スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「探偵はBARにいる」を見たつもりだったのですが・・・

 ホントたまたまだったのですが、前回ココで水曜どうでしょうネタを書いたすぐ翌日に大泉洋主演の映画「探偵はBARにいる」がTV放映されました。
 私自身は「どうでしょう」を楽しんで見ているものの、特段大泉洋のファンというわけではなかったので気に留めてなかったのですが、たまたま放映時間前に思い出したので慌ててHDDレコーダに録画開始しました。

 で、録画したのを今日見たのですが、いやぁこれは面白い。期待してなかったこともあって余計に(笑)。先週、平野耕太氏が「昭和の角川映画臭くていいよ」なんて言ってたのですが、どちらかと言うと角川ではなくて、松田優作の「探偵物語」(TVの方ね)とか萩原健一の「傷だらけの天使」とかの方向かなぁと。まぁとにかく昭和臭さが確かにありました。
 主人公が酒と女には弱いが自分の流儀や美学を持っている探偵というところも含めて、ストーリー展開も音楽も上述の作品群の韻を踏んでいて、洒脱でありアクションもあり、ちょっと退廃的ながらエンターテイメント性も高い秀作・・・だと思います、多分。


 なんで突然歯切れが悪くなったかと言うと・・・

 エンディング手前のクライマックス途中で録画が切れてたの(;´Д`)


 なんとハードディスク容量が足りなくなって録画中止になっていたのでした(滝汗)。
 ネタバレにはならないと思いますが、切れた箇所は小樽駅での手紙のモノローグの途中。切れた時の脱力&ガッカリ感は、映画をご覧になった方には良くお分かりいただけるかと思います(^_^;

 というわけで、実は私にはこの映画について語る資格はまだ無いわけですが、一つだけ。
 これ書くとエラい反発食らいそうですが、大泉洋の主演というのは、この映画の大きなウリであるのと同時に、最大の欠点でもあるなぁと私は思いました。
 「コメディ要素が強いけど根っこはハードボイルド」というのが、このテの作品でよくある主人公の特徴で、その『二枚目半』という役割が上述の松田優作にしてもショーケンにしても見事にハマっていたのですが、いずれも基本は二枚目であって、それ故に二枚目『半』の部分が引き立っていたんじゃないかと思うんです。それに比べて大泉洋はスタートが『三枚目』って印象が強いので、どうしても違和感が拭えないのです。

 これはまぁこの映画に限った話でしたが、もっと決定的というか根本的なことを言ってしまうと、映画であろうとドラマであろうと時代劇であろうと、大泉洋がどんな役を演じても私には浮いて見えちゃうんですよね。
 これは彼が演技下手だとか素人臭いって話ではありません。むしろ演技は上手いと思うのですが、どんな役をやっても、その役ではなく「大泉洋」に見えてしまうんですよね。私にとって彼は「俳優」でも「芸人」でも「タレント」でもなく、何をやっても「大泉洋」そのものとしか認識されないようになってしまっているんだと思います。

 悪い言い方をすると「役者」ではなく「水曜どうでしょうの人」というイメージが抜け切らないということですが、これは言い換えると一人の人間として「ものすごい存在感」であるとも言えるんですよね。
 それが故に、この人は色んな役を経て何十年かしたら実は誰にも代えがたい凄い役者になる可能性を秘めてるかも知れません。まぁ「一生どうでしょうします」とも言ってたので、最後まで「どうでしょうの人」が抜け切らない可能性も大きいですが(笑)。

 

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。