スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人類は衰退しています(笑)

 先週景勝宅に訪れた際、それと(ネタにしませんでしたが)今週稲毛で呑んだ際に色々と話をして、思い出したこと・思うところがあったので備忘として記録しときます(といっても、実は大昔に他所でネタにしたことがある話なんですけどね)。

 まず、いきなり他所へのリンクになってしまいますが、

いつからか僕の生活からは潰す暇がなくなった
(安倍吉俊さん「ABlog」より)

 「時間の使い方」について非常に示唆に富んだ秀逸な記事なので是非とも全文読んでいただきたいのですが、要約するとインターネットやモバイルツールの普及につれ、読書よりもネットが、ゲームも据え置き型ゲーム機よりも携帯ゲーム機が重宝されるようになり、つまり手軽なものが持てはやされるようになったという話です。
 つい手軽なものに手が伸びるということについて、「これは要するに、そもそも人間にとっては、たとえ娯楽といえど一冊本を読んだり映画を見たりするのは頭を使う、面倒くさい行為なんだ、と言う事なんじゃないかと思います」という結論を安倍さんは導き出してます。これには非常に考えさせられました。

 実はリンク・引用した記事は2008年6月のもので、既に5年前の話です。前年にiPhoneが出てはいますが、まだまだスマホやタブレットは一般的ではなかった時の話なので、今は世間的にも更にこの状況が亢進しているでしょうね。
 記事は最後に「だからといって重いものをつくるのをやめるわけではないのですが、今の若い人たち向けの、細切れの暇つぶしにうまく対応できるようなものもつくらないと駄目だなあ、と感じたりもします」という感じで締めてらっしゃってます。
 これを書いた安倍さんは、以前フジテレビで放映された「灰羽連盟」の原作者なのですが、その非常に重厚で奥の深い作品、引用元の表現で言い換えると「カロリーの高い作品」を描いた原作者にこういうことを言わさしめてるのは、なんというか重いなぁって感じますねぇ。


 コンテンツの消費という話からは離れますが、個人的に気になっているのはインターネット検索への依存です。知らないこと・思い出せないことがあった場合にすぐ「ググる」(検索する)習慣がすっかりついてしまいましたが、これって実は結構危険なことじゃないかなって思うわけです。
 いや、辞典・辞書で調べるという行為は昔からあるわけで、インターネットの検索機能の充実というのは、思考作業の効率化という点で非常に有用なことには違いないのですが、一方で昔はよく「xxの主役って誰だっけ?」とド忘れした時に必死に思い出そうとしたものですが、最近ではこの「記憶を引き出す」という行為を随分行わなくなったのではないでしょうか。
 脳科学者ではないので実際のところは分かりませんけど、ネット検索の普及と常用化は、未知のことを調べるためのナレッジデータベースの役割を十分に果たしていますが、一方で記憶力の退化を招いたりはしていないかと心配になるわけです。


 もう一つ。これはコンテンツの消費ではなく生産側になりますが、ネット上での主流がHTMLでのテキストサイトからブログ、あるいはMixi等のSNSに移行し、更にFacebookやTwitterといった短文SNSに移っていることも、「カロリーの低いもの」への流れの象徴かと思います。
 私自身、Twitterに手を付けて非常に情報アウトプットが簡単でお気楽であることを痛感したのですが、逆にここでブログをやめてしまうと、文章表現力・構成力が衰えるのではないかと恐れています。昔はもっと文章がスラスラ書けたはずなのですが、最近本当に頭が悪くなりました(泣)。このエントリも昔なら1,2時間もあれば書けたはずなんですがねぇ・・・


 微妙に話が脱線しますが、情報発信が楽だからなのか、Twitterを始めてからブログの更新が止まっているケースを最近よく見かけます。勿論どのツールを使うかは情報発信者の自由なのですが、Twitterって言うなれば「短時間で流れていく刹那的なメディア」なので、一杯撮った画像やものすごく練られた長文テキストを、単に「アウトプットが楽だから」という理由でアップするのって、余計なお世話ですが物凄く勿体無いことだと思っちゃうんですよねぇ。
 もっともそこらへんは、「情報発信者となる動機」が人によって異なるので一概には言えません。単に知り合いに見せたいだけとか目立ちたいからとかといった理由ならば、時間と労力を割いてまでブログにアップする必要も無いわけで、自分の発信内容がリアルタイムで見てもらえたり確実に他人のタイムラインに流れるTwitterというメディアのチョイスで正しいのでしょう。


 とまぁ思ったことをつらつらと書いてまとまりが無くなりましたが、とにかく楽なものに流れるというのは、自分の能力を色々と劣化させてしまうことになるんじゃないかと心配になったわけです(苦笑)。実際何かと衰えを感じるもんなぁ・・・自分の頭で考える機会が減ったからなのか、単に歳のせいなのか(;´Д`)


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

猫提督

Author:猫提督
PCやクルマ等のイジり、それにビールと深夜徘徊を愛する。酸いも甘いも辛いも何でも食うロクでなし。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。