スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローカルメジャー食品備忘録 ~北海道・東北篇~

 買い出しで行った市川駅前のダイエーで「おにぎりせんべい」が売ってました。



 三重県のマスヤ製菓というところの商品で、子供の頃から馴染みのせんべいです。以前は名古屋以西でしか売られていなかったため、関東に引越してきてから見かけなくなって寂しく思ったものですが、最近はコンビニとかでも見かけるようになりました。

 とまぁ、当たり前と思っていたものが実はローカル商品だったことを、他の地方に移住して知ったというケースって結構多いものです。これは東京の人も例外ではなく、例えば亀屋万年堂のナボナなんかは選手時代の王貞治氏がCMしていたから全国区と思いがちですが、れっきとしたローカル商品です。そういえば最近亀屋万年堂のCM見ないですなぁ(^_^;
 そうした「当たり前と思ってたけど全国的に見れば実はマイナーな食べもの」を、今後旅行した際にネタ土産として拾っていけるよう備忘録として集めてみました。思っていた以上に量があったので地域別に分けることとし、取り敢えず北海道・東北篇をアップします。
 

 基本的にその地方出身者との話のネタに使えるような日常的な食品・菓子がメインで、地元の人でも普段は食べないようないわゆる「特産・名産品」は含みません。そんなものは検索すりゃいくらでも見つかりますからね^^;
 情報に誤りがあるとか「地元だけどこんなの知らネーヨ!ヽ(`Д´)ノ」というものがありましたらお知らせください^^;


●やきとり弁当(北海道)

 以前当ブログでもネタにした、北海道ローカルのコンビニ「ハセガワストア」の名物弁当です。焼き鳥と言いつつ豚精肉を使っているのが特徴。コンビニ弁当ながら作り置きではなく注文してから作るので、ハズレることがありません。お土産にはちと難しいですけどね。

●スパカツ(釧路)

 こちらも以前にネタにしたB級グルメ。発祥は釧路らしいですが、根室や網走等の他の道東地域でも普通に扱ってる洋食屋を見かけます。カツが加えられたミートソースですが、鉄板焼き状態で出されるスタイルが特徴です。

●エスカロップ(根室)

ポークカツを載せたバターライスにデミグラスソースをかけたB級グルメ。スパカツのスパの代わりにバターライスとしたものといえます。北海道人はジャンク好きだなーって思いますが、元々漁師向けのメニューだったらしい。

●やきそば弁当(北海道)

 マルちゃん(東洋水産)のカップ焼きそば。麺茹で(戻し)に用いたお湯を使って作る粉末の中華スープの素が付属しているのが特徴。北海道限定商品である一方、道内でのシェアが圧倒的なのは、元が水産会社ってことで水産品の加工工場が多かったからなのだとか。

●ホンコンやきそば(北海道、他)

 S&B食品のロングセラーで、かつては全国展開されていた商品。いまは北海道と東北・九州の一部のみの取扱なんですと。他の袋麺焼きそばのような別添ソースはなく、直接麺に味付がなされているのが特徴。個人的感想ですが、麺に弾力があって富士宮やきそばっぽい食感が好みです。

●ダブルラーメン(北海道)

 マルちゃんの北海道限定販売の袋ラーメン。名前の通り、一袋二人前(2玉)入っているのが特徴。醤油・みそ・塩の3種類ある。味は・・・フツーだったかなぁ。忘れちゃいました^^;

●イギリストースト(青森)

食パンにマーガリンとグラニュー糖をサンドした菓子パン。まだ未食です。青森に本社を構える「工藤パン」の商品で、青森県内ではヤマザキ製パンよりも有名なパンメーカーなのだとか。青森で育った人は、全国でフツーにあるものと思ってるらしい・・・

●アベックトースト(秋田)

マーガリンとジャムを食パンではさんだ菓子パンで、マーガリンとジャムの2種というのが名前の「アベック」の由来。2枚のパンで挟んだものが2つ・計4枚の食パンで1袋なので、ボリュームはかなりありそうです。秋田県内の「たけや製パン」の商品で、これまた秋田県人が全国区商品と信じて疑わないそうな(;´ω`)

●クリームボックス(福島県郡山)

小さめの食パンにミルク風味のクリームを塗った菓子パン。東北って食パンに何か塗っただけの単純ローカルフードが県単位であるのか?と思うが(笑)、これは福島県内ではなく郡山市内という狭いローカルフードらしい。何度も行ってるのに存在すら知らんかった^^;

●やきそばバゴォーン(東北・信越)

 北海道のやきそば弁当と同じマルちゃん(東洋水産)の商品。同じ粉末スープ付きですが、こちらは「三陸わかめ入り」。販売地域での知名度は抜群な上に、かつては全国販売だったこともあって、ローカル商品だと言ったら嘘つき扱いされたのは個人的にコレが一番多し(´Д`)y-~

●ビバオール(宮城(南東北・信越)) <追加>

 販売地域は仙台を中心とした南東北・北関東と新潟の駄菓子屋で、1本30円で売られていた棒アイス。元々は仙台の会社が製造・販売していたのが90年代後半に販売終了(のち会社倒産)。ところがネットを中心にコレを懐かしむ声が多数あがり、新潟の会社が再販することになったのだとか。現在はイチゴミルク味のみだが、かつてはチョコ味もあったらしい。

●油麩(宮城) <追加>

 仙台麩(せんだいふ)とも呼ばれる、油で揚げた麩(ふ)。主に通常の麩と同様に煮物や汁物の具として用いられるが、今から30年ほど前に現在の登米市で考案された「油麩丼」(カツ丼のカツの代わりに油麩を用いた丼)が名物となっているらしく、B1グランプリにも出ているらしい。美味しそうだけど、食べ応えはあるのかな?^^;

※ 今後新たに見つけた都度、追記していきます。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。