スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KSRで行く東北・北海道ツーリング(八日目)

 北海道での最終日となったツーリング八日目。夜の苫小牧発フェリーに乗船するため、本日は帯広から苫小牧まで移動します。最初は直接苫小牧へ向かうつもりだったのですが、頼まれ土産モノを探すために札幌に立ち寄ることにしたわけです。

 いや、しかし中途半端な慣れってのは良くありませんね。苫小牧~札幌間は高速道路でひとっ走りだし、電車でも所要時間も短く、また北海道としては本数も多いため、つい「札幌に寄ってくる」なんて軽く考えてしまったのですが、、、
 


※画像をクリックすると拡大画像が別ウインドウで開きます

 地図に起こしてみるとホレこの通り。追分>札幌>苫小牧の走行距離で、本日の走行距離(283キロ)の半分近く行くことになりました。直接苫小牧に行っていれば恐らく昼過ぎ(13~14時)に到着していましたが、札幌に寄ることで苫小牧着は17時半。まぁフェリーの出航時間を考えれば丁度いいっちゃいいんですけどね^^;

帯広・給油(8:00)>国道38号線>十勝清水ドライブイン(9:00)>国道274号線>道の駅日高(10:30)>道の駅マオイ長沼(12:45)>(迷った^^;)>札幌駅(13:50~15:00)>国道36号線>苫小牧(17:30)

 こういうタイムテーブルを付けるには、当然記録しておけばベターですが、他にレシートとか電話の通話記録、そして一番役立ったのがデジカメでの撮影時刻でした。フィルムカメラではこうはいきませんね。
 それでも結構抜けがありましたので、今後は休憩するたびに何でもいいので撮影することにしたいと思ってます。なんかすぐ忘れそうだけど(;´Д`)

≪途中でのいろいろ≫
 昨晩お世話になったのは「帯広グランドホテル」さん。日曜&祝日・ネット予約限定の素泊まり2,500円のプラン(実際には駐車場代300円プラスの2,800円となった)が取れました。格安でしたが、部屋は他所に大きく劣ることなく、濡れネズミでチェックインした私にも愛想良く対応して下さり、物干しまで貸して下さいました^^;
 難があるとしたら帯広駅よりも国道38号の方が近いという立地でしょうね。中心街から離れていて、歩けなくはないですが飲みに行くにはチョイしんどいです。洗濯とかがあったから部屋飲みにしたと書きましたが、前日のムサシさんだったら飲みに行ってたかも^^;;;

 とまぁ、格安でしたので当然朝食はありません。ので、、、



 牛トロどーーん!ヽ(´ー`)ノ
 十勝名物でして、ほかほかご飯の上に生の牛ひき肉をまぶしたもの。わさび醤油ダレでいただきます。生食肉の法令変更に伴い、塩漬けする工程が加わったのだとか。でも、相変わらずマグロのトロを頂いているようなスペシャルウメーお味は変わっていません。激オススメ!

 

 牛トロ丼そばセット(950円也)。牛トロ丼に目を奪われがちですが、一緒に付いて来る色の黒い素朴な新得蕎麦も、蕎麦らしい香りとコシがあって美味しいのであります。
 頂いたのは十勝清水ドライブイン。日勝峠の清水側にある国道38号線沿いにありまして、ドライブインと言っても最近ありがちな自販機ばかりある寂れたものではなく、大型車が何台も駐車できる昔ながらのものです。
 私が食事したのは朝の9時という早い時間でしたが、団体予約があるのか食堂ではもうお昼の団体客のためにナプキンを並べる等の準備をしておりました。観光バスのルートとして確立されているのでしょう。コンビニや道の駅が出来る前の全盛期の頃のドライブインの雰囲気です。



 駐車場から十勝平野が展望できます。天気がいいと実に爽快ヽ(´∀`)ノ
 パノラマ撮影もしてみたのですが、やはり画像だと限界がありますね。。。

 撮影した駐車場には自衛隊の車両&ゾルの皆様が沢山いらっしゃいました。定期的に帯広と札幌(真駒内かな?)や苫小牧の間で往復する自衛隊車両が多く、必然的に日勝峠ルートを通ります。石勝樹海ロードと呼ばれるこの区間の国道38号線は、ただでさえ大型トラックが多い上に自衛隊の特殊車両の通行も多いものですから、正直ドライブという観点ではあまり好きではありません。
 ただ、今回は自衛隊車両が清水のドライブインで待機している間に出発したので、大型トラックは多かったですが(というか殆ど)、車だとやはりしんどいでしょうがKSRだと速度的には丁度良かったです。

 平日ということもあって、全般的に道は空いていました。まぁ札幌市街はさすがにゴミゴミで、スッキリな道ばかり走ってきたものだから鬱陶しいこと鬱陶しいこと(;´ω`)



 札幌での買い物を済ませ・・・たら、荷物がとんでもないことに^^;;;
 ただでさえ邪魔なタンクバックの上に、更にじゃがポックル2箱をネットで固定しました。既に嵩がハンドルより高くなってますがな(;´Д`) ダッテ、ホシカッタンダモン・・・



 苫小牧港に入る前に寄り道。またまた回転寿司の「海天丸」苫小牧店さんに立ち寄りました。ココで寿司を買い込んで船に持ち込み、ラウンジで一杯やりながら摘むのが、北海道からの帰りのフェリーの楽しみなのです(・∀・)



 乗船待機。太平洋フェリーの新造船「いしかり」です。元々豪華な太平洋フェリーの船ですが、新造船ということでワクワク(゚∀゚)-3
 とまぁ太平洋フェリーということで、またも仙台便です。当然、大洗着の商船三井フェリーの方があとあと楽ですが、船の魅力に負けました(;´Д`)



 今回はB寝台。上段と下段の入り口を互い違いにしたことで、上段であっても出入りはかなり楽です。ただまぁ隣の区画の人とは思い切り顔合わせになりますけどね^^;
 中の広さは十分で、枕元にAC100Vコンセントを備えた読書灯があります。荷物置きのスペースはご覧の通り寝台の外になりますので、貴重品は置かない方が良いでしょう。私は必要最低限の荷物をタンクバックとウエストポーチに分け、リュックとヘルメットとお土産は乗船早々にコインロッカーにブチ込みました。



 船内ではいちいちブーツ履くのが面倒なのでスリッパを用意しておくと便利です。いちいち持ち歩くのは面倒そうですが、最近衛生面での需要からかビジネスホテルで持ち帰り自由の使い捨てスリッパを置いてるケースが多く、嵩張らないのでこれを活用しております。



 因みに一等船室はこんな感じ。4年前に乗船した時のもので今回の画像ではありません。
 さすがにB寝台とは雲泥の差です。勿論絶対的な価格は高いですけど、B寝台とは値段差以上の価値があります。余裕があればオススメです。

 

 苫小牧港に停泊している間に風呂を済ませ、早速ラウンジにお店を広げて乾杯ッス。折り詰めが2つになっているのは、パーティサイズのパッケだとバイクでキャリーできないため、無理を言って小さい奴2つに分けてもらいました。フロントカウルの後ろに縛り付けて運ぶという無茶っぷり^^;
 まぁそんだけ無理して買ってきただけあって、実に美味いのであります。いや、無理しなくてもココの握りは美味い! 上の画像分お好みで握ってもらい、合計1,360円也ですヽ(´∀`)ノ オススメ~!!

海天丸 苫小牧店
住所:苫小牧市船見町2丁目6-8 (地図
営業時間:11:00~22:00
定休日:年中無休
オフィシャルサイト:http://www.kaitenmaru.com/
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。