スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ThinkPad Z60mの分解作業(とCPU換装)

 ちとブログにアップするのが遅くなりましたが、先週友人(景勝&平蔵)宅にお邪魔した際に平蔵ちんのノートPCのチューンナップをしてきました。
 使っているのはIBMのThinkPad Z60mで、IBMがノートPC事業をLenovoへ売却した直後のモデルです。つまりLenovo製品ですが、本体パームレストにはLenovoではなくIBMのロゴが入っており、開発・設計も中国レノボではなく従来通り旧IBM大和事業所です。
(因みにThinkPadで継続使用されたIBMロゴは、2008年頃からLenovoのロゴが入るようになったようですが、開発・設計自体は旧IBM大和事業所の技術者が移籍したレノボジャパン横浜事業所大和研究室が引き続き行っているとのことです)

 ま、そんなウンチくんはどうでもよろしい。平蔵ちんのZ60mがあまりにも動作が遅くなっていると言うので、最適化するためにバラしましたってのが今回のお題です。
 
(以下、サムネイル画像をクリックしたら、大きな画像が表示されます。毎度お決まりですが、作業は自己責任でお願いします)

1.必ず本体からACアダプタのケーブルを抜き、バッテリも外しておく。
 バッテリ外し忘れは致命的トラブルとなった時に最も自己嫌悪になるミスです(苦笑)。

2.各ネジの取り外し
 本体を裏返しにし、必要に応じてパームレスト・キーボード・キーボードベゼルを留めているネジをそれぞれ外します。(CPU換装の場合は全て取り外す必要がありました)



 本体を裏返したの図。取り外すパーツに応じて画像丸印に色分けしました。

 まず赤丸部分のネジがパームレストのネジで、
 
 と、こんな感じのアイコンが3つ並んでる部分となります。メモリの交換であれば、この赤丸の4点だけ、つまりパ-ムレストの取り外しのみでOKです。

 キーボードを外す場合は、上記の赤丸部分に加え、真ん中の黄色丸部分のネジを外す必要があります。
 
 アイコンはこんな感じ。ま、これはアイコンに頼る必要もないでしょう。

 最後にキーボードベゼルですが、画像の白丸部分がキーボードベゼルのネジとなります。上記2つと違ってガイドとなるアイコンはありませんが、いずれも一番右上と左上と覚えておけば間違いありません。


 以下は、これらのネジを外していることを前提として記述いたします。


3.パームレストの取り外し



 パームレストの取り外しは、★印のあたりにサイドラッチがあるので、赤矢印のようにサイドから中央へ向けて押してサイドラッチを外すようにします。
 左右両サイドのラッチが外れたら、スペースキーの下あたりにラッチがあるので、それを手前に引く形で外し、最終的にキーボード側(画像では上)へズラすような感じで黄色丸印あたりのラッチを外してパームレストを取り外します。



 注意せねばならないのが、パームレストにはトラックパッドと指紋認証ユニットの制御用のフレキシブルケーブルが接続されているので、無理矢理パームレストを外そうとするとこれをブチ切ってしまいます。取り外したパームレストを一旦手前に倒して、本体側に接続されてるコネクタを外します。



 コネクタはメモリスロットの横、丁度トラックパッドの真下にあたりにあります。



 パームレストを取り外したの図。ご覧の通りDIMMスロットが剥き出しの状態で、メモリの交換・増設の場合はこの状態にする必要があります。X40みたいに裏蓋をちょろっと外すだけではないので多少面倒ですね。


4.キーボードの取り外し



 パームレストと同様に、キーボードもフレキシブルケーブルで本体と接続されているため、取り外しに注意が必要です。まず手前側を持ち上げて、本体中央部分にあるキーボードコネクタを外してから、キーボード全体を取り外します。



 キーボードのコネクタはこんな感じ。指だけで外せなくもないですが、まぁマイナスドライバとかで右側からゆっくりこじって外した方が楽でしょう。拡大画像なので楽勝っぽく見えますが、実際は結構狭いです。



 キーボードを外したの図。これでMiniPCIのワイヤレスLANアダプタの装着・交換等の作業が可能となります。


5.キーボードベゼルの取り外し
 ベゼルはキーボードの周囲の黒いプラ部分で、スピーカーが内蔵されています。
 取り外しには上記画像・丸部分の4つのネジを外せば取れるのですが、黄色丸印部分のシルバーのカバーは保守マニュアルに記載が無いパーツでした。製造ロットによって異なるのかも知れず、もしかしたら同じZ60mでも画像と異なる場合があるかも知れません。

 で、このベゼルの取り外しがなかなか苦労しました。保守マニュアルでは手前に引くだけような非常に手軽な記述だったのですが、左右両方真ん中あたりに外向きのラッチがあり、パームレストと同様に内側に押し込むようにしてラッチを外す必要があります。結構時間食いました(;´Д`)


6.ファン・アセンブリー(CPUファン)の取り外し



 キーボードベゼルを取っ払った状態でのファン・アセンブリーの状態。このファン付きの銅板でCPUとチップセットを冷却しています。ファン・アセンブリーの取り外しは画像の丸印部分のネジを外せばOK。黄色丸はベゼル外しの段階で外している筈なので、新たには赤丸部分の4点のネジを外します。
 なお、この状態は実はキーボードベゼルは完全に外れていません。画面下に黄色い被膜のある白赤黒のケーブルがありますが、これが内蔵スピーカーのケーブルで、ベゼルを完全フリーな状態に外すには、このケーブル・コネクタを外す必要があります。今回は作業上で特に必要ではなかったので外しませんでした。
 


 ファン・アセンブリーには電動ファンの給電ケーブルがありますので、こちらは予め抜いておきます。コネクタは銅板のヒートシンクの左下の方にあります。コネクタとネジを外したら、ヒートシンクの手前側から持ち上げて引き抜く感じで取り外します。一番奥の排気口部分が引っ掛かるので注意が必要です。



 ファン・アセンブリーを外したの図。黄色丸部分がCPUになります。CPUの右下側にチップセットがあり、CPUと一緒に冷却するシステムです。


7.CPUの取り外し



 Socket479ということで、CPUのアンロックは引き上げ式のレバーによるものではなくビスを回す方式です。CPUの上側にあるビスをマイナスドライバで反時計回りに回すのですが、アンロックの最後の段階が結構固く「カチッ」と反応があるまで回してやる必要があります。


 取り付けに関しては、以上の逆順でやれば基本的に問題ないと思いますが、CPUにはきちんとグリスを塗布してからファン・アセンブリーを装着した方が良いでしょう。
 CPU換装に関しては、もう少し色々やってから改めてアップするつもりです。いや、実はですね・・・メモリ容量が純正のままだということが発覚しまして、結局体感速度は遅いままなの(;´Д`)
 いきなりCPUの換装までやっといてナニですが、2GBまでフル増設してたと思い込んでたんですよねぇ。さすがに512MBのメモリで遅い遅いってのは当然ですわなぁ。
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: CPUにつきまして

>鍵コメさま
どもも、コメントありがとうございます。気付くのが遅くなり申し訳ありませんでした。

で、換装可能なCPUですが、基本的には、
「Socket479(479ピン)のFSB533MHzのDothan(ドタン)コア」
のPentium Mであれば(保証はできませんが)動作するものと思われます。

具体的なプロセッサ・ナンバと動作周波数は、
・Pentium M 730 1.60GHz
・Pentium M 740 1.73GHz
・Pentium M 750 1.86GHz
・Pentium M 760 2.00GHz
・Pentium M 770 2.13GHz
・Pentium M 780 2.26GHz
以上のとおりです。
本記事で導入したのはPentium M 740(1.73GHz)という動作周波数の低い下位モデルですが、
元々入ってるCeleron MよりもCPUの二次キャッシュが倍あるせいか、思っていた以上に
速くなったと思います(あくまでも感覚的にですがw)。

CPUの換装もそうですが、同時にOSのリカバリを一度やっていただいた方がベターと思われます。
(その場合は保存データやインストールしたソフトが全て消去されますのでバックアップが必須ですが)
長年使っていると、どうしてもシステムにゴミが溜まるのは避けられませんので・・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

また何かありましたら(´∀`)

>鍵コメさま
パソコンは確かに新しいに越したことはないですが、所詮は「道具」ですからねぇ。
使い慣れたマシンで長く使いたくなるのも人情ですし、ある意味当然だとも思いますね。

別エントリでも書きましたが、XPまでは進化に意味があったと思うのですが、
Vista以降は買い替えするメリットが(個人的にですが)あまり感じられなくなりまして、
なんというかメーカー側が「便利」とか「需要」を無理矢理作り出してるように思えまして、
それがなんかシャクなんですよねぇ(苦笑

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。