スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KSRで行く東北・北海道ツーリング(四日目)

 ツーリング三日目にして北海道に到達しました。本日は四日目。
 函館からのスタートということで、必然的に道南を廻ることになります。函館には何度か来ていますが「道南」は実はほとんど行ったことが無いんですよねぇ。列車では途中下車することなく乗り通しただけですし、あとは一度レンタカーで室蘭・洞爺あたりを巡ったくらいかな?
 初めて北海道に行った際は、ワイド周遊券を使った鉄道オンリーで観光地を訪れたりはしていないのですが、一応ほぼ道内全地域を廻った(通った、が正しいかな^^;)のですけど、その時の印象としてやはり道北や道東の内地離れっぷりのインパクトが強くて、道南はずっと後回しになっていたんですよね。

 そんなわけで今回初めて道南地域をじっくり走ったわけですが、昔抱いた印象は半ば正解・半ば間違いといった感じですかな? 北海道ならではって感じは多少薄いのですけど、全体的に走っていて気持ちいい所ばかりだった印象が強いです。
 

 ※画像をクリックすると拡大画像が別ウインドウで開きます

 まぁ、廻ったというより今回も走り通しただけではあるんですけどね^^;
 この後に道北なり道東なり行くにしても、やはり今晩の宿は札幌だろうと考え、室蘭・洞爺湖は既に一度行っていることから、上記のルートを選択しました。国道5号を基調とし、途中で倶知安の峠越えを避けて日本海側に寄り道しようというルートです。
 余談ですが、今でこそ函館から札幌へは東室蘭・苫小牧ルートがメインですが、かつては長万部から小樽へ抜けるルートが幹線であり、「札樽函」(さっそんかん)という呼び方までありました。今では全く聞かないですしWeb検索でも殆ど出てきませんね。
 JRは「函館本線」という名前に、国道は「5号」というヒト桁国道であることで、往時の栄光を偲ぶことができますが、裏街道となってしまったこの地域が今どうなっているのかに、ちょっと興味がありました。
 ルート及びタイムテーブルは以下の通りです。

函館(8:20)>JR五稜郭駅(9:00)>国道5号>小沼(9:40)>道の駅森(10:15)>JR中ノ沢駅(長万部の一つ手前)(11:30)>黒松内・給油(12:30)>道道9号>寿都町(13:30)>国道229・276号>小沢(14:30)>国道5号>札幌(16:45)

 走行距離は276.9キロ。初日・二日目と比べて丸々100キロ程度ショートですが、走行時間から逆算すると妥当な数値です。きちんと日没コールドを守るとこんなもんでしょう(笑)。
 道ですが、東北でもだいぶ走りやすいと感じましたが、北海道に入ると更に平均速度が上がりますね。幹線である国道5号でさえ信号の数は極端に減ります。勿論高速道路との比ではないですけど、札幌以遠に行くならともかく、今回のような函館~札幌間であれば、森から道央自動車道に乗って高速を乗り通すよりも、景色のいい一般道を走り通すのもいいなぁって思えました。
 もっとも高速道路を走り通せば札幌での観光時間が取れたりもするので、目的によりけりでどっちがいいとかは一概には言えないんですけどね。

≪途中でのいろいろ≫
 出発してすぐにJR五稜郭駅に立ち寄りました。理由は平蔵ちんにKitacaのグッズを頼まれていたため、どうせならKitaca自体を入手しようと思っていたのですが、なんと函館地区ではKitacaは使用不可で販売なし! 札幌地区のみらしいです。JR北海道ェ・・・



 その五稜郭駅で駅そば屋を見つけましたので朝食としました。NREの「あじさい」じゃない駅の立ち食い蕎麦屋を見つけると応援したくなるんですよ・・・と、微妙にマニアック発言^^;



 海鮮かき揚げ蕎麦(500円也)。見た目はなんてことないかき揚げ蕎麦ですが、スライスされたエビやイカが結構ポコポコと入っております。蕎麦自体は、絵に描いたような駅の立ち食い蕎麦ですね。(微妙な表現ですが、私的にはホメ言葉です^^;)



 国道5号を函館からひと山越すと、突然右手に駒ケ岳が見えたので、反対車線にUターンして路肩に停めてパチリ。いかにも火山!って感じのイビツな形で非常に面白いです。
 駒ヶ岳を望むには大沼公園が有名ですが、ココは小沼。大沼はここから少し脇に逸れて時間を食うので、この写真を撮っただけで離脱しました^^;



 道の駅・森で休憩して以降、走りづめでケツが痛くなったので「そろそろ休みたいなー」と思っていたところに、丁度国道沿いに函館本線の駅(中ノ沢駅)があったので立ち寄ってみました。そしたら5分後に列車が来ることが判明し、一眼を取り出してパチリ。
 ところが、この列車が発車した直後に駅構内の警報機が再度鳴りだしてビックリしました。



 反対側から特急「スーパー北斗」の登場。気合十分でブッ飛ばしてきますがな(゚Д゚)
 このように気を抜くと反対側から来る奴にハネ飛ばされる恐れがありますので、ローカル駅での撮影には十分注意しましょう^^;



 長万部で内浦湾と別れを告げ、山の奥に入っていきます。
 中ノ沢駅に備えられていた時刻表から、長万部発小樽行きの各駅列車が通ることが分かったので、先回りして待ち構えて撮りました。函館本線の二股~蕨岱間の国道(この辺り)からの撮影です。

 

 昨日の弘前から無給油でしたので、撮影箇所から少し先の黒松内という街で給油し、ついでにJRの黒松内駅にも立ち寄ってみました。
 かつては特急・急行の停車する駅で、私が初めて北海道に来た時にも乗っていた各駅列車が交換か追い越しか忘れましたが長時間停車し、その間にガムだかジュースだかを買ったことがありました。これが改札を出て駅前だか駅構内の店だったと記憶しているのですが、はっきり憶えてないんですね。ただ、キオスクではなかったことは確かで、家の中を探せばどっかに今も「黒松内生協」と書かれた、その時のレシートが残っているはずです(苦笑)。
 一日7本の各駅列車しか走らなくなった今、当然のように黒松内駅は無人駅になっていました。かつての特急停車駅の風格はそれなりに残っているのですが、駅員がいなくなってひっそりした駅舎と駅前からは、かつて私が買い物をした店がどこであるかも分からなくなっていました。もう26年も前の話ですから仕方ないですけどね。。。



 国道5号の羊蹄山やニセコアンヌプリを見ながらの山越えも魅力でしたが、日本海も見たくなったので黒松内から道道9号線を使って寿都(すっつ)町に出ました。長万部までは太平洋でしたが、数時間で日本海も見られるってのも面白いですね。
 で、ご覧の通り、非常に気持ちのいい快晴! で、太平洋と違って日本海は非常に青く綺麗です。正直なとこ、積丹半島方面って何があんのさ?って思ってましたが、綺麗な海と走りやすい道路は魅力ですねぇ。



 海辺まで降りてみましたが、ここはグアムか沖縄か!?ってくらいビックリするほどの透明度です。いや、どっちも行ったことあらへんけど(´Д`)y-~
 調べてみると北海道の海水浴場は日本海側に集中していましたが、納得ですね。もっとも、北海道民は海水浴の習慣があまり無く、海でのレジャー=海辺でバーベキュー(ジンギスカン)らしいですが^^;


 積丹半島の付け根を横断し、小樽を抜けて札幌まで至りました。まだ日が明るいうちに到着したのですが、問題は宿。昨日の函館でも苦労しましたが、本日札幌でもどこもかしこも満室でビックリ。金曜夜だからなのかなぁ・・・1時間ほどあーでもない・こーでもないを繰り返し、ようやくシングルルーム取れたのですが、不思議なことに空いていたのはススキノのど真ん中にあるルートイン。
 で、実際泊ってみて分かったのですが、札幌一泊は失敗でしたね。何が?というとバイクの問題です。今までも車での旅行では札幌は避けていたのに、すっかり忘れていました。酔っ払いやDQNだらけの市街をウロウロせねばならず、駐車にしてもホテルが契約している駐車場の単なる軒先に置かされ、盗難・イタズラに一晩ビクビクしながら500円払わされるのは割に合わんです。
 つまりススキノのど真ん中のホテルが空いていたのも、たまたまなのかも知れませんけど、もしかしたらクルマ利用だと何かと不便だからかなぁ・・・などとも思った次第です。



 ま、そんなわけでススキノの夜でござんす。
 と言っても、今回は画像の「皆招楼」さんで豚まんとシュウマイを買ってきただけ(苦笑)。ホントは北24条の贔屓にしているウマー!で安ぅ~!な廻らない寿司屋さんに行きたかったのですが、出撃時間が遅れたこと(地元の方に人気のため)と、そもそも地下鉄に乗って動く元気が残っておらず、ススキノの真ん中にいながら部屋飲みという、なんともションボリなオチ(;´Д`)



 とはいえ、コレらで一杯やるのも札幌でのお決まりでして(´ω`)-3
 豚まん・ブレンド正油味(200円也)とシュウマイ(500円也)です。豚まんが有名でごちらだけを買っていかれる方が多いようですが、シュウマイは551ホーライのにも負けないくらいの味とボリュームがあって、こちらも激オススメですね。
 しかし昼抜きで晩飯はコレとは・・・空腹より疲労が勝ってたってことですかねぇ。。。

皆招楼
住所:北海道札幌市中央区南六条西3 (地図
営業時間:12:00~翌4:00(日曜~24:00)
定休日:年中無休
オフィシャルサイト:http://www.sps-gr.com/ksr_su/
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。