スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アサヒ・ゴールド復刻

 最近発泡酒や第三のビールに押されて、すっかりビールの種類が減りましたが、一時期(バブル期以降から発泡酒が出るまで)は「ドラフトなんちゃら」とか「ファインなんだら」だとかと、やたらとビールの種類が多かったですよね。
(いきなり余談ですが、スーパードライがヒットしはじめた頃は、キリンもサッポロも「ドライ」をラインナップしましたが、悉く惨敗しましたね。キリンのドライを忘れている人は多いと思いますが、ジーン・ハックマンがやっていたCMは覚えてる人もいるかも^^;)

 そうした色々なビールが出た陰で、かつて長くメーカーを支えてきた基本銘柄が淘汰されてきたわけです。キリンビールは「キリンラガー」という名前になって更には生ビール化され(そのため、昔からのファンから不評を買い「クラシックラガー」が出ることとなった)、サッポロビール(サッポロラガービール)は基本的に飲食店向け販売となってしまいました。
 スーパードライでシェアを大幅に伸ばしたアサヒビールも同様で、かつては無印の「アサヒビール」がありました。何を隠そう、私が初めて飲んだビールがコレだったりするんです(爺さんに勧められ。年齢は秘密だ^^;)。
 で、その後もずっと田舎に帰省するたびに、瓶のアサヒビールを飲ませてもらっていたのでありました(引き続き年齢は不詳(汗))。だもんだから、今でこそアンチドライでアサヒ嫌いの私ですが、本来私にとってのビールというのは「アサヒビール」なんです。

 で、ようやく今日の本題。このアサヒビールが復刻しました。正確には「アサヒ・ゴールド」という銘柄で、中身はアサヒビールと同じらしいですが、こちらは缶ビールでした(因みに日本初の缶ビールだそうです)。こりゃ試してみないことには!

gold.jpg

 折角なので、各社の基本ビールと呑み比べてみました。
 ラガー>アサヒ>黒ラベルの順番で呑んでみて、、、ええっと、僕ぁラガーが一番好きですね!


 ・・・・・・って、これだけ?(゚Д゚)?

 ごめん。ホントは麦芽のコクが・ホップの香りが云々とか書いて比較したかったのですが、ワタクシ、あっさり酔っ払ってます(汗)。それに考えてみりゃ、あたしゃ別に酒の神でも鑑定士でもないので、基本的には好き嫌いでしか語れないわけですな(苦笑)。
 その上で言いますと、このアサヒゴールド。最初に呑んだ時は、懐かしい味?と一瞬思ったのですが、不惑のオヤヂの舌には結局薄く感じてしまいました。ラガーの方が、より「昔(ピー)歳の時に飲んだビールの感覚」に近いかなぁって思えたのも、もはや世俗の泥にまみれて味覚が変わってしまったからかも知れませんね(苦笑)。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。