スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衆院選後、雑感

 時間が開きましたが、先日の衆院選は凄かったですねぇ^^;
 いや、ここまで自民党が圧勝で民主党が没落するとは思いませんでした。確かにネットだけ見てりゃ順当な流れでしたけど、新聞テレビは相変わらず自民へのネガティブメッセージを続けていたので、正直なとこ高齢者層は民主はともかく未来の党あたりに流れるんじゃねーかなぁとか思ってたのですが、フタを開けてみれば未来の党も惨敗とか(笑)。

 今回の結果に対して中国・韓国は大きく懸念していると大袈裟なくらいに反応していますが、実のところ自民党圧勝をプッシュしたのは他ならぬ中国と韓国自身なんですよね。中国に関しては尖閣問題やそれに付随する反日デモで、韓国は五輪サッカーでの政治パフォーマンスや大統領の竹島上陸、天皇陛下に対する侮辱発言と、これでもかと多くの日本人の「保守ネジ」を巻きまくってましたから(笑)。
 これは自民党をプッシュしたというより、親中・親韓傾向のある日本の自称リベラル左派政党の足を引っ張りまくったという方が正しいかも知れません。特に天皇陛下への侮辱発言は、今まで支持が多かった高齢者層を引き剥がしました。あれで急激に嫌韓になった韓流おばさんも多かったとか(;´∀`)

 いずれにせよ結果は出たわけですが、相変わらずマスコミさんの偏向報道っぷりはすごいですね。当日の報道ステーション(特番で「選挙ステーション」でしたが)を見てましたが、期待通り古舘氏は「とんでもない結果となりました」だの「未曾有の出来事」だのと本音ブチまけまくり(苦笑)。
 日刊ゲンダイさんも期待通りかなり香ばしいことをやってくれましたよ。民主党が圧勝した2009年と自民党圧勝した今回の、それぞれの選挙翌日のゲンダイさんの1面を並べてみると、、、
 

20121219_1.jpg
情報元:篠崎電鉄バス㈱さんのツイート

 左が民主党の時の、右が今回の1面です。いやここまで来ると清清しいくらいですなwww
 今回の記事で「何でもやり放題」と書いてますが、まさにそれを3年前にイヤというほど我々は食らったわけですが(苦笑)。逆に左の記事で「自民大物ゾンビ復活の赤っ恥」とか書いてますが、今回民主党は原口一博、赤松広隆、海江田万里、辻元清美、そして何より元首相である菅直人の各氏が小選挙区で落選し、比例ゾンビでギリギリ復活当選。ついでに藤村官房長官、仙谷元官房長官、田中文科相といった現閣僚・元閣僚でも惜敗率の関係でゾンビにすらなれない人もいましたね。


 思うに、こういうマスコミの姿勢もメッキが剥がれてきて不信が募ってきてるんじゃないでしょうかね。それならマスコミの言うことの逆張りが正しい!?と考えるのも正しいように思えるとか^^;



 今年は「ステマ」という嫌な言葉が主にネット上で流行りましたが、テレビ新聞だけしか見ない人であっても時間が経てばそれなりに気付くことだって多いと思います。納豆だのトマトだののダイエットネタみたいな一時的なネタに釣られる人は多いでしょうけど、いつまでも続くわけじゃないですからね。


 いわゆる「印象操作」というものですが、これは何も食品類とかの商品や芸能ジャンルに限った話ではありません。公正さが求められるニュース報道が堂々とやっちゃうところが怖いんですよね。
 たとえば、、、


引用元:「★NHKの印象操作グラフがヒドイ!」 ねたたまさんより

 さて問題。このグラフの何が問題でしょう?
 2010年の参院選の時の選挙報道ですが、グラフは鳩山・菅の各内閣の支持率の推移で、これを見れば菅首相に代わって一時的に上がった支持率も、その後は緩やかに落ちているように見えますよね。
 しかしグラフのX軸の目盛部分となる下側の年月をよく見て下さい。1月から6月までの6ヶ月間と、6月から7月の僅か1ヶ月間とが同じ間隔になっているんですね。
 これをきちんと1か月分のメモリ間隔に直しますと、、、



 ご覧の通り支持率低下は緩やかなどではなく「急落」であることが分かりますが、実際の放送を見ると21%と41%という数値比較も相まって、鳩山氏よりは支持されていることを印象つけようとも勘繰られるグラフです。
(妄信まではしてないものの「そこまでヒドいことはしないだろう」レベルでNHKを信じている古くからの某友人に、このネタを捧げます^^;)

 ヒドいなぁと思われるでしょうが、こういうことを天下のNHKが平気でやっているわけですから、もちろん民放さんもしっかりやってます。一例を挙げると、残念なことに「あの」池上彰氏の番組でも(;´ω`)
 → そうだったのか!池上彰の学べるニュース  (グラフがおかしいゾ)
   (ぐっぐぐーさんの「マスゴミ日記」より)

 そんなわけで、皆様も騙されないようにお気をつけ下さいね。蛇足ですが、疑う対象はテレビ新聞だけじゃなくネットやリアルでの噂話も同様です。
(匿名で編集ができるWikipediaも、編集者の悪意の有無とは関係なしに誤記があります。Yahoo知恵袋はもっとヒドい^^;)

【追記】
 冒頭で書いた通り、中韓が自民党政権への懸念を表明し「アジアで孤立する」とまで言及したらしいですが、米国のみならず同じアジアのインド台湾は歓迎を表明してます(笑)。テレビニュースでは見かけませんでしたけどね(´Д`)y-~
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。