染みの松平長七郎の父)と違って厚い信頼を受け、臨終時にも「徳川宗家を頼む」との遺言を託されたほどだったとか。
 名君だった正之公ですが、将軍の落胤ということで秀忠の正室(大河ドラマで上野樹里が演じた「江」)から命を狙われる立場にあったり、自分の正室が、側室が生んだ娘の毒殺を図ったり(手違いで正室の娘が毒死)といったキツいエピソードも多い御方です。大河ドラマの主人公にしたら面白そうなんだけどなぁ・・・どうせ最近はスイーツ大河だしなぁ(苦笑)。



 境内に居た謎のカエル君。由縁を確認しようと思っていて忘れてました(;´Д`)



 土津神社を後にし、県道7号で会津若松へ。
 白虎隊で有名な飯盛山に向かいます。山には登らず、参道の「小池菓子舗」さんに直行。何があるかというと、、、



 ふかしたての「あわまんじゅう」。文字通り粟で作られた饅頭で、ふかしたてはもちもち・柔らかですが、冷えると固めの食感に変わって面白いです。どちらが美味しいか、これはなかなか甲乙つけがたいですね。




 若松の街中に入り、まず向かったのが「辰泉酒造」さん。酒蔵に併設された売り場は、質素ですが造り酒屋らしい好ましい作りです。対応して下さったおかみさんも話好きな朗らかな方で、とても好印象なお店でしたね。
 お酒は、こちらの基本である「辰泉」の山廃仕込を購入。まだ頂いておりませんので、感想はまた改めて^^

合資会社 辰泉酒造
住所:福島県会津若松市上町5-26
オフィシャルサイト:http://tatsuizumi.co.jp/

大きな地図で見る


 お次に訪れたのが植木屋商店さん。
 酒蔵では無く販売店ですが、かなりの種類を取り揃えているとのことで伺いました。会津若松駅に近い「会津酒楽館・渡辺宗太商店」さんほど広くはないですが、確かに扱ってるお酒の種類は色々あって目移りしますね。オフィシャルサイト(ブログ)では、色々なお酒の紹介をマメに行っており、玄人好みのお店と言えそうです。
 こちらで購入したお酒は全て平蔵ちんへのお土産としましたので、まだ頂いておりません。こちらの感想もまた改めて(←しっかりもらうつもりでいるwww)。

酒類 植木屋商店
住所:福島県会津若松市馬場町1-35
営業時間:9:30~21:30
定休日:日曜
オフィシャルサイト:http://www.uekiya.net/

大きな地図で見る


 最後に「末廣酒造」さんに立ち寄ったのですが、酒販は17時までということで間に合わず。末廣さんには翌日また伺うこととし、ホテルにチェックインしました。
 夜は若松の街に繰り出して一杯飲って参りましたが、こちらはまた別途アップします(^^)

夜篇(笑)につづく、、、
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。